スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小春原日和の育成日記 5

あらすじ

築七十年でトイレ&風呂共同の貧乏アパートで暮らす小春原日和は、
類い希な才能と呼べるほどの地味っこである。

そんな彼女の“おとなのじょせいになりたい”発言から始まった地味っこ改造計画、
成長具合もいよいよ佳境に突入―!?

改革を進めていた生徒会長の鷹匠光琉を罷免!?

姫乃宮女学院に流れた衝撃的な告知に、動揺を隠せない日和たち。
このままでは居場所を奪われてしまう日和は、
生徒会への立候補を決意するのだった。

だが実績もお金も少ない彼女が簡単に進めるはずもなく、
鷹匠を外そうと企む鷲津派筆頭のお嬢様が日和の前に立ちはだかる。

まず前哨戦として学園祭での勝負が始まり・・・!?

五十嵐雄策と西又葵の夢の競演で贈る、らぶこめ育成日記、レッスン5!

感想

小春原日和の育成日記の5巻

前回の感想からだいぶ間が開き、さらに発売日からも空いてるけど
隙間ができたので入れてくぜ・・・

さて・・・とりあえず久々に一言・・・

佑介、爆発しろ!!

こいつそろそろ吹き飛んでもいいんじゃないかな・・・
ってくらい今回も役得というか・・・いい目にあってるじゃねーかこの野郎・・・

前回の話では妹分って感じだった日和をようやく佑介が異性の女の子として
意識するきっかけになる部分があったり

最初から日和佑介に好意的だった光琉と距離が縮まり

さらに光琉の派閥を撤廃しようとする動きに反対する
最大の派閥を要する鷲津派の現トップである次姫
かつてそうであり前回の最後で理事として赴任した初姫とも邂逅し
予想に反して・・・個人的に気に入られたり

って事があったわけで今回は本格的のこの2つの戦いに巻き込まれて・・・
そんな感じで・・・前回の感想を書いたときは自分は思っていたみたいですが・・・

あれ?なんか・・・予想外の方向に・・・

大まかな流れは予想通り・・・生徒会選挙に当たる『』が開かれる事になり
次姫が生徒会長に立候補、光琉も当然再選を目指して立候補して
日和達はその応援・・・って事になりそれに必須だという乗馬の練習をしていたんですが

何故選挙に乗馬!?ってか黒王号って!?

って感じで・・・まぁ色々とツッコミ所満載だったんですが・・・
ここから・・・ちょっと事態は変な方向に動いてしまった感じですね・・・

初姫次姫の妹でありながら日和佑介と仲良くなり『おともだち』になった
三姫がかつて1年生の派閥をまとめていた時に補佐をしていた冴織が会計に立候補し
さらにその暁には日和が大事にしている鶏とピラニアがいる
バードハウスと水槽棟を撤去する・・・と日和に宣戦布告したことで
日和もその2つを守るために・・・と会計に立候補する事になり
その前哨戦として学園祭で出す喫茶店の売り上げ勝負・・・って事に

冴織は銀行を経営する一族の娘で・・・強敵なんですが
日和には頼りになる『おともだち』佑介桜乃日和荘のメンバーがいる・・・
って事で喫茶店の準備をして・・・時間が足りないからと泊り込み

日和に怖いと抱きつかれ

唯香に怖いと抱きつかれ

朝起きたら他の5人も抱きついていて
       
bakuhatu.png

って事もあったけど・・・今回ばかりは時間と人手が足りない・・・
いつものように佑介が何か無茶を・・・って思っていたんですが
ここからの出来事が・・・おそらくこのシリーズにおける転換点になっていた感じで
日和のみんな『おともだち』という人柄に共感したり感謝している1年生の女の子達が
協力してくれて無学園祭までの間に合う事に。

その学園祭では彼女たちの野菜喫茶『ベジタブル・ふぇあり~♪』
大成功を収め売り上げでは冴織の店に大きく及ばなかったけど(63万と5万ちょい)
利益としてはお店の準備のための資金が(60万と1万)って事で無事勝利

