スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法科高校の劣等生 8 追憶編

あらすじ

今から三年前。司波深雪にとって、忘れられない『出来事』があった。
それから、深雪は変わった。兄との関係も。兄に向ける、彼女の心も──。  

中学一年生の司波深雪は、自分の兄が苦手だった。
一体何を考えているのか分からないから。

家族でありながら使用人同然の扱いを受けているにもかかわらず……全く意に介さない。
兄と目が合えば、深雪の口からは、不機嫌な声が出てしまう。  

そんな妹に、『ガーディアン』として完璧に付き従う兄。
そこには一切の油断もミスも無い。そして、一切の『感情』も。  

理不尽だとは分かっていても、深雪は兄に苛立ちをぶつけることしか出来なかった。
自分の、ただの我が侭だと分かっていても。

今とは全く異なる、達也と深雪の関係と、その心の中──。
三年前、沖縄で起きた『出来事』によって、二人の心と、その運命が、大きく変わっていく。

感想

魔法科高校の劣等生の8巻

今回は3年前の話で達也深雪が今の関係になる前の話
さらに7巻で敵軍が話していた3年前の沖縄での戦闘の話ですね。

やっぱりお前だったか・・・達也・・・

さて・・・なんかもうお前ら兄妹だけど誰が見てもちょっと超えちゃってる感じの
ラブラブっぷりだよねーって感じの達也深雪の司波兄妹

3年前・・・お互いが中学一年生の頃までは
少なくとも深雪達也を苦手としていたらしい事があらすじでわかり
これがどうなって今の状況に・・・って思ったんですけど・・・

うん、そんな事なかった・・・この頃からもう・・・

十分、ブラコンだったよね!素直じゃないだけで!

達也『ガーディアン』と呼ばれる『ミストレス』・・・主人を護る存在で
十師族である四葉だけにあるシステムらしくて日常に必要なものを全て四葉
用意するからその全てを主人を護る事に費やす・・・そういう役目みたい。

そして達也が本家直系の・・・しかも兄でありながら妹である深雪『ガーディアン』なのは
深雪が優秀な魔法師四葉の次期当主候補である、
彼が出来損ないの魔法使いだから・・・って事の模様

えっと・・・誰が?

って今まで読んできた自分としては思うんですけどね・・・
ただ今回の話でようやく語られた彼の秘密がそれに関わっていた感じ。

それは後に触れるとして兄なのに使用人のような態度で自分や母に接し
母や自分がそう扱っても気にしない達也深雪は苦手にしていたみたいなんだけど
実際に読んで見ると・・・

めっちゃ意識してるよね!


って事がわかります・・・魔法は苦手みたいだけど成績も運動も出来て
友人から頼られている完璧な兄・・・とちゃんと知っているし
深雪がイラついている理由は明らかに兄である達也
自分の護衛なんて事をしている事に対する不満なんですよね・・・
ここらへんは現在の彼女と一緒って感じ。

達也の実力が正当に評価されない事に対する不満なんですよね・・・結局
昔は彼女自身がそれにまだ気付いていなかっただけで
本心ではずっと誇りたかったんじゃないかな・・・コレ・・・

再従妹であるらしい黒羽 亜夜子&文弥の双子の姉弟が
達也に憧れていて彼と親しげに話してるのを見て不満を覚えたりとか
明らかに嫉妬だったしね・・・

達也達也で・・・この頃から深雪を護る事に関しては妥協は一切ない感じで
深雪の態度がどうであろうともって感じで今と対して変わらない感じ。

ただ母親である深夜は息子である達也を完全に使用人扱いで
今のように達也深雪を妹として扱うのを許してはいなかったみたいだから
隔たりがあったのは確かだけどね・・・

ただ旅行先で風間少佐と出会い基地に誘われ
そこでは四葉の関係者と疑われないようにと普通の兄妹として振る舞い
その後、深雪が勇気を出して妹として接してくれるように頼み
さらに敵国の侵攻と基地での反乱と事態は進展して
その中で深雪は知らされてなかった達也の真の力を・・・
銃撃され母と彼女の『ガーディアン』であった穂波と共に死にかけたのを
彼の『再成』によって救われ知る事に・・・

