スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OP-TICKET GAME

あらすじ

願いが叶うチケットがあるという。
それは学校伝統のチケットで、使用者の願いを叶えるのだ。
そのチケットを手にすることができるのは男子に限られ、
そして願いを叶えるのは同級生の女の子だという。

その名は―おっぱいチケット。・・・伝説は本当に存在する。

「裏切らない、おっぱいは裏切らない」

「失敗して灰色の生活を送るのは嫌だ」

「出し抜こうと動いている人間がいる」

―揉むか揉まれるか。
“夢と希望”、そして“絶望”が表裏一体となった伝説のゲームが幕を開ける!

『扉の外』『アトリウムの恋人』の土橋真二郎が贈る、最新“ゲーム”小説。

感想

いつもゲーム小説を書いてる作者さんの新作

もちろんゲーム小説なんですが・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

nanigaattano!?

ナニガアッタノ!?


何があったの!?

そんな内容になってます・・・だってほら・・・

OP-TICKET = おっぱいチケット

って時点でね・・・

ぶっ飛びすぎだよ!?

この作品は一言で言うならなぜか学園伝統らしい1年男子に配られる
『OP-TICKET』書いてあるクラスメイト女子の名前のおっぱいを揉めるって事で
1枚では効果がなく10枚ずつ存在する同じ名前のチケットをコンプリートするために
男子生徒達が本気で収集に挑みトレードをするためにゲームを繰り広げるドタバタ劇

どんな状況だ!?

って感じです・・・ってマジどんな状況だ!?
普通こんな怪しいものが配られて、現生徒会長の破天荒な美少女生徒会長である千種
それを確約して今までの成功者たる上級生も証言したからと言って
マジで集めようとなんていくら高校生男子だったとしても・・・・・・・・・

あー・・・うん・・・やるね!!

ちゃんと同意の上って説明されてるし・・・やるな!
いやだって・・・

男だし!

あーうん・・・冷静に考えると最低だしバカだな・・・って思うんだけどさ・・・
自分が高校生だったときとか考えると・・・そういう冷静な判断よりも
そっちを優先しちゃう気がめっちゃする・・・
自分も男だが・・・仕方ないんだ・・・

男子ってのは基本バカなんだよ!

スカしてるやつがいても実はムッツリなんだよ・・・きっとそうなんだよ・・・

そしてこのチケットをめぐって繰り広げられるゲームの数々・・・

① トレード

最初はこれ・・・まぁ妥当
しかもクラスで一クラス内に彼女がいる『師匠』と呼ばれる生徒に
全員がその彼女のチケットを集めて実際に揉めるのかを確かめてからだったので結構白熱

主人公である相葉は出遅れた感じだったが友人の内田と協力することで
広く浅くチケットを収拾することに・・・

俺が揉むのはいい!

でも知り合いの女の子が揉まれるのは嫌だ!

っていう思考の元に徐々に消極的になっていって停滞しちゃったけどね・・・
あーうん・・・わからなくもないけどね・・・バカだ!?

最終的にみんなそれを認めて・・・協力によるトレードは終了・・・
舞台は協力から・・・戦いへ・・・

② エクストリームスカートめくり

ば・・・バカだ!!!

やばすぎる・・・っていうかこの企画を始めた生徒会長である千種は破天荒すぎる・・・
トレードではどうにもならなくなったし・・・って事で勝負でチケットを奪い合うことにして
彼女はこれを企画したみたいだけど・・・

今度はパンツか!?ってか放課後みんなで!?

チケットのことは隠しつつ・・・女子も巻き込んでのゲームになったこれ
千種・・・いくら生徒会長で担任が男に振られて登校拒否してるから担任代理になったとしても
これは無理があるよ・・・っていうかそういえばこの人・・・優秀だから教師からの信頼も厚く
その上で・・・嫌味な教師やセクハラをする人間の弱みを握って潰したりしてる
学園の裏の支配者みたいな設定だったな・・・

でも無理だよね!?普通・・・なぜ納得した!?

一応、主人公の本命であるが彼女に反対をしたけど
凄い正論っぽい暴論で納得させら手・・・ゲームスタート・・・

① 生徒会が用意した破れやすくて軽いスカートを着用
② 男女ペアでの勝負
③ 相手ペア女子のパンツの色を当てたら勝ち
④ ゲーム開始時にペアは手錠でお互いを繋ぐ


裏ルール① 勝者男子は敗者男子のチケット半分or好きな相手のチケット1枚を奪う

ちなみに相葉・・・スカートをどうやってめくるのかを実演させられ
幼なじみのまどかのスカートをうちわで必死にめくろうとした結果
ペア相手であり本命でもあるの好感度がだだ下がりだったのは笑った

あたりめーだよ!

