スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トカゲの王Ⅴ-だれか正しいと言ってくれ-

あらすじ

「俺は正しいことをやっている」

その確信と同意を得られないまま、引き返せない道を進む少年、五十川石竜子。
少年は正当性を得るため、『始祖の血』を持つ者との接触を図ろうと動き出す。

「私は正しいことをやっている」

そのつもりで生き続けてきた殺し屋、ナメクジに開花する、新たなる力と『呪い』。
力に引き寄せられて生まれる出会いがもたらすものに、彼女は尚も翻弄される。

そんな二人の行き先が交差した場所に、待ち受けるのは姉妹。
元AV女優の姉と、友人A、であったはずの妹。

訳あり姉妹は縁ある二人に問いかける。

「あなたはなにをやっているんですか?」

感想

トカゲの王の5巻

感想短めです・・・

今回は前回が比較的軽めだった石竜子への肉体的攻撃が再びって感じ
またボロボロになってます・・・

どんだけ!?

まぁ前回の話で宿敵であるシラサギの胸を揉んでしまって
それが気になって敵対できないからそれを上書きするために巣鴨の胸を
揉ませてくれ・・・と頼みに行って実際に揉んだあたりで・・・もう駄目だった気がする

この作品における最大の教訓は

巣鴨に関わるな!

なのに自分から会いにいっちゃったからね・・・駄目だよねこれ・・・
ってか普通に揉ませるとか巣鴨・・・

その後は教祖として信者を集めつつ友梨乃の協力を得る代わりの条件である
ナメクジこと麻衣を探す依頼を受けつつ、『人類の始祖』の血を引くという相手に
会いに行って・・・

殺し屋に襲われる

事に・・・・・・・・・・・・・・

あれ?石竜子が標的!?

ついに・・・って感じで巻き込まれるではなく彼が標的に・・・
彼が乗っ取った団体の元もとの持ち主
結果的に石竜子が起こした騒ぎが原因で亡くなった倉科
どうやら彼の娘が依頼したみたいで・・・

相手は超能力者ではなく改造人間
浅香は関わってない別の研究者の残したものらしいけど
クモ・バッタという二人組みで・・・

ああ・・・改造人間だね・・・

って感じのコードネームでした。

クモに殺されかけボロボロにされ・・・ギリギリの所で売り込みをかけられ雇った
トンボが到着して圧倒的過ぎる身体能力でクモをぶっ殺して助かったわけですが

強い・・・

っていうかトンボ・・・前回ナメクジに殺されたと思ったら普通に蘇生
傷の治りとかも早いみたい・・・まぁ浅香が治療したってのもあったみたいだけど・・・

その後、トンボに連れられて浅香の元へ行き治療を受けていたところに
シラサギが前回舌を切られ
喋れなくなり、読心能力はまだ不安定で
さらにシラサギの本名を知ってしまった成実と共にたずねてきて・・・

洗脳されとる!?

殺し屋同士の戦いに巻き込まれ、舌を切られ、さらに超能力を開花
なんか主人公っぽい巻き込まれ方をした成実

だけどそんな状況下でシラサギにやさしい言葉をかけられ
それっぽいセリフや抱きしめられたりされて徐々に彼女への信頼が増していき
石竜子に一緒に会いに行って彼女が言ったのは

シラサギときちんと話をして

という・・・とんでもないもの・・・つまり彼女・・・石竜子の両親が教団に入って
どんな風になったかを聞いていてなお・・・そこらへんに誤解があるのでは?
って思うくらいになってしまったみたい・・・

まぁ石竜子が今現在やっている宗教団体の行動についても
色々と思う所があるんだろうけど・・・それでもね・・・

結局、石竜子シラサギを肯定するなら成実も敵だと断言して
治療の為に二人の前から姿を消す事に・・・

シラサギ石竜子を動揺させる嫌がらせのためだけに成実を利用し
知られたくない本名を知っているからいざとなったら・・・と考えているけど
さて・・・どうなるか・・・

成実の能力は姉である友梨乃とセットみたいで片方が強いと片方が弱まるみたいで不安定
今は友梨乃が主導権を握ってるけどのうなるかはわからないみたいだし
この状況下で一番考えるのは成実がその不安定さゆえにシラサギの真意を
知ってしまった時の事・・・ですかね・・・

