スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソードアート・オンライン 11 アリシゼーション・ターニング

あらすじ

キリトが謎のファンタジー世界に入り込み、二年が過ぎた。

“北セントリア帝立修剣学院”の“上級修剣士”となったキリトと親友ユージオの二人は、
人界最強の秩序執行者“整合騎士”目指し、修行の日々を過ごしていた。

“上級修剣士”の二人には、身の周りの世話役があてがわれる。
キリトにはロニエ、ユージオにはティーゼ。
四人は互いに絆を結び、充実した修士生活を過ごしていた―その時。

突然、“悪意”はやってきた。
ロニエとティーゼが、下劣な貴族達の罠に嵌められる。

それを知ったユージオは彼らに対して剣を抜こうとするも、
教会への信仰心で身体が動かない。

その時、ユージオの右目を凄まじい激痛が貫き、奇妙なしるしが浮かび上がる。
それは、ユージオには読めない神聖文字の羅列だった。

―「SYSTEM ALERT」。

感想

ソードアート・オンラインの11巻

アニメがもうそろそろ終わるこのシリーズ・・・原作の方はかなり先を
進んでますけどね・・・

『アリシゼーション編』の3巻となる今回は色々と話が動いた感じです。

現実よりも時間の流れが加速された仮想世界である
『アンダーワールド』ですでに2年・・・友人となったユージオと過ごし
キリトは現実に脱出する為のシステムコンソールを、
ユージオは教会に連れて行かれた幼馴染の少女・アリスを助け出す為に
人界最強の秩序執行者“整合騎士”を目指して帝立修剣学院に通っていて
前回は先輩とのふれあいとかいい感じで、最後には上級生になり
自分達がかつてそうだったように世話役の『傍付き』がそれぞれ付いた
ってのが前回の終わりだったわけでその『傍付き』の2人が表紙の少女

キリト『傍付き』であるロニエ(右側)
ユージオ『傍付き』であるティーゼ(左側)

って事になり、またヒロインが・・・って感じだったんですが・・・

ユージオ、お前もか!?


そして

人間の悪意って・・・怖い・・・そして醜い

って感じの前半と世界の核心に迫る後半って感じ。

ユージオ、お前もか!?ってのはキリトが通常運用・・・っていうか
親しく話すようになった相手とフラグを立てるのはもはや当たり前って感じだけど
親友となったユージオ・・・お前もか・・・って意味で
この作品に登場するヒロインとしては珍しく
ティーゼキリトではなくユージオに惹かれてる感じ。

ってか・・・それ結婚してくれって言われてね!?

ティーゼロニエは上位12人の上級修剣士に付けられる『傍付き』
初等練士の入学時の成績優秀者12人のうちの2人だけど
その中でもっとも身分が低い貴族出身者。

だからこそなのか平民であるキリトユージオに対しても
年長者、そして上級修剣士であることに対する尊敬を持って接してくれるけど
あくまで貴族で・・・そのしがらみは存在するみたいで
ティーゼもいつか自分の家より位の高い貴族の家に・・・ってのがあるみたいなんだけど
この世界の貴族は前回登場したキリト『傍付き』であったソルティリーナ
主席であったウォロのようにまともな人格の人間の方が珍しいって感じみたい。

『禁忌目録』に抵触しなければ自分の領民に対して
さらに上位貴族であるなら下位貴族に対する裁定権を使って罰する事もできて
乱暴するようなやつらもいるらしく・・・そんな人の妻になるくらいなら
ユージオが大会で優秀な成績をだして1代限りでも爵位を得てくれれば・・・
ってティーゼユージオに言っていたわけで・・・それってそういう事だよね・・・

ユージオ・・・爆発しろ!

