スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼女たちのメシがマズい100の理由 3

あらすじ

兄のことが好きすぎて、「ガチでヤバい」からと山奥の超お嬢様学校に通う妹の華凪。
そんな妹に会いに、2泊3日で長野県に向かうことになった葉介たち。

今回は幼なじみの紅緒が作る恐怖のお弁当もなく、
美味しい駅弁を食べたりして、奇蹟的にメシマズがない幸せな時間だったはずが、
生物実験室で再会した華凪はこんがり揚がったセミの唐揚げを作っていて!?

節足動物もレシピ次第で美味しく食べられる!
新感覚メシマズラブコメ!

感想

彼女たちのメシがマズい100の理由の3巻

表紙は主人公である葉介の妹である華凪

カロンは?

っていうツッコミはもっともだけど・・・そんなレベルじゃなく

彼女の本編での出番は0

というとんでもない事に今回はなってます・・・あれ?サブヒロインじゃないの?
最後のオマケに登場して次回こそは・・・って言ってたけど・・・マジで0

まぁ基本的に今回は今まで名前だけ登場し、前回の最後の最後
葉介が彼女の兄である事が判明した瞬間に態度を一変させた

味 < 栄養

で薬草やハーブ、栄養剤を盛った『メシマズ』キャラであるオメガ・・・っていう
気になる終わりだったので今回は彼女・・・華凪中心の話であり
彼女が通っている他県のお嬢様学校に家族で向かうって展開なので
カロンは・・・流石についてくるだけの理由がなかったんですけどね。

リリィは従姉妹で家族だし、紅緒葉介の姉である龍子が前回の一件以来
彼女の事を色々と認めて葉介がダラけたりしないようにとお目付け役で
同行させたので付いてこれますしたけどね・・・

結果的には・・・それが問題を引き起こし・・・
でも問題が起きたからこそ色々な問題が解決するに至ったわけだから
結果オーライですね。

さて・・・今回の話の中心である華凪ですが・・・彼女が他県のお嬢様学校に入学したのは
家族会議の結果、彼女を葉介から引き離そうという決定のため。
その理由は

彼女が葉介に対してガチだから

あー・・・なるほど・・・そりゃ隔離するわな・・・
だけど中高一貫校で中学になったあたりから葉介と会いたくないと言いだし
家にも一切帰らなくなったので葉介は嫌われた・・・と思っていたし
最近元気がなくなった理由も兄のせいだ・・・とオメガは思っていたらしく
友人である彼女を悲しませるなんて・・・と葉介に敵意を向けたみたい

思春期が来てついに兄離れが・・・って思っていたら・・・会ってみたら
その原因は・・・彼女の葉介への愛情があまりにも強いからだったという・・・

治ってねー!?ってか変な方向に行ってる!?

正確には自分が中学に入ってから急に成長して・・・かなり高身長に
もしかしたら大好きな葉介より大きくなってしまっていて
それで嫌われてしまったら・・・という不安から会おうとしなかったみたい。
さらに今回、再会する事になった時に追い討ちが・・・それは

紅緒が葉介の隣にいた

というもの・・・彼女にとってそれはどうしても許せない事であり
彼女の様子が最近おかしかったのは両親が海外に行った事により
紅緒葉介の世話のために家に出入りするようになったと母親から聞いたためであり
それでずっとイライラして集中できなかったと言うもの

どんだけだ!?・・・って似てる姉妹だないオイ!?

前回の話の龍子の態度も実は概ねこんな感じだったんですよね・・・
さすがに彼女は葉介に恋愛感情を持っているわけではないけど大切な弟
そんな弟の横に料理すらまともにできない女が・・・っていう敵意だったわけですが
龍子については前回の・・・紅緒のためになら自分にすら意見を言う葉介の姿と
勝負の結果から彼女が葉介に良い影響を与えると思ったのか可愛がるようになったわけで
今回はその妹版・・・ベクトルは微妙に違うけど・・・紅緒への敵意が原因

もちろんすでに成長して兄とは結婚できないって事を華凪は理解しているし
その想いを押し通せば同じくらい大事な父親や母親、姉が悲しむと理解してるから
その想いについてはすでにあきらめているんですけどね・・・
他のラノベ妹に見せてやりたい!?

まぁ葉介が受け入れてくれるならその道を行っても・・・って言ってたから
やっぱり想いを諦めているだけで打ち消せているわけではないみたいですが。

その結果、彼女が思いついたが・・・

オメガと葉介を結婚させよう!

という斜め上方向の発想・・・もちろん当人達に相談せずに
2人をあわせていきなり提案という・・・ぶっ飛んだもの。

大好きな友達であるオメガなら自分が大好きな葉介を任せられる。
ってのが彼女の考えみたいなんだけど・・・そりゃ驚くわな・・・

オメガ華凪葉介と一緒にいるのを見て・・・そして彼女の話を聞いて
葉介への態度はかなり軟化していたし、元々東京で葉介に会ったって話を
華凪にしていて、それが華凪の兄と知らずに色々と語ったらしく
そこに華凪葉介への好意を感じ取ったらしく・・・ってのもあったらしいけどね・・・

あれー?フラグ立ってた!?

