スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。 6

あらすじ

勇者試験直前に魔王が倒されてしまい、勇者になれなかった少年ラウル、
父親である魔王が倒されて居場所が無くなった魔王の娘フィノ、
ラウルの勇者予備校時代のライバル・アイリの三人は、
王都にあるマジックショップで一緒に働いていた。

ある日、巷で流行している魔物インフルエンザにセアラ店長とバイザー副店長が倒れてしまう。

急遽店長代行を務めることになり張り切るラウルだが、
クレームや問い合わせの嵐にてんてこ舞い。

さらに、店長のお得意さんだというやっかいなお客様も現れて・・・?

勇者と魔王の卵が織りなす、ハイテンション労働コメディ!!

感想

勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。の6巻

感想は短めです。

なんというか・・・あいかわらず表紙のフィノのスタイルがそこはかとなく・・・

今回は店長であるセアラと副店長であるバイザーが病気になり
唯一の社員であるラウルが店長代理としてバイトであるフィノアイリと共に
お店を切り盛りする・・・って話なんですが・・・

あれ・・・なんだろ・・・涙が・・・

私自身がコンビニでバイトをしていた経験があるからなんでしょうが
今回はリアルに・・・商品を売るお店の店員の苦労がわかる話。

『店員が少ないときを狙ってお客様はやってくる』

という格言どおりに・・・ラウル達は大変な目にあいつつ
ラウルはいつもはセアラが対応しているお客さんや人数不足による
対応の遅れ・・・さらには時間がない時に限ってくるクレーム対応などに追われて
追い詰められていくことになるんですが・・・

これは・・・キツイよね・・・

前提としてこの状況が始まる直前に夢の中で勇者制度が復活して
無事に勇者になり大活躍した結果、表彰される・・・
というかつてのラウルの目標そのままの夢を見てしまったことで
自分が『勇者』って職業にいまだに未練があることを強く意識してしまった所で
今回の一件が重なり・・・お客から駄目だと言われたりして・・・
どんどん鬱屈としたものが溜まっていって追い詰められてしまう感じですね。

後輩であるフィノに売り上げはともかく粗利では負けた・・・って事もわかって
自分にはこの仕事は向いてないんじゃないか・・・って思っているところに
どんどん事件が重なって・・・って感じで精神的に参ってしまう感じ。

修理依頼を持ってきて今日中に・・・と無茶を言うお客さんとか
自分で読んでいても、ないわー・・・って感じでラウルはイラついていたけど
フィノはその人の気持ちになって、困るだろうなぁ・・・と
店の備品を貸し出すことで修理期間中代わりにしてそのお客さんから
高評価を得て、ラウルは逆に貶されたりとか・・・展開的にはかなり厳しい感じだったり

セアラのお得意様だ・・・という女性・ユニィが来店して注文してあった品を
受け取りにきたけど、ユニィの名をかたってその品物を奪おうとした相手がいたので
ラウルは一応・・・って事で本人確認のための身分証明書の掲示を頼んだけど
持っておらず、メンバーズカードで確認できたけどその手際の悪さと
奪おうとした相手の対応をしていたフィノに本人確認を・・・と怒ったりしたせいで
ユニィから嫌われたりと・・・散々な感じ。

ただ彼女は最後にさらに追加で商品を・・・って時にはついつい売り上げを考えてしまい
あまり信頼性とか品質が良いとは言えない自社ブランドの商品をお勧めしてしまい
後々、それがさらに問題へと発展して・・・って事で・・・

やめて・・・ラウルのHPはもうゼロよ・・・

って感じになってしまうことに・・・

ってお姫様・・・だと・・・!?

ラウルは自分が売った商品が回収指示が出た事を知ってユニィの元へ回収にいき
彼女がこの国の皇女であるユニーティアである事を知り、
城の人間に身元確認だと来歴を聞かれ勇者予備校の元生徒と聞いて馬鹿にされ
彼らの上司になっていた元クラスメイトの取り成しでユニィに会えることになったけど
自分が名前も覚えてなかった相手が王国の竜騎士っていう今じゃ
『勇者』にもっとも近い職業についていたことでショックを受け・・・

さらにユニィがある理由から嘘をついた為にその商品が暴発
その結果・・・ラウルユニィ『持たざるもの(リミテッド)』という
魔力が生まれつきなくてマジックアイテムが使えない人間だと知り
ユニィからしたら信頼できないラウルに知られて・・・って怒り
ラウルのほうもユニィが嘘付いたから・・・そもそも商品の不良は自分のせいではないと
逆ギレしてしまって・・・さらに信頼を落とすことに・・・

ってか問題は別にね!?

件の問題があったマジックアイテム・・・一応TVなんだけど・・・

スイッチ入れると火柱・・・さらに飛ぶ

それなんて兵器!?

おかしいだろこれ・・・ってかラウルが働いている会社の自社ブランドって
つくりが雑とか品質が・・・とか色々問題があってワゴン行きみたいだけど
今度からは力を入れる・・・といった矢先の商品がこれ
逆に狙ってるんじゃないかこれ・・・どんな開発陣なんだろうな・・・

そしてもう1つ・・・

王女に逆ギレ!?

