スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖剣使いの禁呪詠唱

あらすじ

「兄様に会える予感がしてたの!」

前世で愛を誓った姫剣士にして、実の妹の記憶を持つ少女・サツキと、

「私の唇・・・覚えてないわよね」

別の前世で隣に寄り添い、冥府の魔女として共に戦った少女・静乃。

輪廻を越え、愛する二人と同時に再会してしまった少年・諸葉は、
サツキと静乃に挟まれて大弱り!?

そして、前世の記憶を力に変える転生者達の学園で、
史上初めて二つの前世“剣聖×禁呪使い”の力に覚醒めた諸葉は、
誰よりも特別な運命を歩み始めた!!

永遠の絆で結ばれた最愛の二人を救う、前世共鳴の学園ソード&ソーサリィ。

我が剣に宿れ魔焔―今、少年は波乱の現世を斬りひらくッ!!

感想

GA文庫の作品。
これが出た時点で気にはなっていたけど見合わせたんですが
2巻が発売してあらすじ読んでさらに気になったので一緒に購入した作品

今日と9日の連続で更新していこうかと。(8日は更新休み)

この作品をすごく簡単に説明すると

主人公が俺TUEEE

です・・・なんていうかこう・・・邪気眼とか中二病とかによくある設定
異世界を救った勇者の生まれ変わり・・・とか
前世は闇の力を持った強大な魔術師だった・・・とかあるんだけど

マジでそのまんま!×2

ってのが主人公である諸葉

物語の舞台となる世界は基本的に現代世界をベースにしているんだけど
前世の記憶と・・・そして力を継承する存在が多少なりとも発見されるようになり
さらに世界を襲う謎の怪物に対抗するために秘密裏にその生まれ変わりの子供達を・・・
『救世主(セイヴァー)』を育成する学校があり、諸葉はそのチェックにひっかかり
高校はその養成学校に進んだ・・・という少年。

まぁ一般人には怪物も『救世主』の存在も隠されてるみたいだけど。

そんな中で彼は前世の記憶がイマイチ思い出せないんだけど・・・
本人は珍しいとは思っていなかった他の人と違う点が1点・・・

                     エ ン シ ェ ン ト ド ラ ゴ ン
前世が2つある・・・『最も古き英霊』

というのが凄いところ・・・
魂が転生するには数千年くらいの間が必要らしく3度目でもなお
魂が残っているというのは凄まじく稀で・・・理論上考えられていたけど
実在が確認されたのは諸葉が初めてという・・・とんでもない資質の持ち主

聖剣の守護者 フラガ

冥王 シュウ・サウラ

とそれぞれ呼ばれていて

前者は超人的な力を持った勇者で
諸葉『救世主』が使える力・・・『源祖の業』の中で『光技』と呼ばれる
主に身体強化や近接戦で効果を発揮する武器を使った戦い方ができた。

後者は人々に恐れられた魔術師であり
『闇術』と呼ばれる魔法を使う『源祖の業』を使うことができた。

その両方の生まれ変わりである諸葉はもちろん両方です・・・

それなんてチート!?

実際に潜在能力は凄まじいらしく前世の記憶がろくにないにも関わらず
使い方を見ただけでそれに反応して思い出すかのごとく力を使いこなし
乱暴なクラスメイトに絡まれ、彼と勝負する事になった時は
最後の最後に『闇術』の使い方も思い出してそれで一蹴という・・・とんでもないヤツ

実際にその力が認められて『実戦部隊(ストライカーズ)』と呼ばれる
学生の精鋭部隊に勧誘されることになりそれを受けましたしね・・・

学生はランクD

卒業したら怪物を倒す組織に入りランクC

その中の精鋭がランクB

日本には10人いないエースがランクA


って事で入学早々に諸葉はランクCへの昇格を進められたわけで十分凄い
この世代は黄金世代らしくて隊長がランクAで隊員もほとんどランクBという

なんかクラス分けを思いっきり逸脱した学生部隊だな

って感じの部隊なんですけどね・・・なんかすでに日本の支部の正規部隊より
こっちの方が活躍してるって感じらしいし・・・
その中でランクAの隊長と模擬戦をしていい感じだった諸葉はどんだけってレベル。

まぁ・・・それすら甘かったけどね!

最終的に巨大な怪物が現れ、それに知り合いが巻き込まれた諸葉
隊長の命令を無視して助けに向かい・・・全戦力を集めなきゃ対処できないと言われた
その怪物を単体で・・・殲滅することに成功するわけで・・・なんかすでに隊長を超えてるっぽい。

二つの力を重ね合わせてさらなる力を引き出す事ができるらしくて
最後に編み出した新しい力・・・

アンセルタルアーツ   インヤン     ク      リ      カ      ラ
源祖の業の太極 『天をも焦がす降魔の黒剣』

は全てを切り裂く黒い炎を剣に纏わせる技・・・中二全開です・・・

本人は両親が事故死して叔父夫婦に育てられてとても感謝していて
学園に来たのも奨学金がでるから叔父夫婦に苦労をかけないし
卒業後は怪物退治の組織に公務員として勤められるって将来の安定性のためで
『実戦部隊』に入ったのも学生だけど給料がでて仕送りできるからという・・・
かなりいいヤツで・・・性格もいい感じ。