しかも警戒されて手錠をつけないと失格といわれたのに嫌がられたのを
タックルして押し倒して手錠を・・・

おまわりさん、早く・・・コイツです!

そして当然のごとく・・・との関係は・・・

良好になりました。\(゚ロ゚ )ナンデヤネン!

あれ?なんで・・・が小学校の頃はスカートをめくられ
中学ではものをとられ・・・高校ではそういう事もなくなって
相葉が普通に話しかけてくれたのが嬉しかったって話になったけど
実際のところ、相葉に惚れているからだし
男子にそういう事をされてきたのも彼女が魅力的だから
そしてこのゲームで集中して狙われたのは彼がチケットを大量に保有してるから
だけど彼がちょっとしたイザコザで狙われているって説明を聞いた
それはフェアじゃないとしてこのゲームに協力的に・・・

あれ?この娘もなんかダメな娘なんじゃ・・・

しかもこのゲーム中に・・・なんかを含めてまどか
小学校から一緒のマリともフラグが立っていた感じ・・・

まて・・・これスカートめくりだぞ?

なんだこれ・・・カオス過ぎる・・・っていうか俺のお腹がよじれそうだ・・・
読んでるときも酷かったけど読み返しつつ感想を書いてるせいで
なんか定期的に笑いが・・・これは・・・やばい・・・

ちなみに内田相葉を裏切ってクラスで一番胸の大きい女の子のチケットをコンプ
でものチケットも1枚だけ確保して相葉のために保管していたので友情復活

それでいいのかお前ら・・・

③ パンチラ軍人将棋

もはや・・・ツッコミはしまい・・・

って無理だよ!?ここで軍人将棋って!?

もはや・・・この本はなんか別時空にぶっ飛んでる気がするぜ・・・

ちなみにルールは軍人将棋の駒の代わりを女生徒のパンツがはたす・・・
つまり裏返るまでわからない駒の代わりがスカートをめくるまでわからないパンツに
対応するという単純な・・・

\(゚ロ゚ )ナンデヤネン!

なんだろ・・・なんか徐々に作者の精神が心配になってきた・・・
しかもこのの勝負は狙いでまだ諦めていない相葉佐々木という生徒の一騎打ち

お互い9名の女子を誘導して相手の陣地を奪ったほうが勝ちで
移動時にかち合った場合はお互いにパンツを見せて・・・どっちが強いかを
千種が判断して勝敗を決めるという・・・とんでもないもの

ってだから何で女子は参加すんの!?

あれか?みんな実は痴女なのか?っていか実はノリノリなのか?
っていうかそこはかとなく女の子からの好意が相葉に向いている感じがあるのは
気のせいなのか?おかしくね?

っていうかやべぇ・・・笑いすぎたかも・・・咽た・・・
だってこの勝負で相葉はパンツの強さを千種がどうやって判断しているのか・・・
とか真剣に悩んでるわけで・・・これ変態の思考だよね?
なのにキャラ達は結構真剣なわけで・・・ぶっ飛びすぎです。

最終的に相葉が勝利・・・どうやら見せるパンツに対しての
相葉達の情熱のようなもので勝敗を決めていたみたい・・・

おまわりさん・・・こいつら全員捕まえましょう

ただ相葉はこれで残りのチケットを全てゲット
もまれていない女子全員を揉めることになったんだけど・・・コンプリートできず
なぜかどの娘も9枚止まり・・・分配されるはずだった友人達も絶望し
喧嘩状態に・・・

え?なんぞこれ・・・

最終的に相葉が『おっぱいチケット』なんて幻想だ・・・呪いだと全て破り捨てて
男子による不毛な戦いは終了したけど・・・実は意外な真相が・・・

10枚目は女の子が所持

これはなんとなくそうなんじゃないかな・・・って思ってはいたんですが
最初からみんな事情を知っていたのではなく、9枚集めた人間がいたら
その女子に伝えられ10枚目を渡すかどうかは女子側に選択権がある
というものだったみたい。