これ問題あるんじゃないだろうか・・・そこまで追い込まれていたのかラウルを・・・

ただこの一件で完全に追い詰められたラウルはつい電話してきたセアラ
自分の不安と仕事をやめたいと吐露する事になるんですが・・・

『光』を見つける

セアララウルの才能がなにより『勇者』に向いていると思っている
でもだからといってマジックショップの店員の才能がないとは思っておらず
フィノがお客様のことを考えて行動できるのは彼女がそういう環境で育ったからであり
実際の話、ラウルだからできる仕事もあるわけでその差はない。
そしてどんな仕事であれそれにわくわくしたり嬉しかったりするような何かを・・・
『光』を見つけられれば大丈夫だと言われ・・・
いいタイミングでフィノが自分と一緒のシフトの日を楽しみにしている事や
アイリが今日はがんばったからと差し入れを用意してくれた事も重なって
もうちょっと頑張ろうと思えるように・・・

フィノとアイリ

この2人が彼にとって『光』なのかも知れない・・・
フィノのほうが比重が大きい気がしますけどね。

そこからは『勇者』になるために得た知識や経験が意外と
仕事に応用できることに気づき、お客案の立場で・・・というのも
自分がコンビニで問題が起きた時にされた対応から反省して
改めることができて・・・とてもいい感じに

まぁ・・・いきなり店が占拠されたけどね・・・

相手は『持たざるもの(リミテッド)』達であり
今の国王が進めるマジックアイテムの普及に反意を持ち
王女であるユニィが訪れたのを気に人質として利用って事みたいで
ぶっちゃけ・・・たかだかその程度のやつらがラウルアイリに勝てるわけないけど
お客さんがいるわけで抵抗できず・・・さらにダークドラゴンが休眠時に
変化する石を犯人グループのリーダーが持っていたのでそれで拘束

ただ・・・

この店はやっぱり普通じゃない!

隙を見て拘束を解き、その身を挺してユニィラウルが守ったことで
ようやく彼女も彼を信用するようになり、自分の過ちも認ぶ
犯人達の前で・・・さらに報道カメラが見ている前で自身も『持たざるもの(リミテッド)』
である事を告白・・・それで犯人グループに王女としてその問題に取り組むと約束し
事件は無事解決・・・ちなみにダークドラゴンは・・・

目覚めてしまいました

一匹で国を滅ぼすってレベルの危険なドラゴンなわけですが
フィノの魔王の娘としての魔力をラウルが借り、
勇者予備校主席のラウルと次席のアイリ
さらにはセアラも援護に来て・・・

負けるわけがない

という事で無事解決・・・ダークドラゴンからしたら

無理やり叩き起こされたらなぜかチート級の戦士ばっかで
フルボッコにされたでござる・・・


しかもあの自分を苦しめた炎を吐いた空飛ぶTVはなんぞ?

って感じだろうね・・・ってかTV・・・やっぱり武器じゃねーかこれ・・・
こんなのお客さんに売ったら阿鼻叫喚だよ・・・

最後はラウルはこれから先もこの仕事を続けていく希望が持てたし
ユニィは国民に向けて『持たざるもの(リミテッド)』の事をもっと考える事を約束
何気に・・・ラウルに守ってもらったときに『ときめきを感じた』とか発言していて

あれ?王女様が落ちた!?

ってスルーしちゃいけない部分があったんだけど華麗にスルー
まぁセアラが担当する常連客みたいだし・・・またでてくるんだろう・・・
ってか今度は王女か・・・モテるな・・・ラウル・・・

今回の話は接客業の人には結構思うところがある感じかも
お客さんに対するイラつき・・・でも相手からすると・・・ってのは
結構大切な考え方・・・だよね・・・
まぁマジでどうしようもないお客さんとかいるんだけどね・・・

○円ごとお買い上げごとにくじを・・・ってキャンペーン(ちょうど今7-11でやってる)
で当時、くじを選ばせろ・・・って客に会ったことありますね・・・

どうせ誰か引くんだからいいだろ?とか言われたときは唖然としたし
断ったらじゃあ全部返品するから金返せとさらに言われたときは
開いた口が塞がりませんでしたね・・・
確かに店員とお客様の立場は対等とは言えない関係かもしれませんけど
相手に不正を要求するのはおかしいだろ・・・っていう・・・

接客業って色々大変ですよね・・・

そういえばこの作品ですが正式に・・・

アニメ化、決定!

との事・・・楽しみです。

次は長らく影を潜めていたアイツが登場との事ですが・・・
アイツか・・・だとすると厳しい展開になりそうな予感・・・
今考えている相手と全然違ったら恥ずかしいけどね・・・

最後に一文。

ラウルのセリフ

悩んでいた彼に『光』を灯したのはフィノアイリ
彼の悩みを解決するものなんて最初からすぐ近くにあった
ただ気づかなかっただけ・・・っていう青い鳥みたいな感じでしたね

だからこそ二人への感謝のセリフであるこれで
惜しむらくは・・・アイリの名前を呼んでやれよってことくらいだろうか・・・

「・・・ありがと、フィノ、『オールA』」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。6 (富士見ファンタジア文庫)勇者になれなかった俺は
しぶしぶ就職を決意しました。6
(富士見ファンタジア文庫)

(2013/05/18)
左京 潤

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。