スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BIG-4 5. ぼくの名前は山田。気づいたら四天王が好きになっていました。

あらすじ

六六六万の魔族の頂点に君臨する魔王軍最高戦力―四天王。

四天王選手権を制し、名実ともに『魔公四天王』となり
念願の魔王との邂逅を果たした山田はあっさりと四天王をクビになった。

三日後に元の世界へ帰れと言われるもアディ、ユキ、イグナレスの三人は
何とか山田を残留させるため、魔王を説得する会議を開くことになるのだが・・・。

大喜利したり、デートしたり、ゲームしたりと予想を裏切らない、いつも通りの展開に!?

果たしてどうなる残念系日常ファンタジー!?

感想

BIG-4の5巻

表紙は『魔公四天王(BIG-4)』揃い踏み・・・って事で・・・

最終巻です!

これは・・・残念・・・マジ残念・・・
毎回のノリツッコミとか楽しくて好きだったので・・・

さて・・・今回はついに

魔王、登場・・・ってヒッキーだと!?

凄い予想外・・・でもないのか・・・?
ただ設定そのものは色々と予想外のものでしたね・・・

魔王を倒そうとしていたスズメ・・・本名は天御美空豊秋(あめのみそら とよあき)
というらしくその正体は神や魔王などの不老不死の超越的存在が
死を望んだときにその望みを叶えるために働く死神の死神

重いよ!?何気に・・・重いよ!?

って事でどうやら山田への依頼も大元は魔王が死を望んだ事で
彼を殺すためにその妹である雫に殺させるために復活させるためだったもよう

回りくどいよ!?

なんだろう・・・凄く・・・面倒くさいシステムだよね・・・
いや、まぁそう簡単に死ねない存在だからこそ死を望む事があるわけで
山田も納得していたように需要はあるのかもしれないですね

そんなわけで・・・基本流されるままに死んだように生きていた山田
それにうってつけだったわけですが、なぜか四天王に馴染んだ挙句に
魔族と人間は共存できんじゃね?というなんか凄い事を考え始めちゃったんで

クビ

になる事に・・・世知辛い・・・なんて世知辛い

ってヾ(・ω・;)ォィォィ

最終巻で四天王クビとかどうなんの・・・ってか魔王死んだら魔族全滅するから
魔王は封印されるのが仕事で基本引き子守りとかさらっと流してたけど
そっちはいいの!?

まぁというわけで今回は山田のクビが決まり残りの三人が
アディユキイグナレスがその残留のために一緒に話し合い行動していくというパターン
ちなみに自分が人間であり、魔族を滅ぼすって目的で・・・って秘密を山田は話したけど
もはやそこらへんは3人にとって些細な事だったみたい・・・というか・・・

バレてた・・・だと!?

まぁ能力値的には凄いからね・・・冷静に考えればそうだよね・・・山田弱すぎだし・・・
でもだからこそ素の山田と付き合った上で仲間だと認めていたみたいだし
他の魔族もなんとなく気づきつつも慕われていたみたいだし・・・
なんだかんだいって凄いぞ・・・山田・・・

ってかマジで凄くね?

そもそもが魔族しかいない世界に放り込まれて普通にやってこれちゃった時点で
こいつどっかおかしいよね!?ツッコミとかできるような環境じゃないよね?
さすが勇者の兄・・・そう考えるとある意味凄まじいな・・・

そしてここから3人が考えた山田残留作戦を1つずつ試していく事になり・・・
会議はまともに進まない・・・

だよねー

まともに会議とか進んで結果出た事ないもんね・・・
っていうかこのグダグダ会議とノリツッコミこそがこの作品の醍醐味だもんね・・・
スパっと妙案がとかあるわけないよね・・・ましてやこの戦闘能力以外は
とことん残念な四天王(山田は戦闘能力もアレだけど)だからね・・・

そして↓がそれぞれの意見と顛末

① 恋をすれば自殺願望も吹き飛ぶ by アディ

まず自分は妖婦だ・・・とか言ってるけど実は純情娘だと
すでにバレバレなアディが企画した時点でなんか駄目駄目

ってかそれ山田とのフラグだよ!?

