スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロウきゅーぶ! 13

あらすじ

いよいよ始まったそれぞれに因縁を持つ硯谷女学園との公式試合。
六年生&五年生の頑張りに硯谷も全力で向かってくる。

そんな一進一退の白熱する展開の中、慧心女バスにアクシデントが発生し・・・・・・。

「しっかりとあたしの役目をはたすぜ!」 

「ゆうじょう、ほほえみ、ふぇあぷれー」 

「わたしたちのバスケを守らなくちゃ!」

「ふふ・・・・・・。みんな、本当にありがとう」

「私たちにできる最高のバスケを形に!」


エースとして先輩として自覚を持ち始めた未有に加え、
確実に力を付けた綾とトリッキーな怜那。
さすがは強豪校の硯谷だが、智花たちには彼女たちの武器がある! 

はたして試合の行方は──!?

さわやかローリング・スポコメディ⑬!

感想

ロウきゅーぶ!の13巻
表紙は3周目の紗季

そして・・・

本編、最終巻・・・だと・・・!?

一応、本編で触れられていない部分がまだあるのでそれが続きとしてでるみたいだけど
本編としては今回でラスト・・・

最後まで読んで・・・あれ?って思ったけどあらすじにそう記載されてたし・・・
ちょっと残念かも。

アニメ二期も始まったし・・・1話目からいきなりミミが登場したけどね・・・

さて今回は前回の続き

VS 硯谷女学園 後半戦

って事になります。

慧心学園女子バスケットボール部6年が最後に出れる公式戦最初で最後の大会
その1回戦で因縁ある相手と対戦する事になり前半は相手の切り札とも弱点ともいえる
怜那のワンマンプレイの隙と智花達の成長&五年生チームの頑張りもあり
勝ち越し状態で後半戦を迎えられたわけだけど、怜那がチームプレイに適応しだし
愛莉に憧れるのめまぐるしい成長もあって不安も・・・って状況が前回の終わり

そして今回なんですが・・・

ちょっと・・・凄すぎね!?

第三クォーターからは再び6年チームが試合にでて
怜那の5年二人を加えた硯谷女学園チームと対決

には小ささを生かしてひなたが付いてマンマークでシュートを封じ

怜那には真帆がマークに付き運動量と緩急で翻弄する

という作戦もうまくはまりいい感じだったんですが
真帆怜那と接触して足を痛めてしまったために・・・ちょっと問題が・・・

慧心学園チームかげつミミ雅美が適時加わる事でなんとか対処して
一進一退の攻防を繰り広げたわけなんだけど問題は怜那

以外と・・・気にするタイプみたいでここから精彩を欠くことに・・・

なんだろ・・・敵チームでも心配になる感じ・・・

ただ4クォーターの最後・・・前回の戦いではずした紗季が見事にシュートを決めて
延長戦になり・・・そこから真帆が復帰して・・・

燃える展開に!

かつてムラがあり落ち着きのなかった未有もリーダーとして
今回は落ち着いていたけど、後半で智花の新技とかを見せられ奮起
彼女も新技を披露して会場を沸かせ

愛莉もセンターとして素晴らしい働きをし

そして怜那真帆の言葉に奮起し・・・復活

ひなた紗季も頑張り・・・一進一退を続け・・・最後は1点ビハインド
最後にシュートをするのは事前に決めてあった智花

ここら辺の流れはよかったですね・・・

敵味方関係なく相手を認めて・・・さらにそれ以上に
味方同士の結束がとても強くなってる。

いつもは仲の悪い椿も延長戦は真帆が出場する事を認めたし
足を休ませる時は焦る真帆に応援も大切だと言い聞かせてた
さらにプレイ1つ1つがきっと仲間なら・・・って信頼の元になりたっていて
それが繋がっていくのがなんとも・・・って感じ

