スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

剣刻の銀乙女(ユングフラウ) 3

あらすじ

魔力の大半を失い、どこかいつもと違うエステルのことを気遣うヒースたち。

国境沿いに巨大な刻魔が現れたとの急報を受け、ルチルたち小隊はその討伐へ向かうのだが、
その途上で隣国プレギエーラの使者が従刻魔たちに襲われていたのを助ける。

まだ15歳の使者の名はシルヴィア。

ヒースと師を同じくする妹弟子だというシルヴィアは
エストレリャの王都へと向かっている途中だったという。

はぐれた仲間を探したいしと助力を申し出るシルヴィアを加えた一行だが、
想像を超えた力を持つ刻魔に予想外の苦戦をしいられる。

そんなさなか、シルヴィアの前にヒースたちの宿敵クラウンが現れ、
彼女の心をかき乱す事実を告げる。

ヒースたちは刻魔を討伐することができるのか、
そして力を失い傷ついたエステルは――。
シリーズ待望の第三弾登場!

感想

剣刻の銀乙女の3巻

表紙は今回登場の新キャラであるシルヴィア

エリナはどうしたの!?


って感じで・・・なんか微妙に幸が薄いぞ・・・エリナ・・・作中でも・・・

さて今回の話ですが1巻で登場した『刻魔』と呼ばれる
『剣刻』が死によって穢れ砕かれる事によって生まれる怪物が
再び現れた・・・という話を聞いてルチル達のチームがそれに対処するために出撃

そこで『刻魔』が生み出す『従刻魔』に襲われていたシルヴィアを・・・
隣国プレギエーラの視察官である彼女を助けることになったんだけど・・・

高飛車?気弱・・・どっち?

最初はまだ若い(ヒースルチルエステルの方が年上なんだけど)ヒース達を見て
侮るような発言をしたんだけどルチルが王族の姫君である事を知り謝罪
さらにヒースの槍の師匠から教えを受けた妹弟子でもあるみたいだし
最初の変な雰囲気もエステルが道化師らしくふざけて台無しにしたのでOKかな?

ただ調子に乗ってヒースも槍を使って『皇禍』を倒した少年って噂になっているから
自分の部下として・・・って誘いをかけたらエステルルチルに反対され萎縮
強く出るくせに・・・相手に強く出られると弱いという・・・そんな女の子

『刻魔』を倒しにきたのに軽い感じのヒース達をそれでもイライラして
見ていたんだけど先に来ていた近くの騎士達の部隊と合流し
その騎士達に『剣刻』を狙って襲われ、それに当然のように対処するヒース達を見て
自分こそが・・・心構えが出来てないと痛感させられていたりと
間違いを認められない女の子ではないんですけどね・・・

根は優しくい娘なんですけど・・・だからこそ今回の戦いにおいては
その優しさと・・・そして心の弱さを『クラウン』に突かれる事になったわけで
なんとも・・・あいかわらずいやらしい手を使う相手ですね。

それにしてもあいかわらず殺伐としてる・・・
増援に来た人間を・・・しかも王族であるルチルを含むメンバーを襲う
一般兵っていう・・・色々な意味でマジヤバイよね・・・この国の状況

そしてつねにその可能性を考えて先に作戦を考えていて
その通りに対処するってのもね・・・

まぁその作戦はルチルは自分の腕にある『剣刻』を腕ごと渡すって条件で
部隊長とヒースの一騎打ちをさせて兵達のフラストレーションをなくさるってもので
ヒースルチルが命を賭けるなんて言い出すとは思わず怒りながらも勝利
あいかわらず通常部分ではヘタレ全開なのに・・・仲間の命がかかってると
目が覚めたがごとく・・・格好よくなってましたけどね・・・

フラグ立て用の専用モードか・・・この野郎・・・

そして戦いになるんだけど・・・

『クラウン』・・・やっぱりエゲつねぇ・・・

シルヴィアは自分を逃がすために『クラウン』と戦い残ったテルヌーラという自分の乳母を
心配していて・・・それでヒース達と一緒でもそれを気にしていて
彼女を探す行動をしていたりしたせいで兵達に疑われたりもしていて・・・
さらに『クラウン』からルチル達によってテルヌーラが殺される・・・と不吉な予言までして
兵達に疑われ追われたシルヴィアを助け出したヒースの前には
前回の最後に奪った・・・もしかしたらわかりあえたかもしれないエリオの体を使い現れ
ヒースの感情を逆なでしてましたしね・・・まぁあいかわらず・・・ヒースもこいつの前では
いつものヘタレキャラ返上で逆に挑発を返すなんて事までしてますから・・・
完全に敵認定されてますが。

