スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀閃の戦乙女と封門の姫 3

あらすじ

クァント=タンを襲った新たなノーブルを撃退した武勲を称えられ、
カイトと梨花は避暑もかねシャーロッテの所有する湖の別荘へと招かれる。

湖畔の別荘で夏休みを満喫しようとするカイトだが、
いつものようにフレイとソーニャもやってきて、いつものドタバタ騒ぎに。

そんなさなか、シャーロッテから湖底に巨大な水中迷宮があると知った一行は探索を開始するのだが、
様々な魔物が巣食うとともに希少金属オリハルコンの痕跡があることを発見する。

泳ぎの苦手なフレイ、ソーニャの代わりにカイトと梨花が水中迷宮へと挑むのだが、
そこには意外な先住民たち、そしてクァント=タン全土を揺るがしかねない脅威に直面する。

瀬尾つかさが贈る本格異世界ファンタジー早くも第三弾!

感想

銀閃の戦乙女と封門の姫の3巻

さて・・・今回は日常回って感じと思わせておいて実は結構色々あり
さらに主人公が今まで悩んでいた事に答えを出した事で色々と今後の変化も期待できる感じ

前回の話で主人公であるカイトがもう1つの故郷である異世界『クァント=タン』
を離れた原因とも言える王が反逆者によって殺された事でしがらみが消え
明らかによかった感じだったわけですが・・・まがりなりにも王が死んだことで
王位継承争いが始まってしまいカイトの大切な女性の1人であるソーニャ
第三王女って事もあって否応なくそれに巻き込まれることに。
ただ・・・

今までよりかなり前向き

って感じなんですよね・・・
争うのはソーニャの兄弟姉妹なわけですが彼女自身はあまり興味はない
カイトが守ろうと・・・大切だと思っているもう1人の王女
第四王女であるシャーロッテも立場的に関われるものではなく
それほど深刻ではないんですが前王が王位にいたのは彼が
当時最強だったからであり、今もその風潮が上層部ではあるために
王子王女内では最強の一角であるソーニャは自身の意志とは関係なく
関わらずにはいられない・・・って状況みたい。

1巻・2巻と『クァント=タン』を襲った強力なモンスター『ノーブル』
さらにその上を行く『キング』

それらをソーニャは撃退しているし、それに協力したのは彼女の機士団長フレイ
元々機士団に所属していたカイトであり、さらに今回の冒頭の『ノーブル』戦でも
顔を隠していたけど正体バレバレでシャーロッテと共に他の王族3人が苦戦していた
『ノーブル』を倒した事で戦功って意味では王族内でダントツであるってのも
原因みたいですけどね・・・それに脳筋ぎみのソーニャは他の王族配下の機士同士が
小競り合いしてるのを見て両方叩きのめしたりしちゃってるみたいで・・・
オイオイって感じみたい。

他の王族からしたら王にはならないと言いつつも、
万が一その気になられたら一気に最有力になる彼女は危険・・・って事みたい。

ただあの屑な父親とは違って命を狙うとか云々にはならないみたいだし
そこらへんは・・・今のところ安心かな?

ソーニャカイトと結ばれることを疑っていないからこそ
王族の伴侶・・・王配としてカイトが騒ぎに巻き込まれないようにと気を使い
カイトはそんな気を使われるのが嫌だからと・・・今回覚悟を決めたみたいで
ある意味で・・・この後継者争いはカイトをいい方向に進めた感じもありますね。

カイトは前回の日本と『クァント=タン』
どちらが大事なのか・・・というシャーロッテの質問に今回は一応の回答を提示
しがらみがあろうと大切なソーニャフレイが住む『クァント=タン』は大切で
自分も色々と思い出があるし好き

だからこそ・・・その世界のために何かをしよう・・・と・・・

これはかなりいい変化ですよね・・・1巻の頃は昔の・・・『クァント=タン』の事は
忘れよう・・・関わらないようにしよう・・・って感じが強かったけど
ようやく自分の気持ちに向き合って素直になれた感じ。

素直になりすぎだけど・・・

ただこれを受け入れた結果・・・自分にとってなによりもソーニャフレイが大事って事を
受け入れた結果、カイトの二人に対する態度がかなりアグレッシブに・・・
いい雰囲気になったらフレイにキスしたり・・・勇気持てるようにとソーニャにキスしたり・・・

爆発しろ、この野郎!

って感じでした・・・そんな強敵を前に知能派で腹黒なシャーロッテカイトの妹・梨花
別の方向から攻めていっている感じで・・・カイトのそばにいる理由をそれぞれ
アピールしている感じで・・・まぁこっちも・・・拒否できなそうな気配

ソーニャフレイにはカイトが優位だけど
シャーロッテ梨花にはカイトが劣勢って感じですね。

さて・・・今回はそんな決意を固めつつシャーロッテが新たな事業を・・・
ダンジョンに冒険者を誘致してって感じの話の協力のために
水中ダンジョンの探索って事になるんですが

『クァント=タン』の人間は泳げない!

