スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エスケヱプ・スピヰド 四

あらすじ

黒塚部隊によって、“蜂”と“蜻蛉”、そして竜胆の体が奪われた。

九曜たちは仲間を奪還するため、鬼虫四番式“蜈蚣”弩将の井筒を目覚めさせようとする。
しかし理論上は正しいはずの蘇生実験は、失敗を繰り返していた。

そんなある日、叶葉は帝都“東京”の町中で行き倒れている少女を助ける。
“クルス”と名乗る少女は、去り際に

「南が明るくなったら逃げろ」

と叶葉に告げた。
そして彼女の言葉通り、南から敵襲がはじまり―?

果たして九曜は自らの半身“蜂”を取り戻すことができるのか。
そして謎の少女・クルスの正体とは!?
最強の兵器たちが繰り広げる神速アクション第4弾!

感想

エスケヱプ・スピヰドの4巻

ご馳走様でした!!

いや、もうこれしか思いつかん・・・今回の話はまさに

誰得だ?俺得だ!

って感じの展開でした・・・いろいろな意味でお腹いっぱい満足だよ・・・

前回の話では敵の『甲虫』の特機・・・

甲虫式/特機一号丸『兜』
甲虫式/特機四号丸『天道』


が登場しそれぞれが味方側の『鬼虫』と激戦を繰り広げ
結局痛みわけ・・・というよりはかなり味方側の敗北って形で終了

九曜の半身である『蜂』は奪われ、『蜻蛉』とその本体である竜胆の遺体も奪われ
さらに手に入れるはずだった『星鉄』も半分奪われた・・・とボロ負けでした。

今回は『蜂』&『蜻蛉』、そして竜胆を取り戻すための反撃・・・って感じの作戦で
前回手に入れた『星鉄』を精製して組み込むことにより

鬼虫四番式『蜈蚣』・弩将の井筒

の復活実験も行なわれるわけですが・・・
今回は彼が復活し・・・そして今の状況に悩み・・・その迷いを払うって物語と

鬼虫伍番式『蛾』・奔王の万字

すでにもう敗北必死で・・・それでも敵を食い止めるために自らを自爆させて
敵を倒したせいで本体も『蛾』も破損が多すぎて・・・復活不可能と判断された
彼が図らずしも残してしまった残り火が今回の事件って事になってますね・・・

今回の話のもう1人の主役とも言える少女、久留守
彼女は街でお腹をすかせて行き倒れていたところを叶葉に助けられた少女で
彼女はそのお礼にと南の空が光ったら逃げるように・・・と助言
その彼女こそが

甲虫式/特機三号丸『蛍』

の本体であり、その正体はかつて万字に命を救われた少女。
彼を『おじさん』と慕っていて仲間達の事も機密に触れない程度は聞いていたみたいだけど
それをたくみに・・・黒塚部隊の隊長である虎杖がその想いをたくみに捻じ曲げ
彼を死地へ送り・・・助けに行かなかったほかの『鬼虫』への恨みを植え付け
さらにそれを転じて中央上層部への憎しみにも転化させられた結果
激しい激情を持って襲い掛かってくることに・・・

ただやっぱり根は良い娘であり・・・最初の叶葉との出会いの時にかけられた言葉は
本当に序盤ではあったんだけど彼女に迷いをうみ・・・最悪の結果を逃れる原因に
なったっぽくて・・・それだけに叶葉の存在感が凄かったですけどね。

そのほかにも色々と・・・やらかしてくれましたし・・・

再起動を何故かしない井筒『蛍』の襲撃時に無理やり出撃させ
戦場の雰囲気で覚醒させることに成功するも自分が死んだ間近の記憶はなく
さらにすでに戦後で・・・自分達の戦いは終わり・・・しかも勝利も敗北もなく
自然消滅的に終わってしまった事に井筒はかなりショックを受けていたみたいだし
兄貴と慕っていた竜胆が一番新人である九曜に敗北したってのも気に入らないみたいで
かなり荒れつつも・・・精神的に不安定って感じで『蜈蚣』は起動できないと
せっかく復活したのに・・・って感じでした。