まぁユージオキリトと違って真面目だし・・・アリスの事は話せなかったけど
ティーゼに全て終わった後に会いに行く約束だけはしていたし・・・
どうなんだろ・・・ちゃんと振るんだろうか・・・

ちなみに今回は基本的に前半はユージオが中心だったのでキリトロニエの関係は
あまり描かれてなかったけど・・・まぁそっちはいつも通りな気もする

ただティーゼが語ったこの貴族の一部の振る舞い・・・『禁忌目録』を信じ
そして他者を傷つけてはならないなどの倫理的に守らなければいけないものを
現実ではないからこそ絶対的なものとしている世界の中だからこそ
異常だと思われる彼らの他者を蔑み貶め心を傷つける言動が・・・大きな問題となり
キリトユージオの2人の状況を決定的に変えてしまうことになったんだから・・・恐ろしい

前回の話でも平民出身であるキリトユージオを馬鹿にして
下に見ていた貴族のライオスウンベール

今回は・・・ある意味でこの世界の目的である人間と同等の知性を生み出すという
目的の暗黒面とも言うべき部分を持った彼らの醜悪さがよくわかる話でもありましたね。

まぁ守るべき法で禁止されていないなら倫理的に問題があろうと構わないという
彼らの行動は現実における悪人と同じではあるけど
そんな彼らですら法を破る事が出来ない世界である以上は・・・
歪みがある世界って事でもあるんでしょうけどね・・・

この2人はティーゼのルームメイトの子を『傍付き』にしていて
倫理的に問題がある世話までさせていて・・・2人はそれについて意見を言ってくれるように
ユージオに頼み、そして最終的に自分たちでも直訴したけど
上位貴族の裁定権を盾に拘束され・・・暴行されそうになる事になり・・・

ユージオ、限界突破

って事になったので・・・なんていうか複雑な気分でしたね・・・

2人を助ける為に・・・自分の信念を曲げない為にユージオ『禁忌目録』で禁じられた
他者を傷つける行為を・・・ウンベールの腕を切り裂いた・・・
システム的な制約がかかりつつも・・・その制約の根源である右目が破裂しながらも
ティーゼロニエのために・・・真面目で人を思いやり教会も信じている彼が
それをした事・・・それこそ彼が真の知性として目覚めた証なんでしょうけどね

その後、そもそも『禁忌目録』に縛られないキリトユージオを襲おうとしたライオスを攻撃し
彼は怪我を治したいけど、治すには人のものを奪わないといけない
それは『禁忌目録』に抵触する・・・というどうにもならない状況でエラーを起こして
死亡してしまったわけだけど・・・ぶっちゃけ同情の余地を感じないなぁ・・・

これweb版だとティーゼロニエが暴行された後に・・・って展開らしいので
未遂だったのは良かったけど・・・それでもまったく同情できない相手だしねぇ・・・
web版だったらウンベールも死ねよって感じです。

まぁ明らかに・・・キリト達がやった事は悪い事ではない
過剰ではあったかもしれないけど間違ってはいない
死んだ事に関してもあくまで要因でしかないしね・・・

ただもちろん罪ではあり・・・
2人は今まで積み重ねてきたものを失う事になるんだけど、
この世界の人間としてはありえない事をした2人に
ティーゼロニエは感謝の意を示していたし、
寮監であるアズリカユージオの右目を癒し
右目の封印に痛みを堪えながらも助言を与えた・・・
こういう展開はまだ救いかも・・・

これで救った当人や知人にも非難されたらたまったもんじゃないだろうし・・・
ただ悪い事が起きた後にはいい事が・・・って感じで・・・

再会・整合騎士・カーディナル・最高司祭

と一気に世界の核心に近づく事に・・・

2人を捕らえにきた整合騎士こそがユージオの幼馴染であるアリス
だけど彼女はユージオの事を覚えていない

さらに地下牢に入れられたけど脱出した2人の前に現れた整合騎士エルドリエ
2人がかりでも苦戦するような相手だったけど・・・
ユージオは彼こそがソルティリーナウォロを破り今年の大会で優勝して
整合騎士に選ばれた相手だと気付くけど・・・相手は自分は1ヶ月前に
天界から召喚された・・・という発言をしたりとかなりチグハグ

