スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学戦都市アスタリスク 02.銀綺覚醒

あらすじ

晴れてタッグを組むことになった綾斗とユリス。
連携を磨きながら“鳳凰星武祭”に備えるのだったが―─そんな中、綾斗は一人の少女と出会う。

長い銀髪に小動物のような愛らしい見た目の少女、刀藤綺凛。
彼女こそ、若冠13歳にして星導館学園の序列第一位、“疾風刃雷”その人だった!

彼女に辛くあたる叔父を見咎めた一件で、
綾斗はなぜか綺凛と決闘をするはめになってしまい―─

「天霧先輩は優しいですね。・・・でも、わたしも負けるわけにはいかないのです」

─―神速の剣が交錯し、アスタリスクに新たな火華が咲き誇る!
最高峰の学園バトルエンタ、加速とどまらぬ第二弾!

感想

学戦都市アスタリスクの2巻

表紙は今回登場の新ヒロインである綺凛

13歳・・・うーん・・・13歳か・・・

スタイルとか申し分ないみたいなんだけど・・・流石に主人公である
綾人と・・・ってのはどうなんだろうか・・・
まぁ2・3歳違いって考えればいいんだけどね・・・

さて前回の話では行方不明の姉の手がかりを聞いて『星導館学園』に転入して
さらに騒ぎに巻き込まれた結果、『星導館学園』『冒頭の十二人(ページ・ワン)』と呼ばれる
上位12人の序列5位であるユリスと出会い、彼女の目的や決意を聞いて
彼女を手伝いたいからと彼女が目指す『鳳凰星武祭』でのタッグパートナーになった
という状況だったんですが・・・

ユリスが・・・ヒロイン力で負けてる!?

初登場だし表紙だしって事で綺凛中心の話になるのは仕方ないかもしれないんですが
それでも・・・ってくらいちょっと出番が薄かった・・・
まぁ綾斗の現在の行動理念は彼女の力になるためなので好感度は間違いなく上がってるので
問題はないと思うんですけど・・・それでもね・・・

今回の話では綺凛との話になるんですけど、彼女が抱える問題は
この世界における『星脈世代』の立場とか・・・そういう問題ですね。

『星脈世代』は普通の人間をはるかに凌駕する力を持つがゆえに
その力の使用には激しく制限がかかるし、それで何か問題を起こした場合は
たとえ相手が悪くても厳罰は免れない・・・って事らしいし
自分たちとは違う・・・という差別的な意識もない訳ではないらしく
綺凛をプロデュースしてその成果によってアスタリスクのスポンサーである
『統合企業財体』で出世しようとしている彼女の伯父は『星脈世代』の事を
化物呼ばわりしてますし・・・姪である綺凛を商品としてしか見てない酷い奴

一応、長子でありながら『星脈世代』だった綺凛の父親である弟に刀藤流という剣術の流派の
跡継ぎを奪われた・・・っていう恨みがあるみたいだけど・・・それでも・・・って感じ

まぁ自分達とは違うものを差別する人間らしい人間って感じですけど・・・
やっぱり傍から見ると・・・嫌な感じですよね。

でもそんな彼の力を借りて『統合企業財体』の力を通して父親の・・・
強盗から綺凛を護る為に犯人を殺してしまったけど『星脈世代』だった為に
厳罰に処せられ数十年収監されるらしい父親を釈放してもらう為に
彼女は伯父のいう事を聞く・・・って感じで頑張ってるとてもいい娘

まぁ・・・そんな彼女こそが

星導館学園 序列第1位 ”疾風迅雷” 刀藤 綺凛

なんですけどね・・・まぁそれだけの力があるからこそ彼女の伯父は
彼女を利用しようとしているわけですが。
それにしても・・・中学1年にして学園序列1位って凄いよな・・・

2位が生徒会長であるクローディアユリスが5位だから・・・かなり凄い
まぁ序列=実力ではないみたいのでそこまで参考にはならないみたいで
相性によっては上位にも勝てるけど、下位に負けることがある・・・って事みたい。

ユリスのよるとそういう相性を抜きにしても10に1も勝てそうにない相手・・・
ってのが綺凛でありクローディア・・・そして綾斗らしいけどね。

微妙な位置だな・・・ユリスは・・・
技の多彩さは綾斗も褒めてたし、飲み込みも早いらしいけど
それでも綾斗の方が強いんですけどね

そんな彼女が伯父にぞんざいに扱われているのを綾斗が助け文句を言った事で
知り合いになり・・・伯父の命令に逆らえない彼女と決闘・・・って事になり

いきなり1位とか!?

