スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不完全神性機関イリス 3 -三大世界の反逆者-

あらすじ

人類による幽幻種への生存闘争。

その旗頭を決める覇権戦争の帝国代表に選ばれたのは、
宝条軍学校に通う貧乏学生の俺・凪だった。

もちろん、俺個人の力が評価されたわけではなく、
うちのダ家政婦にして帝国の切り札イリスとコンビでの選出だ。

覇権戦争の舞台・凱旋都市エンジュで、俺はイリスの製作者であるヨミ先輩と再会する。

ヨミ先輩とチビ聖女・紗砂、そして武宮唐那国のツァリが、
覇権戦争そっちのけで進めていた企み“エデン・プロジェクト”。

計画に誘われる俺とイリスだが、

「幽幻種の反応を観測。敵個体数一五〇〇から二〇〇〇」

答えを決める間もなく、幽幻種の襲撃が始まり―─。

感想

不完全神性機関イリスの3巻

今回の表紙は主人公であるのクラスメイトである
ミカエルシステア

物語開始時点ですでにフラグが立っていた2人ですね・・・
まぁ今回は2人が中心ってわけではまったくないんですけどね・・・

もちろんそれぞれとの絡みでいい感じのシーンはあったんですが。

機械人形であるミカエルは整備を自分がしてやる・・・と脱げといったり
覇権戦争の代表になって遠い存在に・・・と心配するシステアには
そんな風に遠慮するな・・・って感じでフラグ強化してましたね・・・このスケコマシが!

そんな既存ヒロインとのフラグ強化をしつつも今回は・・・

年上のお姉さんキャラ・・・ヨミ

武宮唐那国代表・・・ツァリ(幼女属性も完備)

って感じで・・・ヒロインが増えました・・・ええ・・・

ヨミは帝国側が用意した帝国代表であるイリスペアの専属の担当官として人物で
名前だけは何度かでていたが先輩と言い、イリスの製作者である女性

子供の頃、家が近くて・・・ってあれですね・・・幼馴染・・・
何故かの事は苗字である『ジール』と呼ぶようなんですが
ミカエルからはなんか1人だけ呼び方が別で特別っぽいとか言われてたけど
再会の嬉しさで抱きついてきたり、夜は一緒のベットで・・・とか
色々と元気でノリのいい女性。

機械人形・・・とくに自分が作った固体に対しては息子・娘のように思っているし
帝国の存亡そのものなんかよりも、イリスの事を心配するいい人

ってか想像より美人ですね!?

そしてもう1人・・・ようやく登場の・・・ユト

この頃からだったんですね!?

って事で『氷結鏡界のエデン』に登場する小さな女の子
シェルティスエリエになつく彼女がこちらでも登場。

こっちではの目の前で・・・しかもお風呂場でツァリへと変身し
その抜群のスタイルを見せ付ける事に・・・

凪・・・爆発しろ・・・

そういうば人前で変身って『氷結鏡界のエデン』ではまだなかったっけ?
まだ正体ばれてなかったような気がするしね・・・

そして主要メンバーが全員そろって・・・ついに明かされたのが

エデン・プロジェクト

『魔笛』に侵された『穢歌の庭』を結界によって切り離し
残っている無事な部分と隔離して、侵された部分は浄化する・・・
『氷結鏡界のエデン』の世界へと繋がっていく・・・その為の作戦

すでに達が住む帝国以外はコレに向けて動いているらしく
『不完全神性機関』であるイリスにも協力して欲しい・・・って事らしく
ヨミはすでに協力していたって事みたい。

なるほど・・・これが『氷結鏡界のエデン』最新刊で語られていた

世界を救う重圧に苦しんでいた紗砂を激励して
宿命に苦しんでいたツァリに手を差し伸べ
イリスの製作者であり病床にあったヨミの手足となって天結宮の基礎設計を完成させ
不完全神性機関イリスの主人として幽幻種と戦い続けた少年
プロジェクト・エデンと呼ばれたそれの真の主役であった一般人


ってのに繋がっていくわけね・・・まぁそれがあるから読者には一応の成功を
おさめる事はわかっているわけだけど・・・やっぱり過程が気になるよね。

5人はその話で話し合い・・・覇権戦争とかするよりはよっぽどいいって事で
覇権戦争の時に紗砂ツァリと共にその宣言に乗る事を了承するんだけど・・・

まぁ・・・そんなにうまく行くわけがない・・・

幽幻種の侵攻・・・そして剣帝

会場が襲われ・・・紗砂ツァリイリスで交戦し
は避難誘導をしていたんだけど・・・

紗砂ヨミが襲われ重傷を負うことに・・・

その相手はヨミイリス以外に作ったもう1機の機械人形であり
すでに機神となっていて行方不明になっていた剣帝ヘケト・マグナ
彼は自らの意志で『魔笛』を受け入れ・・・敵になったようで
自分の母親に当たるヨミをズタズタにして紗砂すらも倒した
戦闘経験豊富な最強の機神

だからどうした!