つまり色々と頑張って自分への告白券をゲットした男子におっぱいを・・・
という選択肢を与えるかどうかは女子側が持っていた

なるほど・・・だからカップル率高いのね・・・

このゲームはこの学校の伝統らしく、コンプリートした場合
相手と恋人同士になる事が多いって事らしいけど・・・納得です。
最初から告白を補助するようなシステムになってるわけですから・・・
女子側が好きじゃなければ断れるから揉まれる事はないわけだし・・・

でも最初から事情を知っていたわけじゃないのにゲームに参加してた女子達・・・
やっぱりちょっとおかしいぞ・・・おい・・・

相葉のコンプリートは15人の女性に伝えられたけど、チケットを破った後だったので
無効・・・でも誰も来てくれなかったし・・・って感じだったけど最後に
一生懸命頑張っていた相葉は格好よかったとチケットを渡して・・・

結果オーライ・・・なのか?

フラグがたったって事なんだろうか・・・
相葉はここでなんていうか・・・実はのチケットだけは破かず持っていたので
コンプリートになったわけなんですが・・・風に飛ばされあたふたしたところで終了

幼なじみであるまどかはゲーム中に彼女のパンツが他の人に見られないようにと
一生懸命庇ったりしたせいかフラグが強化されていたし、
内田がコンプリートしたけど応えなかったマリは態度や言動を見ている限り
明らかに相葉に特別な想いを抱いている感じだし・・・
なにせ彼女は内田のそれを断った時点で存在を知っていて相葉に協力してたわけだし。

なんだろこいつ・・・爆発しろ!

さて・・・ここまで書いてきたようにぶっ飛んでいて楽しくて
あまりにも馬鹿馬鹿しい感じの内容になっているんですが
そういう部分にフィルターをして冷静に読み返してみるとこれはこれでまさに

土橋 真二郎さんのゲーム小説!

になってるんですよね・・・
理性では最善や常識を理解しているのに個人の欲望が勝ってしまい
それによってゲームに引き込まれていくことになり
その過程で主人公が自分の考えや行動に悩みつつ・・・
女の子の仲もなぜか進んでいくという・・・いつものこの作者さんらしい感じになっていて
あー・・・やっぱりこの人の作品なんだな・・・って感じにまとまってる
なんとも面白い感じになってます。

他の作品にちょっとずつある主人公と女性キャラの絡みにおいても
妙にマニアックだったりオイオイってバカっぽい所もありつつも
状況の異常さやゲームにかかっているものがリアルに重いせいもあって
そんなに笑って見ていられるような物じゃなかったものが
今回は逆でそっちがメインでありその中で苦悩があるって感じ

客観的に見ると喜劇に見えてもその登場人物の主観においては悲劇であり
見ている分には笑い話でも当人は真剣に事に及んでいる

某漫画でそういう表現についてを読んだ事があるんですが
今回は今までの作品とそれが逆転していたって感じで面白かったですね。

同じ作者さんが書いた同じようなコンセプトの作品なんだけど
それを構成する要素の比重を大きくかえることで読者の感じ方を大きく変えている感じ
やっぱりこの人の作品は面白いですね・・・
まぁメインの題材を『おっぱい』にして『おっぱい』を連呼しつつも
『パンツ』『パンツ』だと騒ぎつつも・・・
いつものようなデスゲーム・・・とかだったら恐怖とかよりも怪奇って感じに
なりそうだしね・・・これはこれでいいのかな?

揉める・揉めないの0か1だ・・・って話から量子論に話が飛んだときは
量子論の説明してるには言いたかったけどね・・・

いや、そいつはおっぱいの事を考えてたんだぞ・・・

って・・・いやまじで・・・凄い作品だった・・・色々な意味で

そういえば別レーベルですが

『生贄のジレンマ』 実写映画化、決定!

って事でおめでたいですが・・・あれや『演じられたタイムトラベル』『殺戮ゲームの館』
電撃では『扉の外』『ツァラトゥストラへの階段』『ラプンツェルの翼』
とかを書くような人なのに・・・今回の作品はこれなんですから・・・ある意味凄いですよね

次回作も楽しみです。

最後に一文。

この話の最後の一文
いや、だってねぇ・・・聞いてみたいし・・・

読んで気が向いたら答えをコメントしてみてください。
ちなみに私だったら・・・集めるね・・・きっと・・・男なので・・・

”おっぱいチケットが手の中にあったら、君ならどうする?”

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
OP-TICKET GAME (電撃文庫)OP-TICKET GAME
(電撃文庫)

(2013/04/10)
土橋真二郎

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

A:もちろん、集める
だって男だもん(笑)

なんていうか・・・とんでもない内容ですね(^_^;)
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。