スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイスクールD×D 14 進路指導のウィザード

あらすじ

「は、はじめてですから、や、やさしくお願いしますわ・・・」

俺、兵藤一誠は、完全にパニクっていた。
だって全裸の朱乃さんが隣に横たわっているのだから―─。

何事ですか!?
何が起ころうとしていますか!?

冥界から帰った俺たちを待っていたのは、久々にゆるゆるな日常だった。
ただ、その平穏もすぐに破られるんだけど・・・。
謎の一団が、学園を襲撃してきたのだ。

こいつらいったいなんなんだっ!!

王リアスが不在の今、どうするグレモリー眷属!?

悪魔な学園ラブコメバトルファンタジー、よろしく勇気っ!

感想

ハイスクールD×Dの14巻

表紙に・・・

レイヴェル キタ━━━(゚∀゚)━━━!!

という訳でようやく・・・彼女が表紙です。
お気に入りキャラが表紙だといいですよね・・・

2巻で登場し、リアスの許婚だったライザーの妹、そして彼の眷属として
一誠達の前に立ちふさがった彼女・・・リアスの為に真っ直ぐ進む一誠
その頃から惹かれはじめる描写が見え・・・次に登場したときには大分デレていて・・・
そしてあれよあれよといううちに魔界で有名になった一誠のマネージャーに就任

『おっぱいドラゴン』としての活動などのスケジュール管理とかも任され
公私共に一誠を支えていた・・・という女の子

ちなみに・・・彼女の実家であるフェニックス家
彼女の一誠の将来の眷属&嫁の1人にする気満々ですね・・・親も公認か・・・
という驚くべきヒロインロードを歩んできた彼女・・・今回は彼女が事件の中心になります。

今回の話でピックアップされるのは

吸血鬼

魔法使い

ドラゴン


の3つ。

吸血鬼天使・堕天使・悪魔とは常に距離を取っていて
3つが同盟を結んだ後も不干渉を貫いてきたまったく別の存在

男尊女卑なツェペシュ派
女尊男卑なカーミラ派

に分かれて争っているらしく・・・そんな状況でも吸血鬼以外を見下し
血を引いていても・・・ハーフなどは差別する存在

今回はカーミラ派ツェペシュ派の・・・ツェペシュに連なるハーフ吸血鬼
神滅具を発現させ・・・それに対抗するために特殊な力に目覚めたギャスパー
貸せ・・・という話みたい。

ただ・・・コイツラ・・・最悪だ・・・

ギャスパーツェペシュ派に連なる家系のハーフ
だけど迫害されていて・・・どうにか逃げ出して今はリアスに眷属にして貰えて幸せ
それなのに恨みがあるだろうから力を貸せ
リアスの力は別に必要ない、吸血鬼だけでいい・・・どうしても手伝いたいなら
別に手伝ってくれてもいいけどでしゃばるな・・・という
完全に自分たちの事しか考えていない最悪な部類です

ぶっちゃけ一誠からしたらふざけるな・・・って話なんですけど
ツェペシュ派ハーフ吸血鬼というのが
ギャスパーの知り合いの女の子であるヴァレリーだったのでギャスパーは助けに行きたい感じで
最終的に・・・リアスギャスパーの実家に彼の力についてとツェペシュ派の事を聞きにいく
という事になって14巻ではそれで終了

リアスアザゼルと共に祐斗を護衛として連れて吸血鬼達の下へ・・・って感じで
一誠達とは別行動に・・・15巻が短編集なので16巻以降どうなるのか・・・気になるところです。

残りの『魔法使い』『ドラゴン』は同時ですね・・・

悪魔として魔法使いと契約・・・って話になり候補をマネージャーであるレイヴェルと共に
書類選考・・・って感じだったんですけど今回の場合に問題となったのは
『はぐれ魔法使い』と呼ばれる『禍の団』と協力したりしていた
魔法使いの協会からあぶれた連中

