スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽聖少女 3

あらすじ

初オペラの公演失敗で落ち込んでいたルゥのもとに届いたのは、
プロイセン王国での再演依頼だった。

喜び勇んで楽譜の書き直しを進める彼女の身に、やがておそるべき異変が襲いかかる。
・・・耳が聞こえなくなり始めたのだ。

原因を探るうちに僕が見つけたのは、ベートーヴェンの隠された過去と、さらなる謎。

不安を抱えたまま僕らはプロイセンに向かうことになるが、
折しもナポレオンもまたプロイセンに進軍を開始。
歴史に翻弄される僕らの運命は、再び戦場で激しく交錯する

─―絢爛ゴシック・ファンタジー、第3弾!

感想

楽聖少女の3巻

うーあー・・・切ないわぁ・・・

今回の感想はこんな感じですね・・・

話の中心となったのはヒロインであるルドヴィカ・ヴァン・ベートーヴェン
未来の日本からゲーテの身代わりとして呼ばれた主人公・ユキからしたら
歴史上の『ベートーヴェン』とは別人でありながら確かに同列の才能を持つ少女ルゥ

今回は今までユキが感じていた彼女もまた本物の・・・
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの身代わりとして呼ばれた存在ではないのか?
という疑問に少しだけ踏み込んだ作品であり、オペラを作るために
過去の作品を参考に・・・というルゥの行動が本物の・・・ルートヴィヒの血が染み込んだ
楽譜に触れたことで完全に自分が『ベートーヴェン』であるという認識ながら
彼女自身であったルゥルートヴィヒとしての記憶と・・・そして彼が煩っていた病を
再現させることになってしまい・・・耳と胃を悪くしてしまうって展開

本来の自分に気づく切欠にはなるけど・・・今まで以上にルートヴィヒとの同化も進み
それによって彼の病状までも受け継いでしまう・・・というのがなんとも厳しい設定ですね。

ユキ自身も今回の話で悪魔であるメフィから彼が未来の記憶を使って
過去を変えてしまうことの危険性を・・・彼が『英雄(エロイカ)』と名づけられるはずの
交響曲をそうはならないようにしてしまったがゆえに・・・ユキの両親の出会いに
大切だったその話題が消滅してしまい、彼は両親の名前を失い・・・
性格には両親の息子ではなくなりつつある・・・って代償があるみたい。
そして失われた部分には本来のゲーテの側面が満たされるという・・・

さすが悪魔の契約・・・怖いわぁ・・・

ユキメフィの関係な奇妙な信頼関係を見せていて、ユキメフィを嫌ってはいないんだけど
毎回のようにさらっと・・・悪魔らしい事を言ってユキを恐怖させたりするけど・・・
なんだろ・・・わざとそうしているようにも見えるなぁ・・・
悪魔は喜ぶことが少ないから、ユキが彼女を喜ばせた時は彼女もいい感じだったんだけど・・・
うーん・・・難しい関係・・・

そんな感じでルゥの状態が悪化の一途を辿る中

ユキは本物のルートヴィヒが何者かに殺害されたこと

ルゥをオペラ公演のために呼んだプロイセン王国がナポレオンに攻められようとしている事

そしてユキ自身が・・・耳が聞こえなくなることで『ベートーヴェン』が生み出すことになる
数々の音楽を失うのが惜しいと思ってしまっていること


って感じで追い討ちをかけられ・・・最終的に戦争に巻き込まれることに。

音楽家の話なのに・・・バトル多いな・・・おい・・・

歴史的に戦時中だったわけだし仕方ないのかもしれないけど・・・
なんか悲しいというかせつないというか・・・そんな感じがしましたね。

そしてユキが因縁ある悪魔・・・ナポレオンの妹でもあるポリーヌを前に
対抗する手段を持たないユキ悪魔の力を失ったカールでも手が出せずピンチになり
ルゥユキをかばって怪我したときに・・・
彼女を・・・かつてカール達がいた街を焼いた悪魔・・・彼女を滅ぼすために現れた男

ヨハン・ミヒャエル・ハイドン

ハイドンの弟でありカールの師である作曲家
やっぱりというか・・・超武闘派

いや、だからあんたも音楽家だよね!?

って感じですが・・・今回の作品でようやく登場した時から
彼にあったモーツァルトのセリフや彼の兄であるハイドンのセリフから
薄々わかってはいたんだけど・・・彼はすでに死んでいて・・・ただポリーヌを倒し
そして弟子たちを助けるためにフランス軍に突っこんだ・・・

モーツァルトと同じように未練がある霊としてなら故郷にとどまっていれば
存在し続けられたかもしれない・・・なのに彼はそれを選ばず戦うことを選んだ

兄であるハイドン・・・ヨーゼフが自分が闘う音楽家なら
ミヒャエルは歌う格闘家なのかも・・・ってセリフも・・・後から考えると切ない

彼の活躍でユキ達は救われたけど・・・彼は結局帰ってこず、
でも音楽家としてカールに遺産を残し、作品もモーツァルトに託して清書させ
それをカールに受け継がせた・・・最後に復讐をやめるようにと言葉を残して・・・

