スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕は友達が少ない ゆにばーす 2

あらすじ

あの『僕は友達が少ないゆにばーす』が、さらにパワーアップして帰ってきた!

・アサウラ(集英社スーパーダッシュ文庫『ベン・トー』他)

・あさのハジメ(MF文庫J『まよチキ!』他)

・岩波零(MF文庫J『そんな遊びはいけません!』他)

・白鳥士郎(GA文庫『のうりん』他)

・鏡貴也(ファンタジア文庫『いつか天魔の黒ウサギ』他)

などなど、豪華執筆陣が集結!
さらに原作者・平坂読の幻の短編も収録・・・・・・!?

ここだけでしか読めない、爆笑必至の残念アンソロジー第2弾!

感想

僕は友達が少ないの公式アンソロジーノベル第二弾

複数の作者さんによる短編集形式なので感想は短編ごとにという事で・・・

・鳥と豚

ゲストキャラの叫びにすさまじい共感ができる作品

小鷹 『俺って完全に非リア充』

に対するゲスト×3の叫びが↓

『『『ふっざけんなぁ!』』』

基本的にはヒロイン勢が全員病気でダウンして、小鷹小鳩のお使いでファンシーショップへ向かい
迷ってしまい、偶然そこにいた3人の男子に道を聞き、そのまま意気投合して・・・って話。

最初は自分達を食いものにしようとしてる!?って勘違いされてたし
小鳩の写真を見せたらお義兄さんとか呼ばれたんだけど
友達もいなくて隣人部のメンバーの残念ぞろいって話をしたら一気に非難を浴びることに
なり・・・でもその後も一緒に喋ったりして楽しい時間を過ごすって話。

友達にはなれなかったけどね!

なんていうか3人とも容姿にコンプレックスがあるらしく小鷹が鳥なら自分達は豚で
同じ世界では生きられないとか何とか・・・お前らってやつは・・・って感じ。

その経験で小鷹が思いついたのは太って残念度を上げれば
友達を作れるんじゃないかってとても残念なものだったけどね・・・

やっぱり小鷹は・・・傍から見たら十分リア充なんだな・・・

・俺たちにはまだちょっとレベルが高い

なんやかんやあって隣人部メンバーでボーリングをする事に。
これもまた・・・いつか友達ができた時のための練習

お前ら、自分達の今の状況に疑問もたないの!?

ボーリングをする部活でもなく、友達でもない・・・
それでみんなでボーリングって一体どういう状況だよ・・・
そもそも友達ができた時の為にと同年代と一緒に何かする時点で
それってもう友達じゃね?ってツッコミはこの作品じゃよくある事だけどさ・・・

それと叫ぶなよ!?

ボーリング場でバカ騒ぎはアカン・・・

ただ『ストライクを取ったらハイタッチ』ってのは彼らにとっては
レベルが高いものだったらしい・・・結局失敗。

小鷹夜空星奈のスカートでのボーリング姿を見れて眼福だったみたいだし
最後は夜空の下着が見えたらしく首を絞められていたけど・・・

お前、明らかにレベルが高いところにいるよ!?

っていうか小鷹は・・・

夜空・星奈・幸村・理科・小鳩・マリア

という美少女6人と一緒にボーリングにでかけておいて
何が不満なんだろう・・・爆発すればいいのに。

理科のせいで俺の様子がおかしい

ラノベ主人公が性にあまりにもアグレッシブで相手も受け入れぎみだと
ひどい事になるって実例の話

理科小鷹の本能が相手をもっとも相性のいい相手と感じるフェロモンを開発し
それを纏ったせいで

理性?なにそれ?おいしいの?

って感じになってしまう話・・・ただ性癖が髪を食べたいとか
靴を舐めたいとか・・・倒錯気味だったのはもしかして小鷹の・・・?

最終的にあまりに変態チックな小鷹理科夜空は引き気味に・・・

意味ねー!?

流石ですね・・・こういうのがあっても行くとこまでは行かない残念さ・・・

・部長選挙

小鷹からしたらこんな感じかな・・・

部活仲間の金髪美少女が残念すぎて泣ける

ってか星奈が残念だ・・・めっちゃ残念だ・・・そしてちょっとウザイ・・・
最後にはそのウザさも残念さが上回って可哀想になってくるんだけどね・・・

以上・・・あ、面白かったよ?

・伝説の小鳩の伝説

サブタイトルの時点でどの作家先生が書いたのかわかったんだけど
吸血鬼で五芒星とか・・・ねぇ?

さて・・・基本的に小鳩視点で彼女がうたたねしている時に
異能の力で敵と戦って・・・っていう夢を見ているって話なんですが
結果的に・・・今回の作品で一番よかった作品だった気がする。

まぁ途中での他キャラの扱いがひどいのが小鳩の彼女達に対する
認識のせいなんだろうけど。

最後は・・・自分を守ってくれる兄を心配する自分と
兄が自分から離れる原因になるかもしれないけど、同じように兄を心配してくれる
夜空達って夢で・・・不満だと思ってはいても笑っていた小鳩

なんだかんだ言って・・・みんなが兄を大切に思ってくれてることを
理解しているって事だね

・『鍵』

『生徒会の一存』とのコラボ企画の話

これこの本に掲載されてていいの!?

M○文庫はカスだとか言いつつ、富○見はめっちゃ持ち上げてるけど!?

ちゃんと杉崎とかでてきたり知らずに小鷹と邂逅したりとそこら辺は面白かった。
夜空と『葵 せきな』のふりをした枯野の話も枯野のすさまじいツンデレっぷりがよかった。

そして何気に『僕は友達が少ない』も文庫として出版されてるって流れに言ったのは笑った。
書いているのはもちろん・・・『僕』なわけで・・・

考えたら『生徒会の一存』『僕は友達が少ない』は共に学園における
日常を描いた作品なんだけど登場からのリア充っぷりがまさに次元が違う・・・
同じ世界に存在しちゃ格差ありすぎだろってレベルで違うよ・・・

杉崎達は友達多い上に学生の代表である生徒会役員
主人公はヒロインの行為を得ようと必死で

小鷹達は友達おらずに自分たちだけの部活
主人公はヘタレて現状維持を目指す・・・

同じ美少女多いのに・・・なんだろ・・・この格差・・・
残念さはどっちのヒロインもあるけど・・・隣人部はマジ残念だからな・・・

最後に一文。

小鷹のセリフ

『理科のせいで俺の様子がおかしい』でフェロモンのせいで理性が薄くなり
色々とアレな感じになっちゃった小鷹

理科がつぶやいた些細なセリフにすらばっちり反応して上でこのセリフ

いつものてめぇ自身にそのセリフを言えよ・・・

「俺さ、聞こえない振りなんていう
 誠意のないことはしちゃダメだと思うんだ。
 耳が遠いわけでもないのに」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
僕は友達が少ない ゆにばーす2 (MF文庫J)僕は友達が少ない
ゆにばーす2
(MF文庫J)

(2013/02/22)
平坂読、アサウラ 他

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。