彼らが『禍の団』の残党と協力して若手悪魔である一誠達の力を試そうと動き
さらにフェニックスの涙の模造品を作るためにレイヴェルを狙った・・・というもの

こっちは残ったグレモリー眷属・・・そしてソーナ率いるシトリー眷属が協力して
事にあたったんだけど・・・

こいつらも・・・大概だなオイ・・・

吸血鬼は明確な”敵”ではなかったけどこいつらは敵で・・・最低な部類
昼間に学園を襲って一般生徒を人質に小猫・レイヴェル・ギャスパーを誘拐
今までの敵はやらなかった日常への侵食をやらかしましたからね・・・
記憶操作で忘れさせる事はできなかったけど心に負った恐怖は消せないらしいから
最悪といえば・・・最悪ですね。

まぁ・・・彼らの若手悪魔への好奇心と力を試したいという想いは
過剰とまでもいえる報復で・・・メタメタにされましたけどね・・・
っていうかさ・・・

ソーナが有能すぎてツライ・・・

『指揮をする』事に関しての『王』としての才能はソーナリアスを上回っていますね・・・
的確に隊列を組み分け、さらにそれぞれの能力の組み合わせで能力を最大限引き出し
さらにゼノヴィアが苦手とした能力の使い道さえ指し示した・・・

の相手の力を吸収する力と一誠の譲渡を組み合わせて
相手から奪った力を他の仲間に譲渡・・・さらにパワーアップとか
ちょっと魔法使い相手には反則じみてましたしね

こういう方面じゃ明らかに・・・ソーナは凄いですね。
まぁ彼女自身や彼女の眷属達は一誠達の力を見て
もう二度とグレモリー眷属とは戦いたくない・・・ってか死ぬわ!?
って思っていて、別に力押しでも十分強いからそれはそれで・・・って考えてましたけどね・・・
まぁあれですね・・・結局グレモリー眷属って・・・

The 力押し

これに尽きるってことでしょうか・・・
ゼノヴィアエクスカリバーの7つの力を使って技術面も成長し始めたけど・・・
やっぱり最後は破壊の力に行ってる感じがあるし

朱乃一誠の竜の気を吸っているせいか力が龍の形を得るようになってパワーアップ
さらにロスヴァイセから防御魔法を習って防御能力も向上

アーシアにいたっては魔法使い戦では使わなかったけど
召喚魔法の素養をいかしてアザゼルが現役を引退した事で
契約解除した五大龍王の一体、

『黄金龍君(ギガンティス・ドラゴン)』ファーブニル

と契約・・・契約の代価はパンツで彼が変態ドラゴンと判明したんで
・・・オイオイって感じでしたけどね。

アーシアたん、くんかくんか

とか・・・大丈夫かこのドラゴン・・・最近の心労で幼児退行していたドライグ
彼とヴリトラが引き戻したんだけど・・・彼の言動を聞いていたら・・・
再びショックでどうにかなってたんじゃないだろうか・・・ドライグ・・・
パンツ欲しいとか言ってるドラゴンの力で正気にとか・・・逆に正気を失いそうだよね。

ただ『はぐれ魔法使い』に協力していた『禍の団』のメンバーは強敵で
彼は滅ぼされて消えたはずの伝説のドラゴン・・・

『大罪の暴龍(クライム・フォース・ドラゴン)』グレンデル

を復活させ差し向けてきて・・・『邪龍』と呼ばれるドラゴンで
殺戮と戦闘を好む狂った存在の彼は真・女王状態の一誠でも苦戦
最終的に敵がひいた事で事なきを得たけど・・・今後が不安になる感じです。

『禍の団』の残党はグレンデル以外のドラゴンも復活させる気みたいだし
その過程でヴァーリ達とも戦っているみたいで・・・ちょっと不気味な感じ

今までの敵は明確にはっきり敵の姿がわかっていたのに
今回は結局敵のリーダーは不明のまま・・・メンバーとして現れた相手が
かつての大戦中に行方不明になったグレイフィアの弟であるユーグリッド
それだけでも・・・問題が大きくなりそうですしね・・・
今後の展開がどうなっていくのか・・・怖いような楽しみなようなって感じです。

