スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

《名称未設定》 Struggle1:パンドラの箱

あらすじ

俺、神園祐希【かみぞのゆうき】は、
チュートリアルと名乗る少女に〈デイドリーマーズ・ストラグル〉に誘われる。

それは未来人の暇つぶしのための見せ物【ゲーム】で、
勝利のご褒美〈投げ銭【チップ】〉を集めれば、どんな望みも――
来年起こるらしい第三次世界大戦の回避も叶うという。

部活仲間の綴【つづり】、センパイとともに、俺はこのクソッタレな
"白昼夢【デイドリーム】"に挑むことになってしまった。

俺は、日々平穏に過ごせればそれで良かったんだけどな――。

第14回えんため大賞特別賞受賞、ヒネクレ青春×バトルゲーム!

感想

ファミ通文庫の2013年1月の新刊

騙され・・・なかったよ!?

って事でちょっとした仕掛けがあったこの作品・・・
序盤で真相はさらっと明かされてるけどそこまではミスリードするように
なってますね。

まぁ何がっていうと表紙の4人のうち・・・

前2人が女性で奥2人が男性

って事だね・・・

前から3番目のはスカートはいてるけどすぐに男性だ・・・って描写があったけど
それに対してのこの作品の主人公・・・前から2番目の祐希

高校に入ってしばらく立つまで綴が男子だと気付かなかった

気付いたのは綴が男子トイレに入るのを見て本人に聞いたから

それまでに綴を好きになりかけていた

だけど今は女装癖はちょっと・・・


って感じだったんだけどよく見ると祐希の性別を断定する要素が
自分を『俺』って言ってるだけで・・・ちょっと怪しかったんだけど・・・

祐希は女性

という事で落ち着くことに。
別に隠しているわけじゃなくてそういうスタンスってだけみたい。
まぁ私服姿の絵しかないからアレなんだけどね。

しかもメインヒロインっぽい登場だった1番前の・・・チュートリアル
祐希の性別にエピローグまで気付かなかったりと・・・ちょっと面白かった

結局、まともな男性は一番奥の・・・名前すらでてこない
祐希が所属するコンピューターゲーム研究部のセンパイだけ・・・

ただし重度のオタク

って事で晴れて・・・みんな変人奇人ばかりのメンバーに・・・
オイオイ・・・って思ったんですけど・・・実はちゃんと設定があって
この物語で描かれている『デイドリーマーズ・ストラグル』というゲームのプレイヤーには
基本的に変人奇人が選ばれるって事らしいので・・・必然だったみたい。

主要キャラが変人である必然性がちゃんと用意してあるのは・・・もしかしたら珍しいかも。

『デイドリーマーズ・ストラグル』

28652世紀の永劫の時間を持つに至ったヒトが暇つぶしに考えたゲーム

21世紀初頭の凡人とはちょっと変わった神経の持ち主をプレイヤーに
基本的にチーム戦で戦うゲーム

ルールはお互いが被っているお面を破壊するか相手を殺す事。

戦いが終わった後に壊れたもの、死んだ人間は全て巻き戻る

勝者は敗者に1つだけ命令権を得る

ゲーム内容によって勝者には未来からチップが送られる

チップの枚数によってプレイヤーは願いを叶えられる

初期武器は固定、ただし新しく入手は可能

って感じのゲームなんですが・・・

28652世紀ってなんぞ!?

2863100年後って事になりますけど・・・どんだけ!?
まぁこれくらい先だからこそ・・・って理由が用意されていたんですけどね

だからこそ渡された資料に今後8000年分の簡単な歴史が記されていて
今年中に第三次世界大戦が勃発するらしいから、これを回避する願いにしよう。
たとえ戦争起こらなくても・・・遥か未来にはその程度、コップの大きさが変わる程度の変化だ!
って事になるんですけどね・・・

いいのか!?それで納得していいのか!?