さらに増援から逃げる途中、2人を匿ってくれた少女は
SAOのシステム中枢だったカーディナルを名乗り
元システム管理者権限を所持していた存在である事、
今はこの世界で生まれ、その執念からシステムコマンドを見つけ出して
彼女から権限を奪う取った最高司祭アドミニストレータの話に繋がり
一気に物語は核心に迫った感じ・・・

本来なら1年かけて修行して大会を勝ち進んで・・・どちらか一方がって話だったから
2人揃ってセントラル・カセドラルにって状況は僥倖とも言えるし
ユージオは目的であるアリスに彼女が変わってしまっているとはいえ再会できた。
さらにユージオは一度『禁忌目録』を破ってシステムの制限から外れたせいか
その後は普通に法律よりも優先すべき大切なものを主軸に考えられるようになっていて
より人間に近づいた感じがしていい感じだし・・・結果オーライなのかも

ライオスウンベールは許されないけどね。

ただカーディナルが語った話は・・・色々と考えさせられたかも
最初の『アンダーワールド』の住人を育てた現実世界の4人

彼ら彼女らは優秀で人格的にも模範的で『アンダーワールド』における基本
人を敬う気持ちや大切に思う気持ちをきちんと伝えたからこそ
この世界の住人は総じて・・・善良で規則正しい存在

だけどその4人の中に問題があった存在がいて・・・
その存在が育てた数人の子供が・・・汚染され所有欲や支配欲
利己的な考え方を伝えてしまった・・・それが『アンダーワールド』における
貴族・王族・上級司祭の祖先ってわけで・・・なんとも言えない感じですね。

たった数人がそういう考え方を得てしまったがゆえに
遺伝において容姿と性質がきっちり遺伝する『アンダーワールド』では
そういう悪性の部分も受け継がれ・・・封建社会を築いてしまった模様。
特に貴族間や王族間での婚姻が多い支配層は連綿とそれが受け継がれるから・・・
って事みたいだけど・・・どうなんだろうね

アドミニストレータはその利己的な考え方の結晶であり
その執念ゆえにシステム内で生まれた存在でありながら
システム権限をのっとる事になったわけで・・・恐ろしいですね。
ただこれもまた・・・ある意味で真の人間に近いって感じもありますね。
ユージオも気付いていたように人間には善と悪の両方あるのが自然で
善だけでも悪だけでも・・・片方だけだと人間的に違和感があるわけで・・・
ユージオアリスと同じようにアドミニストレータもまた真の知性を獲得した存在なのかも
ただシステム権限を得て寿命まで操作できるようになる数百年を生きる彼女が
明らかに現実側のラーススタッフの思惑と制御を超えてしまってるのは確実っぽいですね。
そして彼女に意図的にそれを与えた存在がいるかも・・・ってのも言われていたし
現実でアスナもスタッフの集団とすれ違った時にその中の誰かに
違和感を感じてるシーンがあったから裏切り者がいるのかも。
まぁ・・・目的とかはわからないんですけどね。

とりあえずキリトは自分がいま仮想世界にいる事をようやく確信できて
さらに『アンダーワールド』がすでにシュミレーションとして以上に
もはや一つの世界として成立していて住人は生きているから
ラーススタッフの都合や実験で消去したり負荷をかけるべきではないって
考えているようで・・・やっぱりというかこの世界を救う事になりそうな予感

キリトは真の知性を得たユージオを現実の仲間達にも引き合わせたいと
思っているみたいだし・・・どうなるのかな?
そういえばだけど・・・同年代の同性の友人って初めてなのかも
なんかキリトの同年代って女の子ばっかりだし、仲のいい男性は年上中心だからね
ラースでは『アンダーワールド』で生まれた知性用のロボットボディの開発も
されているシーンがあったから実現すると良いんだが・・・

web版を読んでいないんで今後の展開もわからんのだけど1つ懸念があるとすれば
アリスキリトを巡るハーレムメンバーの一員に・・・って話を知ってしまっている事かな?

いや、ユージオどうすんの!?

