スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学戦都市アスタリスク 03 鳳凰乱武

あらすじ

鳳凰星武祭、開幕――。

綾斗とユリス、紗夜と綺凛の両タッグは危なげなく予選を突破し、本戦に突入する。

アルルカントのエルネスタ・カミラ組など、強敵も順当に勝ちあがるなか、
綾斗はふとしたきっかけで暴漢に襲われていた少女プリシラを助ける。

そこに駆け付けたのは、彼女の実の姉にして純星煌式武装《覇潰の血鎌》の使い手、
《吸血暴姫》イレーネ・ウルサイス。

――綾斗たちの次の対戦相手だった。

「今回あたしがディルクから受けた命令は──天霧綾斗、あんたを潰すことだ」 

ついに牙をむくレヴォルフの刺客、そして明かされるクローディアの秘密とは――!? 

最高峰の学園バトルエンタ、武が乱れ翔ぶ第3弾!

感想

学戦都市アスタリスクの3巻

表紙は主人公である綾斗星導館学園に招いた星導館学園の生徒会長であるクローディア

感想は短めで

前回の話で主人公である綾斗は晴れて星導館学園序列第一位になり
『叢雲』という通り名を与えられる事になったわけで・・・
帆かに5つ学園があるとはいえ・・・結構すごい事に・・・

さて・・・今回はついに『鳳凰星武祭』という・・・メインヒロインであるユリスが狙う3つの大会の
最初・・・ペアによる大会が開幕

綾斗ユリスはもちろんの事、綾斗の幼馴染である紗夜
元序列1位・・・綺凛とタッグを組んで出場・・・
前回登場した『アルルカント・アカデミー』の2人、カミラエルネスタ
自らが作り出した自我を持ったロボットを代理出場って形で参加
どうなるのかな・・・と思っていたんですが・・・

『吸血暴姫』イレーネ・ウルサイス

彼女がレヴォルフ黒学院の生徒会長・ディルクから命令を受けて
綾斗を潰すために妹であるプリシラと組んで大会に参加した事で
今回の話は・・・ちょっとややこしくなります・・・

彼女は『覇潰の血鎌』という純星煌式武装の使い手で
問題を起こしてレヴォルフで拘束されていたんだけど
綾斗に危機感を感じたディルクの命令で解放され、彼を潰すように依頼され
それを受けた・・・って流れで大会に参加してその強さを見せ付けることに。

この『覇潰の血鎌』は大量に力を吸い取り、さらに持ち主に吸血衝動を与えて
人から力を補給できるというものでパートナーである妹・プリシラ
稀少と言われる再生能力者で血を吸われても大丈夫という・・・かなりいいコンビ

ただ綾斗イレーネに潰されたレヴォルフのカジノの関係者に襲われていたプリシラ
助けたことで・・・さらにややこしい事に・・・

イレーネは元々妹であるプリシラを守る事が第一であり
元々稀少な能力だからと親に別の学園の研究用の献体にお金のために売られそうになった
プリシラを連れて逃走…それをディルクが見つけて個人で買い戻し
その時の代金を返す・・・って事で彼に雇われている意外と根は優しい娘

だからこそ妹を助けてくれた綾斗に借りができた・・・って事で
彼を食事に招いてプリシラの手料理を振る舞い、さらに自分が受けた依頼について
彼に伝えることで借りを返す・・・って事にしたみたいでそういう部分は律儀

借りがあるまま戦いはできなって事ですかね・・・

そして予選を圧倒的な力で勝ち残り・・・本戦となる4回戦
ここでいきなりイレーネ組と対決になり・・・事態は思わぬ事態へ・・・

『覇潰の血鎌』の意思 

プリシラから姉が『覇潰の血鎌』を使うようになってから時々別人のよう・・・って
話を聞き、さらにクローディアに純星煌式武装について聞きに言ったときに
意識が朦朧とした彼女から襲われるという実体験をして純星煌式武装の個性
それぞれが固有の意志と性格を持っていて『覇潰の血鎌』は危険だと言われることに。

