スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RPG W(・∀・)RLD 12-ろーぷれ・わーるど-

あらすじ

「―─おれが軍神ゴーデスだ」

おれ―ユーゴと七人のパーティは、七大神の加護で超強力なパワーアップを果たし、
2Dドットの世界からエターナルに帰還した。

世界を救うため、イシュラとレヴィア、そしてこの地で会った愛すべき仲間たちを守るために、
おれは“勇者”ではなく“神”をロールプレイする!

折しも、復活した最強の魔神バルザと教団は、ナディンゴラとヴォイドの封印を解き、
ニンガヤッシュを覚醒すべくララーンに押し寄せていた!

今こそ決戦のとき。
おれたちは、教団に最終決戦を挑む。

どたばたRPG、ファイナルステージっ!!

感想

RPG W(・∀・)RLD-ろーぷれ・わーるど-の12巻

前回、神の力を得て圧倒的なパワーアップを果たしたユーゴ

なにそれ?チート?

って感じなくらい強くなって、さらに全員が特殊な技や魔法を得ている事が今回判明
その内容もかなりチートっぽくて普通ならもはやゲームにならないレベル

その職業に関する通常の魔法や技はあらかた覚えステータスも破格
その状態で↓の特殊能力や技能・・・それぞれツッコミを交えて書いてみる・・・

------------------------------------------------------------------------

ショウ

総合魔法職でありながら専用魔法職の最高魔法も取得。MPは4000オーバー
魔神にも効果ある状態異常魔法
広範囲高威力の凍結効果付きの攻撃魔法


総合魔法職なので回復や補助も一通り覚えてるんでかなり凄い

大魔道士とでも呼んでくれってか!?

イシュラ

PTのHPとMP以外のステータスは300UPするエンチャント
遠距離の物理攻撃。HPやMP消費なし。威力は通常攻撃の3/4


この世界において高レベルだと称えられる旭日騎士団のメンバーの
ステータスで350とかそれくらい・・・これでかなり超戦士扱い

なのに300UPってどういう事だよ!?

作中でも語られてるけど・・・赤ちゃんにエンチャントとしても超戦士に・・・

それチート用魔法じゃね?

これにノーリスクの遠距離攻撃・・・なにこれ・・・ズルイ・・・
しかもメタボキングから新武器を練成してもらって攻撃力もUP

レヴィア

視野の及ぶ範囲の状態異常回復魔法
PT以外も含めて周囲のメンバーのHPを7割回復
対象者1人のHPを2倍。ただし常時MP消費
本人の状態異常無効のパッシブスキル


至れり尽くせりすぎる!?

ヒーラーとしては破格過ぎる性能・・・これが1巻で神官の家に生まれながらも
その信仰に迷いを抱いていた少女の成れの果て・・・どんだけだ・・・

ヒーラーが状態異常無効ってだけでも便利すぎる

これにメタボキングが用意した

MPの回復量と回復スピードが2倍になる指輪
魔法防御力を上げるネックレス


を装備してさらに万全になる・・・

なにそれ・・・チートすぎる・・・

エルトリーゼ

攻撃無効のイフリートを10分召喚可能。待ち時間は20分。攻撃力も高い
超広範囲攻撃魔法。見渡す限り焼き尽くす・・・ただし味方も危ない
超高威力の単体攻撃魔法。おそらく魔法では最強?


最強の攻撃用魔法職!

とでも言うべき性能・・・

ってか無敵のイフリートってなんぞ!?

攻撃が効かないとか・・・ちょっとおかしいぞそれ・・・

これに高威力の魔法の数々+メタボキングのINT上昇のティアラ

うわぁ・・・チートだ・・・

メタボキング

能力は平凡。ただし高レベルなので十分凄い。
錬金術の知識で特殊な道具を作成できる。
さらに色々な情報を与えられた


完全にサポート職・・・でも作る道具がちょっとチートっぽい
ってか明らかに普通のRPGだったら最終装備候補のアクセサリーや武器って・・・
しかもこの巻の状態ではまだ作れないものがあるみたいだし・・・今後が怖い

ラムダ

巨大なアースゴーレムを召喚可能。
HPは1万で3体まで2時間召喚可能。でも待ち時間も2時間で魔法防御が紙
召喚したモンスターの超強化魔法もあるけどアースゴーレムには無効


こっちもどちらかというとサポートっぽいですね・・・あとはタンク?

