スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

断章のグリム 3 人魚姫・上

あらすじ

薄汚れた洗面台で、老女はいつものようにひび割れた石鹸を取り上げて、
掌で揉み始める。
乾いた石鹸はすぐにぬめりを取り戻し、白く濁った水がぬるぬると手にまとわりついて
泡となって嵩を増やしていく。
最後に一通り両手の表面を泡で拭った瞬間、それまでとは違う異様な感触が
掌に伝わり、そして──。
泡禍解決の要請を受け、蒼衣たちは神狩屋がかつて暮らしていたという
海辺の町を訪れた。
過去に例をみないほど町中に溢れ出す泡禍の匂いの中、
彼らは神狩屋の婚約者だった女性の妹・海部野千恵に出会う。
彼女は重度の潔癖性であった。
奇しくも婚約者の七回忌を明日に控え、悪夢の泡は静かに浮かび上がる──。
鬼才が贈る悪夢幻想新奇譚、第三幕。

感想

断章のグリムの第三巻。今回の悪夢を浮かび上がらせる童話は『人魚姫』

結構、有名作品です。
『シンデレラ』『ヘンゼルとグレーテル』ときて『人魚姫』
なるほど・・・・・・と思っていたのですが調べてみると・・・・・

『人魚姫』はグリム童話でなくてアンデルセン童話じゃん!

ぶっちゃけこの本を読むまで知りませんでした。
童話は『童話』として読んでいたのであまり作者を気にしたことがなかったからかな?

作者のアンデルセンは凄いネガティブ思考の持ち主だったっぽい。
外出時は非常時に建物の窓からすぐに逃げ出せるように必ずロープを持ち歩き、
眠っている間に死んだと勘違いされて、埋葬されてしまった男の噂話を聞いて以来、
眠るときは枕元に

「死んでません」

という書置きを残していたらしい。

どんだけ!

今回は上巻ということで下巻に続くシリーズ初の続きもの。

とりあえず読み始めた序盤で気になったのはこの一文。

~蒼衣はこういった心に歪を抱えた女の子を
          
       放っておけないという”趣味”があった~


趣味?

こういうのは趣味っていうのか?なんか根本的に違う気が・・・・・・。
平凡である事を望む蒼衣。でもこれが趣味だったら・・・・・・・Σ⊂^┐( ̄∇ ̄)
まぁ彼は『異常を理解するもの』らしいのでこれはこれでいいのかな?

話は変わって本編。

今回、蒼衣雪乃達は別の街で起きた泡禍を解決するためちょっと遠出します。
そして今回の『人魚姫』でメインに関わるのは神狩屋雅孝
とりあえず一番まともな人って印象だったのですが・・・・・・。
昔は結構、情熱的であったり今はちょっと怖いところが・・・・・。

彼が『断章』を持つことになった『過去』とそれに繋がる
『今』
が今回の事件では描かれています。
上巻ではそれほど詳しく描かれていなくて本番は恐らく下巻。
でもこの時点で8人と1匹の被害がでているあたりがこの作品らしい。
血を吐き出し苦しみながら死ぬ飼い犬。泡のように溶けて行く人々。
あいかわらずグロテスクな描写が多い作品です。

『人魚姫』は海外の作品なのだが日本でも『人魚』がでてくる話がある。
当時はたいして国同士の繋がりはなかったはずなのに不思議だ。
どっちもハッピーエンドとは言えないところも似てる気がする。

今回登場するキャラクター・海部野千恵

神狩屋の婚約者だった女性の妹。つまり義妹。
『潔癖症』でしょっちゅう洗剤で手を洗い、常に手袋をしている。

『潔癖症』
前にコンビニのバイトをしていた時にたまに来るお客さんが恐らく潔癖症でしたね。
つねに手袋もしくは透明なビニールの袋に手を入れてものを掴んでました。
自分でも変だとは分かっているけれど、どうしても気持ち悪くなってしまうそうです。
ある意味、大変なことなんだなぁと思いましたね。

でも彼女の作中の飼い犬が死んだ時のセリフはぶっちゃけ容認できないかも。

上巻の為、主要キャラクターの登場と説明。事件の始まりが描かれているだけなので感想は
短め。
とりあえず神狩屋の過去が現在の事件にどうかかわるかが気になる話だった。

っていうか事件以外の所(アンデルセンの行動や蒼衣の趣味、潔癖症)に思う所が多かった。

最後に一文。神狩屋のセリフ。彼も確かに断章をもっているのだとわかるセリフ。
それ=神。これを踏まえて4巻を読むと・・・・・・・

「だって、もし、”それ”に人格があるなら・・・・・

 僕はおそらくそれを憎むあまりに、
                  
 狂ってしまうかもしれないからね」


断章のグリム〈3〉人魚姫(上) (電撃文庫)断章のグリム〈3〉人魚姫(上) (電撃文庫)
(2006/12)
甲田 学人

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。