まぁカールミヒャエルカールの糧にするために・・・と残した曲を
後世まで残るように何度も演奏するし、復讐についても故郷を想う自分の意思だからと
遺言の内容を突っぱねたけど・・・それでも確かに彼にはちゃんと引き継ぐべきものは
引き継がれた感じでよかったとは思いましたけど・・・

なんていうか・・・前回のナネッテもそうですけどこの作品の人達は
容易に自分自身の存在すら賭けてしまえる人間が多いきがするなぁ・・・
それを傍から見ることになるキャラ達にとっては結構きつい感じがします。

今回の作品ではもう1人・・・想いを託すために自身を犠牲にした存在がいて
彼はヴァルトシュタイン伯爵・・・ルゥの親衛隊会員番号1番のストーカー男

彼こそがルートヴィヒの友人であり、彼を助けるために悪魔と契約し
その悪魔と同化した元人間

そして死の間際に自分の身代わりとしてルゥを召還したルートヴィヒの願いを聞いて
ルゥこそが『ベートーヴェン』とで広範囲の記憶操作を行った悪魔
その効果は彼自身すら巻き込み自分が悪魔であることを忘れていた存在。
それでもなおルゥを可愛いからと・・・守るために近くにいたみたい。
しかもメフィが跪くくらいの悪魔・・・

ルートヴィヒの記憶を消したのもそれがあるとルゥの身に彼の病魔が
再現されてしまうからって事みたいだし・・・

ユキが彼に気づいたのは彼が消し忘れた記憶による些細な言葉
そしてユキの時代には存在したのにこの世界には存在しなかった欠番の交響曲

ピアノソナタ第21番 ヴァルトシュタイン

という・・・ルートヴィヒが友人である彼のために創作するはずだった曲だったから
ってものみたい・・・全然気づかなかった・・・
これがこの名前で呼ばれていることは知識としては知っていたんだけど
この『ヴァルトシュタイン』ルゥをストーカーしてる3バカ貴族の彼が
まったく結びつかなかった・・・

それにしてもこいつ・・・友人のために動いて、その後もルゥを守ってたとか・・・

悪魔なのに・・・いい奴じゃん・・・

ただルートヴィヒの記憶との同化と病状が悪化していたルゥを治すためには
完全にルートヴィヒの存在を消し去らなくてはならず・・・
それは基点であるヴァルトシュタインを消し去らなくちゃならず
彼はルゥを守るために、そして友人であるルートヴィヒの願いのために
自らを滅ぼすことに・・・

いや、だから・・・自己犠牲多いよ・・・

この作者さんの作品では結構多いけど・・・自分を簡単に犠牲にしてしまうキャラが
やっぱり多い感じがしますね・・・それがなんとも切ない・・・

ルゥはこれで復調し・・・消えると思われていた彼の記憶を彼女は覚えていたけど
それが・・・多少なりとも希望かな?

ただ完全にルートヴィヒと切り離され、本来なら生まれることがなかった
ルゥが生み出した新しい音楽が今後の未来にどんな変化を見せるかわからないし
自分が本物ではないと認識したと思われるルゥの今後も・・・気になるところです。

ルートヴィヒが残していた遺書に似た手紙には弟二人への言葉があったけど
何故か下の弟の名前だけは空欄になっていたり

最大の脅威であるナポレオンはいまだ健在で・・・
だけどユキ自身は彼を憎んだりできなく

さらにオーストラリア帝国の皇帝であるフランツ陛下ユキに見せた
ナポレオンの切り札であり、存在が知られれば教会を敵にしかねない
聖槍(ロンギヌス)の存在

ロシア皇帝メルツェル博士が作り出そうとしている新しい技術

そしてなにより・・・誰がルートヴィヒを殺したのか
そしてルゥが口ずさんだ彼が守ろうとした女性の存在

色々と謎が多い上に・・・不安を煽るようなものばかりなので
今後の展開がちょっと怖い。
完全無欠なハッピーエンドになならないきがするんだよなぁ・・・この作品

歴史上は存在するはずのゲーテの奥さんとか子供とかでてきて
修羅場ったりしたらそれはそれで楽しそうなんだけどそっちはどうなんだろうか・・・

最後に一文。

ルゥのセリフ。

ルゥを助けるために自ら消えて・・・記憶からも消えることにしたヴァルトシュタイン伯爵
だけどルゥは彼の事を忘れず・・・1曲のピアノソナタを書き上げることに。
その時の言葉

だけどそれは彼のための曲だからと・・・存在だけは公表してしまわれる事に
悪魔の力を打ち破れる・・・これもまたルゥが本来ここにいる存在じゃないからこそなのかも
しれませんけど・・・切ないですね・・・

作中でルゥの病状を抑えるためにユキとしての記憶を彼女から消し
自分の本名を再び忘れようとしたユキの事もルゥは必死に止めたし・・・
忘れるって事は彼女にとってとてもつらい事なんだろうなぁ・・・

「─忘れるわけないだろう、ばかっ!」

「忘れるものか!忘れてやるもんかっ!
 みんな、みんな勝手に
 ─ぼくは、ぼくはっ、ぜったいに忘れないぞ!」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
楽聖少女3 (電撃文庫)楽聖少女3
(電撃文庫)

(2013/02/09)
杉井光

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。