スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

召喚学園の魔術史学(マギストリ)

あらすじ

東京湾に突然落ちてきた『ミストルティン魔術学園』。

朝木野晃路がここを訪れたのは、
留学していたドSで超お兄ちゃんラブな妹・まつると連絡がとれなくなったためだ。

だが、学園内で待ちうけていたのは、強力な魔術器や幻獣を操る生徒たちと、
時折落ちてきては学園に追加される、様々な仕掛けや謎を秘めた建築群だった。

勝手がわからず魔術探偵の少女・花菱に協力を求めた晃路だったが、
彼女は極度の人見知りで―!?

「私を甘く見たら損だぞ、朝木野晃路」

「いや、そんな風に隠れながら言われても・・・」

この世ならざるモノたちが交錯する、現代学園魔術アクション開幕!

感想

GA文庫の3月の新刊

何気にこのイラストレーターさんの絵は好きですね・・・
電子書籍で読んでるMF文庫の『オーバーイメージ』もそういえばこの人・・・
そういやあれの3巻まだ読んでなかったな・・・

さてイラストはさておき内容のほうは

魔術 + 探偵 + 冒険

て感じで・・・

アレ?俺の趣味ドストライクじゃね?

という・・・まさに表紙買いが大当たりでした・・・

舞台は『ミストルティン魔術学園』と呼ばれる東京湾上空から降ってきた学園で
今も不定期に新しい学区が建物ごと降ってきて拡大を続けているという・・・
まさに魔法の学園

主人公である晃路はそんな学園に好奇心の塊である妹・まつるが留学してしまい
それを連れ戻すために二期生として留学した学生

そしてメインヒロインである花菱魔術探偵を称する少女で
音信不通のまつるを探すために晃路が雇った同学年の生徒

人見知り探偵だったけどね!

探偵としてそれで大丈夫なのか・・・それ・・・って感じです・・・
人が多いところは苦手、初対面の相手は苦手
大きい声を出されるとビビる・・・まぁ・・・うん・・・可愛いけど。

しかもそんな感じなので友達もいないので
晃路が友達になる・・・と言ったら用もないのに名前を呼んだりと・・・
ちょっと・・・面倒くさい子だったりする・・・可愛いけど

まぁ・・・何が言いたいかというと

花菱、可愛い

なんですけどね・・・
自信満々に見えて震えてたり・・・ぼっちだったり・・・
晃路の背中に隠れたり、予想以上の被害をだして泣きそうになったり・・・

なんだこの可愛い生き物は!?

なんかこれだけで読む価値があった気が・・・他にも

花菱が探偵っていうよりは家に伝わる霊剣を使った戦闘が得意だったり

晃路インディ・ジョーンズファンで伝承や伝説に妙に詳しかったり

まつるが重度の・・・めっちゃ重度のブラコンだったり

となんだそりゃ・・・って感じだったんですが面白かったですね・・・

空から降ってきた新しい学区の建物とか悪魔が封印されていたり
生徒が魔術的な道具である『魔術器』を使ったり
幻獣や幻草と呼ばれるものまであり召喚とかもある
建物にはインディばりの仕掛けや隠し通路とかあったりと・・・
何気に魔術って言ってもゴーレムとか洋風だけじゃなくて
八咫烏や管キツネとか和風のもいたりと

いい感じでした・・・

インディ・ジョーンズ?俺も大好きさ!!

って感じだから仕掛けがある建物を冒険とか読んでて楽しい
インディ・ジョーンズ
シリーズの小説も結構読んでますしね。

まつるが好奇心旺盛になったのも元々は晃路が子供の頃に色々と連れまわしたせいで
その結果、あわや大怪我に・・・って事があったせいで晃路は実際には
インディのような考古学者はいないって事もわかってきたから
そっち系の無茶をしなくなった・・・って事であり
ぶっちゃけこの学園・・・晃路の昔の性質を呼び覚ます媒体になってる感じ

まつるを連れ戻す・・・と言いつつ楽しそうだったし
一度、ゴーレムやら隠し通路とか体験して・・・危険な目にあったのに
逆に生き生きとしだすという・・・マジ向いてるよって感じ

鞭の扱いを熟練してるってどんだけ!?

ってくらい鞭の扱いがうまく、まつるから贈られた
『魔術器』である『聖なる蛇の尾』という鞭を自在に操ってましたね・・・ほぼ最初から・・・
望む位置に自動で動く感じだけど鞭の動きを熟知してるからこそって感じで
お前、どんだけインディをリスペクトしてんの!?ってレベル

子供の頃、練習で傷だらけになって父親が児童虐待で警察に連れて行かれるくらい
熱中して練習したらしい・・・

マジどんだけ!?

