スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴールデンタイム 6 この世のほかの思い出に

あらすじ

海へのプチ旅行の帰り道、
事故を起こしてしまった香子はショックのあまり―─引きこもりになった。

電話もメールも通じない状況にしびれを切らした万里は、
加賀家へ乗り込むことを決意。
高級住宅地にある自宅へ電撃訪問を試みるが―─。

そして残り少ない夏休み、おまけんで花火大会を見にいく会が催される。

女子たちの艶やかな浴衣姿にほっこりしつつ、万里は自らの過去と向き合うべく、
地元でのクラス同窓会への参加を決める。

竹宮ゆゆこ&駒都えーじが贈る青春ラブコメ、第6弾!

感想

ゴールデンタイムの6巻
今回も短めの感想

前回の最後・・・自らを切り捨てようとする万里に対してやるせなさを感じ
彼に憎しみにも似た思いを向けていて記憶を失う前の万里

だけど万里達が海に行った帰り・・・その呪詛は思いがけない形で実現しそうになる
流石の万里も焦り・・・万里を救うために彼の短い記憶の中を追体験し
そして今の万里の行動原理の根源となる記憶の扉を・・・
記憶を失ってどうすればいいかわからなかった万里が密かにお見舞いに来た
リンダとの出会いの記憶を開きそれと万里の叫びを聞いて眠っていた万里は目を覚まし
香子が居眠り運転していた車のブレーキをとっさに踏み・・・最悪の事態を回避

リアルに事故・・・怖いわー

という状況だったんですが・・・
今回はその続き・・・最悪な状況は免れたけど事故を起こした香子はショックを受け
知らせを聞いた彼女の両親は激怒・・・あまりにも誠実に謝り、全て娘の責任だという
その両親のせいで万里光央二次元くん千波はそれぞれの・・・

疲れていると分かっていたのに助手席で眠ってしまった万里
他の事に浮かれていて上の空で注意散漫だっだ光央
運転を香子に任せてしまった二次元くん
事故のときに口を噛んで流血してしまい香子のショックを大きくしてしまった千波

といった形のそれぞれの責任を解消する事も出来ず
さらに香子が引きこもって連絡もできなくなってしまってみんな落ち込む事に・・・

ただ・・・これが本当の始まりの切欠かな?

万里はそんな香子を心配して彼女の家を訪ね・・・そこで大喧嘩
でもこれは・・・凄く2人にとって必要な事だったと思う。

香子は自分の事を大人だと思っていたけどまだまだ子供で
責任も取れない・・・だから合わせる顔がないのでもう合わない・・・とか言い出し

相変わらずめんどくせー

と思ったらそれに万里が珍しく怒り・・・

って思ったら香子がキレた!?

彼女はずっと記憶を失う前の過去を拒絶している万里を見ていて
もしかしたら自分も過去としていずれ置いていかれるのではないか
拒絶されるのではないかという不安を抱えていて夢にまで見ていた
なのに万里は自分に対して逃げるなと怒ったわけで・・・

そりゃ怒る・・・香子が珍しく正しい・・・

この一件は香子が客観的に自分を見たうえで駄目駄目だと認識した上で
さらにずっと不安に思っていたけどもし過去の出来事を思い出して
万里が・・・とか万里に嫌われたら・・・と思って言い出せなかった事を
爆発させる切欠になって・・・そして万里に自分が逃げていた事を自覚して
香子のためにも向き合わないと・・・頑張らないとって思う切欠になっていて
結果的には・・・とてもよかったって風になってますね。

現実を見ずに理想を求めていた香子
過去を見ずに今だけを見てしまっていた万里

どっちも大学生としては・・・ちょっと駄目でしたからね・・・
なのでこの一件は2人の絆がより深くなるために必要な事だった気がします。

後日、香子は引きこもりをやめて外に出て花火大会のおまけんの集まりに参加
万里も一安心して・・・さらに万里は一度は切り捨てると言った過去と向き合うために
リンダに過去の自分の話を聞き・・・それによって故郷で開かれる同窓会に誘われる事になり
香子の勧めもあって参加って流れに・・・

ここら辺の流れは・・・とてもよかった・・・

万里香子と連絡取れなかった期間の寂しさや辛さを
自分自身がかつての友人達に味あわせているという事にも思い当たり
せめて元気であることは伝えないと・・・って思ったり
香子万里がどんな万里だったとしても・・・自分は受け入れて好きだと告白して
万里万里で・・・家に言った時に香子が今の彼女じゃなかったとしても
きっと好きだ・・・って認識していたし・・・愛が深まっている感じです