アー・・・こりゃ駄目だ・・・

死を実感して・・・もう駄目だと思い兄との関係について後悔していた所で
その当人である兄に危機を救ってもらい・・・そこでみたのはいつもの冷静な兄ではなく
自分を心から心配して感情をあらわにする兄だった・・・ってのがトドメ

この瞬間までは『あの人』『兄』『兄さん』って呼び方だったんですけど
目を覚まして・・・達也を見たときにはもう『お兄様』に・・・
もうあれですね・・・この人は自分が敬称を付けて呼ぶべき目上の人だって認識が
完全に形成されちゃってます・・・

達也達也深雪を殺されかけた事で思いっきりキレていて
キレているからこそ冷静に確実に敵を殲滅する為に風間少佐の協力を得て参戦
7巻で語られた『摩醯首羅』の伝説を打ち立てる事に・・・

3年後だと危険にさらしただけでも怒ってたからね・・・
一度銃撃を受けて死に掛けたこの時の怒りは相当なものだったと思う・・・
なにせ・・・

兄妹愛以外の衝動は削られてるからね・・・

今回のこの話でようやく達也が前に語った感情の欠落について判明
ほのかには魔法の実験で・・・って言ってたけど実際はそんな生易しいものじゃなくて
生まれつき『分解』『再成』という2つの魔法しか・・・

四葉からしたら情報体を変化させる事こそが魔法であるから
情報体を分解と再成しかできないから魔法じゃないって事で

四葉の人間が扱える精神干渉系の魔法・・・
しかも実の母親である深夜と叔母である真夜によって
人間としての強い衝動を感じる部分を削ってその相手部分に
人工的な魔法を演算する領域を作って
通常の魔法を使えるようにしたのが達也って事らしい。

それは・・・許される事なのか?

魔法が使えなければ四葉に居場所がないから・・・ってのが理由らしいけど
それでも実の母親がやる事じゃないよね・・・それ・・・
唯一の良心が残せる衝動が1つあるからそれを深雪の為にと兄妹愛を残した
って事らしいけど・・・ねぇ・・・?

これで達也深夜が互いに冷たい関係なのも納得って感じ
達也は親子愛を感じられないから特に気にしないみたいだし
深夜は自分が魔法を使えるように生んであげられなかっらって負い目はあっても
それだけ・・・って感じ。

ただ深雪深夜の態度が精神干渉魔法を使い続けたゆえの後遺症のせいでは?
って思っていたし達也の戦場での活躍を見て深夜が言った言葉を聞いて
穂波が自慢しているように聞こえた・・・ってシーンがあった事が救いだろうか・・・
たとえどんなに少ないものでも・・・息子を思う心が残ってると思っておきたいところ
まぁ・・・3年後にはすでに亡くなっちゃってるわけですけどね・・・

感情じゃなくて衝動ってところがわかりにくいですけど・・・
何か色々と無くしちゃ駄目な気がするんだけど・・・ここらへんが達也
時に非情な部分の大本なんだろうか?

そのわりには実は・・・冷淡な対応をする時の鋭さというか怖さは
達也深雪も何気に深夜と似てる感じがあるから確かに親子だし
うーん・・・どうなんだろうか・・・

感情がないわけじゃかうて激しい衝動がないってだけだからこそ
『再成』の副作用とかにも耐えられるし、いつでも冷静なんだろうけど
基本的に読者や・・・深雪ですら衝動を削られる前の達也がわからないから
どれくらい達也に影響があったのか元がわからないからね・・・

なにはともあれこの一件で深雪達也に対する自分の想いをはっきり理解して
達也がそれを望むなら自分はそれには異を唱えない事を決めて
お兄様と呼ぶようにした模様・・・結局彼女が気付いたってだけで
最初から達也好きだったんだよね・・・明らかに・・・

命を救い、敵の軍隊を蹴散らし
最後は敵の艦隊を『マテリアルバースト』で消し飛ばした・・・
これが全部深雪個人の為だってんだから凄いよね・・・

ってかこの頃から大概チートだな、オイ!?

