スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

詠う少女の創楽譜(フルスコア) 6

あらすじ

死んだはずの母さんたちの襲撃を受け、途中で学院祭は中止になり、
僕や明日香を含めた学院のみんなは、それぞれの国に帰国することになってしまった。

世界征服を企む母さんたちのやり方に納得がいかない僕たちは、
計画を阻止するために戦いに臨むこととなる。

新人である僕と花穂は日本の戦力となるため、特訓をすることになるのだけど、
それが花穂の願望一直線なちょっとえっちな内容で・・・?

歌の想いが世界を変える、スタイリッシュ学園アクション第六弾!

タケルと花穂、ふたりの出会いの物語。
絆が紡がれる──

感想

詠う少女の創楽譜の6巻

表紙は3巻でメインである明日香と2人だった花穂のピン

何気にこの娘・・・ヤバイよね!?

大人しくて内気な娘・・・って感じだと最初は思っていたけど
パートナーであるタケルに対しての行動力はかなりアグレッシブ・・・

実の妹でありながらタケル大好きで一線を越えるのも厭わないという明日香
勝るとも劣らない・・・それくらいガンガン攻めてきている感じがある娘

ただし明日香と違って方向が妙な方向というか・・・
さらに内気で恥ずかしがりやだったりするのは素なのでなかなか・・・って感じ
まぁ自他共に認める

えっちぃ娘なんだけどね

なんだろこの感じ・・・スペックだけをあげていくとまさに
恋人にしたい・・・ってくらい色々と気がきくしいい娘なんだけどね・・・

出会いの話も収録されていて・・・彼女が出会った当初からタケルに好意全快じゃね!?
って感じもあるとてもいい娘なんだけどね・・・

今回の話では日本の『宝石歌姫』である明日香から潜在能力は
現在日本2位の『歌姫』を超えるとまで言わせるくらいだし・・・すごい娘。
なのに微妙に行動がエロいというか・・・魔法もなんかそっち方面だし・・・
一線を一度越えてしまうと突き抜けて行っちゃいそうで怖いですね・・・

彼女の攻撃魔法における衝動は主にそっち方面らしいし・・・
今回の序盤、タケルは彼女のために1ヶ月間2人きりで山に特訓にいったんですが

新しい魔法の作曲=その元となった願望の発露

ってわけで・・・

夜、一緒の布団で抱き合って寝たり

調律の方法がキスからキス(舌入れ)になったりとか

完成した魔法がもろ触手だったり、白濁液を放出したりとか


なんかもう色々と・・・とんでもない事になってます。

1ヶ月の生活の結果、花穂はある一定まで性的興奮が高まると
トランス状態のエロモードに突入して羞恥心とかがかなり薄まり
大胆になるらしく・・・それを1ヶ月布団で色々としていて発見した結果
早々にエロモードになるには舌を入れたキスが必要であり
触手は花の花弁だし、ファンネルのように自在に飛び回る植物から放たれるのは
一部の植物がもつ獲物捕獲用の粘土の高い液体ってだけなんですけどね・・・
えっちな妄想から生まれているわけで・・・どんな願望かって事は丸分かり

そりゃトランス状態じゃなきゃ大勢の前で歌えないよね・・・

前回の最後・・・タケル明日香の母親であるヒミコが世界に対して宣戦布告
『歌姫』が主導する世界を作ると言い出し、イタリア・中国・ロシアがそれに同意
さらに神楽学区の『宝石歌姫』であった詩乃ヒミコに敗れ・・・敵方になりピンチって状況で
その後の色々な大会で世界に何かを要求する『特権』の権利を取られまくって
あと1つ取られると追いつかれるって状況下だったわけですが・・・

なんか緊迫感ないよね・・・

まぁ死んだはずの母親が生き返って世界に宣戦布告
だけど間違ってると思うからと反対しているわけなんですが・・・

娘は息子と小さい部屋を借りて、部屋以上に大きい風呂を作り
一緒に入ろうとするとか倫理に喧嘩売ってるし

なにこの母娘・・・色々とすげぇ・・・

まぁ息子は息子で・・・女の子といちゃついてるんですけどね・・・
グローバルに・・・妹である明日香や相棒である花穂と仲がよく・・・てか狙われ

さらにフランス代表でシルヴィも出場していてイタリアの『宝石歌姫』である
モニカと善戦したんだけど・・・その原動力はタケルの勝ったら何でも言う事を聞くという言葉
前回、憧れの姉と同じ魔法タケルの演奏で紡いだ彼女だけど
今回は彼女自身の歌・・・大好きな日本のアニメの世界を元にした魔法