確かにあまりに未来過ぎて・・・対して違いはないのかもしれないけど・・・
そしてこのゲーム・・・基本的に人は死なないわけだけど・・・
正確には死んでも巻き戻って蘇るわけでなんだがプレイヤーは基本的に変人

同じ学校の3人組が新人狩りだと襲ってきたり・・・

担任教師もプレイヤーだったり

今回の話のラスボスもやっぱり同じ学校だったり・・・


と微妙に主人公周りの変人率が高い・・・ってか街中でプレイヤーになってから
本当の今が・・・プレイヤー以外は気付かない本当の姿がわかって
剣を担いだり奇抜な格好をしたりしている人がちらほらって感じで
プレイヤー以外はそれを無意識に見なかったことにしてる・・・って感じらしいんだけど
2度目に祐希たちと戦った担任教師の女性である雷花
ゲームの報酬として・・・

つねに全裸で社会生活をおくる

ってのを願ったらしく・・・誰にも全裸である事は気付かれずに生活してる模様

やべぇ!?変態が!?マジ変態だ!?

って感じで・・・なんだろ・・・この作品は変わった人間ばっかで
ゲーム内容とかよりはキャラの個性が面白い感じでした。

後は・・・ゲームに使われる道具のノリがドラえもんの秘密道具っぽいノリで楽しい

ただしかーなーり・・・残酷チック!

------------------------------------------------

① 虫撃ち

放電する虫を打ち出す銃。
撃った後は相手の微弱な電流を察知して相手を噛み放電
虫もその放電で焼け死ぬ・・・人間にはスタンガン効果で非殺傷系


② 重力操棒

殴ったものを殴った方向に吹き飛ばす。
重力を無視するのでどこまでも飛んでいく・・・
元々未来の子供用玩具・・・ただし上に飛んでいった子供達は
効果が切れて落ちてくるって事で・・・


③ 草薙剣(レプリカ)

未来に作られたやっぱり子供用の剣
振ると圧力の風が発生して切っ先にあるあらゆるものを切断する

これでごっこ遊びをしてたらしいけど・・・
あらゆるものを切断するんだよね・・・これ・・・

ちなみに切っ先さえ自分の方向を向いていなければいいので
剣の刃を受け止めて無理やり変える事で被害を抑えられる


④ カウボーイ・リボルバー

射程6mのリボルバー・・・対象年齢8歳以上・・・だと!?
ちなみに・・・射程内の相手なら確実に心臓に当たる
どんな方向に撃とうと当たる

ただし6m以内に相手がいない時は自分の心臓を貫く


なにそれ・・・怖い・・・

⑤ どこでもいけるドアノブ

どこでもドアのドアノブだけ版
ドアノブを付けた所がどこでもドアになる・・・って感じ

ちなみに・・・今回祐希が戦った敵はこれを使って
祐希を宇宙空間に放り出した・・・


なにそれ・・・マジ怖い!?

さらに・・・作った未来の人達も理論がよくわかってないみたい

商品化するなよ!?そんなもの!?

⑥ マクガフィン

祐希が格上であるどこでもいけるドアノブの持ち主と・・・姫乃と戦った事で
条件を満たして新しい道具を得る権利を得て手に入れた道具

宇宙に放り出された後、死ぬ前にゲーム管理者に呼ばれて・・・入手

おもちゃのピストルで弾数は8
撃つと持ち主が願ったものに変化する

他の道具に変化する事も可能


------------------------------------------------

こんな感じでそれぞれ一長一短ある感じでこれで相手と戦うという・・・
読んでいて楽しい感じでしたね・・・当人達は必死ですけど。

は女装してるけど・・・あくまで似合ってるからしてるだけで
自分が男だって自覚はあるし、女の子である祐希を護らなくちゃって気持ちもあり
おそらく・・・祐希の事をかなり好き