アースゴーレムがめっちゃチートだけどね!

今まで使ってた召喚モンスターも今まで以上の数呼べるみたいだし
1人で軍団を形成できるって点ではかなり凄い

ユーゴ

特に特殊な能力はなし。
もともと攻撃よりで高スペックだったものが超強化されただけ。


ただし

ゴーデスから授かったゴーデスブレードはゴーデスの秘紋を刻んだ
エターナルの住人の数に応じて攻撃力上昇。
1000人で攻撃力は1上がる


めんどくさい!?でもやべぇ!?

元々勇者って呼ばれるくらい強かったのでそれがそのまま超強化って
特殊な何かがない強化でも十分すぎるほどのパワーアップなんだけど
武器が・・・定番の攻撃力変動武器

ゲームによっては『逃げた数』『戦った数』『倒したモンスターの数』などで
変動するものがありますけどこの作品においてはまさに護るべき人々から
力を集めて1つにするという・・・元気玉っぽい性能
上昇倍率が現実世界ほどの人口がいないエターナルだと微妙だけど
それでも今回の話で1000オーバーになっていたから・・・今後に期待

ただメタボキングだけがこの時点では知っている何かしらの秘密があるっぽい
しかも態度から類推するにデメリット的な・・・なんだろ?

この手の性能の武器って実は私個人が大好きで・・・大体が結構な数値まで上げます。
ラストダンジョンの雑魚がまるで豆腐のようだ・・・って感じになるまで・・・
もしゲームとして実装するなら・・・武器を手に入れた後に世界を回って
NPCと話す事で・・・って感じになるのかな?ちょっと楽しそうかも

------------------------------------------------------------------------

さて・・・この超絶チート性能の主人公パーティに数万に及ぶ
数カ国の連合軍、さらには旭日騎士団が加わって・・・相手にする魔神は3体

でもこれ・・・結構いけそうじゃね?
そう思っていた時期が・・・私にもありました・・・

負けた・・・だと・・・!?

多数の犠牲がでたとはいえユーゴ達の奮戦で回復を担当していた
魔神ヴォイドを倒す事には成功・・・だけど『教団』に組する裏切り者が
旭日騎士団の中にもう1人存在して・・・彼の手引きで魔神ニンガヤッシュが復活

その隙をつかれてかつて仲間だったリサポンの別人格・・・イヴィル
ヴォイドの核を奪われ吸収され・・・去っていくのを許す事に・・・

ぶっちゃけ目的を果たしたからもう無意味だ・・・って帰らずに
その場でユーゴ達と戦いになってたら・・・おそらく負けたのはユーゴ
イヴィルは倒せたかもしれないですけどね・・・

たった一人の裏切りで全てが引っくり返る

人間の悪意によって力を増した魔神が神の力を超えてしまい危機が訪れている
エターナルでたった1つの悪意で・・・悪に一気に有利になる・・・
なんかもうかなり追い詰められた感じになってますね。

ユーゴは裏切り者を警戒して自分達以外は絶対に信用するなと言った上で
イシュラメタボキング、パールや百星騎士団ニンガヤッシュが封印された神殿の
警護に当たらせていたんだけど・・・ユーゴの作戦を信じきれなかったゆえの敗北って
感じでもありますね・・・まぁこれは明らかにユーゴの想定が凄すぎただけで
優しいからこそ・・・不安だからこそ騙されてしまったってのがあるんですけどね・・・

この作品って善と悪のバランスが実はきっかりできていて
いくらユーゴ達が強くなっても・・・それに対応する悪や
彼らだけではどうにもならない事体が必ず起こるようになっていて
でも・・・諦めなければ解決策はあるって感じですね。

ドラゴン達が協力者として加勢に来てくれたりと戦力はアップしたわけだし。

まぁ決められたルートが存在しないゲームのような世界でありながら
ゲームではない世界ゆえにユーゴ達からしたらたまったもんじゃないみたいですね。

ユーゴエターナルを作った創造神が自分たちと同じ世界の人間で
ゲームメイクの目的などを考えた末に『神』『魔神』の関係に気付き
『魔神』そのものの消滅・・・正確にはその核となる宝珠を破壊すると
逆に世界にとってはまずい事に・・・って想像していたみたいだし
まだまだ謎が多い世界みたい。