『フリージングコフィン』

『首位打者剣』

とか繰り出してた・・・この妄想がくみ上げられるまでの彼女のぼっち人生を考えると
泣けてくるけど・・・それを一変させたタケルへの想いを考えると生半可じゃなさそう。
彼女の姉であるメアリーはその事に大いに感謝して彼女自身もタケルの好意を抱いてるし
いずれはフランスにスカウトして・・・とか考えてる

世界規模での女たらしになりつつあります・・・

詩乃も何気に好意を示していたし・・・今回の大会で結果を出したことと
今後も負けられないって事で次の大会は代表6人ずつによるバトルロイヤルな団体戦で
タケル反CSU(歌姫至上連合)側の『奏士』として出場が決定

メアリー明日香以外の味方の『宝石歌姫』の2人を・・・
イギリスのクレアとアメリカのリアーナをたらし込むようにと
日本・アメリカ・イギリス政府から拒否不能の命令をだされて
エピローグでは2人と待ち合わせしてたし・・・どんどん増えてくなヒロインが・・・

『宝石歌姫』が敵に5人+ヒミコでこっちは4人で残り2人は・・・って感じだけど
タケルとの相性を感じると今回の大会で満足してパートナーを解消と言って
世界の命運を託した感じだった花穂シルヴィが入りそうな気がする・・・
花穂とかそっち方面はあきらめる気がまったくないみたいだしね。

ちなみに今回の話における母であるヒミコは大会では
映像見ながら思いっきりタケルを応援

超親バカだ!?

って事で完全に自我があるみたいで洗脳されて・・・とか
死体を操って・・・とかでは完全にないみたい。
前回の最後に仮面をつけて現れた詩乃も一緒にいて、その態度はいつもと同じだったので
彼女もまた・・・正気っぽい。

前回は敵対していたのにこうなっているって事は何かしら事情があるっぽいし
ヒミコ詩乃はこの時、誰にも察知されない場所にいたみたいで
『七人会議』とか『詩乃はあたしの計画に協力してくれる』って感じで
今の状況を作り出している黒幕とは別の考えがあるっぽい

何気にクレアリアーナの事を話された後、一人で歩いていたタケルに接触して
焼肉を一緒に食べに行くという・・・

ラスボス、何やってんの!?

って事もしていて自分は自分の意志で動いているし
タケルが自分で反対すると決めたならそれを受け入れると伝えていたし
母親として息子のことは認めているしとても大切にしている感じ

明らかにこれ・・・実は敵じゃないよね・・・
怪しいことに自分たち側の主力・・・

ヒミコ詩乃、イタリアのモニカ、中国の貂蝉
ロシアのアナスタシア、ドイツのナスターシャの楽譜をプレゼントしていたし・・・

最終的には『宝石歌姫』9人+ヒミコの10人による
セッションをタケルにさせようとしているのかも。

エピローグにおけるリアーナクレアとの待ち合わせでは
前回でもよくわかったアホな娘のリアーナが待ち合わせの像の上に立ってドヤ顔
クレアは像の横で待っていてくれたけど巨大な西洋剣を所持・・・

タケルが話しかけたらリアーナは自分に奉仕を・・・とか言い出すし
クレアはいきなり話しかけたら恥ずかしいといきなり剣を振り回し・・・

だ、ダメだこいつら・・・早く何とかしないと・・・

今回の話でちょっとかかれてたんだけど『歌姫』魔法
自身の願望を世界に表現するもの・・・その威力が高いほど願望を表現できてるって事。
つまり『宝石歌姫』ってのは自身の願望をこれでもかって放出してる
一種の変態らしいんだけど・・・なんかすごく納得できる内容だった・・・

メアリーメアリーリアーナクレアだけずるといタケルとデートの約束してたけど
彼女も重度のアニオタだし、詩乃ヒミコは腐女子だし・・・

頑張れ、タケル・・・

なんかそろそろうらやましくなくなってきたぞ・・・

最後に一文。

花穂のセリフ

特訓をするため山篭り・・・強い魔法を・・・願望を表現するためには
羞恥心を克服しなければならない・・・そのためにまず何をするかで
彼女が提案したのがコレ

あらすじにもあったんですけど・・・↑では故意に削除してあります。

これを読んだ瞬間に思った・・・嗚呼・・・やっぱり花穂も・・・

 へ ん た い
真の歌姫

なんだなぁ・・・ってか直線的過ぎるよね!?
ってか清楚っぽい設定は今どこらへんをさ迷ってんの!?

「まずはとりあえず、セックスしてみませんか?」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
詠う少女の創楽譜6 (MF文庫J)詠う少女の創楽譜6
(MF文庫J)

(2013/02/22)
雨野智晴

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

もうこの作品でまともな女性キャラが出ない気がしてきました…タケルに同情します
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。