スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法科高校の劣等生 10 来訪者編(中)

あらすじ

西暦二〇九五年十二月。雫との『交換留学生』として、
USNA(北アメリカ大陸合衆国)からリーナが魔法科高校にやってきた。

達也は、彼女が大規模破壊兵器に匹敵する
戦略級魔法師「十三使徒」の一人であることを瞬時に見抜く。

そして、同じ時期に東京で発生した『吸血鬼』事件
―魔法師の血液を抜き取る連続傷害事件との関わりを探るのだった。

『吸血鬼』事件の全容は次第に明らかになりつつあった。

達也のヒントと幹比古の古式魔法によって、
『吸血鬼』の正体が『パラサイト』と呼ばれる『魔性』であることを突き止める。

しかし、別次元から意図せずに招かれたその『来訪者』は、
ついに魔法科高校に襲来する。

その『吸血鬼』の正体(宿主)は、意外な人物で―!

感想

魔法科高校の劣等生の10巻にして『来訪者編』の中編

前回の話で達也に事を調べるためにUSNA(北アメリカ大陸合衆国)
戦略級魔法師『十三使徒』の一人、アンジー・シリウス少佐ことリーナ
第一高校にと交換留学という形で訪れ
さらにUSNAでのマイクロブラックホール生成実験によって発生した
『パラサイト』と呼ばれる人の精神に寄生する存在によって軍を脱走した相手を
リーナは葬るって任務も課せられていて・・・
その『パラサイト』魔法師を狙い・・・その中には達也の友人であるレオもいて
色々な勢力がそれぞれそれに対処するために動き出し、
さらにリーナはその中で達也を調査・・・って事でかなり複雑な状況だったけど

達也は結構あっさりリーナを下し・・・それでも認めなかった彼女を深雪
1対1の魔法戦で勝利することでとりあえずの決着をみて
ある程度・・・リーナ達也達に事情を話した・・・ってのが前回

今回は色々と進展はあったけど・・・転換点って感じでまだまだ謎が多いので
それについて感想を書いていく感じで短めです。

・吸血鬼の謎

読者にはすでに原因は説明されているんだけどUSNAに留学中の雫から
達也達に情報が伝えられ知る事に。

魔法の力は別次元に存在して魔法師はその力を境界の壁を壊さずに
引き出すことができる。
だけどUSNAがした実験は一瞬とはいえその壁を破壊してしまい
その結果、『パラサイト』はこちらの世界に顕現
単体では存在を意義できないために力を補充できる魔法師に取り付き
そして精神を変質させてしまう。

主に野望とか愛情とか・・・種類は違えども人の『祈り』のような強い願いに惹かれる
って事な模様・・・さらにもともと1つの存在が分割されて12体になっていて
それぞれ繋がっている・・・って感じみたい。

うーん・・・やっぱりちょっとホラー

魔法って存在が普通にある世界観だから違和感があるわけじゃないけど
きっちりと技術体系として存在するからこそこういう存在がありえるって
はっきりわかってしまうからこそ恐い感じがありますね。

達也はバラバラに動いている十師族側の真由美克人
警察側のエリカ幹比古の両方に情報を伝え捜査に協力
最終的に何を思ったのか第一高校に・・・しかもリーナの補佐として来ていた
諜報員に寄生していた『パラサイト』が訪れそれを察知・・・

達也でも視認できずかなり苦戦したけど美月がはっきりと視認できて
さらに視認された事で存在が確定化したせいか達也も認識できるようになり
対抗手段を持たないのでかなり強引に吹き飛ばすって手段で倒すことに。

ただこの倒した『パラサイト』は滅んだわけではなく・・・って事に。

他の『パラサイト』は動き出した『四葉』の部隊によって処理・観察されたりして
追い詰められたりもしてるみたいだけど・・・まだ明確な目的も
狙いもわからないままで・・・そこらへんは後半かな?

何気にいい印象がなかった黒羽家の当主である

その娘と息子の亜夜子文弥達也を慕ってるけど彼は道具扱いって感じだったけど
今回の話を読んでみるとちょっと印象が変わる感じ。

そもそもが33年前の『四葉』を襲った事件とその顛末を考えるに
身内に対してはかなり情に厚く、敵に対して容赦がな一族であり
その悲劇を繰り返さないために生まれたのがガーディアンというシステム
それを考えると・・・実は達也が虐げられていって状況は7巻の感想でも書きましたが
やっぱり違和感があるんですよね・・・

達也『パラサイト』への攻撃手段を持たなかったけど
深雪の期待もあって・・・新しい魔法を作ることになったりと
何気に凄まじい才能を妹の期待に応えるために使ってたし・・・
なんだかんだで身内に弱い一族ですよね・・・この人達って・・・

・エリカ

↑の一件で達也が友人である自分達だけでなく真由美達にも協力したことで
『自分達の味方になってくれると思ったのに・・・』と拗ねていたエリカ

あー・・・やっぱりそっちなのね・・・

って事でエリカはやっぱりというか・・・達也を意識している感じですね。
最近はレオとのコンビ行動が多かったけどやっぱりあっちはそういう感じじゃないみたい。

はっきりと表明している感じじゃないんだけど・・・さてこの娘の想いの行方は
どうなるのかな?

