スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デート・ア・ライブ 7 美九トゥルース

あらすじ

「ねえ士道さん。十香さんを助けたくはありませんこと?」

第6の精霊、美九の天使によって四糸乃、八舞姉妹を支配され、
“ラタトスク”のサポートも受けられず、
DEMの手により十香もさらわれ絶対絶命の五河士道の前に現れた少女。
―かつて士道たちを殺そうとした最悪の精霊、狂三。

彼女の力を借りるリスクを負ってでも、十香を救い出したい士道は共闘を決意する。

「俺たちの戦争を、始めよう」

人間に絶望し、歪んだ幻想を持ち続ける精霊、
美九の目を覚ますために再びデートして、デレさせろ!?

感想

デート・ア・ライブの7巻

今回はついに・・・サブタイトルと表紙キャラが別って事に・・・
まぁ前後編なんで連続で前回と同じ美九って事はないんだろうけどね。

って事で今回の表紙はメインヒロインである十香
しかも黒化・・・魔王バージョンです。

さて・・・今回は前回の続き
精霊である美九『声』によって仲間の精霊達すら操られ
さらにDEM社によって十香を連れ去られた主人公・士道

彼の前に『最悪の精霊』と呼ばれる多くの人間を糧にするために殺し
今は大きな力を得るために士道を食べる事を狙っている狂三が現れたところから開始

状況的には・・・最悪だったんですが・・・

最凶の味方できた!?

というわけで狂三十香の救出に協力してくれる事に・・・
実はそれほど予想外な展開じゃなかったですけどね
なんだかんだいって狂三士道に好意的でしたから。

全部を使えるわけではないとはいえ12の能力
そして自分自身を大量に複製できるという狂三の能力は
味方として考えるならこれ以上はないってくらい有用なものだし
ぶっちゃけ・・・

狂三、強すぎ・・・

って感じです・・・
まぁ協力するのは彼女の真の目的・・・
一番最初に現れたという『始源の精霊』を過去に戻って滅ぼす事で『精霊』という
存在そのものをなかった事にしようってものであり
その『始源の精霊』の居場所を知っているらしいDEM社に囚われているという
『2番目の精霊』に会おうとしてのものであり士道十香を助けるための
DEM社の日本支社に侵入するのは自分にとっても好都合って理由だったんですけどね

彼女のおかげで美九士道を捕らえるために送り出した人々を避け
美九の家に潜入・・・彼女と話すための取っ掛かりを手に入れ
さらに大勢の人々、四糸乃耶倶矢、夕弦が守る美九の元へ訪れ
士道が彼女と話すための時間を作り出すという荒業をなしとげたくらい・・・

強い・・・こんなに強かったのか・・・

確かに彼女の話の時に十分強いってわかってたけど強さよりも恐ろしさが
印象に残っていたけど今回は士道の望みで殺人をしたりしてなかったので
強さが逆によくわかったって感じ。

強いって言うか他の精霊が属性を持ってるがゆえに
あくまでのその属性のバリエーションなんだけど
狂三の場合は『時間』であり・・・自身の加速や他者の減速
さらには他者の過去を見たりと・・・バリエーションが豊富であり
さらに数の暴力があるし・・・戦闘ではちょっと便利すぎるな・・・これ・・・

自己回復や相手の時を止める力まであるからね・・・こりゃ強い・・・

そんな彼女の助力を得た・・・ある意味で戦力的には
いつもの琴里が指揮する『フラクシナス』や限定解除の精霊達よりも強い・・・
なんだそりゃ状態・・・美九『声』狂三には聞かないし
相性が悪すぎるとしかいえない・・・もしガチで戦っても
人を殺すことを厭わない狂三相手じゃ操った人間とか意味ないしね・・・

そんなこんなで・・・彼女の助力で無事に美九と話し合うことが出来て
士道は彼女に十香を助けに行くと・・・自分の命に代えても助けると伝え
助力を頼むことに・・・そして彼女の秘密・・・

美九は人間

って事について聞きだすことに・・・

これは・・・なんか全然考えてなかった

前回の話で1度、琴里と同じような人間が精霊化・・・って話題はでたんだけど
なんか考え方が異質すぎて無意識にはずしていたみたいでした

彼女が人間を・・・特に男を信用できないのは彼女の過去に関係があって
アイドルとしてデビューして枕営業を断ったらその営業を求めた相手が
スキャンダルを捏造、所属事務所すら見捨ててファンすらもその噂を信じて暴言
唯一のよりどころ・・・自分の価値はそれだけと信じた『声』
そういうファン達の前でついに精神的疾患で失ってしまい全てを失った

これは・・・最悪だな・・・

私個人はアイドルとかあまり興味ないんですが
好きなアイドルに恋人が・・・ってなるの超騒ぐファンとか
暴言をいうファンとかでてきますからね・・・現実にもありえる話
絶望のふちで自殺を考えたところに『フォントム』に・・・
謎の存在によって精霊の力を貰い精霊になったという事みたい。

だからこそ人間が信じられず・・・人間を信じるのも再び裏切るのが怖いから
必要以上に・・・人間と関わろうとせずに拒絶する・・・
それが彼女のああいう態度や考え方になっていたみたい・・・でも・・・

士道はそういうのの対極

そういうキャラですからね・・・大切なものに自分の命すらかける
だからこそ美九はそんな彼を信じられないけど・・・
命をかけても大切なものを守ろうとする彼を見てみたいと思い
結果的に・・・狂三と2人でDEM社に侵入した二人の援護に
四糸乃八舞姉妹を連れて現れてくれた・・・

