スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖剣と魔竜の世界 1

あらすじ

「これから『聖剣と魔竜の世界』を始めましょう」

12月24日午後10時。平和なクリスマス・イブの夜、
全世界は『魔竜姫』を名乗る美少女・アーリにより宣戦布告された。

後に『魔竜宣言』と称されるその宣言は、
平穏をモットーにする主人公カガリの生活を一変させる。

カガリの住む『美影開発都市』に襲い来る『六皇魔竜』。
それを倒すために集まってくる『聖剣』こと可愛い美少女たち。

否応がなく混乱に陥る街と生活を守るため、
カガリは美少女たちを『聖剣』として携え『魔竜』と戦うことに―!

最高に刺激的でハイテンションなバトルが、ここに開幕!

感想

『101番目の百物語』の作者さんの新作
レーベルはオーバーラップ文庫

力の入れかた凄いな!?

冒頭の『魔竜宣言』と言われるヒロイン・『魔竜姫』アーリが世界に向けて宣戦布告したそれが
無料でweb配信され・・・さらに1巻の内容のボイスドラマが発売してる。

さて・・・物語的にはタイトル通りの・・・『聖剣』『魔竜』の物語

冒頭で↑で書いた『魔竜宣言』『魔竜』の存在と力
そしてそれに対抗できる『聖剣』の存在が世界中に知らしめられ
アーリは複数の『聖剣』『魔竜』がいるという舞台となる都市に来て
その街に住む主人公・・・カガリと出会ったわけなんですが・・・

緩いな『聖剣』と『魔竜』!?

そして・・・

カガリがチートだ!?

という事に・・・

カガリ『魔竜宣言』の翌日・・・登校中にアーリが空から降ってきて出会い
学園に通うという彼女を案内する事になって・・・自分が『魔竜』だと知っていても
怖いといいつつも普通に対応してくれたカガリに彼女は好印象って感じ

ただその夜、アーリがリーダーである『六皇魔竜』の1人が姉と母親が
呼ばれている会食の会場に向かっていることを知り・・・立ち向かうことに

妹が『聖剣』で彼はその『聖剣士』だから

しかも最強ランクであるSクラス・・・

『咎人の王の魔剣<レーヴァ・テイン>』

というオイオイってくらい強い『聖剣』

ってそっちも人なのね!?

『魔竜宣言』の時にアーリ『聖剣』を自分達を倒せる道具・・・と言っていたけど
どうやらこれは彼女なりの気遣いだったみたいで実際は『魔竜』と同じように
人間の子供として生まれて後天的に力に目覚めるってタイプみたいで
カガリの妹である灯花はそれっていう事みたい・・・

ちなみに『魔竜』の力は先天的で力を呼び出すときに竜が召喚されるだけで
当人たちは戦闘用の装束に変化するだけで変身するわけではない感じ

それにしてもいきなり最強の『聖剣』か・・・

しかも・・・どうやらこの2人・・・過去に強大な『魔竜』と戦い殺されかけた事があり
相手の気まぐれで・・・カガリのブラフと再戦を誓って見逃されたってのがあり
カガリは子供の頃からずっと・・・強大な敵と相対したときにどうするか・・・
を想定しながら生きてきて体とかもずっと鍛えていたらしく
最初の相手・・・

金色の牙竜ラドン

であるラスティと相対・・・『レーヴァ・テイン』は通常時でも攻撃力凄いけど
真の力を発揮するのは3度という制限があるにも関わらず3回きっかり使い切って
圧倒して倒すという荒業・・・

はえーよ!?

もちろん倒しただけで殺したわけではなく・・・騎士気質のラスティから懐が深いと
思われたりと・・・凄まじい速さ・・・
もちろん正体がばれないように変装していたのでその場にいたアーリにはばれなかったけど

展開速いな・・・とはこの時点でも思っていたんですが・・・
こっからも早い・・・めっちゃ早い・・・

アーリラスティの転入にあわせてか燁澄という・・・
『聖剣』が集う国際的防衛機関『カリバーン』から来た『聖剣』の少女も登場

それにあわせて二人目の『六皇魔竜』である計都が現れ燁澄と対戦
だけど聖剣士がいない燁澄は自分の力だけで戦いピンチに
カガリはそれが見ていられなくなり介入・・・その場で彼女と契約して聖剣士となり
これまた計都を一蹴

ランクAの『聖剣』 光裂く閃神の剣<クラウ・ソラス>

これまた有名どころで強力な剣・・・

っていうかカガリ、お前何なの!?

