スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マグダラで眠れ Ⅲ

あらすじ

ついにカザンの町への入植を許されたクースラたち。
鍛冶屋組合の少女イリーネと共に、グルベッティの町を出る準備を始める。

しかしその最中、ウェランドが、“錬金術師ではない”という疑いを掛けられ、
入植団に加われない危機に陥ってしまう。

最初は放っておくしかないと思っていたクースラだが、

「仲間を大事にしたい」

というフェネシスの熱意に打たれ、ウェランドを助け出す決心をする。

そして、“自分たちが錬金術師であること”を証明する方法を探り始めるのだが、
これがなかなか難題で―?

眠らない錬金術師と白い修道女が贈る本格ファンタジー、シリーズ第3弾!

感想

マグダラで眠れの3巻

やっベー・・・これすげー落差をくらった・・・

今回の話は大きく分けて二つ・・・

最初の1つは前回の一件で最前線の町への入植に付いて行ける事になり
イリーネも工房で住まうようになり4人になったクースラ達だったけど
女好きのウェランドが手を出した貴族の娘が・・・どうしても離れたくないといって・・・

ウェランドに求婚

えー・・・って感じです・・・ただイリーネフェネシスからするとウェランド
女性に対しては誠実で優しいからこそ女性は惹かれるのであり
彼が相手にするのはどこか寂しさを抱えた女性だけらしい・・・
しかもそれを利用して・・・ではなく笑顔が見たいという理由らしく
前回の話でクースラ達に出し抜かれた相手が手を回して
ウェランド錬金術師である事を証明できないなら付いてはいかせないし
錬金術師じゃないなら別に相手が望んでるなら結婚もいいだろう・・・って事で
当初の目的を止められそうになるもウェランドは最後まで相手の女性を怒らなかったし
誠実に応えようとしていた・・・

あれ?こいつめっちゃ良いヤツなの!?

かなり乱暴で狂気的・・・って感じもあったけど最近の彼は金属大好きな
好青年って感じになってきてるな・・・なんか印象が凄く変った・・・

この事件ではクースラはお互いそうだったとしてもそうするだろうから・・・と
ウェランドを助ける気はなかったんだけどフェネシスが自分を錬金術による
キメラだと言って証明しようという・・・無茶を考えるまで思いつめちゃったので
クースラは仕方なくウェランドを助けることに・・・

めんどくせー・・・コイツめんどくせー

基本的に自分の『利子』を意味する名前の通り、目的のためなら手段を選ばない感じだけど
錬金術師の目的である『マグダラ』が彼の場合はフェネシスが必須であり
彼女のためなら・・・無茶もするわけだけど・・・それまでの過程が面倒くさい

まぁ今までそうやって生きてきたのにいきなり変えろと言われてもできないんだろうけど・・・
助けることにしてもフェネシスに自分を助けてくれたんだから他の人も助けてくれる
優しい人・・・とか思われると面倒だとイリーネに口止めして助ける手段を考え
ウェランドが自分で考え付いたように動いたという・・・

マジめんどくせー

まぁでもウェランドは無事に錬金術師と証明できて助かり
最前線の町カザンへ向かうことになり後半に続くんですが・・・
この照明方法はちょっとアレでしたけどね・・・熱した水銀を死んだ鶏に飲ませて
沸騰して爆発する水銀が体内で破裂することで死体が暴れまわるってのを
異教徒を驚かせる錬金術による一時的な死者蘇生ってお触れで売り込んだんですが・・・
やっぱりというか・・・うん錬金術だよね・・・ちょい残酷

そして後半はカザンの町へ向かう途中に『黄金の羊』を追い続けている流浪の民
を軍費を得るために金を探している山師の偽装では?という疑いの調査を請負い
クースラフェネシスの2人で別行動でそっちの調査へ

この時点でフェネシスは前述の理由でクースラと口も聞かず
距離を置いていたんですが・・・

それも全て・・・罠だったとは・・・(・∀・)ニヤニヤ

こっちは基本的にフェネシスが自分も元は流浪の民だった事もあり
彼らと仲良くなり、クースラも監視しながら特に疑う部分もないからと
杞憂だったという結論で終わりにしようとしたけど・・・フェネシスのちょっとした行動で
疑いが真実である事に気づき・・・悩む事に