本当は信じたい・・・

そんな娘だったみたい。
真那も援護に来てくれ、士道は前々回と同じく『鏖殺公(サンダルフォン)』を召還して進み
十香と再会することに成功したんだけど・・・

それこそが魔王降臨の引き金に・・・

DEM社社長のアイザック十香の何かを引き出そうとしていて
彼女を助けに来た士道を彼女の前でエレンに刺させる事で絶望を誘発し
さらに止めを・・・って部分を見させることでついに目的を・・・
十香を反転させることに成功・・・
                      ナ ヘ マ ー
黒い十香・・・そして<暴虐公>

人格が変り・・・さらに士道達の記憶すら失った存在

ただ彼女を反転させた上でエレンに倒させようとしてたので
まだまだ彼らの真の狙いはわからない感じ。
エレン真那、そして折紙との戦いで負傷していた事で勝負を避けた事で
黒い十香の相手は士道美九がする事になり・・・その圧倒的力に襲われることに。

ただ・・・ここからが本番・・・まさに
            デート
「俺たちの戦争を、始めよう」

ってごとく士道が漢を見せましたね・・・

そんな士道をとっさに美九はかばってしまうし、
彼女が危機に陥ったときは約束したからと・・・身を挺して彼女を救い
その為に新しい力を・・・防御のための力を望み氷結傀儡(サドキエル)の冷気操作を発動
なんか・・・徐々に主人公の強化が進んでいる感じです。
この頃には士道がピンチの時には美九が身を挺して・・・って場面も見えて
凄い無意識に攻略が進んでいてちょっと凄いですね・・・

一度酷い裏切りを受けた美九には言葉でなんと言っても意味はない
だけど士道はまさに体を張って自分の言葉を証明しましたからね・・・
目の前で証明されたら信じないわけにはいかないって事かな?

最後は正気に戻った四糸乃八舞姉妹の力を借りて十香に近づき
武器を捨て彼女を抱きしめてキス・・・正気に戻すことに成功

最後は再開された文化祭で舞台に立った美九から呼び出され・・・
抱き疲れた挙句にキスをされ霊力封印に成功

デレた!?美九がデレた!?って”だーりん”!?

騙された・・・人間なんて信用できない・・・って思いつめて突き抜けちゃった美九
だからこそ信用できる相手を・・・誰も美九の歌を聞かなくなっても
自分だけはファンでいつづけると誓い、その約束を守ってくれると信用できた
士道に対しては一気にデレデレになった模様

なんかそこはかとなく・・・危ない気がする

あまりに唐突に好感度が変動するんでこの娘は下手したら
ヤンデレキャラになりかねないんじゃないだろうか・・・
折紙も近いけど彼女はちょっと違うからね・・・

まぁ霊力を封印して『声』の力を使えなくなってもなお人前で歌うことができ
そして人々の喝采を得ることができたので色々と安心ではあるかな?
最後は彼女の笑顔で締めって感じでとてもよかった。

ただ・・・状況は色々と伏線が多くてどうなるかわからない感じ。

十香の反転とそれを狙ったDEM社の狙い

DEM社を抜けた真那と彼女がDEM社で施された術式

アイザックが士道を真那と同じ崇宮と呼んで何か知っているらしいこと

狂三が目的の精霊を見つけられなかったこと

前回・今回と命令違反など無茶した折紙の今後


なんかまだまだ・・・謎がいっぱいです。
数字的にはまだ1・2・6・7の精霊がでてないし・・・でてくるのかな?

何気に狂三も今回は収穫なかったけど、その過程で士道に頭を撫でてもらえて喜んでたし
なんだかんだいって攻略されつつある気がする。
そして相変わらず・・・義妹である琴里の素直じゃない士道ラヴっぷりが微笑ましかった。

操られたときの記録が映像としてあって酷い事を言っちゃって
あれは本心じゃないから・・・とかなり必死に訴えてたしね・・・
まぁ士道はそれを最初から『わかってる』って答えてたしね・・・
さすが・・・最初から最後まで好感度MAXで変動がなかった攻略キャラだな・・・

短編集の発売も決まり12月には限定版9巻が発売するから今年はあと
最低でも3冊はシリーズを楽しめるわけで・・・楽しみです。

アニメの方も見てみていい感じだったし・・・円盤どうしようかなぁ・・・資金がなぁ・・・

最後に一文。

士道美九の会話

『声』がなくなったら自分は無価値になると言った
美九に対してそんな事はないと・・・
たとえファンが離れていったとしても自分だけは離れないと言った士道

それに美九が言った言葉とそれに対する士道の答え

こういう約束をまったく悩みもせず即答できちゃうあたりが
こういうラノベ作品における主人公なんだろうなぁ・・・ってセリフ

そしてそれを実際に守ってこその主人公って事で
ちゃんと作中でさっそく身を挺して守ってますからね・・・流石です

冷静に考えれば人として異質なんだけどね・・・士道のこの考えは
自分の命に対する価値観がちょと低すぎるよね・・・

「都合のいいことを・・・・・・!
 じゃあなんですか、
 私がもし十香さんと同じようにピンチになったら、
 あなた、命を懸けて助けてくれるとでもいうんですかぁ!?」


「当然だろうが!」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
デート・ア・ライブ7  美九トゥルース (富士見ファンタジア文庫)デート・ア・ライブ7
美九トゥルース
(富士見ファンタジア文庫)

(2013/03/19)
橘 公司

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。