まぁ・・・そりゃね・・・

ガラの悪いヤンキーみたいな性格の井筒なんですが侠義に厚く
女子供が戦場に立つべきではない・・・って感じの兄ちゃん。
実際は女子供は守るべきもの・・・って認識の面倒見の良いツンデレヤンキーっぽいです。
さらに甘党で辛味・苦味は苦手という・・・

井筒は色々な意味で自分的にツボのキャラで一番何がツボかって言うと

実弾による超火力

という『蜈蚣』の攻撃力って点ですね・・・一斉掃射とか男の浪漫だし・・・
覚醒時の砲撃ですら『蛍』を一撃で退却に追い込む一撃・・・こりゃすげー・・・

彼は自分と前の自分の乖離に悩み、さらに自分達が戦ってきた意味に悩み・・・
戦闘にはでられそうにはないんだけど九曜は・・・彼に戦いは求めない
剣菱も時間がない、必要だとは言っても無理強いはしない・・・
生き残り組は生き残り組で彼を心配していて彼の判断に任せるって部分が
なんとなく・・・仲間なんだなぁ・・・って感じでしたね。

特に九曜の態度は頑なだった昔と比べて井筒としては驚くべきことで
その差も・・・悩みの1つだったみたい・・・なんか姿も違うしね・・・

そんな彼に黒塚部隊の何者かが勧誘をかけ・・・昔の戦争が無駄にならないように・・・
かつて共に戦った戦友たちの死を無駄にしないためにこちらへ・・・と言うんだけど
そんな彼の迷いを断ち切らせたのは・・・この作品のトリックスター・・・叶葉

大切な人を・・・九曜を助けて!

奪還作戦で敵の基地に侵入・・・『天道』と量産型は剣菱『蟷螂』が抑えていて
『天道』を撃破に成功・・・だけどそこでまさかの・・・前回の戦いでも邪魔をした狙撃が
剣菱を襲い・・・量産型は基地に引き返すことになり九曜たちの身が危ない
それを知った叶葉に頼んで井筒の下へ向かい・・・彼に自分の想いを
ただただ・・・九曜を救いたい、だけど自分では駄目だから・・・という気持ちを伝え・・・
そんな真っ直ぐした強い叶葉の目に在りし日の竜胆を見た井筒はようやく目を覚ますことに・・・

どんだけ!?

叶葉の影響力がどんどん凄いことになってます・・・一般人なのにね・・・
ここからはまさに形勢逆転・・・

迷いを吹っ切った井筒の言葉に『蜈蚣』も覚醒
高速輸送機で戦場へ向かい・・・量産型の『甲虫』をまさにフルボッコ・・・
ってか蜂の巣ですね・・・

最大の『鬼虫』にして最高火力の全身重火器

というまさに出鱈目な性能であり・・・多数の足を使った機動もすばやく
近接戦でもその鋭いあごで相手を噛み砕くと・・・ぶっちゃけトンでも性能でした・・・

カッケー・・・こいつカッケー・・・

なんかもう燃える展開で大満足でしたね・・・ってか格好良すぎる・・・

基本的に私は虫は嫌いなんですが・・・なんだろうね・・・虫ってロボットにすると
とたんに格好良く見えるようになるんだよね・・・
『蜈蚣』も苦手だけどこの作品のこれは・・・大好物だ!ってレベル