って感じでユキ山田に告白した事が思い起こされドギマギ
さらに実は彼氏とかできた事ないし、
昨今のラブコメ(イグナレスが持ってきてToLoveるダークネス)を知り
自分には無理となったけど・・・それを山田に言ったらそんなアディも可愛いとない

アディ、山田に告白

チョロい!?もしかして四天王女性陣ってチョロい!?

どうやらありのままの自分を認めてくれ、さらに怖がらず
くだらない意見も最後まで聞いてくれるって所が大きいらしいけど・・・
山田・・・本当に魔界では大人気だな・・・オイ・・・
生まれる世界間違えたか・・・こいつ・・・

ユキは恋の話題がでたのをいい事に、魔王を自分と山田の結婚式に招待して
そこで新しい出会いを・・・とか画策してたし・・・マジだこいつら・・・

ちなみに返事のほうはとりあえず保留

さすが山田だ!?

ってかお互い恋敵って事で下手するととんでもない事になる
アディユキなので・・・まじ命がけで選ばないと駄目だよねこれ・・・

② 旅行をしてすばらしい景色を見れば・・・ by ユキ

ユキがまともな意見を!?

と戦慄を持って迎え入れられた提案・・・どうせ・・・と思っていたら
案の定、自作ゲームである『ヴォルフレカクエスト』がでてきたんだけど
なんとさらにすごい事に・・・ゲームの中に入れるハードを開発していて
好きなゲーム内の景色を見ることができるという・・・とんでもない事に。

なんだ・・・普通に天才か!?

となったけどまぁ・・・そんなわけないよね・・・
そのシステムは凄まじいし・・・みんな大絶賛だったけど
ユキの新作ゲームの体験版をクリアしないとゲーム内からでられない
しかも1回入るごとにクリアしなきゃ駄目という・・・最悪な仕様
しかも1回クリアに25時間・・・

お前ら山田を助ける気、なくね!?

ちなみにこのゲーム・・・思いっきり『ドラ○エⅣ』だよね・・・
ってかこの話ではラストって事でコレでも勝手くらいゲーム名が連呼されてた・・・
懐かしいものばっかりだったけどな・・・そういえばこの作者って同い年だ!?

そりゃ思い出の作品がかぶるの当然だわ・・・

③ まず自殺願望の理由を調査しよう by イグナレス

普通だ!?でも、まともだ!?

っていうか普通はこれが最初だよね・・・さすが四天王・・・

ちなみにこれもまたグダグダな結果に・・・

魔王の部屋の前に控えるメイドに話を聞くために
そのメイド・・・何回か登場しているキメコだったんですけどね・・・
化粧をするとキメラに・・・スッピンだと銀髪の美少女になるらしい・・・

なに!?その無駄な設定・・・

とデートする事になりイグナレスが密かにアドバイスしつつ
デートになったんですが・・・それ自体はうまくいった。
途中からイグナレスも加わって、あれ?って感じだったけど
キメコは2人の自然な友情の姿が好きで・・・色々と話をしてくれる事になり
成功って感じだったんですけどね・・・

配置2日目のメイドに聞いても・・・わかるわけないよね・・・

駄目じゃん・・・orz


イグナレスに関しては女性化とかあったけど完全に男性としての友情って
形で落ち着いた感じでいい話ではあったんだけど・・・それでもね・・・結果が・・・
まぁこれこそこの作品って感じですけどね。

④ 神的存在と交渉、4回ほど死に掛けて情報GET by ベラ

という訳で絶望的だったんですがマジになった魔軍司令官ベラドランナ
魔王以外で唯一の『魔公四天王(BIG-4)』より上の存在

いつもはだらだらして仕事しないこの人だけど今回は部下のためにと
マジで動き・・・情報を集めてくれた模様

あれ?この人だけいればよくね?

