スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビブリア古書堂の事件手帖 4 栞子さんと二つの顔

あらすじ

珍しい古書に関する特別な相談――謎めいた依頼に、
ビブリア古書堂の二人は鎌倉の雪ノ下へ向かう。

その家には驚くべきものが待っていた。
稀代の探偵、推理小説作家江戸川乱歩の厖大なコレクション。

それを譲る代わりに、ある人物が残した精巧な金庫を開けてほしいという。

金庫の謎には乱歩作品を取り巻く人々の数奇な人生が絡んでいた。
そして、深まる謎はあの人物までも引き寄せる。

美しき女店主とその母、謎解きは二人の知恵比べの様相を呈してくるのだが──。

感想

ビブリア古書堂の事件手帖の4巻

ドラマも始まったこのシリーズ。
何気にドラマは改変が色々ありすぎてどうなんだろうって感じ。

ピンポイントで放送時間に用事があるせいで全然見れてないんですけど
気にはなってるんだよなぁ・・・どうなんだろうか。

今回は短編形式ではなく話ごとに話題となる本は変わるけど
全部を通して1つの話になっていて、そのすべての作品が
『江戸川 乱歩』の作品となっていて今までとは違う感じ

さらにようやく・・・というかついに・・・

篠川 智恵子 登場!

って事でヒロインである栞子の母親である彼女が登場する話でもあって
色々な意味で今までとは違う感じになってますね。

さらに『江戸川 乱歩』が話題になっているせいか宝探しというか・・・
暗号解読とか隠し棚とか・・・そういう仕掛けも出てきて面白かったですね。

『少年探偵団』は小学生の頃とか図書室で読んでましたからね・・・懐かしい。

今回は短編に分かれていないので一括の感想で書いていきます。
なのでかなり短め

時期的には大震災のちょっと後って感じの時間でようやく生活が落ち着いてきたって頃
前回の話で智恵子栞子の状況を知っていることから一体誰が・・・となり
モノローグで栞子の妹で文香がメールをだしていた・・・って感じだったんですが
今回はついに智恵子当人が姿を現すことに・・・大輔の前に・・・

娘にまず会えよ!?

って感じです・・・この人・・・まじよくわからん・・・
栞子文香が出かけていたからなんですけどわざとなような気もしますね・・・
海外で古書を扱う仕事をしていたみたいで地震が起きたから
市場に掘り出し物が出品されるかも・・・って感じで戻ってきた様子。
何気にひどい理由だ・・・

そしてそのタイミングで本にまつわる事件の依頼が入ってきて・・・と
もしかして智恵子が裏で手を引いてるんじゃってちょっと疑いたくなる展開でしたね。

まぁ・・・違いましたけど。

事件の概要を説明すると

・ある資産家が亡くなり、その別荘を愛人の女性が相続した

・資産家は大の『江戸川 乱歩』コレクター


・彼が金庫に隠したものを取り出してほしい

・必要なのは鍵とパスワード

・ヒントは資産家の本宅の方にある模様

・愛人は病気で声がだせず、妹が通訳で栞子達に依頼

・報酬はコレクターが集めた『江戸川 乱歩』のほぼ全作品


って感じなんですけど・・・色々と・・・依頼そのものも怪しい
依頼主の姉妹もちょっと怪しいし・・・逆に愛人だった方・・・慶子を嫌っていた
資産家の・・・鹿山家の人々の反応のほうが自然だった感じ。

まぁその怒りというか嫌悪が栞子達にも向いちゃったけど・・・
それでも最低限の協力はしたし、問われたことには答えていたから怪しくなかったですね。

っていうか最終的に資産家の娘・・・直美ヒトリ書房に勤めていて
栞子智恵子を嫌う井上とは幼馴染であり、その関係で彼の協力を求めることになり
さらに彼からの・・・本家では厳格な態度を取り続けていた資産家の本当の想いを・・・
息子や娘への想いを伝えてやってほしいと頼まれ・・・結果的にそれを伝えられたので
よかったって感じ。

智恵子を嫌っていて、よく似ている娘である栞子の事を警戒して嫌っていた井上
今回の一件で顔をあわせてしゃべってみて・・・彼女が母親ほど老獪ではなく
抜けている部分をはっけんして、母親とは違うと感じたらしく態度は軟化した感じだし
結果的に直美井上の仲を取り決めた感じ・・・これはよかった。

普通に考えれば父親が愛人を囲っていた・・・ってのは息子や娘からしたら
失態以外のなんでもないからね・・・結果的にいい影響が残せたのはよかったのかな?
まぁはっきりとした結果がわからなかったのが色々と想像できてよかった。

さてこんな状況下で・・・大輔がようやく栞子をデートに誘って・・・OKを貰えたり
暗号と鍵を探す二人の前に智恵子が現れて事情を全部知った上で自分が解くから
担当させてもらえる蔵書は折半だ・・・と言い出して栞子が対抗心満載になったり
普通に家に戻り、文香と話をして・・・文香がさらっと・・・最終通告をしたりと
篠川母娘の関係はちょっと複雑な感じになってますね・・・

姉の栞子は自分達を捨てていった母親に怒っていて、
でもその反面、自分以上に本についての知識や洞察力が高い母親に対して
怒り以外の感情を・・・共感みたいなのを感じでいる感じで
智恵子と話をしていると、ついつい彼女の話の流れに乗ってしまっている感じ