・リーナ

彼女についてはなんかもう色々と複雑・・・でも・・・

年相応・・・なんだよなぁ・・・

やっぱり若すぎるってのが問題なのか『アンジー・シリウス少佐』として
実戦経験は豊富でもそれに釣り合う知識がまだ足りないという
普通の天才とはちょっと逆の状況な彼女

失敗続きで査問にかけられて・・・そっちは無事だったけど身内に『パラサイト』がいて
他にも感染者が・・・さらにリーナがそうだったらヤバイって事で
事件が落ち着くまで帰国すらままならなくなってしまってかなり厳しい状況

まぁ・・・達也を相手取って・・・って作戦を負かされた時点で
不幸だとしか思えないけどね・・・

自分の正体について黙ってくれている達也の事が気になっているけど
指摘されたら敗北したのは初めてだったのでリベンジを!とか答えるんだけど
バレンタインに・・・チョコを用意していたし・・・

いや、それって・・・

って感じなんですけどね・・・問題は『まるで自分が達也に・・・』って
行動から自分の思いを振り返るんだけどイヤイヤ・・・って否定しちゃって
明らかに自分の思いに気づいていないあたりとか・・・
やっぱりまだ年相応って部分がある女の子

作中では学校での着替え中に深雪とお互いのスタイルについて言及し
その雰囲気から周りの女生徒を悶絶させてたしね・・・

ってかなにしてるんだお前ら・・・

ラストでは正式に戦略級魔法師としての武装の使用許可が出て
深雪が習い事のために達也が1人になったタイミングで部隊を率いて襲撃

達也には政府などから護衛としてエリカの次兄・修次が密かについていて
普通の隊員は彼が無力化・・・だけどラストは『アンジー・シリウス少佐』の姿で
達也の前に・・・って所で今回は終わっているわけだけど・・・さてどうなるのかな?

彼女の戦略級魔法がどんなものかはわからないけど・・・個人相手に使えるものなのかな?

USNAの軍人が達也が戦略級魔法師なら対人ではそれを使えないから・・・とか
事実を知っていたら(笑)って感じに考えていたけど・・・さて・・・

・バレンタイン

今回の作中でバレンタイン当日を迎えるので・・・色々と動きはあるんだけど・・・
うん・・・とりあえずは・・・

達也、爆発いってみようか!

って事でコイツは・・・

ちなみにすでにカップルになってるペアは熱々だった模様。
達也の周りだと花音&啓ペア紗耶香&武明ペア

ちなみに美月達也レオ幹比古の3人に区別なく義理チョコ
とりあえずレオはそれでも特になんとも思わなかったらしい
そしてこの中で1名、特別なものがなくて凹んだ模様

うん・・・誰かバレバレだね・・・

エリカは実家の道場の男性連中に・・・で辟易していて学校では0
深雪リーナ『達也に?』と問われて『兄妹なのにそんなわけない』
あっさり返してましたけどね・・・
というわけで今回のバレンタインの主役は・・・

ほのか

彼女はきっちり本命のチョコを用意して達也へ・・・
もちろん一度振られているし高望みはしてなかったけど
達也はプレゼントを用意しておいてそれを彼女に渡したのでまさに舞い上がり
熱暴走状態になってましたね・・・

まぁその真意は彼女をプレゼントに釘付けにする事で
想いに対する見返りを考えさせないように・・・っていう達也の作戦で
彼はそんな自分の考えに自己嫌悪を覚えてましたけどね・・・

深雪を利用したことに

アカン・・・これはアカン・・・ほのかにも感じようよ・・・
まぁ深雪だから感情がって事もあるんだろうし、達也なりに
ほのかの事は考えているんだろうけどね・・・

あとバレンタインイベントで注目すべきだったのは真由美

彼女も達也のために手作りチョコレートを用意していたんだけど
それは色々と苦労したりからかわれたりとした仕返しって事で
凄まじく苦いチョコをわざわざ作成して笑顔で渡してきたという・・・

ただコレに対してもね・・・気になるんですよね・・・

わざわざ手作りチョコじゃなくていいじゃん

バレンタインに手作りチョコで仕返しって発想がそもそも
達也をそういう意識を向ける相手だって意識しているって感じがしましたね。

まぁとりあえず・・・達也はそのチョコでノックダウンされた模様・・・
うーん・・・文字通りノックダウンって・・・

ちなみに・・・我らがメインヒロインである深雪はチュコレートをふんだんに使った
夕飯を作りましたよ・・・もちろん・・・

結局、渡しとるがな!?

