スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バーガント反英雄譚 1 騎士の国の最弱英雄

あらすじ

数十年前、バーガント大陸に魔族を率いて侵攻し、
人類を敗北寸前に追い込んだ“魔王”。

だが、“魔王”は“天聖騎士”と呼ばれる英雄によって滅ぼされ、大陸には平和が訪れた。

世間では、そういうことになっていた。
だが、真実は違う。

だって、ジュヴレーヌ騎士学校の劣等生・シュンには、
“天聖騎士”の父、“魔王”の母、そして物騒な野望と強大な力を持つ姉妹がいるのだから・・・。

やがて世界を巻き込んで殺し合いを始めた姉妹の姿に、シュンは誓う。

「ボクが元の平和な家族に戻すんだ」と。

大切なものを守るため、最弱の落ちこぼれは英雄を目指す!!

感想

富士見ファンタジア文庫2013年4月からの
『ぼくと彼女に降る夜』『キミが誘う境界線』の作者さんの新シリーズですね。

世界観はファンタジー世界で↑の2作が現代でありながら魔法とか異能があったのに対して
こちらは最初から魔王や魔獣が存在する世界の話になっていて雰囲気が違いますね。

この世界では数十年前に『魔王』と呼ばれる存在が別の大陸から魔族を率いて責めてきて
人間達はかなり追い詰められたんだけどどこからともなく現れた『天聖騎士』と呼ばれる存在が
『魔王』と戦い・・・相討った結果、魔族は敗走した・・・って歴史があり
舞台となる国では『騎士』って存在がとても人気のある名誉ある職業になっていて
主人公は騎士養成学校に通う少年・シュンなんだけど・・・

超絶落ちこぼれ!

という始末・・・勉強では最下位、武芸でも最下位
最初の時点でこのままじゃ進級不可・・・卒業試験である騎士試験も
受験すら不可・・・それどころか最後のチャンスである追試をクリアしなきゃ
受験を受けることすら不可

どんだけ!?

ってレベルの落ちこぼれ・・・力を隠しているとかではなく素でこれ・・・
まぁ実際は自分が持ってる力を理解していなかったゆえにって事だったんですが。
ただ彼を取り巻く家庭環境だけは・・・友人に話したら

お前、もうちょっとマシな嘘つけよ

って真面目に言われるレベルですね・・・姉妹が多くて彼以外は全員女性
すでに両親は亡くなっていて今は姉妹のほとんどがバラバラって状況なんですが・・・

① ソフィー

姉妹のおそらく6番目でシュンの妹にあたる
シュンと同期で学園に入学したが優秀なためにすでに上級騎士となり
騎士団に入団した才媛。
表紙の女の子。ブラコン

② ティン

何番目かは不明だがソフィーシュンより年下の妹。
隣国であるシャンミュニ皇国において認定される大陸最強の騎士『剣聖』の称号を
最年少で取得した少女。明らかにブラコン

今回主にピックアップされたのはこの2人ですがすでにそれぞれが
別の国だけどかなり重要な位置にいます。
他にもアリアというシュン達にとって姉にあたる女性と
このメンバーでは最年少の頭脳明晰なクロロという妹の4人が基本的に
現在シュンが一緒に暮らしている家族って事であり
ティンクロロを『十妹』って呼んでいたから姉妹は全部で何人なんだろうか?

まさか自分より下が10人いる・・・って事はおそらくないと思う。
クロロティンが1歳違いみたいだし。

アリアクロロのもそれぞれ別の才能を持ってすでに活躍していて
シュンだけが落ちこぼれって感じなんだけど・・・問題はもっと別
亡くなったこの家族の両親が問題

父親:『天聖騎士』

母親:『魔王』


って事みたい・・・

何があったの!?

