スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ささみさん@がんばらない 11

あらすじ

神様のいない世界──。

月読日留女によって、世界は、滅んだ。
そして……。戻ってきたのはいつもの日常だった。

新たに始まった自分の人生のために「がんばる」ささみさん。
ときどき思い出すのは、みんながいた、あの日々のこと――。

どんなにがんばっても、もう戻らない、もう一度手に入れることができないもの。
神々の最後の戦いとは何だったのか、邪神三姉妹は、情雨は、玉藻前は……。

人間も、神様も、すべての運命を巻き込んだ、破壊と再生。 

シャフト×新房昭之によってアニメ化され話題になった人気シリーズ、
第11弾にしてクライマックス。

感想

ささみさん@がんばらないの11巻

感想は超短め・・・
凄く短いです。

表紙は全ての神話の捕食者にして世界の終末を呼ぶ破壊者・月読 日留女
主人公と同じ容姿の超絶ラスボス・・・

さて・・・最近タイトルに反して・・・というかいつも反していて
たま頑張りすぎるとそれはそれで悲惨な結果に繋がるという
どうしろちゅーねんって感じの主人公・鎖々美

今回の話を2行でまとめると・・・

ささみさん@がんばらせない

納得いくかぁぁぁぁぁ!

って事になる・・・いや、冗談じゃなくてマジで・・・

今回の話も基本的には鎖々美が後から聞いた話・・・って形の回想であり
主に動いているのはいつもの保護者ーズ

もはや日留女を押しとどめるのも限界に近く・・・まもなく彼女による破壊が迫る
って状況で・・・まぁ鎖々美はいつも通り妹であるるるなにハァハァしたり
親友であるかがみにハァハァしたり友人である情雨に・・・

おまわりさん!この人です・・・

って感じでしたけどね・・・ただ結局のところ・・・
鎖々美も・・・そして情雨も過保護な保護者たちこそが今回は頑張った結果
最後まで蚊帳の外に置かれてしまい頑張ることすら許されなかった感じでしたね。

鎖々美情雨には内緒でつるぎかがみたまも・・・
そして玉藻前神臣も・・・みんな二人には内緒でなにかしていて
鎖々美はみんなを信じているからこそ・・・自分のためになるんだろうからと聞けず
情雨は聞いても答えてくれない・・・

子供扱い・・・なんですよね結局・・・

大人達は前の話で自分達が犠牲になったら子供達が無茶して頑張ってくれたから
そんな事をしたらまた・・・って思いはある。
だけどそれ以上に・・・子供たちを守りたい・・・助けたい・・・
十分すぎるほどに頑張ったんだから・・・って自分達が無茶をして・・・
そして子供たちには頑張らないようにした・・・

いい大人たち多いな・・・

まぁほとんど神様で人間の親は・・・まぁ微妙だけどね・・・
何気に情雨の父親・・・『アラハバキ』の首領も彼なりに娘を守ろうとしていた事が
今回の話でわかったりもしたわけで駄目ってわけじゃないんだけど
総じて・・・娘に背負わせてしまったものがでか過ぎるからなぁ・・・

今回の話で大人たちが・・・神々が人々を救うために考えた最後の手段は

神々と人間の隔離

であり・・・ぶっちゃけ・・・凄いきっつい決断。

色々な神話の地獄を繋ぎ合わせそこに神々を食べようとする日留女を誘導
最初にその矢面に立ちわずかなりともダメージを与えて霊力を消費させたのがつるぎ
その後はかがみたまが地獄へたたき起こし・・・『次世代神』であるたまを中心に
そこで永遠に日留女をとどめ続ける。

一方で人間は神々とは別の力で奇跡のような力を使える宇宙人の協力を得て
人間たちを新しく生み出した世界・・・『天国』へ送り
その世界では霊力が存在しなくなるために日留女に察知されることもなく
平和に暮らせる・・・

という・・・なんともまぁ・・・

あんたらもう神様じゃねーよ・・・

ってレベルの決断ですね・・・
私的には神様ってのはそう直接的に人間を助けるものじゃなくて
見守るとか後押しとか・・・そういうレベルのものであり
ここまで直接的に・・・しかも自分達すら犠牲にして・・・ってのまでくると
もうそれは神様っていうよりは親や家族・・・ですよね

今までの・・・そしてこの11巻も『天国』で平和に暮らし
大人になった鎖々美が霊力と共に徐々に薄れる神々に対する記憶を留めるために
書き記した本・・・って事になり・・・情雨はこんな結果は納得できないと猛っていたけど
自分達はもう大人だし・・・つるぎ達の思いに答えるためにも納得しなきゃ・・・って終わりで終了

これにて第三部終了で完結・・・とはいかず

納得いくかぁぁぁぁぁ!

って鎖々美の本心が爆裂・・・情雨が生み出した手段でベターエンドではなく
ハッピーエンドを目指して行動を起こすことして今回は終了。

るるながすでに元の鎖々美の年齢まで育っていて
鎖々美はニートらしいけど・・・これマジどうするんだろうか・・・

そして情雨の努力を思うとスゲー微笑ましいものが・・・
玉藻前だけは神臣の計らいで『天国』に送られ霊力を失ってただの狐に
それでも知能は残っているのか情雨はその狐になった玉藻前に聞きながら
宇宙船もどきを開発したらしい・・・いちいち玉藻前に確認してその仕草から
反応をうかがって・・・

その宇宙船・・・大丈夫か?

とかツッコミはたぶん無駄だろうし・・・さて次の巻はどういう展開になるのかな?
もはや神様っていうよりは完全に人間らしい神々達にも救いがあるといいんだが・・・

そういえばなんか神臣玉藻前にフラグが立ってたな・・・何してんだあの兄貴・・・
まぁ日本神話ってくくりなら彼こそが長兄・・・忌み神・ヒルコ
ほとんどの主要な神様の兄貴になるわけですがね・・・

日留女とも直接関わりがあって・・・だからこそ地獄で対峙して
あんまり頑張るなと伝えた神臣なわけだけど・・・さてどうなったのか・・・次が気になります。

最後に一文。

かがみのセリフ

日留女の足止めと霊力を削ること・・・もっとも危険な役回りをするつるぎに対して
かがみが言ったセリフ

帰ってこれない前提の戦いだったのに・・・でも諦めたくはないから・・・
希望をこめてのセリフ・・・

かがみたまにとってつるぎは姉だけど・・・どこかで自分達を生み出した
母親としての思いもあったみたいだし・・・いい家族ですよね・・・

「・・・明日の晩御飯は、何にしましょうか?」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
ささみさん@がんばらない 11 (ガガガ文庫)ささみさん@がんばらない 11
(ガガガ文庫)

(2013/06/18)
日日日

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日日日 ささみさん@がんばらない11

 昨日も今日も、睡眠は十分取っているはずなのに、さっき録画を見てたら眠気に襲われて居眠りして、まだ疲れた残っているのかとつらつら思う今日この頃、皆様に置かれましてはいか...

日日日 「ささみさん@がんばらない11」

JUGEMテーマ:読書感想文   ◆  ささみさん@がんばらないシリーズ    大人の容姿になり、頑張った邪神つるぎ。    お子ちまだから出番がないと思っていた月読るるなの    月読日留女への会心の一撃。    やはり、あ...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。