スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイ・ワールド 3

あらすじ

スカイワールド―それは魔法と科学技術が同居する世界で、
無数に浮かぶ島から島へと飛空艇で旅をするオンラインRPG。

凄腕ゲーマーのジュン、初心者のかすみ、白魔術師のエリ、銃使いのユーカリアの四人は、
召喚術師のヒカルを仲間に加え、エルフたちの住む第五軌道島スウィトネヴルに滞在していた。

その島でジュンはエルフ族の王女・キーサンドラと出会う。

彼女は『自分でクエストをつくり出す』という特殊能力を駆使して
冒険者たちと共にダークエルフから国を守っているのだが、
『とある一味』の魔の手が彼女に忍び寄り―。

“信じる心”が試される、熱きオンライン冒険ファンタジー!!

感想

スカイ・ワールドの3巻

表紙は安定のメインヒロインであるかすみ

ってまたヒロイン増えたぞ!?

そして・・・

既存ヒロインのフラグも強化された!?

さらにさらに

なんかゲーム世界の王女様とも仲良くなった!?

結論

ジュン、爆発しろ!!!

って感じでしたね・・・ええ・・・マジ、爆発しろこのヘタレ野郎・・・

今回は前回のジュン達の冒険の成果でセカンドクラス・・・
メインジョブの他にサブで付けられるジョブで力の底上げになるものが解放され
前以上に色々とバランスが上がった感じのパーティー

ただ前回の大規模レイドのせいでお金を大量に消費した為に
稼ぎどころと呼ばれるエルフが治める国の砦で稼いでいて
そこでヒカルという名前の召喚術師をパーティーメンバーにしたんだけど
実はその子が・・・男装していた女の子で、同室になった時に事故で裸を・・・

ラッキースケベか!?爆発しろ!

っていう王道展開・・・しかもリアルでは声優であるらしい・・・
前回はハーフの女の子と仲良くして仲間にして・・・今回は声優か・・・
実はジュン・・・かなりムッツリなんじゃ・・・

まぁ・・・かすみの気持ちとかわかっていながら手を出せないへたれなんだけど
お約束というかなんていうか・・・秘密を抱えて一人でずっと旅していたひヒカル
最終的にジュンに・・・って事になるわけで・・・爆発すればいいのに。

さらに今回起こった事件・・・冒険者・・・つまりリアルがあるプレイヤーによる
ゲーム内に存在する国を占拠するテロという大事件において
前回仲間になったユーカリアのトラウマが発覚し・・・それも解決に向かう事に。

事件の首謀者だった男がユーカリアの実兄で彼の家庭内暴力に怯えつつも
自分を護るという建前で暴力に染まった兄に依存していたゆえに
彼に言われるまま協力してしまい、仲間であるジュン達を裏切ってしまってショック・・・
って感じだったけど、彼女を最後まで信じたジュン達の説得と呼びかけもあり
無事仲間に戻ったって展開だったけど・・・なんか読んでる限り・・・
これどう考えてもユーカリアが益々ジュンに惚れる要因になりそうにしか思えない

依存しやすい性格でジュンに好意も持っていたみたいだから
今回の一件で今まで以上に好感度がアップした感じ。

ジュン、天然タラシが・・・爆発しろ!

さて、内容と感想はこれくらいにして今回の一件で判明した事についてちょっと・・・

前回、ジュンが考えていた『スカイ・ワールド』をゲームと認識し
そこに住まう人々をただのNPCだと認識する危険性
それが今回はさらに顕在化した事が判明してますね・・・

まずエルフの王女であるキーサンドラ
彼女はクエストを自分で生成するアビリティを持っていて
ジュンはクエストマニアって事もあって彼女と色々と話し合いをして

クエストを作れる自由度、クエスト難度と報酬の関係

なんかを相談しつつ発行してそれで色々と試していたみたい。
ある意味で盛大なマッチポンプですね・・・
冒険者がクエスト内容に口出してるんですから。

でもあくまでエルフの砦を守るって条件がキーサンドラのクエストの絶対条件で
害するようなものは無理みたいだし・・・そこらへんはちゃんとしている感じ。
ただこのジュンの行為に運営側の存在であろうアリスは文句言わなかったから
問題ないって事らしい・・・どういう事だろうか?