それにさらッと・・・普通に人間相手の戦いで相手を殺す描写があり
その中には敵とはいえ日本人もいるわけで・・・ちょっと怖くなってきた。

そして万全を期して挑んだ戦いで敗北したユーゴ達がここからどう逆転に繋げていくのか
次の巻以降が楽しみ・・・あと2巻くらいで終わるみたいなのでマジ最終決戦っぽいし
楽しみです・・・まぁ13巻は明日感想をアップするので・・・今から読むんですけどね。
実は12巻を積読していたんで・・・

さて・・・最後に今回あった重要な出来事を1つ・・・

今回あったユーゴと・・・そしてイシュラレヴィアの父親であるオランドゥの会話で

「娘さんを・・・おれにください」

「えっ?そ、それは、その──どちらを、ですか?」

「両方ください」

という・・・なんかかなり問題がある挨拶をぶちかましたユーゴさん・・・
イシュラレヴィアユーゴが元の世界に帰らないように自分たちを楔にして・・・
彼と結婚する事で繋ぎとめようと決意し、さらに姉妹のどちらかが不幸になるのは嫌だからと
かなり特殊な決意をしたのを感じ取ったユーゴが覚悟を決めた上で言ったわけですが・・・

(╬◣д◢)ァァン?

ですよねー・・・そりゃ娘2人が旅について行って・・・再会したら2人とも神の戦士
オイオイ・・・って思ってたら名実共に勇者って言われてる相手から娘を両方ください・・・

そりゃ怒るって・・・

それでもオランドゥは理性を保ち娘2人の意志を確認した上で・・・
さらにユーゴ『世界を救う事』って条件をつけた上で結婚を認め
神官として簡易ではあるけど結婚の儀を行なってくれたので・・・いい父親でした。

終わった後、酒を飲みに去っていったのは・・・まぁ当然だけどね・・・

だけどな・・・だけどなオランドゥさん・・・アンタが娘2人を託した勇者・・・

実は”ムッツリすけべ”だったんだ!

普通に考えたら『世界を救う』って条件はかなりシビアだけど
ユーゴは最初からその気だったし・・・その事にはまったく異存はなかった。
だけどこいつ・・・魔神との決戦前夜に部屋で考えていた事は・・・

嫁2人といかにして初夜を迎えるか!

だったんだぜ・・・

ショウがあまりに露骨にエロっぽい行動をしていたせいで
抑え役として動き、周りから理知的だと思われすぎてあまりガッツけない・・・
だけど簡易とはいえ夫婦になったし・・・魔神を撃退できれば時間も出来るから・・・ムフフ

魔神・・・教団・・・好き勝手してきたんだから俺のこの煩悩のためにさっさと倒れてくれ

これが決戦前夜の勇者の思考・・・

そりゃ負けるよねー

ユーゴに今回の戦いでの落ち度はイヴィルが出てきた時にリサポンの事を考えて
剣を向けることにためらってしまったくらいだけど・・・それは優しさ
戦意高揚とか作戦には問題はなかった・・・でもちょっと・・・油断があったんだとしたらこれのせいだよね。

ラノベ主人公にあらざる賢しさで2人の気持ちには早いうちに気付き
どっちも傷つけない選択をはっきりと選んだのは・・・まぁいいけどさ・・・

ってかてめぇ・・・爆発してしまえ!

最後に一文。

ラムダのセリフ

誰かの上に立ち・・・トップを取るという野望を持っていた彼だけど
ユーゴ達との旅・・・そして今回の話で約束どおり部下であった餓狼団が釈放され
自分の今の気持ち・・・そして自分の本当の望みに気付いて言った一言

あぁ・・・やっぱりなんだかんだいって・・・こいつめっちゃいい奴だよなって思ったので。

この一件で吹っ切れたのか大分素直になったし、今回の戦闘前には
ユーゴに自分が手に入れた強化アクセサリーを渡していたし・・・いい感じでした。

「おれは・・・野心家だったんじゃない。
 人恋しくて、自分のまわりに大勢の人間を集めたかった
 ただそれだけだったんだ・・・・・・」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
RPG W(・∀・)RLD12  ‐ろーぷれ・わーるど‐ (富士見ファンタジア文庫)RPG W(・∀・)RLD12
‐ろーぷれ・わーるど‐
(富士見ファンタジア文庫)

(2012/09/20)
吉村 夜

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/03│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。