今回から始った4章はレイヴェルゼノヴィア・ロスヴァイセ・イリナを取り上げるらしく
今回はレイヴェルって事だったらしいので他のヒロインがメインの回も楽しみ

リアスが別行動になったら他のヒロインのアピールが激しくなったし・・・
これどうなるんだろうか・・・ロスヴァイセはまだ・・・ヒロインって感じではないですけどね。
逆にソーナとかとは仲良くなってるんですよね・・・まぁ親友の婚約者ですから・・・

朱乃は依存が激しいけど・・・今回の一誠の誓いのおかげでより依存するだろうけど
彼女はこれでより強くなりそうな予感
っていうか・・・今回の彼女・・・リアスがいない間に思いっきり初夜狙ってたよね・・・

レイヴェルとは今回の話で将来に置いても自分のマネージャーとして一緒に・・・
って感じである意味で将来を誓い合った感じだったのでよかったかな?
将来の一誠の眷属の中心メンバーの1人になりそうですしね。

ってか今回の挿絵の威力が凄かった!

レイヴェル・・・この娘のスペックは想像以上に凄い感じですね・・・

一誠の家にヴァーリチーム黒歌ル・フェイも部屋を持って
滞在したりするようになったし・・・どこまで増えるこのハーレムメンバー

そして最近増えてきたらしい・・・男性陣の一誠へのアピール・・・

祐斗はお弁当を作ってきて・・・
ギャスパーは膝の上に座りたがり・・・
ライザーからは定期連絡が・・・
サイラオーグからも便りが届き・・・
宿命のライバルたるヴァーリも虎視眈々と狙ってる・・・


男女みさかいない吸引力だな!?

すでにメインヒロインと恋人同士になってるのに・・・
男女関係なくフラグがどんどん強化されていく今日この頃・・・
一誠は最終的にどうなるのか・・・楽しみだなコレ

今回の話では今後の伏線になりそうなものがまだまだあったし
今後の展開が本当に楽しみなので続きが楽しみ

っていうかぶっちゃけた話・・・次が短編集なのがツライ・・・
なるべく早く・・・16巻が読めるといいなぁ・・・

最後に一文・・・じゃなくてオーフィス語録集

『最強の神龍』『無限の龍神(ウロボロス・ドラゴン)』・・・

なにそれ?

って感じでなんか一誠の所に住むようになってからは楽しんでますね・・・ええ・・・
今までは故郷に帰るためにグレートレッドを倒す事を目的に
それに協力する・・・と騙されてテロに利用されたりしていたわけですが
今は友達ができて・・・幸せそうですね・・・なんか変な方向にですけどね・・・

最初のは・・・浴槽から登場しての一言・・・ずっと潜ってたんだ・・・
いやまぁ・・・窒息とかしないんだろうけどね・・・何の為にとか聞いちゃきっと駄目なんだろうね

次のは・・・他のヒロインが一誠の寝室に集まってきて・・・
オイオイって時に最後のトリで登場しての一言・・・やっぱり段々ネタキャラになり始めてる。
まともなドラゴン・・・少ないよね・・・もしかしてタンニーンヴリトラくらいじゃね?
本人と関わりないところで尻好きって設定が一人歩きして
さらに同格のドライグおっぱいドラゴンとか言われて心労が溜まってるアルビオン
まともだけど・・・すでに状況がまともじゃないからね・・・

「我、三十分潜れた」

「我、クローゼットから登場する。えへん」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
ハイスクールD×D 14  進路指導のウィザード (富士見ファンタジア文庫)ハイスクールD×D 14
進路指導のウィザード
(富士見ファンタジア文庫)

(2013/01/19)
石踏 一榮

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

同時発売のdmの短編もヒロインでてますね

No title

男性陣の話に出てない部分でのイッセーへのアタックが凄いようだね……

けど実のところそれに対する対応をしっかり誠実にやってそうなイッセーが想像できてある意味自業自得なきがしてるw
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/03│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。