正直、からしたら教え子たちが自分の想像の上を行くわけで
嬉しいでしょうね・・・

ただ最後のシュートはブザービーターで成功したんだけど・・・ジャッジはタイムオーバー
1点差で敗北って結果に。

もちろんみんな残念ではあったけどすんなり受け入れていた感じ
まぁ・・・学校に帰ってから最後の試合が終わったって事でみんなで泣いてみんなで笑いましたが

6年にとっては・・・引退試合になるわけですしね・・・
なんとなく予想はしていたんですが・・・切ない感じ。

ここからは一気に3月・・・卒業近くまで飛びそれぞれの展望が見える事に・・・

は同好会のメンバーだった一成が生徒会副会長になり
彼がバスケ部の活動再開を掲げて署名運動を始めてくれたおかげで復帰が可能になりそうになり
さらにの父親である銀河がかつてバスケ部だった時に監督だった人を
呼んでくれて指導者の問題・・・

銀河いわく・・・かなりの鬼らしいけど相手はを気に入った感じ
も男子バスケ部のマネージャーをしつつもプレイヤーとしてプレイしたほうが良いと
にいわれ、さらに女子バスケ部の部長に誘われた事もあり入部
彼女の友人であるさつきと多恵も慧心学園女子バスケットボール部の試合を見て感動
練習が辛くてやめたバスケ部の再入部・・・って感じで高校組の未来は順調

智花達も中等部に進学する事になり卒業式後には

男子バスケ卒業生組・在校生組
女子バスケ卒業生組・在校生組


の4つで壮行試合・・・まぁこれは描かれませんでしたけどね。

がバスケ部に復帰してコーチは誰が・・・となるんだけど
そこは顧問であった美星にバスケを教わって担当する事になり
彼女自身もバスケにはまった感じ。

後輩として4年生の女の子が3人入部したし・・・安泰かな?

怜那も前回の話で雅美の家の出店に迷惑をかけた事を謝罪に行き
許してもらったし硯谷女学園は危なげなく全国優勝

苦戦したのは智花達だけだった・・・って感じみたい。
実際は硯谷女学園がチームプレイに完全に慣れたことで
さらにパワーアップしたって感じみたいですが。

そしてやっぱり締めは智花

ずっと、傍にいてくれ

中学になってからもの家に朝練に来ても?と不安がる彼女に
かつて言った言葉を再び言って快く許可

おまえ、それ告ってるの?

って感じなんですけどね・・・あいかわらず・・・
っていうかのセリフはいろいろな意味で聞かれたらアウトなものが多い
下手したら

おまわりさん、コイツです

って突き出されるレベル・・・この調子で大丈夫なんだろうか・・・

そしてラストに語られた智花がバスケを始めた理由

それはもっと幼い頃・・・あまり友達づきあいもできず
引っ込み思案だった彼女が偶然見た・・・

”ある少年”のフリースローに魅せられたから

ってそれ昴だよ!?

智花はたぶん気づいてないと思うけど・・・まさか自分が放ったシュートに憧れ
がむしゃらに練習した女の子のシュートに今度はその当人である
魅せられる事になるとは・・・思わんかっただろうね・・・

ちなみにアニメ2期のOPのラスト近くにこのシーンを描いたっぽいシーンがあるので
アニメは・・・ここまでやるのかな?

なにはともあれ本編完結とはいえまだ続くみたいだし・・・楽しみ
試合敗退から卒業の3月まで一気に話が飛んでいてクリスマスの話とか飛んでるし
そこらへんの話とか今までの間の話とかになってくるのかな?
それはそれで楽しみですね。

最後に一文。

5人のセリフ

中学にいってもバスケを続ける事、そしてそれはから教わった事を続ける事
だから今までのようにはいかないけどは・・・これからも彼女達のコーチ
そういう意味の全員のセリフ

「だから、これから先も長谷川さんは、」

「ずっとずっとすばるんは、」

「ひなたちが卒業しても、おにーちゃんは」

「わたしたちが中学生になっても、
 高校生になっても、長谷川さんは、」


「今と変わらず、昴さんは」

『──みんなの、コーチです』

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。


ロウきゅーぶ! (13) (電撃文庫)ロウきゅーぶ! (13)
(電撃文庫)

(2013/07/10)
蒼山サグ

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ロウきゅーぶ! 13巻 レビュー

今回は、12巻から続く硯谷女学園との試合の続きからスタート。 真帆の負傷による一時退場という形ではありますが、期待した6年生と5年生の混成チームなども見せ、延長戦まで争う一 ...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。