まぁ・・・うん・・・当たり前ってくらいだけどね・・・
でも何気にこの食事でアルコールが少し入ったせいか彼女の本音がちらっと・・・

最後の一文にしようかと思ったけど別のがあったのでここで・・・

『・・・何故、わたしはお兄様の妹なのかしら』

やっぱりなぁ・・・って感じですよね・・・ほのかとか雫にはそういう気持ちはないと
否定していたわけですけど・・・ぶっちゃけ誰も信じてなかったもんね・・・
この想いの行方はさて・・・どうなることやら・・・

・ピクシー

そして今回の一番の出来事がこれ

↑で書いた達也達に学校内で撃退された『パラサイト』
それが構内に保管されていた人型家事手伝いロボットに憑依

やられた時の記憶は失われ・・・そんな『パラサイト』を再び表面化させたのは
バレンタインで達也にチョコを渡したときのほのかの強烈な恋慕の想い
それを写し取り取り込んだ結果・・・

達也に仕えたい!

という強烈な衝動を持った家事手伝いロボットが誕生するということに・・・

どうしてそうなった!?

この場面ではほのかが生殺し状態でしたけどね・・・
そのロボット・・・ピクシーは自分がどういう存在であるか
そしてほのかの想いによって覚醒したことを語り、
その想いがどういったものかを懇切丁寧に1つ1つ恥じらいもなく語ったため
ほのかはもう真っ赤に・・・

とりあえずピクシーはそのままにする事になったわけですが・・・
明らかに他の『パラサイト』とは外れた道に入ってしまったわけで
ピクシーを中心にこれまた一騒動おきそうな感じもします・・・

まぁ近くにバカップルがいる状態で『パラサイト』をロボットに憑依させれば
人に危害は加えない感情表現豊かなロボットになる事がわかったわけで・・・
これ制御できれば商売になるんじゃないだろうか・・・

---------------------------------------

さてちょっとずつ事態は進展して・・・後編になるわけだけど
どうやって解決に至るのか・・・楽しみですね。

続きは8月発売・・・うーん待ち遠しい・・・

何気に1年生の部も次で終了で現在電撃文庫マガジンで連載中の
2年生の部へ続いていくわけで・・・そっちも楽しみ

考えてみればあれってピクシーとか『パラサイト』のその後について
全然言及してなくてそこら編を省いている状況での連載なんでしたね・・・
これからの展開にも期待です。

最後に一文。

ピクシーのセリフ

彼女(?)が取り込んだほのかの強烈な想い・・・祈り・・・
それを彼女は達也に語ったわけで・・・それがこれ・・・

その場には達也深雪エリカレオ幹比古美月ほのか
現生徒会長であるあずさと会計である花音がいた訳で・・・

これってもう罰ゲームとかそういうレベルじゃないくらい
恥ずかしい事だよね・・・ってかほのか・・・お前はどんだけ達也好きなんだ・・・

「私は貴方に従属します」

「貴方のものになりたい」

「貴方に尽くしたい」

「貴方の役の立ちたい」

「貴方に仕えたい」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
魔法科高校の劣等生 (10) 来訪者編(中) (電撃文庫)魔法科高校の劣等生 (10)
来訪者編(中)
(電撃文庫)

(2013/06/07)
佐島勤

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こちらのサイトをよく拝見させてもらってます 初コメです

webでネット小説として週1で更新されてた頃、この巻の前後の内容を
読んでいた時に少なからず困惑した覚えがあります。
「魔法科高校の劣等生」に登場する魔法は科学的に分析・体系化されたもの
という印象だったので、急に異世界とか吸血鬼とかファンタジーな単語が
出てきて「そういう作風だっけ?」と思ったものです。

そんな「魔法科高校の劣等生」の書籍化が決まり、web版が削除されたのが
2011年の12月と1年半近く経ちますが、次の11巻でようやく追い抜く感じですかね。
電撃文庫MAGAZINEでは「2年生編 」がすでに掲載されてるそうですが、
そちらはなかなか読む機会に恵まれないので、次の11巻、
そして12巻以降が待ち遠しい限りです。
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。