まぁ・・・うん・・・リンダがね・・・うん・・・

リンダについてだけはちょっと切ないですけどね・・・
それでも前向きになった万里の事も、事故で無事だった2人のことも
ちゃんと喜んでくれてたし・・・いい女だよね・・・まったく・・・

そして後半の同窓会・・・

なにこの・・・めっちゃ楽しそうなクラス・・・

なんていうかもうノリがいいって言うのか・・・
万里の事を気遣ってみんな名前つきのユニフォームを用意した上で
いきなり高校時代の決着を・・・とクラスを二つに割ってのドッヂボールとか
お前ら歳いくつだよって感じのノリでしたね・・・いいなぁ・・・

流石に記憶がない万里はちょっと浮き気味で周りも恐々って部分があったけど
根は変ってないみたいだからかすぐに打ち解けて・・・楽しそうにしていて
万里は自分が記憶を失ってからの不安・・・
みんなが求めているのは万里であって自分じゃない
みんなから拒絶されているんだ・・・って不安を払拭した上で
さらに今の自分も万里も・・・多田 万里を構成するものなんだって受け入れられて
前向きになれた感じ・・・

最近のリンダを切り捨てるだの事故だの・・・重い展開が続いていたので
今回は色々と・・・安心できる感じでした・・・
万里は自分が事故のときにギリギリで目覚めて車のブレーキを踏めたのは
記憶喪失直後の病院でのリンダとの出会いの夢を見たからで
その時の出会いがあったから・・・そして大学でのリンダとの出会いがあったから
自分は今ここにこうして生きていられて感謝していると・・・
リンダが今の自分にとっても必要で大切な存在であるとちゃんと伝えて
彼女が持っていたもう自分は迷惑なんじゃ・・・って不安を払拭できたみたいだし良かったのかな?

あいもかわらず・・・リンダ万里への想いを考えると切ないですけどね・・・
ただ・・・これで終わらないのがこのシリーズ

あれ・・・これは・・・”そういうこと”なのか?

万里が同窓会後に事故の現場の橋へ・・・だけど不思議な現象に巻き込まれ
バイクに引っ掛けられ橋から転落しそうな青年を助けようとする
だけどその青年は万里と同じ顔をしていて・・・

『置いていけ』

そういって落ちていった・・・
これは自分が呪ったせいで万里が死に掛けて・・・どうにか助かって
心から安堵していた万里の・・・
そして万里の過去をめぐり万里が自分が見ていなくても大丈夫だ
もういいのかも・・・って思いと疲れを感じていた万里との別れって事なのかな?

万里自身も彼が手を離して落ちていった時にひどい喪失感を味わっていたし・・・
でもこのせいで万里は過去の事故の記憶を見たことで記憶が戻り始めた?という疑念
さらにようやく受け入れた万里を喪失したショックでパニックに・・・

香子にちゃんと帰って来ると約束した事は理解しているのに
自分がどこに帰ればいいのかがわからない・・・って感じになって終了

えー・・・これ・・・どうなんの・・・


香子パパが厳格そうだったのに凄まじく愛らしいっていうか・・・
楽しそうなお父さんって感じで微妙な残念さがあったり

おまけんは相変わらず楽しいノリでよかったし

今回は他にも色々と面白いこととかあって楽しかったんだけどねぇ・・・
伏線としては

光央の上の空の原因・・・そしてリンダとの関係も気になるし
うーん・・・次回がなるべく早く出る事を願うしかない

それとこれも書いておかないと・・・

アニメ化 決定!

オー!?って感じでしたね・・・『とらドラ!』に続く2作目かな?
こういう風に買っている本がアニメ化だとやっぱり嬉しいですね。

円盤を買うべきか財布と相談する羽目になるのはキビシーですけどね・・・ハハハハハ

最後に一文。

香子のセリフ

万里の全てが好き・・・という香子に対して
万里は自分を丸ごと見失っちゃってるんだよね・・・と答えたら
香子がこのセリフ

これを読んだときに軽く感動した・・・
かつては光央が好きだとストーキングまがいの事を何年もし続け
万里と恋人同士になっても色々と理想を考えた上で空回りしていた彼女が
相手の全部を受け入れられるような恋をした。

これは・・・成長だよね・・・

「見失ってる万里も、万里だよ」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
ゴールデンタイム (6) この世のほかの思い出に (電撃文庫)ゴールデンタイム (6)
この世のほかの思い出に
(電撃文庫)

(2013/04/10)
竹宮ゆゆこ

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。