ってのが・・・やっぱりでしたね・・・

自分の子供のように思っていたマグナに傷つけられ血に沈むヨミ
彼女を庇いながら、ボロボロになっても戦い続けた紗砂
それを行なった相手をが許すはずもなく、
2人をイリスに運ばせて彼1人で相手に・・・

まぁボロボロになりながら『痛み』を与える事に成功して
どうにか引かせる事ができたって結果になったんですけどね・・・

ちなみにツァリは幽幻種の大群と1人で戦いながら
全裸になりつつも暴れまわってた模様。

いや、待て!?なんかおかしくね!?

紗砂達が大変だったのにね・・・いやツァリも大変だったんだろうけどね・・・
なにせ2巻で達が戦った『魔笛』に侵された機神と同じ『眠らざる者』
幽幻種と戦った後に連戦で突入したみたいだしね・・・

どんだけ強いの!?

この人についてはまだ深く触れられてないのでわかりませんが・・・
強さの秘密はどんなとこにあるんだろうか・・・
多少気になる描写はあったけど・・・まだよくわからんな・・・

あとヨミがこの戦いで重傷を負ったわけですが
『氷結鏡界のエデン』で病床にあったヨミを・・・って書いてあったから
この時の怪我が原因で後遺症が残るとかそんな感じかな?
それまでは普通に元気っぽかったし・・・『魔笛』のせいとかかな?

ただ今回の一件では自分が多少なりとも油断していた事を思い知って
覚悟を完全に決める事になったみたいだし・・・希望は持てるかな?

不安点としては

ヨミ曰くまだ完全に自我をコントロールできず
善悪よりもを優先してしまう可能性があること

特別任務で達と行動を共にしていたミカエルの旧知で機神である紫苑
態度とかちょっと怪しい事

明らかにエデン・プロジェクトの公表を邪魔するタイミングで起きた襲撃

そして紗砂が心配する帝国上層部の動き

まだまだ・・・不安の種はありそうですね。
『氷結鏡界のエデン』よりも状況としては圧倒的に危ない状況なのに
まだ人間が一団となれていない・・・これは危ないよね。

ただ『氷結鏡界のエデン』との繋がりがよりわかってきたので
さらに楽しくなってきた感じかな?
結果はわかっているけど・・・やっぱりそれでも面白いですね。

天結宮の巫女の始まりがエルマリア神教界
護士の始まりが武宮唐那国
機械技術が帝国


って感じで全てが浮遊大陸に生かされているから面白いんですけどね・・・
唯一・・・機神だけが『氷結鏡界のエデン』の時点で存在しないのは
やっぱり強さの次元が違うからって事なのかな・・・やっぱり

ツァリはこの作品で片手間って感じで能力解放したイリスを挑発して
戦って抑えていたし、彼女のだした力はイリスが驚くほど強大だったみたいだし
まぁそれでもイリスの出力は37%の半分以下なわけだけどね・・・

フルパワーのツァリイリスが存在したら実はシェルティス達は
必要ないんじゃないかとかちょっと疑ってる・・・

4巻は6月くらい予定であと2冊で完結予定みたいですが・・・楽しみです。

最後に一文。

のした決意

マグナをどうにか退けたとはいえ・・・結果的には敗北
彼自身も入院になり、紗砂ヨミは重傷

イリスはすでに無茶したとミカエル達に怒られたからと
怒らなかったけどとても心配した

そんな状況だけど・・・の意志はまったくマイナス方向に行ってなく
プラス方向を向いていた・・・いい奴っていうか格好いい奴ですね・・・
            ヘケト・マグナ
”覚悟しろよ勝者”

”これは覇権戦争のルールじゃない、
  オ レ    ギブ ア ップ
 敗者の負け宣言まで終わらないんだ”

”─イリスを幽幻種から守るために。”

”─ヨミ先輩とチビ聖女にしたことを、土下座して謝らせるために。”

”負けっぱなしじゃ終われない。”


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
不完全神性機関イリス3  三大世界の反逆者 (富士見ファンタジア文庫)不完全神性機関イリス3
三大世界の反逆者
(富士見ファンタジア文庫)

(2012/12/20)
細音 啓

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

なんか面白そう。今度読んでみようと思います。
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。