2人の馴れ初めが激しく気になるところです・・・ただしシュンだけは
実子ではないみたいで彼はその事について色々と悩んでいるみたい。
姉妹達は口で文句を言おうともシュンをちゃんと『兄』『弟』って
認識してるみたいですから彼の側の問題ですが・・・

こんな家庭環境なもので今回の話で起きた事件も大雑把に言うなら
姉妹喧嘩って事になる・・・根にあるのが両親の復讐とかみたいだけどね・・・

つまり今回敵対した相手もまたシュンにとっては家族って事になり
『魔王』の血を引く娘達は両親を殺した人間に復讐を・・・ってグループと
両親から受け継いだ力を人々のために・・・ってグループ
またはそれ以外のグループに分かれていて争いになってしまっているみたい。

ソフィー達はそれぞれいろいろな国で重要な立場に立ってその力を・・・
って感じみたいで表向きはシュンの妹である事やお互いが姉妹である事もも
秘密にしているみたいですね・・・

っていうかソフィー達にしても真実が知られた場合、家族で複数の国に忍び込み
何する気だよ・・・って疑われるんじゃないか・・・これ・・・

姉妹同士はお互いに戦う事については仕方ないって感じで命までは取らないけど
って感じで戦う事を納得しちゃっている感じだけどシュンだけは変らず
どんな意見を持った姉妹に対しても態度は変らないみたい。

姉妹みんなブラコンなんじゃ・・・

って可能性もあるんですけどね・・・読んでると。

シュンが成績不良と大切な壷を騎士団長の頭で割ってしまってクビになりかけたのを
姉妹が裏で手を回して彼が武功を立てたように状況を操作して
クラスメイトでシュンを気にしている王女・リュリシアも助けになろうと
父親に一筆書いたせいで最終的に卒業試験は免除。
問題起こさずこのまま卒業まで学園生活を終えれば即騎士に・・・って状況までもっていったり

職権乱用!?

今回、学園をドラゴンを操って襲ったヴィオニエシラーという妹達は
両親が人間に殺されたから復讐・・・って考えらしくソフィーにもちょっかいをかけたけど
シュンが父親である『天聖騎士』から受け継いだ力でソフィーティンを守ったけど
最後は倒れたら回収して傷の手当てもしてたし『キモイ』とか『嫌い』とか言いつつも
罰ゲームだと言ってシュンにキスして帰っていったりと兄には甘い様子

ツンデレ妹だ!?

2人に指示を出していた自分は誰も信じない、信じられるのは金だけだと言っていた
モニカという姉も人間を姉妹の中で一番嫌っているらしいけど
シュンの事は『愚弟』と呼んでいて・・・ちゃんと『弟』であると認識してるみたいだし
実際の感情がどんな感じなのかはわかりませんけどね。

ソフィーあたりはちょっと兄妹を超え気味な想いを持ってそうですけどね・・・
ヴィオニエもちょっと怪しい・・・

今回登場したのは

アリアソフィーティンクロロ
ヴィオニエシラーモニカの7人と
シュンの回想で登場して『シャル姉』と呼ばれていた姉だけ

クロロを10番目。ソフィーが6番目と考えるとティンが9
ヴィオニエシラーシュンは妹と呼んだから2人が7・8(順番はわからんけど)

姉の順番はわからんけどシャルって人が一番上っぽいな・・・
アリアモニカをちゃん付けて呼んでたから姉かな?
全部で12人姉妹らしいからあと4人いるわけで
名前すらわからない姉・妹が各2人づつって事かな?

それぞれが母親である『魔王』から受け継いだ『滅神咒具』と呼ばれるものを持っていて
それは強力な力を持ってるみたいだし・・・大変そうな感じ

ソフィーは神速
ティンは神剣をどこからでも生み出せる
ヴィオニエは魔獣を操る事ができる
クロロはドラゴンマガジンの短編によると知識を与えてくれるもの

って感じで神を倒した事でその神の権能を得た武具って感じみたいで
これが12あるわけで・・・そりゃ凄い

ただそうすると『魔王』はこの12個全部を持っていてなお『天聖騎士』
相打ちだったわけで・・・どんだけって話なんですが
その『天聖騎士』の・・・父親の『滅神咒具』シュンが受け継いでいた・・・というオチ