さらに三姫冴織を心配していた事や素直な気持ちをきちんと伝えた事で
無事和解する事ができ、それのおかげで日和冴織から認められたみたい。

何気にノリノリで初姫がお店に訪れたり、勝利の判定をしたのが彼女だったりと
あいかわらず・・・妙に日和佑介を気に入っていて・・・もはや敵って感じではなく
後夜祭ではみんなとダンス(冴織初姫も)したりして・・・

bakuhatu.png

って感じだったんですが・・・今回の一件で日和が名実共に1年生の中で
もっとも支持を受ける存在になりつつある事が・・・問題に・・・

鷹匠 光琉

日和佑介を認め・・・そして派閥という女学院の現状を変革しようとする彼女
だけどもはや日和が『おともだち』と呼ぶそれは彼女にとっては派閥と代わらず
エピローグでは自分が生徒会長に再選された暁には
派閥の力がまかり通っている委員会や部活・同好会・・・さらには日和達の菜園部も
廃止にするというマニフェストを宣言したところで今回は終了

恐れていた事態が・・・

縦の繋がりで繋がった派閥・・・って仕組みはどうかと思うし
初姫達はそれを変える気がないから根本的な部分では相容れない
だけど派閥に所属していても個々の生徒は別に悪くないし
交流する事は可能で

だけど光琉の改革は作中で初姫が懸念して日和佑介に話していた内容に・・・
『絆の否定』に繋がる考え方になっちゃってますね・・・

自分の選挙を手伝ってもらう・・・って事すら最初は遠慮しようとしていたし
今回の一件で日和を慕う人間が増えた事で彼女達まで変革の対象にされてしまい
もはや明確な敵・・・とするならば彼女こそが・・・って感じになってしまってます。

光琉の暴挙に対抗するために同じく生徒会長に立候補する次姫を助けるのか
それとも日和が会計への立候補ではなくて1年生でありながら生徒会長に立候補するのか
これからどうなっていくのか・・・謎な感じで楽しみでもありますね。

鷲頭派が縦の繋がりである派閥

光琉は個人主義

日和『おともだち』・・・横の繋がりかな?

それぞれ間違ってはいないけど・・・別の概念・・・さてどうなるのかな?

それにしても・・・佑介は作中で占いにおいてまわりに7人いてその内
3人から強く思われていて、残りの4人もそこそこ強く思われてる
さらにちょっと離れているけど2人・・・って事らしいんだけど
この2人が誰かわからないな・・・

好意が大きい3人は日和唯香三姫だろうし
残りの4人は日向・皐月・ましろ・美咲なんだろうけど・・・

2人のうち片方が光琉だとして・・・もう片方は・・・誰だ?

それにしても・・・感想を書くために久々に読み返したけど5巻だけじゃ駄目でしたね・・・
さらに前の巻の挿絵を見ないとキャラの顔が浮かんでこなかった・・・

最後に一文。

佑介のセリフ

こいつ・・・アホだ・・・そう思ったセリフ
いや、なんかめっちゃツボというか狙ってんじゃねーかこいつ・・・って感じだったので・・・

ってかねぇよ!?

前半、乗馬の練習で苦戦する日和のために部屋で不安定な何かに跨って特訓・・・
となり佑介が思いついたのがこれ・・・いや、色々と間違ってる気がするぞ・・・うん・・・

ってか爆発四散してしまえばいいんじゃないかな・・・こいつ・・・

「─その、俺の背中とかがいいと思うんだが・・・」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
小春原日和の育成日記(5) (電撃文庫)小春原日和の育成日記(5)
(電撃文庫)

(2012/09/07)
五十嵐雄策

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

うん、とりあえず佑介は刺され・・・ると日和が悲しむので
光琉あたりから制裁食らっとけ・・・
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。