スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IS〈インフィニット・ストラトス) 8

あらすじ

「だっ・・・・・・大好き・・・・・・!」

対IS用IS『ゴーレムⅢ』による襲撃事件後に一夏へ告白した簪。
箒たち女子は告白に対する一夏の反応が気になって仕方がない。

一方、事件のダメージがまだ癒えぬIS学園では、
それぞれの専用機がメンテナンスを余儀なくされ、
一夏は『白式』と共にその開発元である倉持技研に向かう・・・。

再び学園に忍び寄る黒い陰謀。

黒鍵とは?

ワールド・パージとは?

そしてヒロインたちの一夏への想いはいよいよ高まっていく!
新たなステージを疾走するハイスピード学園バトルラブコメ、待望の第8弾、満を持して登場!

感想

IS〈インフィニット・ストラトス)の8巻
表紙は満を持しての千冬

なんか色々あったみたいで続きがでるのか・・・?
と戦々恐々していたんですが無事刊行しました

レーベル&イラスト変っとるがな!?

とか・・・うん・・・気にしない方向で・・・
感想は短めでいきます。

さて・・・前回は7巻にしてさらに新ヒロインである更識 が増え
いつものごとく落とした一夏・・・彼女がついつい流れで一夏
『好きだ』と言ってしまったことから今回の最初はちょっと荒れて・・・

荒れて・・・ないよねー

うん・・・まぁ典型的なラノベ主人公である一夏は話の流れの事もあって
直前に渡されたアニメの事だと勘違いしていたし、
ヒロイン5人衆も話を聞いた上で彼女の態度からライバルだと認識し
仲良くなりました・・・

うん?不思議だよねコレ・・・

これはあれなのかな・・・あまりにも鈍い想い人を持ってしまって
お互い苦労するよね・・・的な?
とりあえずヒロイン達の仲は一夏が誰か一人を選ばない限りは安泰そう・・・

ちなみに久々に読んだ一夏なんですが・・・

bakuhatu.png

まず今回の彼がやった事は身体測定の測定係

こいつ以外に女の子しかいないのに・・・

しかもみんな下着姿なので目をつぶって・・・とやったら『ふにゅん』・・・

bakuhatu.png

っていうか女の子がノリノリなのがなんともね・・・

そして今回の話では学園が謎の敵に襲われ・・・前回の襲撃のせいでみんな
まともにISを使えない状況でありついに千冬が出陣

ただし刀&生身で

という事に・・・え?それ無理じゃね?って思ったんですけどIS装備した襲撃者の隊長と
対等に渡り合い、さらにうまく相手を誘導して動きを止めたところで
そこには真耶IS『クアッド・ファランクス』を・・・動けない代わりに
最強の攻撃力を持つ『砲台』の役割をするそれが待機していて一斉放射・・・鬼です

っていうかカラーイラストのこのシーンの真耶が思いっきり笑顔・・・

怖いぞ・・・IS学園教師陣

その一方でヒロイン5人はISのコアを通じて電脳世界にダイブ
学園のシステムに影響を与えているデータの消去を任されたんだけど・・・全滅

全滅っていうか・・・思いっきりトラップにはまってしまいそれぞれの望む
願望が実現する世界に取り込まれてしまうことに・・・

わー・・・この娘らみんなムッツリや・・・

って事でそれぞれの世界で全員が一夏といい感じの関係になっていて
なんかとても・・・色々ときわどいところまでいっちゃってますね・・・

そこに『白式』の調整に行っていた一夏が呼びかけを・・・
おそらく『白式』からの呼びかけを受けて危機を察知して戻ってきて
それぞれの世界に入って救う事になったんですが・・・

鈴は偽一夏が脱がせたパンツを履かせてあげることになり

セシリアは偽一夏が風呂で彼女に・・・ってところで突入。全裸目撃

シャルロットとは事に及ぼうとしたときに助けたので下着姿

ラウラはすでに新婚生活してラブラブしてたところを救出

最後は箒を・・・一夏と道場を切り盛りしていた所をラッキースケベで救出


という事に・・・サポートをしていたは不機嫌になるよね・・・そりゃ・・・
だけはずっと違和感を持ってたみたいだし、一番貞操観念が硬かったから
かなり穏やかな感じでしたけどね・・・他は一線を越えようって願望が・・・

えっちぃぞ・・・お前らえっちぃぞ・・・

ただ鈍い一夏も今回の一件でそれぞれを女の子として意識するようになったし
積極的なことは悪い事じゃないのかもしれないね・・・

bakuhatu.png

って一夏への思いはますます大きくなったけどねコンチクショウ
何気に一夏が精神世界でみたのは黒髪の女性だったわけで・・・
やっぱりか・・・って感じだったけどね。

専用機持ちで唯一出撃可能だった楯無は密かに侵入した隊長以外を制圧したけど
一瞬の隙をつかれて撃たれて怪我を負い連れ去られそうになったけど
そのタイミングで一夏は帰ってきたわけで・・・そういう意味で徐々に育っていた
彼女のフラグも強化しましたけどね・・・
病室では楯無から更識家の当主として受け継いだ名前ではなく彼女の本名
『刀奈』という名前を聞いて・・・完全に落とした感じ

これあれじゃね・・・?
家族と伴侶以外には教えちゃ駄目とかそういう展開なんじゃ・・・

それで今回の襲撃事件は終了

ちなみに襲撃を仕掛けてきた敵の隊長は拘せずに自分を解放した
千冬のどうどうとした態度にハートを打ち抜かれたらしく、最後に自分に繋がる
秘匿通信回線のコードを教えて去っていったってオチもあって・・・

姉よお前もか!?