ちなみに・・・まつるを頂点とした生徒会と風紀委員・・・
どっちもなぜかまつりに心酔している感じでまつるパネェって思ってたら
副会長の方が・・・ちょっと・・・ってかガチで百合だったという・・・

大丈夫か生徒会!?

て感じで・・・今回の事件の一翼は黒幕に利用された副会長・・・
性別を超えた愛を・・・

まつるをぺろぺろするのは自分だ!

ってのが理由だったり・・・
当のまつる自身が重度のブラコンで晃路をいじめるのも好きなら
いじめられるのも好きだという

マジ大丈夫か生徒会!?

なんか色々と濃い感じの学園です・・・
ちなみに一般生徒も・・・もちろん・・・色々と変

大丈夫か!?この学園!?

基本的に生徒は一期生と二期生だけであり、全てこの世界の人間であり
この学園に最初からいたのは人の姿だけど幻獣でもある『学園長』だけ
つまりみんなほぼ一般人(花菱のように家業で魔術に関わっていた人もいる模様)

なにせ晃路のクラスの学級委員長である凛子はゆるふわな感じの女の子なのに
事件のときに現れた巨大ながしゃどくろに立ち向かってフルボッコにしたっぽい・・・
実は武闘派らしい・・・風紀委員が彼女が動こうとした瞬間に退避を始めたあたり
明らかにそれが最初じゃないところが怖い・・・

マジ大丈夫か!?この学園!?

普通の世界からはじかれた者たちが集う国を・・・とこの学園を召喚した召喚師
考えていたらしく『学園長』にその協力を求めたけど断られ
『学園長』は普通に生徒を募って集め、こういう力を持つ人と一般人の共存の助けに
しようとしたみたいなんだけど・・・実は当初の目的通りになってるんじゃなかろーかと
一瞬思ってしまったり・・・

最終的に今回の事件の黒幕が復活させた悪魔は無事倒し
っていうか悪魔復活させておいて契約しようとしたら
人間嫌いだから嫌だと暴走された黒幕もなんかグダグダだったけどね・・・
花菱よりも明らかに格上ってキャラだったのに・・・

ただ学園を喚んだ召喚師と係わり合いがあるらしく、最後は逃げたので
黒幕・・・『三代目・遊形 花菱』はこれからも事件を起こしそう

何だかんだいって探偵としては年季と歴史がある分、花菱は優秀みたいだし
『魔術器』を使った戦闘もお手のもの
晃路晃路で豊富な知識と『聖なる蛇の尾』で十分役に立つし
まつりは生徒会長に選ばれるくらい優秀・・・って感じでみんな非凡

ただどこか・・・残念な感じだけど・・・

設定が個人的にドストライクだし花菱は可愛いので・・・ぜひ続きが読みたい1冊
2巻はでるのかな?楽しみに待っていようかと。

最後に一文。

晃路花菱のセリフ

読んでいて花菱と同じツッコミをおもわずしてしまったセリフ。

まつるが学園から戻らないのはその好奇心で学園の正体を知りたいからと推測
ならそれについて自分も調べてとっとと目的を果たさせよう・・・
って晃路なんだけど・・・本音はそっちか!ってセリフ。

そりゃいきなり生き生きと語りだしたらね・・・

作中で自分はインディになりたかったんじゃなくて
インディと一緒に冒険したかったんだって言っていたように
何だかんだいって・・・コイツは冒険大好きなんですよね・・・

そしてまつるは兄のそんな思いを知っていたから、
心配して兄が学園に来るように連絡を絶ち、さらに兄が大好きな鞭を贈り
学園から離れる気をなくさせたわけで・・・まさに予定調和・・・この妹、パネェ・・・

「は?い、いや、
 あくまでまつるが危険なマネをしてないか見極めるためにな?
 必要だと思うからだよ?
 決して俺自身が学園のことをもっと知りたいとか、
 昨日みたいな罠と仕掛けとバケモノ相手の、
 夢のような冒険がしてみたいです


「俺のためじゃないんだぞ?
 決してもっとエグイ罠をかいくぐってみたいとか、
 難解な仕掛けを解いてみたいとか、
 屈強な幻獣に遭遇したいとか
 ──そういうことは思っています


「ミイラ取りがミイラ・・・だと・・・?」

「なんて俺の心をくすぐる言葉なんだ・・・!」


「お前の心どうなってるんだよぅ!」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
召喚学園の魔術史学(マギストリ) (GA文庫)召喚学園の魔術史学
(マギストリ)
(GA文庫)

(2013/03/16)
中谷 栄太

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。