スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生徒会探偵キリカ 4

あらすじ

生徒数8000人の超巨大学園に秋がやってくる。
食欲の秋、読書の秋、そしてスポーツの秋! 

二学期最初のビッグイベント・体育祭を控え、生徒会は臨戦態勢に入っていた。

白樹台の体育祭はただの運動会じゃない。
運営権と予算枠3000万円を賭けた、体育科とのガチンコバトルだったのである! 

強大な敵を前に会長と朱鷺子さんと郁乃さんも一致団結。
キリカも莫大な予算額にいつになくやる気満々。
そして僕らの前に立ちはだかる体育科のリーダーは・・・・・・魔王陛下!?

いつもより多めの肌色に青春の汗と涙がまぶしく光る
ハイテンション学園ラブコメ・ミステリ、第4弾!

感想

作中における策略とかそれに対するキャラの対抗策など
今回はかなり言及してるので思いっきりネタバレになります。
この作品を読む気なら読んでから感想を読んだほうがいいです・・・


生徒会探偵キリカの4巻

表紙は生徒会副会長である美園
ちょっと変な方向に主人公である日影が大好きな美少女

日影、爆発しろ・・・

さて・・・今回の舞台は体育祭です・・・

やっぱスケールでけぇ!?

さすが生徒数8000人という設定の学校が舞台だけあって
一筋縄でいかない感じのイベントになっていて今回はそれにまつわる話。

体育祭はイベントで唯一生徒会側が主導ではなく体育教官室・・・
体育科の教師と生徒による主導で運営されていて
現生徒会長である狐徹が中学1年で生徒会長になってから今までの
中2~高1までの三年間は体育科の生徒VSその他の生徒って図式で
体育祭を開いていたものの全敗だった・・・という

あの狐徹が!?

って感じのインパクトがあるイベント。
実際は相手をきちんとくやしがらせたいからとあまり卑劣な手を使わないからみたいだけど
それでも・・・毎回敗北していて今度こそは・・・って感じ。
勝てば次回の運営権を生徒会側が手に入れられる。今回を逃せば次回は勝利できたとしても
その時は3年になってる狐徹は運営に関われないという事でラストチャンスにもなっていて
そこに生徒会探偵であるキリカ、そして爆発しろこの詐欺師な日影が関わっていく感じ。

魔王、登場!

って事で今回の体育祭運営委員長である瑠威那(♂)はかなり邪気眼入ってる
自称魔王さま・・・

それでいいのか白樹台学園

いや、生徒会長が狐徹だしな・・・問題ない・・・のかな?

彼は基本的には邪気眼っぽい言動でちょっとおかしい感じなんだけど
根は奨学金で学校に通っている優等生であり教師の覚えもいいみたい
さらに今回の話では狐徹すらヒヤッとさせるような策謀を見せたりと凄い強敵

ただし・・・今回は味方がチート

体育科じゃない生徒は全員味方なのでもちろん普段は協力しない
生徒会中央議会の議長である朱鷺子
生徒会監査委員の委員長である郁乃も味方であり
ぶっちゃけ負ける要素はなさそうだったんだけど・・・
今回の話のキモは・・・そして日影が気づいたこの体育祭のシステムの問題点は
そこじゃなかったですね・・・

まず第一に上層部メンバーは好敵手との戦いが・・・って感じで楽しめていたけど
一般性とは途中で逆転不能なまでに差をつけられる体育祭を後半になるにつれつまらないと
当の体育科の生徒ですら思っている事が日影の聞き込みで判明して
狐徹も・・・生徒会長として生徒を蔑ろにするのは駄目だな・・・と思い直して
それを踏まえたうえで全力で勝ちにいく方式に変更

あー・・・うん・・・勝ちにはいくのね・・・

ここからは日影が思いついた案を使い体育科側にも利点を・・・
もし一般生徒側が負けた場合は瑠威那に生徒会長の座を譲ると宣言
これで条件は五分五部となりさらにルールに大幅な修正と追加を加えることで
生徒達が最後まで逆転を信じて戦えるように変更・・・って事に。

一般生徒は全員参加(最低1競技は出場)
体育科は人数が少ないので一人で複数競技参加可能
勝利した競技数によって最終決戦の騎馬戦に出場できる騎馬の数が決まる
騎馬戦で勝利したチームが優勝
騎馬戦では大将を決め、大将が敗北したらチームは敗北