って感じでしたけどね・・・この姉弟・・・まじパネェ

そして今回の話で気になった伏線・・・

と接触した何度も一夏達と戦った『亡国機業』
は彼らにまったくといって興味を持たず、脅迫すら一蹴
だけど唯一・・・千冬と同じ顔を持ち彼女を『ねえさん』と呼ぶマドカ
彼女の素顔を見て一転興味を持ち・・・名前も知っていたみたい

だからなのか彼女のための専用機なら作ってもいいと言い出し
なんか・・・面倒くさい事になりそうな感じ。

まぁ実は対して興味なくて一夏に対する当て馬や
千冬を再起させるための手段って割り切ってる可能性もある辺りが
の怖いところなんですけどね・・・さてこの人・・・どう動くのか・・・

他にも今回の襲撃者が・・・米国の部隊が考えていた『計画』についてや
『白式』が作られた『倉持技研』の所長、
篝火 ヒカリノが口にしていた『次世代型量産機計画』なども気になるところ

電脳世界への侵入者・・・と行動を共にしているらしいクロエ・クロニクル
に対しての精神干渉が不安定である事を不思議に思っていたから
そこらへんの謎もあるし・・・まだどれだけの謎が隠されているのかな?

このクロエにしても生体同期型IS「黒鍵」の所有者であり
千冬ラウラを彼女の妹と言っていたから・・・
同じ遺伝子強化試験体として生み出された試験管ベビーなのかな?
クロエラウラ『完成型のラウラ・ボーデヴィッヒ』と言っていたし
うーん・・・世界の至る所で謎があるな・・・この世界

千冬が今回こそISに乗って出撃するのか・・・と思ったけど結局生身で出撃
それでもオイオイってレベルの強さだったけど決定打に欠ける感じだったけど
彼女のISである『暮桜』は学園の地下で石像になり凍結状態
あるISとの死闘の末に千冬を守るためにシステムを凍結したらしいけど
今はそれを強制解除するプログラムをから渡されているみたいで
これを使うときが決戦だと予感していたから・・・彼女の本気が見れるのは
最後の最後って事になりそうかな?

ISの技術をほとんど洩らさず、各国が独自に彼女より数世代遅れで
開発を続けているけど徐々にきな臭い流れも生まれてきていて
国連が災害救助用として開発してる外骨格攻性機動装甲『EOS(イオス)』とか
でてきて一夏達がその試験運用を試すシーンがあったし
いつか一気に爆発しそうな予感がして怖いよね・・・これ・・・

9巻はドタバタラブコメでふっわふわの話を書くってあとがきで作者さんは言ってるけど
この状況下で・・・それを差し込むのか・・・まぁ何かが起こるにしても明らかに
まだ準備が必要な段階だもんね・・・量産計画とかそんなパッとできあがるもんじゃないし
それを考えたらそういう話が間に入るのは普通なのかな?

あ、それと最後にこれも書いておこうかと・・・

アニメ IS2 製作決定!

よかった・・・こっちも続きがやるようですね・・・
とにかくシリーズ再始動って事でよかったよかった

最後に一文。

のセリフ

なんていうか・・・

( ̄⊿ ̄)え?なんだって?

って読んでて思った・・・そんなセリフ

は天才すぎて他の人にまったく興味なくまともに認識できるのが
千冬一夏の3人(クロエもそうかな?)であり両親ですらかろうじて識別できる程度
他はまったく興味ないって感じだったけど
それは頭脳が突き抜けすぎていて人と相容れないのかな・・・って思っていて
身体的に突き抜けている千冬とだからこそ友人同士に・・・って思ってたんですけど
どうやら彼女の存在はあらゆる意味で『特別』って事みたい
確かにここまで突き抜けてたら・・・あわせるのは難しいわな・・・

ついてこれるのは千冬だけって言ってたけどさ・・・
襲ってくるISの銃身に乗った挙句に相手が次の行動を起こす前に解体しちゃうって
なんぞそれ・・・ってかISでも勝てない身体能力って何ぞ?
っていうか一番謎なのはそれと渡り合えちゃう千冬は何なの?

そういう疑問が満載の一言だったのでコレ・・・

「肉体も、細胞単位でオーバースペックなんだよ」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
IS〈インフィニット・ストラトス〉 8 (オーバーラップ文庫)IS〈インフィニット・ストラトス〉 8
(オーバーラップ文庫)

(2013/04/24)
弓弦イズル

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

たてなしちゃんのパンツで
リアルオンエアーで視ていない
(深夜だからあまり見られない)
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/03│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。