ちょっとコイツ・・・強すぎる上に都合がよすぎです・・・
本来『聖剣』が刻まれている刻印に記された真名を当人に教わるか
運命的にそれが読める相手にしか契約はできない。
なのにカガリはあっさり燁澄の真名を読み解き契約・・・
しかも運命の相手・・・とか言ったせいか燁澄はあっさり陥落

爆発しろ、この野郎・・・

妹である灯花カガリ大好きって感じ出しね・・・なんだろね・・・
ただ燁澄と契約したことで彼の変装に設定を上乗せして正体を隠しやすくなったのは
よかったかな?

元々、『カリバーン』のリーダーは燁澄の家の長男って”設定”になっているらしく
カガリ『聖剣士』として戦うときはその兄である『那由他』を名乗ることに

設定?ってか・・・もはや組織じゃねー!?

ちなみに・・・お兄さんは実在せず・・・『カリバーン』もとっくに没落して
今は燁澄の家だけ・・・しかも『聖剣』燁澄だけという・・・なんともわびしいもの・・・
オイオイ・・・って感じでしたが・・・

というかこの時点で1/3の敵を倒したことになり・・・『魔竜』が弱いの?
カガリが強すぎなの?って感じなんですが・・・なにより不思議なのが
戦闘時でないときは燁澄アーリは日本のアニメや漫画が好きって趣味が合う感じで
普通に・・・もはや友人といっても差支えがないレベルで仲良くしてること。

ラスティも一学年上でカガリの姉である日和と同じクラスで仲良し

あれ?『魔竜』って人を恐怖させたりするのが存在理由って言ってなかったっけ?
なんかめっちゃ和んでね?って感じです・・・
まぁアーリは実際に殺人は嫌っていて・・・破壊活動も被害をださないようにと言明していて
理由は自分がそういうのは楽しくないから・・・ってものらしい・・・

はた迷惑でありながら・・・やさしい娘・・・

なんとも・・・矛盾した思いを抱え込んだヒロインですね・・・
ほぼ無表情ながら結構色々と考えているらしく・・・カガリとも順調に仲良くなるし
あれ?自称ラスボスがもろメインヒロインじゃないか・・・って感じでした

いや、メインヒロインなんだけどね・・・

ただ・・・ちょっと真面目すぎるところがあるのが問題なのかも・・・
自分は『魔竜』なんだから・・・とか
『六皇魔竜』のリーダーである『魔竜姫』だから・・・とか・・・
そういう風な考えにいっちゃってる感じ

実際、計都が何者かのアーリを名乗るメールで灯花『聖剣』である事を知り
奇襲で彼女を炎に包み・・・強制避難的に『聖剣』の姿にすることで正体をばらすという
事をして・・・アーリの命令・・・って事でやっていたわけでカガリが問い詰めても
アーリは言い訳ひとつせず・・・という状況に
しかも灯花を傷つけたから一撃無抵抗で受けようとしたりと・・・

優しすぎだろ!?

カガリは真意がわからないわけで・・・燁澄『クラウ・ソラス』
そして一度しか力を発揮できない状態の灯花『レーヴァ・テイン』を両方装備し
まずは計都と対戦・・・

まぁ・・・楽勝だよね・・・

っていうかさ・・・

お前・・・おかしいだろ・・・

カガリが戦う前に発した言葉は

  オ リ ジ ナ ル ・ ワ ン
『無限言語』


と呼ばれる力であり・・・それらはアーリラスティも持っているらしい
『魔竜祝福(ドラゴンブレス)』と呼ばれる先天的な能力の力

つまりカガリ・・・こいつ・・・

『魔竜』

なんですよ・・・

どんだけ!?どんだけなの!?

彼の力はありとあらゆるものを検索して読み解く事ができるもので
相手の事を知っていればいるほど情報が知りやすくなるというもの。
使いすぎると脳に負担がかかるみたいだけど・・・便利すぎ

これってあれですよね・・・

『さあ、百物語を始めよう―!』(101番目の百物語)

もしくは

『検索を始めよう。』(半分こ仮面の右の人)

だよね・・・どちらかというと下に近い・・・
だけど相手が自称・ラスボスのアーリになると・・・相性はかなり悪い感じ

究極の悪竜・ザッハーク

複数の『魔竜』が絡み合い巨大な姿を構成しているのが彼女の力の源
それでもカガリは果敢に挑み何体もの『魔竜』を倒したけど全然無駄で
さすがラスボス・・・強い・・・

そう思っていた時期が私にもありました・・・

ここでカガリは驚きの行動を・・・どうやらカガリ『魔竜』としての資質を
まったく覚醒させてなく、生まれつきの『無限言語』が十分便利で
どんな『聖剣』の真名もわかるし戦いの情報もわかるのでそれ以上は求めなかった

だけど今回はアーリを倒して・・・彼女や灯花ラスティ燁澄との日常を取り戻すために
カガリは力を求め・・・自身の中の『魔竜』を検索・・・でてきたのは・・・

『運命の魔王竜 バベル』

(;゚Д゚)

(゚Д゚;)

(;つД⊂)ゴシゴシ

(゚Д゚)え?