『魔公四天王(BIG-4)』必要だよね・・・ほら面白いし・・・強いし・・・うん・・・

そして意外な事が判明するわけですが・・・

魔王=人間(日本人)

不老不死とか言って実はまだ70年ほどしか経っておらず、前の魔王から
部屋にずっと引篭もって好きな事をしてるだけでいいからとスカウトされて
魔王の任についた戦前くらいの日本人だったみたい・・・

魔王=究極のニート

って事でもあったらしくて・・・まさに彼にとっては天職だったみたい。
まぁ考えたらそれこそが仕事だからニートじゃないのか・・・
でも行動だけ見るとニート・・・うーん・・・

ただそれでも今の魔王は死にたいと願っていて・・・理由は自分でもわからない

ここからが・・・BIG-4の真価だ!

という事で山田が自分に似たことがある魔王と自分を比べて
充実して楽しい今の自分と魔王の違いに気づき・・・勇者である妹・雫も巻き込みゲーム大会

必要なのは仲間・・・そして友達だ!

あー・・・納得・・・って感じですね・・・
私も基本的に一人でいる事が好きで読書中とかは周りに家族といえど
近づいてほしくないし、休日は一人でごろごろが至高だ・・・と思っていますけど
それでも・・・友人と集まってのゲームのマルチプレイや対戦の楽しさは
他とは代えようのない楽しさがありますよね・・・

なんなんでしょうね・・・あの無駄にテンション上がるあれ・・・
この作中でもそうでしたけど格ゲーとかいつのまにか声だしてますからね・・・
叫び声とか・・・あれなんでだろう・・・

魔王に必要だったのはまさにこれで・・・みんなと遊んでいるうちに熱中
山田を人間界に送還する事も忘れ、次の日も勝負だと宣言
こんなの楽しかったのは初めてだし、山田に勝負で負けたのも悔しいからと・・・
これにて・・・一件落着

じゃないだと・・・ってかやっぱりグダグダか!?

最後は無事『魔公四天王(BIG-4)』としてやっていける・・・と思っていた山田の元に

真面目モードのベラ

意外と気合で外に出れた魔王 Σ⊂( ̄□ ̄~j

なぜか行動をともにしてる勇者 Σ⊂( ̄□ ̄~j

神殺屋クビになった豊秋 Σ⊂( ̄□ ̄~j

が現れて魔族って別に人間嫌いじゃないし、そもそも魔王が人間だし
共存を考えて山田達に人間界でのアイドル活動を命令・・・

駄目だこいつら!?早く何とかしないと!?

といった感じで・・・本当に最後なのにいつも通りの感じで終わりましたね・・・
グダグダなのに・・・みんな楽しそうな魔王城・・・これこそがこの作品の醍醐味ですからね
まじでよかった・・・

やっぱりもうちょっと長く読んでいたかったかも・・・残念
何気にこの作者さんの作品は全部持ってるんですが・・・なかなか続かんなぁ・・・
『七人の武器屋』とか好きだったんだけどなぁ・・・

とりあえず次回作に期待ですかね。

最後に一文。

魔王アディ達のセリフ

魔王を相手にその腹心でもある『魔公四天王(BIG-4)』が戦いを挑む
字面だけみると・・・何があったんだろうってなるシチュエーションです

ただしこれ・・・ストⅡでの勝負です・・・それでいいのか・・・魔王軍上層部・・・

あまりにもノリノリなんで思わず笑ってしまったのでこのセリフで

「いいだろう・・・こい、四天王。
 主として、お前らに稽古をつけてやる」


「「「よろしくお願いします!」」」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
BIG‐4    5.ぼくの名前は山田。気づいたら四天王が好きになっていました。 (富士見ファンタジア文庫)BIG‐4
5.ぼくの名前は山田。
気づいたら四天王が
好きになっていました。
(富士見ファンタジア文庫)

(2013/04/20)
大楽 絢太

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。