何気にちょっと叙述トリックっぽく今回の話はなっていて
最初にシルヴィアテルヌーラ達が『クラウン』に襲われ、
ヒース達は『怪物に教われた』という話を聞いて、『刻魔』に襲われたんだと
勘違いしていたんだけど、実際はシルヴィアが襲われ・・・その後に『刻魔』が現れた。

そしてシルヴィア達はこの国にきてから人間にも襲われていて・・・
それを返り討ちにしたシルヴィア・・・そしてテルヌーラはその相手が持っていて『剣刻』
継承していて・・・そして『クラウン』との戦いの中でテルヌーラ『剣刻』は砕かれ
生まれたのが今回の『刻魔』だった・・・って流れに

テルヌーラが元になって生まれた『刻魔』は1巻で現れたそれと違い
感情や意志を持って動いているようで執拗にシルヴィアを狙っている
そして『クラウン』はその行動原理が憎しみだ・・・とシルヴィアに吹き込む事で
死んだ母親に代わって自分を育ててくれた・・・彼女にとってはもう1人の母親である
彼女に憎まれていた・・・と聞かされて・・・心が折れてしまう事に・・・

まぁ・・・そんなのヒースが許さないかったけどね!

このままだとルチル達は人々を救うために『刻魔』を倒さなければいけない
本当にそれでもいいのかとシルヴィアを炊きつけ再び立たせたのはやっぱりヒースであり
なんていうか・・・あいかわらずピンチになった女の子の前で絶妙なタイミングで
最適な行動をするやつでした・・・お前、それフラグ立ってるだろ・・・

ここからは完全にヒース達のターンって感じで・・・前回の戦いから力が戻らず
さらに今回の作中でさらに力を失ってほとんど人間と変らなくなってしまったエステルだけど
それはシルヴィアと最初に会った時にした接触のせいであり・・・彼女の血筋には
なにか特別な・・・相手の力を押さえつけるような力があるらしくそれを利用して・・・
自分の力を取り戻したエステルが使い方を教授することで『刻魔』にその力を打ち込み
無事テルヌーラを救出・・・完全勝利に。

前回はエリオがああなってしまったし、最初はギャレットが死んだりと
結構身内の大切な人がさらっと死ぬので・・・駄目かな?って思っていたけど
テルヌーラは無事救出。
彼女の行動原理もあくまでシルヴィアを守ろうとしていたもので、
憎しみは彼女を恐怖させる対象に対しての・・・母親の愛情から来るものだったって事で
『クラウン』はおそらくそれがわかったうえでその憎しみの対象が具体的に何かを
言わずにミスリードするかのように発言していたって事で・・・やっぱり性質悪いですね。

シルヴィア『剣刻』を所持しているために国から出られないのと
安全のために学園に通うことになり、テルヌーラ『剣刻』を放棄してルチルに渡し
シルヴィアの力のことについてとプレギエーラに残る黒い竜を連れた少女の
伝承を調べるために戻っていった・・・自分が守らなくてももうシルヴィアは一人じゃないからと

うーん・・・いい母娘でした・・・

今回の話で何個かあった伏線的には・・・やっぱりかつてあったとされる魔神戦争が
キーとなりそうな感じですね。

エステル『門』、そして今回発動したシルヴィア『楔』
どちらもエステルが言うには『剣刻』に施されている封印の力らしくて
シルヴィアの血統も『剣刻』の作成に関与している可能性があるみたい。

さらに『剣刻』は力というよりは12個に分割された『魔神』を封印したもので
『円卓の騎士』は本来、それを守るための門番のようなものだったのかもしれないと
言う事らしい・・・

なるほど!ヒースの天職だな!

まぁそれはおいておいても・・・この『剣刻』って力自体に・・・まだ色々と謎がありそう。
ルチルが2つめを手に入れてさらに強化されてどうなるのかとかも気になるし
次回はついに王都で『剣刻』を持つ『円卓の騎士』、最後の一人に会うみたいだし・・・
色々と話が進みそう・・・あまりいい予想はできないんですけどね・・・

エステルは前回奪われた力の1/3はどうにか復活。
残りの1/3はエリナの復活に・・・もう1/3は『クラウン』が奪ったエリオの体にあるみたいで
完全とはいいがたいけどそれでも『皇禍』としては十分すぎるほど強いみたい。