これに3年間、軍に入って鍛えCADの知識も得て二人の話もあり
達也が直接2人きりで現当主で叔母であると話をする場面があるんだけど
実はこの年になって初めてって話でそれだけでも達也の立場がわかるんだけど
それでも・・・今は大分認められたのかも・・・まぁ恐ろしさをって感じだけどね。

真夜は7巻で達也が敵艦および敵国の港を『マテリアルバースト』で消し飛ばした事で
敵の港の船には『十三使徒』と呼ばれる公式に認められた達也の魔法と同規模の威力を誇る
戦略級魔法師の1人が乗っていて消し飛んだ事
それを幸いにと日本が『十三使徒』の1人を出撃させた事
さらには今回の一件で各国で戦略級魔法について有用性を見直す動きがあり
アメリカのスターズと呼ばれる部隊が達也の事を探り始めたりもしてると伝え
学校をやめてしばらく身を隠せと通達

だが、断る!

深雪の護衛を誰かに譲る気はないし、達也の魔法は世界最強の魔法師と呼ばれ
対人では勝てるものがいないといわれる彼女の魔法を容易く破れるから
真夜が脅しで魔法を発動してもあっさり破ってましたしね・・・
この2人の魔法は決定的に相性が悪いらしいです・・・達也怖いわ・・・

ただ達也深雪を裏切る事は絶対になく
深雪四葉の後継者である責任を放棄する事もないから
深雪四葉の後継者にさえなってくれれば達也四葉を裏切るわけがないってのも
わかっていてこういう事をしてるんだから意地が悪いですね

3年前の沖縄で達也『マテリアルバースト』の準備の時間稼ぎで
魔法を使いすぎた反動で死んでしまった深夜『ガーディアン』である穂波
姪にあたる女の子・・・水波が女性しか行けない場での深雪『ガーディアン』として
訓練されているってのもあって・・・達也を留める鎖は結構色々とある感じ
これどうなるんだろ・・・気になりますね・・・
真の意味で自由になれるのかなぁ・・・まぁ深雪から自由になんて達也が考えていないと
思うんだけどね実際の所・・・

本編は次から冬の・・・12月頃の話になるみたいで
上で書いたアメリカのスターズ・・・その総隊長にして『十三使徒』である
アンジー・シリウス少佐が日本に潜入捜査にくる感じみたい。
しかもこの人・・・年齢的に達也と同じで留学生として第一高校に来る様子。
女の子みたいですね。

この娘もチートなんだろうか・・・達也と戦った場合どうなるのかとか
楽しみかもしれない・・・惚れたりしたらアレだが・・・
下手すると精神凍結の危機だよねそれ

さて今回の話では四葉の闇というか・・・達也がされた事がわかって
四葉の異常性がわかりはしたんだけど・・・最後にあった33年前の話を読むと
深夜真夜も・・・若い頃はかなりまっとうだったっぽい事がわかる

敵国の組織に真夜が誘拐され・・・女性として酷い目にあい
深夜達也の衝動を削ったように、暴行の記憶を含めた今までの全ての
エピソード記憶を意味記憶に・・・実感のないただの知識に置き換えた

暴行によって心が壊れかけていた妹を救う為に
3日間だけ選り抜いて置き換えることができなかったから全てを・・・

だけど真夜の心が壊れる事はなくなったけど彼女にとって
それは今までの彼女自身を殺された事と同義で・・・これ以来姉妹の仲は
すれ違ってしまった模様。

この後、深夜は贖罪のように魔法を使い続けて体を壊してしまったみたいだし
姉妹の仲も戻る事はなかった
真夜にいたっては事件のせいで子供も作れなくなったみたいだし・・・散々ですね・・・

ちなみに敵国の組織は当時の当主・・・深夜達の父親と親族達が怒りくるって報復を開始
最終的に30人の犠牲をもって相手側に4000人の被害をたたき出して壊滅させた模様

ち、血筋だ!?この容赦なさは血筋だ!?