母親である智恵子は完全に我が道を行くって感じで
娘達がどういう思いだったとかそういう事にはまったく触れずじまいだったけど
今回のエピローグでは・・・まったく心配していなかったわけではない事が判明

せどり屋である志田が昔、困っていたときにお金を貸し
さらに彼が大事にしていた本をあげたのも彼女らしく、彼からしたら恩人で
智恵子文香からのメールは今回の帰国の前にまとめて読んだだけで
実際の近況は志田から聞いて娘達の様子を知っていたみたい。
10年前に渡したメールアカウントで文香が使うようになたのが一昨年くらいから。
その長い間にすっかり確認を忘れたってのが真相らしいから・・・
何気にメールをちゃんと読んでたぞって取り繕っていたわけで・・・そこはなんか栞子の母親って感じ。

栞子達の父親とは連絡は取り合っていて、彼の病気については父親のほうが隠していたらしく
知ることができなかったってのが真相みたい。

まぁ・・・

旦那の死を知った時点で帰ってこいよ!?


ですけどね・・・志田曰く、正気じゃ手に入らない本を探すために家をでたらしいけど・・・
なんだろこの人・・・マジで人生が本で動いてるね・・・

そして妹である文香は・・・

超しっかり者だ!?

姉である栞子が人見知りでポヤっとした部分があるから、しっかりしなきゃって感じなのかな?
それでも優しい女の子で姉と違って智恵子を母親だと思っているし
今回、家に来たときは大いに喜んでいた。
怒ってもいいはずなのに・・・随分偉いよくできた娘さんです。
ただしっかりしているだけに今回の話で一番、智恵子を驚嘆させたのは彼女かも知れない。

今回の事件を栞子は解決したけど、解決した後に実はもっと裏が・・・と智恵子に指摘され
栞子が自分が出した結論に自信を無くすシーンがあって母親のほうが上手・・・って感じだったけど
それでもなお・・・文香智恵子の想像の上を行く成長を見せていた感じ。
智恵子は母親としてその成長を喜んでいた感じだったけどね。

そして今後の不安点は・・・やっぱり智恵子

今回の話の終盤、智恵子栞子が自分を恨んでいるのを承知の上でなお
自分と一緒に自分たちがまだ見たことのない本を見に行こうと誘い
栞子はその誘いに乗りかけた・・・
彼女がそのままついて行かなかったのは大輔に呼び止められて正気に戻ったからで
あのままだったら・・・っていう危うい部分もあったし
栞子智恵子の誘いを・・・貴重な本を見る以外に重要なことがあるのかと問われて
言ったセリフが

『次の休日、大輔さんとデートですから』

だったせいで大輔智恵子から凄く冷たい目でみられたって描写があり
もしかしたら・・・変な怒りを買ってしまったかもって心配もある。

この後、大輔は勢いに乗って栞子に告白をしたんですが
栞子はそれに対しては明確な答えを返してないみたいで・・・そこら辺も不安点

これで大輔の想いを受け入れて・・・とかならある程度は安心できたんですが・・・

あぁ・・・続きが・・・続きが気になる・・・orz

シリーズもそろそろ後半だとあとがきに書いてあったし・・・そろそろ色々と人間関係も動きそう。
これで智恵子の冷たい目の原因が

なに、娘に手をだそうとしてるんだこの野郎!

って感じのだったなら笑えるんですが・・・そう楽しい感じにはならないよな・・・多分・・・

最後に一文。

文香のセリフ

智恵子に家に戻るつもりがあるかと訊ねて、
当分はその気はないと返された後の文香の言葉。

彼女は子供の頃に自分を置いていった母親であっても
父親が死んでも戻ってこず、今回のですら仕事のついでって感じでも
彼女は智恵子を母親と慕っているし、帰ってくれば嬉しいと感じてる

だけどそれとは別に・・・凄い現実的に考えている所もあって
このセリフは智恵子ですら唖然とさせた感じでとても印象に残っているのでこれで

これを感情を交えず冷静に言える女子高生・・・凄いわ・・・

「・・・あのさ、正直、無理に帰ってこなくてもいいんだ」

「あたし、お母さんに会いたいと思ってるよ。
 でも、もう必要とはしてない。
 お姉ちゃんは立派に店をやってるし、
 あたしも家事をやってる・・・お母さんがいなくたって、
 二人で生きていけるんだよ」


「なにかしたいことがあって、
 お母さんがよそにいるのは分かってる。
 でもさ、今までみたく連絡もしてこなくて、
 顔も出さないつもりだったら、
 あたし、そのうち会いたいとも思わなくなるよ?
 ・・・そうなったら、もうこの家には入れない」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖4
~栞子さんと二つの顔~
(メディアワークス文庫)

(2013/02/22)
三上延

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ビブリア古書堂の事件手帖4栞子さんと二つの顔」三上延

珍しい古書に関係する、特別な相談―謎めいた依頼に、ビブリア古書堂の二人は鎌倉の雪ノ下へ向かう。その古い家には驚くべきものが待っていた。 稀代の探偵、推理小説作家江戸川乱歩の膨大なコレクション。それを譲る代わりに、ある人物が残した精巧な金庫を開けてほしいと持ち主は言う。 金庫の謎には乱歩作品を取り巻く人々の数奇な人生が絡んでいた。そして、迷宮のように深まる謎はあの人物までも引き寄せる。美し...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

これまでと同様に面白く、一気読みしてしまいました。
なじみのある作品もあり、懐かしかったです。
読んでいて、あれこれ回想もしました。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。
カレンダー(月別)
01 ≪│2017/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。