勝ち組だな・・・リア充だな・・・

両親の件は不幸だったかもしれないけど・・・それでもなんかもう
将来は安心って感じで・・・まぁ力があるからそれだけ危険に巻き込まれそうだけど
『実戦部隊』の隊長とか力に溺れたりしない真っ当な人なのでいい先輩だし
学園長も彼が『最も古き英霊』だからといって何かを求めたりしないし・・・とても順風満帆

まぁ最後に怪物が現れたのは諸葉の力を確かめたいという『何者か』の策略だったみたいだから
なにかしら大変な目にはあうだろうけどね・・・それでもね・・・って感じ

さて・・・ここまでですでに色々と凄い感じの主人公なわけですが・・・
これは学園もののラノベなので・・・もちろんヒロインがいます・・・

妹 と 妻

妹・・・といっても諸葉の前世・・・聖剣の守護者であったフラガの時の
実の妹であったサラシャの生まれ変わりの少女でありサツキという現世の彼女は
血の繋がりとか全然ない・・・他人です。

サツキは前世の記憶が結構はっきりあって・・・前世では兄妹でありながら
ちょっと危ないくらい仲の良かった兄との記憶の影響もあって
お互いにそれに気づいてからの好意はなんかもう・・・振り切れちゃってます。

諸葉とは逆に前世の影響をかなり受けているからこそ・・・なんですけどね。
フラガサラシャをとても大切に想っていたからこそ諸葉も彼女を大切に想うし
サツキ自身も好ましいって感じで・・・今世では妹じゃないので色々と困るみたい。
問題がなにもないからね・・・

前世では姫だったみたいだから・・・諸葉は王子・・・それで禁断の関係ってどんだけ・・・
でも彼女が住む場所は何度も運悪く怪物に襲われているらしく
それがのちのち何かの複線になりそうな予感もあるんですよね・・・ヒロイン体質なのか?

彼女は基本元気で力の使い方や意思はまさに勇者って感じだった
フラガへの憧れから『救世主』としての意思が結構高いんだけど・・・実力はそこそこって感じ

妻・・・の方もやっぱり前世の・・・冥王シュウ・サウラの頃の事で
『王佐の魔女』、『冥府の魔女』と呼ばれた奥さんがいて
その生まれ変わりらしい静乃とも再会

しかもいきなりキス!?

彼女は諸葉を見て自然にキスしてしまったみたいだけど
諸葉が彼女の前世について聞いたときは正体をはぐらかし今回は最後まで不明のまま
まぁ・・・間違いないでしょうが・・・

シュウ・サウラって名前を知っていて、さらに諸葉が『闇術』を使えるはずという事を
知っていた時点で・・・ねぇ?

ただ彼女には色々と事情があるらしく・・・黙っているみたい
『実戦部隊』にも予備隊員として誘われるくらい優秀な魔法を使えるくらいの実力らしいけど
実際はもっと凄そうな感じ・・・

物静かでポーカーフェイスで色々な意味でサツキの上をいっている娘なんだけど
本人的には素直に好意を示し、
諸葉に心配してもらえるサツキが羨ましいって思っているみたいで
諸葉への想いはサツキに勝るとも劣らないもの・・・

この2人から・・・最初から好意MAX状態で想いを向けられていて
諸葉自身も2人を大事に想い・・・最終的に彼の悩みを吹っ切ったわけで・・・なんて勝ち組・・・

前世が英雄でも事故で苦しんだ両親すら助けられなかった自分が『救世主』なんて・・・
とそういう誰かを助ける存在だと自分を思う事ができなかった諸葉だけど
この2人がピンチになった時は・・・力を振るう事も危険に立ち向かう事も・・・
まさに『救世主』らしい行動をする事にまったく躊躇しなかったわけで・・・
それくらいすでに2人が大事になってるんだな・・・

さて・・・最後に・・・諸葉

前世が2つ

②.1つは勇者

③.1つは冥王と呼ばれた魔術師

④.現世ではその両方の力を使えてチート

⑤.前世それぞれで嫁的存在がいて現世で再会

⑥.再会した嫁的存在は現世でも好意MAX


な主人公なわけですよ・・・
うん、まぁ・・・最終的に何が言いたいかと言うとね・・・

bakuhatu.png

これだね・・・

最後に一文。

諸葉の言葉

彼は過去のトラウマから自分が誰かを救うって自信は持てない。
だけど誰かが彼から何かを奪おうとするならそれを許さず
怒る事ができる・・・それが結局その何かを救うことになっているんだけどね・・・

「俺は誰かを救うなんて傲慢は言わねえ!だけど─」

「俺は─俺から奪っていく奴を、
 絶対に許さねえええええええええええええええええ」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
聖剣使いの禁呪詠唱〈ワールドブレイク〉 (GA文庫)聖剣使いの禁呪詠唱
〈ワールドブレイク〉
(GA文庫)

(2012/11/15)
あわむら 赤光

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。