強すぎるヒロインは弱体化してほどほどになった事で主人公の見せ場を増やしてるのかな?
まぁヒースの力についてはシルヴィアヒースの師であるプルガトリオから彼の話を聞いていて
師曰く、才能はギャレットと同等にあり誰かを守るために力を使い強くなる努力もひたむきに出来る
って感じでベタ褒めだったらしいから・・・元々才能は凄かったって事なんだろうけどね。

ただ騎士として大切な何かが欠けていて残念・・・って事だったらしいけど
シルヴィアは今のヒースにはそのかけていた何かが埋まっていると感じたらしく
十分すぎるほど・・・強いんですけどね。

ギャレット曰く、『覚悟』だけど・・・確かにそれを決めたときのヒースは凄いよね・・・

ルチルエステルは単体で強いから安心して戦えるのとは別に
ヒースにとってシルヴィアは同門だからこそ呼吸が読みやすくて安心できるって感じらしく
いい感じに・・・わかれている感じ
ちなみにシルヴィア・・・実はプレギエーラの第八皇女・・・

またか!?このプリンセスキラー!!?

これで4人・・・全部王女に該当する女の子ってことに・・・
自国の姫に隣国の姫、北と南・・・それぞれの魔王候補

ヒースの女性関係で下手したら戦争起こるんじゃないだろうか・・・これ・・・
まぁシルヴィアの場合はまだそういうレベルではない感じだし
エリナに関してはヒースが完全に友達扱いなのがちょっと可哀想だけどね・・・

メインであろうエステルヒースは誰よりも大切にしている感じで
彼の戦う理由の大半は彼女のためって感じだし、
彼女にとってもヒースは大切な道化師の相棒であり気に入っている相手
そしてルチルにとってもヒースはそういう相手であり
エステルルチルはなんかもう達観してしまっている感じで
エステルルチルヒースを道化師に・・・ってのはもう反対せず
ルチルエステルヒースを騎士に・・・ってのもなんか規定事項みたいな感じで
エリナとかはツッコんでいたけど2人の中ではそれでいいや・・・って感じみたい。

エステルルチルが大好きだから彼女となら別に・・・って感じらしく
なんかこの2人・・・ヒースを中心にもう1人いてもいいや・・・って感じになってる・・・

ヒース、爆発しろ!

まぁ下手に取り合って・・・将来的に遺恨を残した挙句に世界大戦とかに
なる可能性がある以上はこれが最善なのかもしれない・・・
日常においてはヘタレなヒースにこの状況をどうにかできるとも思えないしね・・・

それとちょっと気になったことが1つ・・・

シルヴィアヒースの会話でヒースと妹のマナは叔母に育てらた・・・って話をしていて
色々と・・・凄い人だったみたいで今はどこにいるか分からないとの事だけど
シルヴィアの言葉で最近までどこにいたかは確認できた・・・と発言があった。

これから考えるに・・・ヒースの叔母さんこそが槍の師匠なんだろうか・・・
叔母として接するときと師匠として接するときは違う態度で・・・ってしつけられたとか?
でも確か師匠の名前ってガト・プルガトリオだったはず・・・

女性・・・?うーん・・・どうなんだろうかこれ・・・
ただ叔母さんの事を話すときに今まで生きていた自分を褒めたい
目を合わせたら熊にでもあったと思って諦めろ・・・って感じの叔母らしいので
どっちかわからん・・・関係者であることは間違いなさそう。
師匠本人なのか・・・もしくは師匠といつも行動を共にしているとかなのか・・・どっちだろ?
一緒に行動だったらシルヴィアが話題にだしていても・・・うーん・・・気になる。

※作者さんのTwitterで師匠=叔母さんと解説されてたみたいですね(5/23 1:20 追記)

最後に一文。

ルチル&エステルのセリフ

シルヴィアを助けるために彼女を連れてルチル達と離れたヒース

彼と・・・そしてシルヴィア『剣刻』があるほうが『刻魔』討伐は楽・・・
だけど今はいないけど急いで対処しないといけない・・・って事で行動に移すことになるんだけど
エリナヒースの事はどうするのか?という質問にこの2人が答えた言葉・・・

いや、マジでどんだけ信頼してるの・・・シルヴィアを連れて戻る事も確信してたし・・・
ルチルはなんかもう色々と達観しちゃってるし・・・

「探さなくても平気よ。なぜなら──」

絶対、駆けつけるから

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
剣刻の銀乙女3 (一迅社文庫)剣刻の銀乙女3
(一迅社文庫)

(2013/05/18)
手島 史詞

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/03│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。