どうやら・・・カガリさん・・・名実共に最強の『魔竜』だったみたい・・・
運命すら変えられるという噂がある『魔竜』であり
全ての『魔竜』の神であり、『聖剣』たちの神でもある存在みたい

しかもその能力は

全ての言語・概念・物語を宿す

というもので今回は『竜を倒す伝承』を力に宿す事で
ドラゴンスレイヤーとしての力を『魔竜』の奥の手である『魔竜咆哮』として放ち
見事勝利・・・

いや、こいつこそチート・・・

ってかラスボス倒した!?

しかもアーリ・・・カガリがずっと気になっていた上に
この一件で彼が『聖剣士』でありさらに『運命の魔王竜 バベル』という
捜し求めていた相手だとわかった事で・・・完全に落ちた感じ

元々・・・アーリは力が強すぎるために結婚するなら自分より強い人
自分と並び立てる人・・・って考えていたみたいでついに合致する相手が見つかった事もあり
もはや完全にメロメロなんじゃないだろうか・・・

ただカガリの正体を隠したいって思いがわかっているから
お互いに自分がそうだとは言わないし、アーリも問い詰めない・・・という
ちょっと面倒くさい関係に・・・

アーリは自分より強い相手と結婚したい・・・とカガリに伝えた事もあり
カガリは俺がお前に勝った『聖剣士』だ・・・ってカミングアウトすると
そのままアーリへのプロポーズになりかねないわけで・・・これどうするんだろ・・・

最後はみんな仲直りしてわいわいやって終了

だからお前ら仲よすぎだよね!?

ただエピローグでは・・・次に続く暗躍が仄めかされてますね・・・

登場する1人はカガリ灯花がかつて戦い・・・見逃されたであろう『魔竜』
『水の魔竜・リヴィア』という赤い服で統一した次の『六皇魔竜』
彼女はアーリと同格の『大罪』クラスの『魔竜』らしく・・・
カガリ達にとっては越えるべき最初の壁になるのかも・・・

そして彼女を呼び・・・今回の一件で計都灯花の正体をアーリのふりでメールを送った2人
片方は女性で片方は男性・・・そして二人ともカガリを知っていて・・・その正体は教えなかった

っていうかこの2人・・・

男の方はカガリの親友である公司

女のほうはカガリの姉である日和

であり公司は自らを『参謀』と名乗り・・・そして日和『魔竜天使』と呼んだ・・・
つまりこの2人も『魔竜』っぽいですね・・・っていうかこの3人と
今回の3人で6人・・・って事はないよね?

彼らの目的はカガリ『運命の魔王竜 バベル』の力を完全に目覚めさせる事みたいで
そのために暗躍しているみたいだけど・・・日和はさらっと今回灯花を燃やさせたし
なんか・・・黒いものを内に抱え込んでいるみたいで怖い

普段はほんわかしたお姉ちゃんって感じなんだけどね・・・さて次回はいつだろうか・・・
ラスボスは倒してしまったわけだけど・・・これちゃんと続くんだろうか・・・謎だ

最後に一文。

アーリのセリフ

この物語の始まり・・・『魔竜宣言』におけるアーリの締めのセリフ
やっぱりこれだな・・・と思ったのでこれで。

「これから『聖剣と魔竜の世界』を始めましょう」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
聖剣と魔竜の世界 1 (オーバーラップ文庫)聖剣と魔竜の世界 1
(オーバーラップ文庫)

(2013/06/22)
サイトウケンジ

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

安心安定の厨二バトルラブコメ開幕!【聖剣と魔竜の世界 1 (オーバーラップ文庫)】

聖剣と魔竜の世界 1 (オーバーラップ文庫)(2013/06/22)サイトウケンジ商品詳細を見る 人々を恐怖させることが目的の魔竜と 唯一対抗できる聖剣 二つの勢力がぶつかり合ったり ご近所づ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。