スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀閃の戦乙女と封門の姫

あらすじ

地球に隣接した魔法世界クァント=タン。

カイトはかつて魔物たちに襲われた世界を救うべく召喚され、
しかし《玩具破壊者》と呼ばれる特殊能力を危険視され、
用済みと同時に日本へ強制送還された過去があった。

それから一年。

かつての幼馴染にして《竜族殺し》の異名を持つ少女フレイ・サルタールが
突如カイトの前に現れる。

突如現れた未知の魔物を倒すためにその力を借りたいと
助けを求める彼女に、不信感をあらわにするカイトだが、
しかし義妹であり梨花の強い薦めでクァント=タンの地に再び降り立つ事を承諾する。

クァント=タンを襲った新たな魔物達の正体とは、
そしてカイトのみならずフレイと梨花をも巻き込む数奇な運命とは・・・。

瀬尾つかさが贈る剣と魔法の本格異世界ファンタジー、ついに登場!!

感想

一迅社文庫の12月の新刊

購入履歴にはない・・・昨日衝動買いした1冊。

異世界召喚モノ・・・に近いんですが・・・近いんですが・・・違う

この物語の舞台になる世界の地球では二十数年前に異世界との交流が盛んになり
だけど異世界の存在はマナが希薄な地球では存在するのが難しく
交流を続ける為にと地球と寄り添う形の亜世界を独自に形成して
そこに色々な世界の種族が移り住むって形で交流を開始したらしく
主人公はその亜世界『クァント=タン』と地球人のハーフみたいで
子供の頃からそこと地球を行き来していたみたいだから・・・うん違うよね。

ただ主人公・カイトはマナが多いがゆえに魔物が現れるその世界で
かなり有名な存在で尊敬される存在だったけど1年前に国王によって追い出され
今は地球に定住してるって感じで始まる。

ある意味で異世界召喚モノのその後・・・って感じでもある作品

カイトは特殊で強力な力を持つがゆえにそれを恐れた国王に・・・って事情で
カイト達第二世代・・・『クァント=タン』ができてから生まれた世代は
王族や貴族であるなら民を守る為に魔物と戦わなければいけない義務があるんだけど
だからこそ第二世代は魔物を倒す力を強化する為にまるでサラブレッドのように
有用な血族を掛け合わせる事で生まれた世代

しかも国王や貴族達はそんな彼らを兵器と・・・魔物を倒す為の道具扱いして
第三世代のためにも同じように掛けあわせを考えているみたいだし
そんな事をしつつも、強大な力を持って生まれた彼らをどこかで恐れてるという
なんとも酷い世界な模様・・・今回はそういうキャラが登場してないので
まだ具体的にわからないけど・・・続編があるならそこらへんも問題になりそう

まぁカイトは地球人としての常識も持っているからこそそれに反発してるだけで
『クァント=タン』で生まれ育った世代はそれが普通で受け入れてるみたいだけどね。

ただ・・・うん・・・これだけ書いてるとちょっと境遇を不憫に思えるんだけどさ・・・

① 母親の再婚により連れ子の血の繋がらない美少女の妹・梨花がいる。

② 梨花は明らかにカイトを異性として意識してるし、普通に大好き

③ 表紙キャラは幼馴染の1人。主人公の側室希望

④ 幼馴染に王女がいて正妻希望。

⑤ カイト自身、幼馴染2人は特別に想ってる。↑の血統の・・・が気になってるだけ

⑥ 父親は『クァント=タン』の貴族出身で当人も貴族

⑦ 普通の民や兵士の間では絶大な人気と尊敬を集めてる

⑧ 小人族(少女サイズだけど100才越え)の女性にも好かれてる?

⑨ エピローグでは別の少女に求婚された


って事になってます・・・つまりあれです・・・

リア充、爆発しろ!!

幼馴染の少女フレイも王女であるソーニャも特別な力を持った第二世代
ぶっちゃけた話、戦闘って事になると王族であるソーニャの力のほうが
カイトを圧倒するほどでカイトの力はそれをサポートする力って感じ。

カイトは戦いに使用する道具を自由に形を変え、弄る事ができる固有能力で
それを利用して当人自身の道具の力を引き出す事も出来るし
他者の道具の力も引き出せるので完全にサポート向きって感じでありつつも
単体戦闘力はかなり高い感じ。

ただこれをすると貴重らしい戦う為の道具・呪式装具(ジャケット)
破壊してしまうから厭われるって部分もあるみたい。

ソーニャが本気で戦うとカイトには勝てないって発言があったから
もしかしたらまだ上があるのかもしれないけど・・・今回はわからなかった。

今回の一件で強力な魔物の登場でカイトソーニャが独断で呼び戻し
彼の力が必要だけど彼女の父である国王も撤回は出来ないと思っているみたいで
当人も本音では2人は大事だし、戦う事も嫌いじゃないみたいでよかったって感じ。