そして今回の事件・・・冒険者がNPCの国を占拠して治安維持用のGM権限のように強力な
戦力を手に入れようとして、ジュン達が戦わなければおそらく成功していた。
だけどジュンが予想していたように万が一それが成功していたとしたら
この世界のルールそのものが大きく変わっていたかも・・・という危険性があったみたい。

キーサンドラエルフ達はもし冒険者が・・・彼らが国や民を傷つけるような存在であるなら
たとえ自分たちとは比べ物にならない力を持っているとしても対抗するために戦争を起こすし
今までのように冒険者を無条件で迎え入れるような国や街はなくなるかもしれないという
事をいっていたから、この世界やそこに生きる人々の事を

『ゲームの中の世界』
『ゲーム内のただのNPC』


って考えて生活するのはかなり危険な行為みたい。
普通のゲームならプレイヤーであればイベントでもない限りは街の出入り・・・
さらには国の出入りすら自由(料金かかる場合もあるけど)だけど
リアルに考えるなら・・・そんな安全管理ですむわけがないですからね。
なにせ冒険者の力はあの世界の人間からしたら恐ろしいものですから。

なんか益々この舞台となっている世界について謎が増えたけど・・・どうなんだろう。
ジュンがこの世界に呼ばれたのは攻略が第四軌道の島から先に進まず
ジュンかすみが追うサクヤもその島にいる。

だけどジュンが来て結構経つけど・・・それ以上先に進んだって話がないらしく
色々と問題があるみたい。それについてはそろそろわかるかも。
どうやらヒカルも後からこの世界に来た人間であり、サクヤの従姉妹みたいで
ジュンサクヤの親友である事にも気付いたみたいで、
彼にサクヤが今ピンチだと伝えたりしてたから次回がめっちゃ楽しみ

今回の敵・・・『神秘の座』を名乗ったギルド

そしてユーカリアの兄とは別行動で王宮に忍び込んで、
王族しか開けられない扉の奥にいたらしい少女を浚おうとしたプレイヤーであり
グレイスラッガーの正体

アリスが優しくしてあげてと囁いたその少女の事

色々と伏線も残されていたし・・・この先の展開が気になるところです。
第四軌道は一体・・・どんな修羅場になってるんだろうか・・・

最後に一文。

ジュンのセリフ

基本的に1人で抱え込んでしまい悩んでしまいジュン
そんな彼の事を仲間達はちゃんと理解していて、もっと信じろ・・・と
何度も言ってきていた。

だけど今回のユーカリアの一件でジュンも思う所があったのか
ちょっとは自分の認識を改めたみたいで
兄への恐怖と依存から兄に協力してしまった彼女に対して
このセリフを言って説得に成功した。

ある意味でこのセリフは彼自身の成長にも繋がってる感じがして
印象に残ってるのでコレで・・・

それにしても・・・エリも大分、ジュンの事を理解してるし
ユーカリアも・・・もちろんかすみも理解してる。
仲間になったばかりのヒカルですら彼のいい部分に気付いた。
なんだろ・・・この天然フラグ製造野郎は・・・

このセリフだってある意味で、ユーカリアとのフラグ強化だし・・・

「ユーカリア、
 どうしておれがここまでたどり着いたと思っている!」


「おれが、おまえを信じたからだ!」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
スカイ・ワールド3 (富士見ファンタジア文庫)スカイ・ワールド3
(富士見ファンタジア文庫)

(2012/12/20)
瀬尾 つかさ

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

楽しくドラマチックにロールプレイ【スカイ・ワールド3 (富士見ファンタジア文庫)】

スカイ・ワールド3 (富士見ファンタジア文庫)(2012/12/20)瀬尾 つかさ商品詳細を見る 無数に浮かぶ島から島へ 遥か上空、蒼穹の果てを目指し 飛空艇で旅をするMMORPG・スカイワールド そ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。