だけどそんな話を龍子が許すはずもなく問題に・・・
さらに華凪紅緒への敵意を全開にし始めてしまい・・・勝負に

料理勝負

なんですけどね・・・この作品でこれはあいもかわらず鬼門だよね・・・

龍子がそんなイライラで成績を落とすくらいなら強制的に家に連れ帰る・・・
っていうのに反対している・・・だけど葉介の世話を紅緒がしているのは嫌だ。
なので

華凪が勝ったら家に帰らない
紅緒が勝ったら家に戻る

華凪紅緒がおいしいご飯を作れないから・・・って主張なのでこれで
負ければ認めるしかないわけですしね・・・

審査員は葉介龍子オメガが担当して・・・結果は紅緒が勝ち

もちろん華凪龍子葉介が最初からそうするつもりだったんだ・・・と文句
彼女の料理は決してマズくなくおいしいのだから・・・

まぁ・・・それでも料理に大切なのはそれだけじゃないって結果で彼女は負けたんですけどね。

龍子は大食いでありさらにお腹がすいていると試合開始前から言っていて
紅緒の料理は龍子は酷評したけど・・・龍子の事を考えて量だけはいっぱい
まずかったけど・・・それでも完食した・・・まずかったけど

そして勝敗を決めた2票目の紅緒への票はオメガで理由は

自分を蔑ろにしたから

自分が好きな華凪は優しくて自分の家の立場とかを気にせず話しかけてくれる彼女
だけどこの勝負の華凪は最近のイライラしている時と同じで料理の『味』だけを考え
オメガ個人への配慮や龍子への配慮は一切なかった・・・おいしかったけど。
その分、紅緒はまずかったけど・・・栄養剤やハーブなど・・・オメガの好みを考えて作ってた
まずかったけど・・・

なので2票で紅緒の勝ちって事に。

あれ・・・なんかコレを読んでいて子供の頃の遊び・・・っていうかなぞなぞというか・・・
そういうのを思い出したぞ・・・

”う○こ味のカレー” と ”カレー味のう○こ”

どっちがいい?


ってやつ。
似てるよね・・・これ・・・

そしてこの後・・・葉介オメガの胸に手を突っ込んでしまうと言う
ラッキースケベイベントをしてフラグを強化

なぜ強化!?

そして負けた華凪は地元の高校に転入という形になるみたい。
実際に一番ネックだったのは自分が大きく成長してしまって
それで葉介に嫌われたら・・・って事だったみたいだけどそれは葉介
きっちりと否定したし・・・これで大丈夫っぽい

ただ家にまた・・・マズくないけどマズいという・・・変なベクトルの
『メシマズ』キャラが増える事になるわけで・・・葉介は大変だ・・・

しかも勝負における最後の1票を葉介

『紅緒の料理がマズかったから』

という味を基点に判断して投票
でもその理由が自分と紅緒の勝負・・・
かならず葉介『美味しい』と言わせる料理を作ってみせるっていう
紅緒との勝負が先にあるからこそ・・・嘘でも彼女に勝ちを与えられなかったという・・・
基本ヘタレでダメ人間のくせに彼女の事になるといい感じですよね・・・葉介

もちろんこの答えに紅緒はめっちゃ喜んでいたし・・・
最近はなんか葉介が彼女のマズイ料理を求めている感じもあって・・・
徐々に彼女に調教されているのでは・・・これ・・・

そして何気にリリィ葉介の中で占める割合も増えてきてる感じ
こっちは安心感っていうか・・・家族的な繋がりが深まってる感じだけどね。

恋模様の方は・・・どうなっていくんだろうか・・・
オメガもまさかの初心キャラだったのでヒロイン候補になったしね・・・

さて・・・今回の感想はほとんど内容についてとそれに対するちょっとした
ツッコミなのでほとんど感想のていをなしてない感じがあります
いやだってね・・・面白かったんだよ・・・面白かったんだけどさ・・・

虫食べるとか・・・無理だから!

cannot eat an insect.

絶対無理だから!!

蜘蛛だろうがGだろうが蛾だろうが毛虫だろうがバッタだろうが
見かけたらビクッとなるし蜘蛛とかGとか『ぎゃあー』っと逃げるレベル
その私に・・・

セミの唐揚げとか幼虫の串焼き

とか・・・想像でもアカン・・・読んでてずっとないわー・・・ないわー・・・状態
いや、贅沢な事を言ってるってわかるよ?餓死するくらいならきっと食べるよ?
でも他に食べれるものがあるなら私には無理っす・・・無理っす・・・
ってかこれ夢に見そうだよ・・・やばいよ・・・どうするよこれ・・・
場面を想像しながら読んでたら妙に寒気が・・・ってか吐き気が・・・
面白いんだけどね・・・やっぱ虫食はないわー・・・

伝統や味が美味しいってのも否定はしないけど
なによりも『虫を食べる』って概念を消す事ができなそうなのがね・・・
作中で葉介が言っていたけど味は最高かもしれないけど
これは別の意味で・・・精神にくる『メシマズ』だ・・・ってのに激しく同意
ってか食べれたこいつはマジスゲー・・・

感想書きながらなるべく意識しないように意識しないように記事を書いてたら
上のほうがほとんど内容の記述になっちまったのは・・・しゃーないよね・・・

最後に一文。

葉介のセリフ

身長を気にしていた華凪に対してストレートに数字を聞いて
それを聴いた上での一言

何よりも兄よりも背が大きくなってしまって・・・と心配していた華凪にとって
明確な数字で兄より小さいと証明して貰えた事はとても安心できたと思う。

華凪の身長を知る前にちゃんと自分の身長を数字として意識するシーンがあったので
嘘ではないし・・・よかったよかった・・・

これで葉介が小さかったらどうなってたの・・・?
ってのはとりあえず考えないでおこう・・・

「お前、意外と小さいんだな。
 俺のが一センチもデカいじゃねぇか」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
彼女たちのメシがマズい100の理由3 (角川スニーカー文庫)彼女たちのメシがマズい
100の理由3
(角川スニーカー文庫)

(2013/04/27)
高野 小鹿

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。