ただやっぱり自分たちを兵器や道具としてみる大人が嫌いみたいで
それがネックになってソーニャフレイの想いを素直に受け取れないし、
そんなカイトの気持ちを想って無理強いはしない2人って感じになっていて
ちょっともどかしいかも・・・

多分、結婚そのものは問題ないはずなんですけどね・・・
血統の掛けあわせが普通に行なわれている世界だからこそ

強力で固有な力を持つカイト
強力で固有な力を持つフレイ
他者を寄せ付けない圧倒的な力を持つソーニャ


の結びつき事態はおそらく反対はされないと思われる。
一夫多妻が普通の世界でもあるみたいだしね・・・

しかも普通のラノベとして互いに想いはわかっているんで・・・
幸せになってほしい所。

カイトが吹っ切る事さえできれば完全に恋愛結婚なんだし
問題はないはずなんだけどね。

あとは妹である梨花は明らかにフレイソーニャの想いにたいして
胸に痛みを・・・って感じでカイトに恋慕の情を抱いてるけど・・・それが問題かな?
これも血縁じゃない上に梨花もハーフで母親が強大な力を持つ人物だったみたいで
彼女も未来予知をする巫女の力があるし・・・おそらく問題ない

ただこっちについてはカイトが気付いていない・・・かな?
今後の展開に期待って感じでしょうか。

あとは小人族のアルルメルル
エピローグでカイトに求婚した少女エリカも今後どうなるのかも気になる

エリカに関しては強大な魔物を自分自身の存在を使って封じていて
今回の一件でカイト達がその魔物を倒した事で解放された。

本来なら未来視で見たカイト達がその魔物を倒せるのは半月後で
それまで封印してたら死んでいたらしいけど、倒せたので救われた。
だけど存在を削ったので・・・少女の姿になってしまい記憶も・・・って事らしい。
しかも目覚めて最初に見たカイトが大好きにって展開なんだけど・・・

この人、梨花の母親なんです・・・どんな状況だ!?

これは吹いた・・・流石にこの展開にはビビッた・・・ってかどうするの?
流石にまだヒロインって言える年齢ではないけどさ・・・今後成長したらどうするの?
ってか梨花はライバルがようやく再会できた母親ってどうなの?

ってかこの状況でカイトの母親と梨花の父親の反応が激しく気になる。
何気にエリカは強大な力を持っているらしくて、地球と『クァント=タン』
自在に行き来できるみたいで大変だからとカイトが面倒を見る事になったみたいだし・・・
なんだろ・・・このカオス・・・めっちゃ笑った・・・

リア充、爆発しろ!

ただ上でも書いたけどソーニャ以外の王族や貴族・・・第一世代はまだ登場してないし
『クァント=タン』に現れ始めた強力な魔物達

『ノーブル』と呼ばれる王族でギリギリ対処できる下位の魔物を指揮する上位種
『ノーブル』をサポートする中位種である『ナイト』
さらに6年間封じられ力を削られてなお強大な力を持った最上級種である『キング』

の問題やそれらが発生する仕組みなんかも色々と複雑で根本的な対処作がなさそう。

世界の記録が魔物でありマナが濃くなると発生する

倒された魔物はマナに還る世界に記録される

その情報を元に強化された魔物が発生


という悪循環が起こっているらしくて・・・コレどうするんだろうね・・・
キングはエリカが封じていた別の世界で倒したみたいで記録されなかったみたいだけど
イチイチ存在を削って誰かが結界を・・・ってのも現実的じゃないだろうしどうするんだろ?

色々と問題は残っているんだけど・・・今後の展開に期待かな?

最後に一文。

アルルメルルのセリフ

何かこう・・・めっちゃツボだったんで・・・
とりあえず一言・・・こんな知人は嫌だ!?

「わがいちぞくの、かくんに、こうあります」

「まいにちが、じっけんです。
 まわりすべてが、じっけんざいりょうです!」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
銀閃の戦乙女と封門の姫 (一迅社文庫)銀閃の戦乙女と封門の姫
(一迅社文庫)

(2012/12/20)
瀬尾 つかさ

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

この、作品、スカイ・ワールドと同じ作者なんですよね。
凄く続きが気になりますね。

Re: No title

コメントありがとうございます

> この、作品、スカイ・ワールドと同じ作者なんですよね。
> 凄く続きが気になりますね。

Σ(°Д°;マジだ!?
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。