『鬼虫』の第一世代の3人はそれぞれ

鬼虫壱番式『蜻蛉』・四天の竜胆は指揮官であり
特攻術は自身の知覚能力を極限まで鋭敏化させる『神経加速(タキオン)』

鬼虫弐番式『蜘蛛』・羅刹の巴は参謀&技官で
特攻術は機械相手でも効果のある『毒(ドク)』

鬼虫参番式『蟷螂』・夜叉の剣菱は近接要因で
触れたもの全てを切り裂く『超振動(ジェット)』

って感じで渋い感じの能力になってますね・・・
まぁ竜胆は試作機って事で他より大量に使われている『水鉄』
攻撃に流用して最強になってましたが・・・

第二世代は

鬼虫四番式『蜈蚣』・弩将の井筒は重火器要員
特攻術は機体全ての火器管制をおこなう『多重砲塔(ドレットノート)』

鬼虫伍番式『蛾』・奔王の万字は高高度爆撃支援要員
特攻術は爆撃の炎を自在に操る『火焔操作(フロギストン)』

鬼虫六番式『蟋蟀』・鉤行の庵は狙撃手
特攻術は姿のみならず発する音や電波も消し去るステルス能力『幻影擬態(ファントム)』

って感じで・・・これまた浪漫をくすぐる感じになってますよね・・・

第三世代が

鬼虫七番式『蟻』・霖鬼の楓
鬼虫八番式『蜉蝣』・無明の柊
鬼虫九番式『蜂』・金翅の九曜
 

の三体でわかっているのは遊撃手である九曜の特攻術である『電磁制御(エレキテル)』
はネットワーク管制って感じの電脳能力みたいでは謎

こう考えると第三世代は新技術って感じっぽいコンセプトかな?

いいなぁ・・・この設定・・・

ちなみに『甲虫』の特機にもそれぞれ特攻術があって

一号丸『兜』・虎杖『波動砲』
三号丸『蛍』・久留守『火焔操作・改』
四号丸『天道』・日足『空間転移』

とそれぞれ未来技術っぽくなってるので・・・ある意味で第四世代になるのかな?
この他に

二号丸『小金』・烏帽子
五号丸『鍬形』・朧


がいて全五機が敵って事みたい・・・残り二人の能力も楽しみ。

久留守だけは万字の遺体の一部から遺伝子を植えつけて改良された能力らしく
『蛍』の能力は完全に『蛾』を模倣したものでしたけどね・・・
こういうのを見ると彼女が後釜に・・・とか考えてしまう・・・

万字は再生不能みたいでに精神を揺さぶられ動揺したまま『蛍』を駆り
万字と同じように自爆しようとしたのを九曜が前回『兜』に使って見せた
光学兵器らしき力で無事彼女を救出して捕らえたので・・・仲間になる可能性はある。

戦時に『鬼虫』に助けられ自身も・・・って状況は九曜にそっくりだし
今回の戦いのさなか、久留守ごと九曜『蜂』を無理やり操って殺そうとした時に
庇ったこともあって彼にだけは多少心を開いていたし叶葉には最初からだしね・・・
彼女が味方になるのかどうか・・・ちょっと木になるところ。

同じように捕らえられた日足は・・・うーん・・・どうだろ・・・
隊長である虎杖が助けに・・・って信じてるけど当人はまったくその気ないみたいだし・・・
特攻術を使われたら一気に脱出されるので変な事にならないといいが・・・

最終的に『蜂』は無事奪還成功・・・井筒も完全に調子を取り戻し
敵は2機捕獲・・・と完全に勝利って感じだった今回

だけど戦時中に行方不明になった人員を人質に情報を流すように
黒塚部隊はその人質の家族を中央にも潜ませているみたいだし
今、叶葉達と協力して『鬼虫』の整備などを担当してくれている
百舌技官の行方不明の父親は黒塚部隊のほうで特機の開発に関わっているみたいだし
まだまだ・・・不穏な点は多い上に今回の話で衝撃的な事実も判明・・・

上で言及した2人と2機・・・

鬼虫六番式『蟋蟀』・鉤行の庵
鬼虫七番式『蟻』・霖鬼の楓


が今回の戦いでは黒塚部隊の援軍として現れ剣菱と遭遇
結局、一度も剣菱からの通信に答えなかったのが怪しいところだけど
動かし方から当人に間違いないとの事。
ただが能力で量産型の『甲虫』のネットワークを担当しているとしたら
ありえないと・・・楓が死んだ理由がその能力の過剰使用であり
ここまで大きな力は無理と断言していたから・・・
どちらも正気ではない・普通の状態ではない可能性は大きいですね・・・