って思ったけど・・・まぁアスタリスクの決闘制度に慣れてないってのと
元々の流派が刀だったので姉が使っていたとされる大剣タイプの武器を使うことに
まだ慣れていないって事・・・さらに単純な剣の腕前が綺凛の方が上って事で敗北する事に
まぁ・・・これは予想通り・・・6つ学園があるとはいえ・・・ちょっとチート級に強いとはいえ
いきなり自分の学園で最強の存在にいきなり挑まれて勝っちゃった・・・とか
流石にね・・・

そんな風に思っていた時期が僕にもありました・・・

最終的に・・・今回の話が終わったとき・・・は・・・

序列1位 天霧 綾斗 Σ(°Д°;

彼女と知り合い話しようになり・・・事件に巻き込まれて一緒にソレを乗り切り
綾斗の言葉から自分で自分の道を・・・父を助ける道を選び
伯父と決別する事にした彼女がまず最初に望んだのは綾斗との再戦で・・・
綾斗は今度は事前情報アリで戦い・・・勝利したので彼が序列1位に

主人公が2巻で学園最上位!?

基本的に学園内の戦いが中心じゃなくて他の5つの学園
さらに大会でのほかの参加者との戦いが中心になるからそれでいいのかもしれないけど
これは・・・流石に早すぎね!?って感じです。

綾斗の序列が高いならトーナメントで組み合わせ的に有利に・・・という
ユリスの言葉があったから頑張ったってのもあるので十分ヒロインを思っての
行動なのでいいんですけどね・・・その過程でちょっと株が上がりすぎ。

剣術だけじゃなくて槍術、小太刀術、組討術・・・といった総合武術が
『天霧辰明流』らしく・・・まず剣術を極めてから他の・・・って感じで
綾斗のものは姉であるの見よう見まねレベルらしいですけど
それでも十分使えるレベルであったみたいで綺凛も対応できなかったみたい。

どんだけ・・・有能なんだお前・・・

ちょっと主人公が凄すぎる感じですね・・・
まぁが施した封印は普通に使うなら3分くらい。
後々の反動を気にしないなら5分くらいしか使えないみたいなんで
持久戦には向かないって弱点があるみたいなんですけどね・・・

3分とか・・・どこの光の巨人だ!?

って感じですけどね・・・ってかそれくらいの誓約がないと
洒落にもならないんでしょうけどね

幼馴染である紗夜は封印の事を聞いて、だから子供の頃よりおとなしい
って思っていたみたいだし・・・制限無しの綾斗はちょっと凄かったみたい

ただし・・・はそれ以上に強かったみたい・・・
紗夜曰く、綾斗よりも強かったからこそ
綾斗は強い相手との戦いの経験があるってのも
今の強さに繋がってるらしいし・・・封印があってちょうどいいのかもしれない

今後、どんな状況下で戦っていくのかってのとか気になるところです。

とりあえずユリスと共に目指している『鳳凰星武祭』はタッグマッチだけど
彼女が目指すほかの2つの大会はそうじゃないみたいだし
紗夜もまた大会に綾斗と出場したいと言いだし・・・断られたけど
エピローグで綾斗と一緒に訓練したいと言い出した綺凛に対して
同じ父親の為に戦っているという共通点を気に入ってオファーしてたし
色々と今後の展開が楽しみかも。

前回はユリスと因縁があって敵に利用されて険悪な感じになったレスター
根はいい奴だったみたいで前回の話で利用されて迷惑をかけた事を謝り
なんだかんだいって訓練の手伝いをしたりと・・・めっちゃツンデレっぷりを
見せてたのも面白かった・・・男だけどね。
こいつは・・・いい友人になりそう。

こんな感じで綾斗の友人関係は・・・女性関係が増えてきてアレだけど
いい感じになってきていてよかったって感じなんだけど・・・

他の学園の動きが・・・


冒頭にクローディアが他の学園の生徒会長たちと会議していて
それぞれがそれぞれの思惑で動いていそうだし・・・
前回の事件の黒幕である『アルルカント・アカデミー』
技術提携をして協力してもらえるようになったんだけど
それ以上に・・・それで送り込まれてきたカミラエルネスタ
色々と企んでいるみたいで・・・かなり怪しい

特にエルネスタは・・・かなり危険な感じ
天才科学者だけど・・・ちょっと外れてるって感じで怖い

彼女が作った人形は・・・さらに性能を上げて何か怖い感じだし・・・
そういう方面では・・・色々と不安な部分がありますね。

まぁそれでもそういう方面でもこれからの展開が楽しみで。

最後に一文。

綺凛のセリフ

綺凛が伯父と決別し・・・自分の意思でまず最初にする事を口にした時のセリフ
最初がこれ・・・っていうのが剣術少女って感じではありますね・・・

基本的に彼女って剣以外は自信を持ててないみたいだし・・・
まだ13歳だからどうとでもなる気もするんですけどね・・・ってか凄いくらいなのに・・・

だけど彼女が決めた最初の自由・・・なのでこれで。

「そうですね・・・まずは決闘でもしてみようと思います」

「はい、わたしが自分で決めた相手と
       ──今度はわたし自身の意思で」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
学戦都市アスタリスク 02 銀綺覚醒 (MF文庫J)学戦都市アスタリスク
02 銀綺覚醒
(MF文庫J)

(2013/01/24)
三屋咲ゆう

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

学戦都市アスタリスク 02.銀綺覚醒 レビュー

アルルカント・アカデミーに貸しを作るクローディアの交渉で、新型煌式武装(ルークス)の共同開発という事に。 しかし、アルルカント・アカデミーの暗躍は続き… 6学園の生徒会 ...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。