なんていうか・・・ばっちり四葉の血は受け継がれてる感じですね・・・
ただこの頃の四葉はかなり家族的な繋がりが強かったみたいだし・・・
それを考えると今の達也への対応が色々と違和感あるんだが・・・どうなんだろうか

元々四葉は精神系の魔法と特殊な魔法を持つ人間がランダムに生まれる家系みたいで
深雪が前者、達也が後者ってだけの話だと思うんだが・・・なぜ出来損ない扱いなんだろ?

やっぱり情報体を変質させられないってのが大きいのか・・・
それとも実はなにかのカモフラージュなのか・・・ちょっとわからなくなってきた

『ガーディアン』というシステムも真夜が襲われた事を機に
二度とそんな事がないようにと考案されたシステムみたいだし
一概に四葉が悪いって訳じゃない感じもするなぁ・・・どうなんだろうか?
今後明かされる事に期待って所でしょうか。

ちなみにこの四葉の報復が敵国の内部崩壊の引き金になり
大陸の統一の足がかりになって世界大戦の終結に繋がったらしいので
結果的に戦争をとめた一族なんだよね・・・四葉って・・・
今回の話で描かれた魔法の数々もかなりチートっぽいのが多かったし・・・
なんて恐ろしい一族なんだ・・・四葉・・・

ある意味、その恐ろしさって意味では達也は最高傑作なんじゃないだろうか・・・
容赦なさとか破壊力とか・・・当時に達也がいたら『マテリアルバースト』
銃弾爆撃とか恐ろしい事になったでしょうしね・・・国どころか大陸が消えるかもしれないよね。

最後に一文。

達也のセリフ

聞き流してもいい部分だけど深雪はこのセリフの『大切だと思える』って部分に違和感を感じ
それによって彼女は真実を聞く事になった・・・なのでこのセリフで。

『大切だと思える』ってのをよく考えると変ですからね・・・
他は思うことすらできないのか?っていう・・・

「俺にとって、本当に大切だと思えるものは、
 深雪、お前だけだから」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
魔法科高校の劣等生(8) 追憶編 (電撃文庫)魔法科高校の劣等生(8)
追憶編
(電撃文庫)

(2012/12/08)
佐島勤

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

初めてコメントさせていただきます。
感想と内容が詳しくまとめられていて読みやすいので参考にさせていただいてます。
魔法科高校の劣等生みたいな普段周りから評価されてないけど実は凄い能力をもった能ある鷹は爪を隠すみたいな主人公が好きではまった口なんですけど・・・あれ?全然劣等生じゃなくね!?
チート主人公好きなんで全然いいんですけどここまで凄いとは思わなかったですw
電撃文庫の方で2年生の部も始まったらしく読むべきかそれとも1年生の部が読み終わるまで我慢すべきか・・・早く新刊出て欲しいですねぇ(出たばかりなんですが)

No title

初めまして。
私も8巻を読みました。でも自分では消化仕切れなかった部分もありましたが、この記事のおかげで納得できたような気がします。
私は8巻に書かれていた「(四(死)の魔法技能士開発第四研究所」というセリフを聞いて、唯一の『四』を冠する『四葉』の者として、達也はある意味相応しいのではないかと思いました。
達也の『分解』は、「死の魔法」としてはある意味成功例と言えるのではなのではないでしょうか。
とりあえず、これからも達也の活躍を期待しながら読んでいきたいと思います。

No title

>銃弾爆撃

絨毯爆撃の間違い?

No title

子供に全ての存在を分解する力と全てを再成できる力があると知ったら普通始末すると思います。危険すぎるので後、強姦され幸せな家庭をもてなくなった妹がいてしかも妹の望まないことをしたのであれば罪の意識から幸せを放棄した母ともとれるのですがどうなんでしょうね。
情動を消して魔法を使えるようにとかとってつけた理由にみえるのです
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。