二号丸『小金』・烏帽子は姿すら現さず
五号丸『鍬形』・朧はまったく感情を動かさず何にも興味を見せず戦い
今回の一件で九曜に興味を抱いたみたいだけど能力はいまだ不明
わかっているのが最新型である『鍬形』は『最強』であるって事だけ・・・

うーん・・・敵の戦力が減ったっていうよりまだまだ大きいと思えるなぁ・・・
『蜉蝣』がどうなっているのかも気になるし・・・続きが楽しみだ。

ちなみに・・・九曜叶葉の仲は・・・

お前らもう付き合っちゃえよ!?

レベルでいい感じになってましたね・・・九曜がそういう風に感じた上で
言ってるわけではないっぽいけど大切だとかさらっと言っちゃうし
今回の一件で腕を失った九曜が大変だからと『あーん』でご飯を食べさせようとして
九曜は普通にそれで食べたりと・・・井筒とかがオイオイって感じになってて
なんかバカップル臭をかもし出しはじめてるぞ・・・

それと毎回毎回・・・パワーアップが著しい我らが浪漫機械兵である菊丸

アンカー・・・ キタ━(゚∀゚)━!

って事でロケットパンチに『蜘蛛』のワイヤーが取り付けられ
腕の回収、さらにはそれをアンカーとして利用しての高速移動が可能に・・・

菊丸・・・そのうち『鬼虫』超えるんじゃね!?

彼の今後の進化も・・・楽しみだ。

そしてもっとも気になる点・・・
前回の感想で叶葉九曜が元は人間であったことを知って悩むか・・・って書いたんだけど
今回の話ではもう彼女は答えを見つけていて・・・どうであろうと九曜九曜
って事で落ち着いたらしく・・・凄くいい感じだったんですが
別の場所で・・・この設定が・・・

竜胆は虎杖の弟?

って事みたいです・・・もちろんお互いがそれぞれ『鬼虫』・『甲虫』になる前
人間だったことの話みたいですけどね・・・
だからこそ部下すら駒として切り捨てる彼が竜胆の確保には狂気めいたものを持っていて
もちろん弟を取り戻す・・・とかそういう意図ではない感じ・・・

井筒がそうだったように外部刺激で起こそうと自分が覚えている
過去の記憶を竜胆に叩き付ける・・・って場面で今回は終わっているわけで・・・
これがどうなるのか気になるところ。

ぶっちゃけた話・・・普通に竜胆を目覚めさせたらその場で輪切りにされる気がするんだが
そのあたりはどうするんだろうね・・・
竜胆って強すぎるせいで敵にまわるにしても味方になるにしても
それだけで勝負の行方が決まりかねないレベルだしね・・・

最後に一文。

叶葉のセリフ

彼女が井筒に言ったセリフ
なんの脚色もなく嘘もない・・・真っ直ぐな言葉
自分に何ができて何ができないかがちゃんとわかったうえでのセリフで
迷っていた井筒にとっては・・・かつての竜胆の言葉を思い出させる言葉

いい娘だよ・・・本当に・・・

「大切なひとがいます。
あたしにとっては、それが九曜で、九曜の仲間のみなさんで、
そのひと達が無事で帰ってきてくれることが、
一番、何よりも大事なことで、」


「もちろん、あたしにできることなら何だってします。
お手伝いもお料理も、
みなさんの為になることだったら何だってやります!
蜈蚣さんが動かないなら、
一緒になって説得するくらいならできます!
でも、──でも、だけど、あたしは弱いから、」


「──あたしじゃ、戦場(あそこ)で、
九曜を守ってあげられないから・・・・・・っ!」


「あなたにはそれができるから、──どうか九曜を、
みんなを助けてください!!」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
エスケヱプ・スピヰド 四 (電撃文庫) エスケヱプ・スピヰド 四
(電撃文庫)

(2013/06/07)
九岡望

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。