やっぱめんどくせー・・・でも(・∀・)ニヤニヤ

この仕事を成功させ報告すればクースラ達は入植の指揮をしてる相手に気にいられ
より早く町に入って教会が異端だと封印したり抹消してしまったりする前に
色々な知識を得られる可能性がある・・・だけど・・・

フェネシスに完全に嫌われる

っていうのが悩みどころ。
ウェランドの一件を黙っていたから嫌われて怒られてる・・・
さらに彼女と同じ流浪の民を突き出すような事をしたら完全に心が離れる

だけど錬金術師として利益を考えるならここは悩む場面じゃない
フェネシスの代えは聞くんだから・・・

結果・・・黙ってました(・∀・)ニヤニヤ

オイオイ・・・って感じです・・・しかも言い訳としてちゃんと利益があった。
彼らの秘密を話さない代わりに彼らが所持している金を一部貰い
この秘密についても今後何かに使える可能性がある
だから俺はいつもと同じ判断をしたし間違えてない・・・

(・∀・)ニヤニヤ

あーそうですか・・・ってレベルです・・・素直じゃなさすぎです

こいつこそがツンデレか!?

って感じです・・・そして止め・・・

フェネシスは全部知ってた *Дノ)

ウェランドを助けたのが実はクースラだったことはイリーネから聞いていた
そしてイリーネからクースラが自分に厳しいけど根は優しい上に
フェネシスを失う可能性があるのであれば・・・彼女の存在と引き換えであるなら
道理や利益を捨ててでも流浪の民を助けてくれると助言を受けていて
だからこそわざと距離を置いているふりをしたり、流浪の民と仲のいいところを見せて
彼に自分の元を離れてしまうのでは・・・という不安を抱かせていた

女は怖ぇぇぇ・・・でも可愛いー

『したたかになれ・本音を晒すな』というクースラからの錬金術師の教えを
まさに実行したって事ですね・・・クースラもあっけに取られてました・・・
ってか読んでいてニヤニヤが止まらんかった・・・

クースラも自分が教えた事を実行したフェネシスを怒る事も出来ず
素直に褒める事も出来ず・・・完全にしてやられてますね・・・
まぁはぐれた時とかにお金に困らないようにとエメラルドのペンダントを渡して
困ったら売れとか言っておいたりと彼女に関してのクースラの態度は
傍から見たら特別ですからね・・・それほど彼にとっては1巻で彼女が気づかせてくれた事は
大きくて、彼女自身の存在も大きくなっている感じですね。

最後はクースラフェネシスウェランドイリーネで卓を囲んで
楽しそうな感じで・・・いい感じだったんですけどね・・・

異教徒の女王が改宗・・・戦争終了

これが最後にクースラ達に知らされた事・・・カザンの町が異教徒の町でなくなるなら
攻め入る大義名分はなくなり・・・そして前の町を捨て、新天地を目指す一団である彼らは
帰る場所もなければ・・・行く先もなくたったわけで・・・・・・

え?どうすんの?

という・・・うわぁーこいつら・・・ニヤニヤだったのが
一気に叩き落された所で終了

いや・・・まじで直前までニヤニヤしながら読んでいたのに
その部分まで来たら

(゚△゚;)え?

ってそれまでの気分が凍った・・・なんとも・・・続きが気になる終わり方
これはねーよ・・・生殺しだよ・・・

有能なイリーネが加わって最初は自分の立場が・・・って感じで
色々落ち込んでいたけど旅の準備は当たり前だけど彼女のほうが詳しくて
実際に話してみたらすぐに仲良くなっていい感じだったし
イリーネフェネシスの秘密の事を聞いても受け入れてた
4人の関係もいい感じになっていたのでよかったのに・・・
これマジでどうするんだろうか・・・

最後に一文。

フェネシスのセリフ

こんなセリフを困ったような笑顔で言われたらクリティカルだよね・・・
自分にいつも厳しくてからかったりしてくるのに・・・
本当に大事な部分では必ず助けてくれる・・・なのにそれを認めようとしない
確かにクースラはずるいですね・・・

「あなたはやっぱり、ずるいです」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
マグダラで眠れ (3) (電撃文庫)マグダラで眠れ (3)
(電撃文庫)

(2013/04/10)
支倉凍砂

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。