というルールで体育祭は行われることになるんですが・・・
なんていうかいいですよね・・・二次元の学園の文化祭やら体育祭って・・・楽しそうで・・・

この学園の生徒達がそういうノリが大好きだってのもあるんでしょうが・・・
うーん・・・うらやましいかぎり・・・

私とか高校の体育祭は早々にチームが敗北して他チームの応援もそっちのけで
空いてる部室で友人とカードゲームとかしてましたからね・・・
そして何故か教師まで参加してたりしたんでそれはそれで楽しかったけど・・・
あの先生・・・今考えると大丈夫なんだろうか・・・

瑠威那は邪気眼ゆえにとっつきにくい感じだったけど話し合いに行くうちに
日影は普通に意思疎通できるようになり、貧乏なので食事が結構切迫してたので
毎回差し入れ持っていったら妙に気に入られたりと相変わらずタラシの才能を
見せてましたけど・・・まぁ今回は男・・・
そしてその芯は狐徹と真っ向勝負できるような相手だったわけで・・・
これも一種の縁なんでしょうかね・・・
日影は彼と狐徹の対決を見て、自分もいつか彼のように狐徹と戦いたいという気持ちを・・・
前回の話で表面化させられたいつか狐徹を倒したいという気持ちを刺激された感じ
ある意味で今回の対決は日影にとっても後々のためのいい経験になった感じでしたね。

瑠威那は生徒会長になりたいって気持ちがあって・・・その大元がわからなかったから
それを調べるのが今回のキリカへの依頼であり依頼主は狐徹
その過程でキリカは彼の策略の一部に気づき・・・それが最終的に突破口となって
一般生徒側の勝利に繋がったわけで・・・やっぱり相手が悪かったって感じでしたね

いや、すげー策略返しだった・・・

瑠威那はルームメイトで一般生徒である宮里に競技中に体育科へ転科させるという
この学園の転科システム・・・試験を受けて教師が了承すればするに可能というそのシステムを使い
彼に一般生徒側を裏切らせることで狐徹の隙を付いて鉢巻を奪わせて勝とうとした

だけどキリカが推理からそれに感づき、日影達がそれを中心に事前に考えていて
狐徹は大将の証である『将』と書かれた鉢巻を付けておらず・・・
その鉢巻をしていたのは裏切った当人・・・宮里の額にそれがあり
策略が成り、勝った!と気が緩んだ隙を誰も警戒していなかった最弱の騎馬・・・
キリカの騎馬で鉢巻を奪取して・・・試合終了

これは・・・素直に凄いと思いましたね・・・

騎馬戦のルールは

・『将』と書かれた鉢巻を付けたのが大将騎

・鉢巻が外れるor騎乗者が落ちたら脱落

・大将騎が脱落したらチームは負け

・審判にも誰が大将騎かは知らせない。取ったら確認

・騎乗者は同陣営の鉢巻に触れては駄目


であり上の3つは狐徹の提案であり、下の2つは瑠威那が追加したもの
これを見るとわかるんだけど・・・完膚なきまでに瑠威那を叩きのめしてますね。

瑠威那が利用したのは同陣営に触れては駄目・・・を逆手にとって
試合中に陣営を変更させるというもの・・・だけど日影はさらにその上を・・・
あらかじめ裏切る相手に『将』の鉢巻をさせておくことで敵に狙われず
さらに彼が敵にまわった瞬間にそれを奪うことができれば勝利できるという・・・
まさに詐欺に詐欺を上書きしたと言っても過言ではない感じの計略

体育科側のミスはルール内に色を・・・一般生徒側が白組、体育科側が赤組という
色の識別を組み込まなかったこと・・・
これがなかったからこそ宮里が体育科に転科した瞬間に・・・
瑠威那が考えた策略がなったその瞬間に白組側の負けが消えるという状況に
持って行かれてしまったわけで・・・まさに