モンスターが出没して安全に泳げる場所がないからみたいなんですが
ソーニャフレイシャーロッテも・・・みんな泳げない
水中で息できるアイテム使ってもまともに移動できないし
怖がるし・・・って事で今回はカイト梨花が中心となって探索って事に。

ただ意識を相手に宿らせる魔法を使ってフレイカイト
ソーニャ梨花とリンクして探索って事であり
この状況で宿った相手の魔術回路を使って魔法を使えるみたいで
スゲー便利な感じですね・・・まぁ本人のレベルで・・・ってのは無理みたいですが

探索のほうはモンスターの脅威がありつつも梨花が結構戦えるようになっていたし
カイトも頑張ったためにかなり奥まで進み、そこで住んでいた先住民

かつて故郷の世界で人間に狩られて逃げ・・・地球に移動
そこでも人間に狩られて・・・さらに逃げ込んだ先が今回のダンジョンとなった亜世界だった
水棲の小人族であるスプルの民とカエルの姿のために恐れられたロックフロッグという種族
でまぁ当然の話・・・人間であるカイト梨花は信頼されなかったんですが
出会ったきっかけがスプルの民であるネプルエプル(67歳(人間換算だと20歳くらい))を
モンスターから助けたっていう好意的な状況だったのと
カイトの自分の大切なものを守るために・・・そしてそれらが利益を得るために
彼らの力を借りてこのダンジョンで彼らを襲うボスモンスターと戦いたいという
あまりに真っ直ぐすぎる思いにロックフロッグの族長は彼を気に入り
孫娘であるネプルエプルからの言葉もあってスプルの民の族長も了承
カイトが小人族であるアルルメルルと友人であるってのも大きかったみたいだし
とてもいい感じでした。

この場合のカイトの利益は彼らが『クァント=タン』の人々と交流して
その結果、『クァント=タン』を好きになってもらえると嬉しいというもの
なんていうか本当に・・・カイトは色々と素直になった感じですね。
まぁ梨花に対する過保護な部分は変わりませんけど・・・
それでもその状況で彼女の力が必要なら・・・って妥協するようにはなったし
これも成長・・・なのかな?

この戦いの前にカイトはダンジョン探索の目的の1つだった
自身の戦力強化のための・・・自分の魔力を注ぎ込んでも壊れず何度も使える
オリハルコンの剣スプルの民ロックフロッグの族長から送られ
今までのように使い捨ての武器って感じで使わなくてもよくなったので
戦力的にはかなり使い勝手がよくなった感じだし
彼らとの交流もうまくいきそうでめでたしめでたし・・・って感じ

ただボスモンスターがダンジョンに現れたほうの別世界に通じる妖精門は閉じていて
そこには奇怪な姿をした生物の死体が・・・
それは梨花がエリカとリンクした時に見せられた世界が滅ぶ予知夢の中で見た生き物で・・・
梨花が案じていた終末は・・・結構近いのかも・・・って感じで今回は終了

梨花の見た予知夢ではシャーロッテが彼女を庇って傷つき
自分は逃げ・・・その背後で悲鳴が・・・ってものもあってこの先の展開がかなり不安
カイトの周りにいるメンバーは幸せになって欲しいんだけど・・・どうなるのか・・・

次は王都と大学が舞台になるみたいだし、カイトシャーロッテに語った案
『クァント=タン』と地球の両方に領地を持つ交易を目的として
独立した都市国家を作ろうって案のほうもどうなるのか気になるところ・・・

最後に一文。

フレイのセリフ

これだけを読むと・・・嫌われた?って感じなんですが真逆
カイトの事を深く愛しているからこそのセリフ

カイトソーニャの気持ちとかを無視してフレイ個人は自分にどうして欲しいか
って質問に対する回答なんだけど・・・
それは全て彼がこれ以上、『クァント=タン』の事情に巻き込まれて傷ついたり
苦しんだりするするのは嫌だからっていう・・・カイトへの想い100%のセリフ

さすが毎回表紙を飾るだけはある・・・メインヒロインっぽいぞ・・・
明らかに作品的には梨花が中心でメインヒロインっぽいんだけどね・・・
こういうちょっとした部分での深いつながりはさすがとしか言えない・・・

「いますぐ、帰って。
 二度とこの世界に戻ってこないで」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
銀閃の戦乙女と封門の姫3 (一迅社文庫)銀閃の戦乙女と封門の姫3 (一迅社文庫)
(2013/06/20)
瀬尾 つかさ

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。