クローディア『パン=ドラ』もかなり性格が悪いらしく
持ち主がいずれ体験する可能性がある死を夢という形で体験させるらしく
クローディア以外の使い手は数日も持たないって感じだった模様

綾斗『黒炉の魔剣』はそういう意味ではかなりまっとうな性格みたい。
使い手の力を試したりはするけどそれ以上はないって感じで・・・

実際に試合中にイレーネの意識を乗っ取った『覇潰の血鎌』に対しては
嫌悪の感情を抱いたみたいで綾斗の意志を受けて力を発揮して『覇潰の血鎌』を破壊
それで勝利・・・って流れになったので・・・いいヤツみたいですね。

まぁ前回の綾斗綺凛の戦いを見る限りだと武器としての相性は
あまり良いとはいえないみたいですが・・・

この一件でイレーネは救われ、命令を果たせなかったけどお咎めなし
ただ限界を超えて姉であるの封印を破って力を使ったためにずっと隠してきたのに
ついに試合終了とともに力が封じられるのを衆目にさらしてしまい
綾斗の巨大な力には制限時間があるって事がばれることに・・・

人数を考えるとあと4戦あるわけで・・・
残っていて明言されている強いチームは

紗夜&綺凛チーム
アルルカント・アカデミーのアルディ&リムシィのロボチーム
甲龍第七学院の双子チーム
聖ガラードワース学園の正騎士チーム


とかみたい・・・まさか全部と当たる事はないだろうけど・・・さてどうなるのかな?

イレーネから自分を潰すように命令を受けたのは綾斗以外の『黒炉の魔剣』の使い手を
ディルクが知っているから・・・らしいって事から彼がを知っていることがわかり
封印の事がばれたこともあってそれについても向きあおうって綾斗は思ったみたいだし
次回はいろいろとなにかありそうな予感

ユリス

タッグ戦である『鳳凰星武祭(フエニクス)』
チーム戦である『獅鷲星武祭(グリプス)』
個人戦である『王竜星武祭(リンドブルス)』

全てに優勝する・・・って目的を手伝うといった綾斗だし
最初で躓くって事はないだろうけど・・・さてどうなるのかな?

『獅鷲星武祭』については今回の話の中でクローディアから
彼女が作るチームへの参加を打診されユリスも誘うつもりって事から
ほぼ参加決定っぽいわけで・・・さてどうなるのか

『王竜星武祭』綾斗が参加すること自体がユリスにとっては鬼門な気もするし
これからそういう風に進んでいくのか・・・楽しみです

ほかに気になったのは紗夜かな?
今回の話で彼女の銃を作ってる彼の父親から電話があって
その場にいた綾斗も彼と話をしたんだけど、綾斗はその時に
彼の声に関して違和感を感じていた・・・なにと明言はされてないけど・・・
そっち方面でもなにかあるのかもしれない・・・気になるところです。

最後に一文。

ユリスのセリフ

ユリスは自分の目的のために負けるわけにはいかない
だから勝ちにこだわる・・・だけどその過程にまでは拘る気はなく
パートナーである綾斗が何かしたい・・・その上で勝てるというなら
その案にのる事にはまったく依存はない

という・・・なんとも漢らしい発言・・・
目的のために手段も過程も・・・っていうよりもこういう柔軟さがある所がいいですね。
まぁ勝つ前提なんですけどね・・・

こんな漢らしい発言をしつつもお弁当を作ってきて綾斗に頭を撫でられた
紗夜綺凛の姿を見て、後日自分も作ってきて・・・頭を差し出すという
かわいい行動をする女の子でもある・・・さすがメインヒロイン・・・

「綾斗」

「私は勝たなければならない。
 たとえ相手が何者であれ、自分の願いを譲るつもりはない。
 そのために。私は今ここにいる」


「だが──勝ち方にこだわるつもりもない」

「お前が望むやり方で勝てるならば、そうすればいい。
 我々はパートナーだ。
 協力し合い、手を携えて闘う。
 それが普通のことだろう?」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
学戦都市アスタリスク 03 鳳凰乱武 (MF文庫J)学戦都市アスタリスク 03
鳳凰乱武
(MF文庫J)

(2013/05/23)
三屋咲ゆう

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。