って感じなんですけどね・・・もしや記憶戻らないとか別人でしたとか
そういうオチだったらちょっと悲惨というか・・・ユージオが色々とね・・・
ティーゼにはその方がいいのかもしれないけど・・・うーん、どうなるんだろうか・・・
ってか現状は完全に脱走犯とそれを取り締まる騎士だしなぁ・・・
続きは初夏らしいからどうなるのか悶々としながら待つしかないなぁ

ちにみに今回のキリトロニエより寮監であるアズリカの方と
フラグ立ててた・・・いつも通りだな・・・うん・・・

それにアリス何気に・・・

超絶美少女じゃねーか、この野郎!?

キリトにしろユージオにしろ・・・爆発しろって感じですね・・・ええ・・・

最後に一文。

キリトのセリフ

ティーゼライオスウンベールのルームメイトに対する行動に嘆き
自分が父から教わった考え方・・・貴族であり他の人よりも力を与えられているからこそ
持っていない人が幸せになれるよう勤め、有事には先頭に立って戦うのが
貴族の使命だと語ったときにキリトが言った言葉

キリトティーゼの父親の考え方・・・現実における『ノブレス・オブリージュ』
考え方に属するそれを賞賛して会ってみたいとまで言った。

平民との交わりが多くて利己的な性質が薄まった下級貴族こそが
真に貴族的な考え方を持っているってのが・・・なんとも皮肉な感じですね
権力を持っていないほどまとも・・・ってのがねぇ・・・

まぁもちろん上級貴族=駄目ってわけではないんでしょうけどね

なにはともあれ、このセリフがツボだったのでコレで。

「その誇りは、どんな法律や規則よりも大切なものだ。
 たとえ法で禁じられていなくても、
 してはいけないことは存在するし、
 また逆に、法で禁じられていたとしても、
 しなきゃいけないことだってあるかもしれない」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
ソードアート・オンライン11 アリシゼーション・ターニング (電撃文庫)ソードアート・オンライン11
アリシゼーション・ターニング
(電撃文庫)

(2012/12/08)
川原礫

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

>>彼は怪我を治したいけど、治すには人のものを奪わないといけない
それは『禁忌目録』に抵触する・・・

人のものを奪うこと自体は11巻中に説明されている通り、他人の物を自分のものにし所持者が変わる、または他人の物を奪い放置し天命が減り始めると禁忌になります。
それには厳密にはだいたい1日ほどの猶予があったはずなので、今回の場合は、ウンベールの縄を奪うことではなく、縄を奪うことで『ウンベールの天命が消費する』ことが禁忌に触れるためライオスはエラーを起こしたのだと思います。

No title

ついさっき読み終わりました。
こういう作品って、ただの娯楽としてももちろん面白いですが、何か考えさせられるところもあって読んでよかったと思えます。

今巻で色々と状況が動いて核心に迫ってきましたね。同じくweb版を知らないのでわからないですが、紆余曲折を経てキリトが現実世界に戻りこの世界で暮らした数年もフィードバックされれば、実年齢と精神年齢が食い違ってきて、さらにキリトの現実世界との乖離感が強まってしまうんじゃぁ…と気になったりもします。

まあキリトさんはいつも通りフラグを立てまくってるようなので変わらないのかもしれないですけど(笑)

No title

はじめまして、たまたまこのサイトに入ったので残させていただきます。
・・・まあ、騎士アリスさんがキリトにフラグが立つのはいろいろありますので実はそんなにおかしくはありません。
後ユージオは最後まで読めばきっと爆発しろとか絶対言えなくなるキャラクターであったりするんで言わないであげて・・・
次の巻からカセドラル編の山場に突入していくため楽しみにしとくといいと思います

No title

 
下の方の言う通り ユージオはキリトを超える剣士となり、
キリト初の同世代の同性の親友となるんです・・・
 爆発しろとかは言わないであげて(笑)
 そしてアリシゼージョン編は本当の意味でソードアートオンラインとなる巻だと思います。 

今まで主要キャラは一人も・・・でしたよね?これ以上言えんwww
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。