祐希は家族を亡くした事でそれまでの自分をリセットして・・・
顔と体以外は全部切り替えて『俺』って一人称で暮らしてるけど
別に自分が女だって認識は普通にある

センパイは・・・名前すらでてこないオタクだけど
ゲームセンスはずば抜けていて・・・今回の物語で書かれたゲームでは
彼が圧倒的な力を見せ付けた感じ・・・直接的なじゃなくて
戦略とか作戦とか・・・そういう方面だけど・・・
彼は彼で祐希の後輩コンビを心から案じているみたいで
未来人が過去に干渉する『ゲーム』そのものをどうにかしようと考えたみたい

チュートリアルは・・・天然・・・色々と過去がありそうだし
センパイに最後は丸め込まれていたけど・・・さて今後どうなる?って感じ

たとえ最後には全部巻き戻るってわかっていても人を殺すか
仮面を割って勝つかの選択や仲間とどう接するか
さらに望みについてや、勝者が敗者にする命令権

って感じで『ゲーム』だからといって軽いってわけでもなくて
だけど別にひどい・・・凄惨だ・・・ってわけでもない・・・

個人的にフィーリングというか・・・感覚があった感じでかなり好きかも

ちなみに・・・祐希達は『世界大戦を止める』という願いを叶える為に
それを妨害していた先に願われていた姫乃の願いを撤回させる為に彼女と勝負
彼女の願いの内容は

月曜日が来ないようにすること

アー・・・わかるわかる・・・って感じですが戦争を起こして
曜日感覚を世界中の人からなくしちゃおう・・・って発想はどうなんだろうね・・・

ちなみに『ゲーム』終了後・・・センパイが勝者の権限で彼女が月曜日を
認識できなくする事で事なきを得ました・・・姫乃は超喜んだらしい・・・

永遠に月曜日を認識できないのに・・・

全裸で生活・・・とか月曜日を無くすとか・・・願いそのものはアレだけど
その裏で・・・ちょろっと怖いものがあるっていうなんかこの感じが・・・いいですね。

1って書いてあるから続くと思うし・・・続巻が楽しみ

最後に一文。

祐希達が最初に戦ったチームのリーダーで姫乃との戦いの前に
『デイドリーマーズ・ストラグル』の基本的なことに対しての説明や
それに挑む心構えなどを模擬戦という形で教授してくれた咲楽のセリフ

初見は赤い地味なジャージ姿だったのに、次はフリフリのウェイトレス姿で
この本の序盤で姫乃と戦っていたと思われる女性

人を殺しても巻き戻るのでそういう倫理観が薄くなってしまう
このゲームの中で・・・たとえ甘くてもこういう考えを持ってる人がいる

実はめっちゃいい人だったのでこの人のこのセリフで。

彼女と違ってあっさりゲームで相手を殺すって手段で勝とうとした
雷花とは違う感じ・・・もちろん雷花雷花で厳しさを味あわせることで
今後の経験に・・・って教師らしい思いもあったし傷つける事に躊躇はあったみたいだけどね。

「あんたたちは無力じゃない。
 あんたたちは、暴力に対して十分な対抗手段を持っているわ。
 必要なのは経験と慣れ。いい?人は人を殺せる。
 あんたたちもいずれ、人を殺す。
 法律で裁かれない人殺しになる。
 でもこれだけは忘れないで。
 あんたたちは自分の命を、仲間のために使う。
 仲間も、あんたのために自分の命を使う。
 必要に応じて、あんたは引き金を引くけれども、
 それはあんた自身のためじゃない。
 いつだってあんたは、仲間のために戦うのよ。
 さもないと、あんたはいずれ、とても怖い人になってしまう。
 ────あたし、怖い人は嫌いよ」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
《名称未設定》 Struggle1:パンドラの箱 (ファミ通文庫)《名称未設定》
Struggle1:パンドラの箱
(ファミ通文庫)

(2013/01/30)
津田夕也

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お若い方と・・・

ia5994yd
こんな事、してしまっていいんですかああああああ?
本当に、いいいいいいんですかああああああああ??
http://GnRd8ds1.www.y8cm4.org/GnRd8ds1/
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。