策士、策に溺れる

ってやつでした・・・体育教師にまで協力してもらったのに完全に上を行かれたという・・・
宮里が転科した事で彼の鉢巻を白組は狙える。
そして白組の『将』の鉢巻は彼が付けているけど赤組になったので
他の赤組のメンバーは手出しできず、白組側は誰がつけているかわからない
「赤い『将』の鉢巻」を探すまでもなく赤組になった宮里がつけている
大将騎の証である「白い『将』の鉢巻」を取ればいい・・・何故なら勝利条件は
「『将』の鉢巻を取る」事であって色の指定はないのだから・・・

うーん・・・やっぱいいなこれ・・・

この逆転劇というか詐欺っぽさが・・・この作品の醍醐味ですよね・・・
そしてこの学園の生徒は・・・基本こんな裏技っぽい方法でもきっちり負けを認める
あたりがノリがいいですからね・・・
宮里も裏切ったのに利用されて敗北・・・後々を心配してたけど仲間たちからは
楽しそうに文句言われただけですんだし・・・やっぱりいい学校

そして残されたのがキリカへの依頼であり瑠威那の真実

初代生徒会長の息子

それが真実・・・初代生徒会長であり今の生徒会の権威の礎を作った鳴神 誠士郎
生徒会室の大きな扉に『大憲章』を書き示しその奥に何かを封じた男
その息子こそが瑠威那で・・・瑠威那と母親は子供のころに彼に捨てられて
残されたのは鍵が1つ

この鍵こそが『大憲章』の扉の1つであり生徒会に残された鍵と2つあわせて
扉を開こうとしたのが彼の目的

勝って生徒会長になれば堂々と・・・負けても勝利の挨拶で狐徹が拘束されてる間に
彼女が応援合戦で使った服・・・鳴神 誠士郎の学ランを探り鍵を手に入れて
生徒会室に侵入するつもりだった・・・

もちろん事前にキリカが気づいたのでたくらみは失敗し
さらにこの扉の鍵は実は3つ必要らしく・・・狐徹曰く3本目は本人が持っているんだろう
との事で・・・目的は果たせなかったけどね・・・

瑠威那は自分達を捨てた父親の手がかりを探していただけっぽいし
復讐・・・と言いつつも殴るぐらいしか考えていないみたいで
やっぱりというか・・・根はいい人でしたね・・・

こんな感じで今回は無事終了

日影体育祭の参加に消極的だったキリカを参加させて
さらに活躍させて楽しませれてご満悦だったし、キリカ日影が自分のために
そう行動してくれて嬉しかったみたいだし・・・いい感じでしたね。

真面目な堅物・・・って感じの楓花が今回は体育科側で応援合戦で
ウェディングドレス姿でアクロバットとかしてノリノリだったり

美園日影大好きっぷりを拗らせてたり

体育祭当日には狐徹朱鷺子の父親、美園の母親が来ていて
比較的まともっぽかったのが朱鷺子の父親だったり

キリカの父親が権力全開で監視カメラで娘の活躍を撮影してたり

あいかわらずちょっとした場面でも変な方向にぶっ飛んでたのは
いつもどおりでしたしね・・・面白かった。

まぁ一番なぞだったのは・・・

ひかげ(兎)

ですけどね・・・

楓花の活躍で確実に勝てると思っていた応援合戦が厳しくなり
キリカは急遽チアリーダーとして参加
頭の上にひかげ(兎)を乗せて完璧に周りに合わせて踊りきった
そして・・・ひかげ(兎)も踊ったりジャンプしたりしてたし
エピローグではキリカとの会話中、日影を見つめてきたので
彼が親指を立てたらサムズアップで返してきた・・・

あれ?なんかおかしくね?

最近とみに・・・何か別のものになりつつあるんじゃないだろうか・・・この兎・・・

最後に一文。

瑠威那のセリフ

まだ真相がわかる前・・・キリカが彼の真の目的について
問いただした時に彼が答えた回答

実は彼・・・最初から真実を語っていて・・・キリカはそれを素直に受け入れていたからこそ
真相にたどり着いた模様・・・いや、気づかないよ・・・
普段から邪気眼発言してるヤツだしなおさらだよね・・・

ただ全てを知った上で改めて読むとなるほど・・・事実だな・・・と・・・

「我が真なる目的は父なる神への復讐だッ」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
生徒会探偵キリカ4 (生徒会探偵キリカ (4))生徒会探偵キリカ4
(生徒会探偵キリカ (4))

(2013/06/07)
杉井 光

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/03│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。