最強だけど最弱・・・チートだねコレ・・・

彼の『滅神咒具』である『凱旋門兜』は最初に手に入れたときに設定した
敵と相対したときにそれを倒すための武器と方法を持ち主に与えてくれる
勝利の神の権能で持ち主に絶対に勝利を与えるというもの

なのでソフィーティンですら倒しきれなかったドラゴンも
これを発動させたシュンの前には敗北する事になったんですが・・・

微妙だよね・・・これ・・・日常で迷惑すぎる

あくまで手段と方法を教えてくれるだけだから自分の頑張りも必要なんだけど
問題はそこではなくて『必ず勝つ』って結果を得られる反動のせいなのか
設定された敵以外と相対したときは『絶対に負ける』という酷いものが・・・

これのせいでシュンは学園のテストでいつも0点を取り実戦訓練も負けばかり
どんだけ努力しても相手が敵でないなら勝てない・・・っていう・・・
社会生活においては足かせにしかならない最悪の部類の力ですね・・・

シュンは敵の設定に『家族を脅かすもの』という自分にとって一番大切な
家族を守るためにそう設定したみたいで今回はソフィーティンを守るために
条件を満たしたから勝てたわけですが今後戦うのはもしかしたら家族かもしれない
さらに・・・これは完全にシュンの問題なんだけど・・・

自分を家族の一員と思えていない

っていうのが一番の問題点ですね・・・
家族を守るって条件が確かなら自分自身にも適応されて本当なら
どんな勝負でも勝てるはずだから・・・
まぁそうなったら完全チートでつまらないですが

養子であり他の姉妹と違って才能がないゆえに劣等感と・・・
そして血の繋がりがないという事に対する彼自身の負い目が
おそらくそういう風に心の内側で自分を家族じゃない部外者って
考えてしまっているみたいで・・・根は深そう

まだ姉妹全員が登場しておらず、両親が何故死んだかも謎
『天聖騎士』はもういないはずと呟いた国王とか
次は『剣聖』を狙うらしいモニカの企みとか・・・
そのモニカと繋がりヴィオニエ今を通してなにか企んでる騎士団長とか・・・
今後の展開に期待

恋愛方面ではソフィーがわりとガチっぽいのと
シュンは覚えていないっぽいけど子供の頃に父親に連れられて会ったらしい
王女であるリュリシアとの関係がいい感じ。

っていうかこの2人が明らかにお互いを敵視していてシュンを取り合っていて
ちょっと面白いかも・・・そしてリュリシアの護衛であるアンジュリュリシア大好きっぷりも
いい感じに面白いんだが・・・これシュンに惚れるパターンじゃないだろうか・・・

それとシュンの友人がなぜシュンばかりモテる・・・って言ったり
ソフィーがなぜすぐに女の子と仲良く・・・って言ったりしてたから
何気にモテるのかもしれない・・・美少女姉妹が12人もいるくせに・・・この野郎・・・

そういえば作中でも怪我をした女生徒をお姫様だっこで運んでて
頬を赤らませさせてたな・・・あれフラグになったんじゃないだろうか・・・この野郎・・・

2巻は今月の18日発売みたいなのですぐ読めそうなので・・・そっち方面の話も期待かな?

最後に一文。

シュンのセリフ

彼は家族を守りたいから騎士を目指した
だけど本当はそうする事によって初めて自分は家族になれるって思ったのかな?

結構長く家族をしているみたいなのにいまだに自分を家族の外に置く・・・
なんか深い理由があるのかな・・・気になるところです。

「・・・ボクは、みんなの家族になりたかったんだ」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
騎士の国の最弱英雄  バーガント反英雄譚1 (富士見ファンタジア文庫)騎士の国の最弱英雄
バーガント反英雄譚1
(富士見ファンタジア文庫)

(2013/04/20)
八街 歩

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/03│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。