今は事前に能力発動できるかシラサギは確かめてから成実と会ってるけど
それでも・・・いずれ最悪のタイミングで・・・とかありそうで怖い

果たして彼女は・・・生き残る事ができるんだろうか・・・
そこそこ仲良くなった感じの巣鴨はある意味、元凶で助けようとしなさそうだしね・・・

肉体的にズタボロにされた後にシラサギに精神的に攻撃されたわけで
石竜子はなんんかもう自分のしてる事を肯定していいのか迷ってしまってる様子
だからこその今回のサブタイトルで・・・そりゃそうだよね・・・

っていうか宗教団体作って人を騙して利用しようとしてる時点で
同じ穴の狢なわけで・・・どうするんだろうか・・・

シラサギ白ヤギ石竜子の強さは『善良』である事で、それこそが自分達との最大の違い
だからこそ興味深いって感じで見ているわけだけど・・・
これでおそらく悪の道に行ってしまうと逆にその程度か・・・って感じで抹消されそう
この根本的な部分で根がいいヘタレな石竜子なんだけど・・・さてどうなっていくのか・・・

そしてもう1人の主人公とも言える麻衣
前回の話で巣鴨への憎しみで超能力に覚醒した彼女

見えない右腕

という前回のサブタイトル『インビジブル・ライト』が示す能力で
彼女が失った右腕が見えない状態で生えるというもの

その力は明らかに人間の限界を超えたもので
さらに自分の意思で伸ばす事もできる

というなにそれ?
チート?って感じの力・・・

そう期待していた麻衣さんは甘い・・・

この作品に・・・そんないいものがあるわけがない・・・
って事で魂で形成しているらしいそれは伸ばせば伸ばすほど本体の力がなくなり
さらに伸ばせるけど縮められない・・・というなんとも微妙なもの

しかも一度伸ばしたら縮められずだしっぱだと消耗するので
毎回毎回、切り離さないと駄目・・・

右腕切断がトラウマなのに・・・

え?なんなの・・・どんだけ麻衣に厳しいの・・・この作品・・・
しかも人間としての通常サイズでも消耗が激しいらしく、日常ではやっぱり片腕
さらに麻衣当人が理性で許せるような事も発現の原因が憎しみだったせいか
ある程度は自動で自分を馬鹿にした相手を殺そうと動き出すので・・・めっちゃ迷惑
さらに切り落とした見えない右腕は消滅せずに見えないまま存在するっていう・・・

なんだろ・・・この微妙さ・・・さすがこの作品の超能力・・・

今回はその状況でシラサギから巣鴨を好きな場所に呼び出してあげるからと
友梨乃を殺すように依頼され彼女はそれを請け負って・・・↑で書いた石竜子の騒動に巻き込まれ
ついでに襲われていた友梨乃

助けて

再び行動を共にすることに・・・途中ずっと殺せるはずだ・・・って悩んでいて
それでも結論がだせず友梨乃も心を読んで殺そうとしていると察していて・・・
とこれどうなるんだろう・・・って感じだったけど結局殺さなかった

彼女が納得した理由は見えない右腕の自由にまかせるって選択で
右腕が巣鴨を殺す一番の近道になりえるのに友梨乃を殺すために動かなかったから

さすが・・・白馬の王子様

なんかこっちは・・・いい感じに主人公&ヒロインやってますね・・・
石竜子との共通点は悩んでいる事くらい。

そして最初の目標・・・それぞれシラサギ巣鴨を倒す・殺すって目的だけは
一貫して曲げる様子がないところ・・・格好よさには雲泥の差があるけどね・・・

それにしても・・・これからどうなっていくんだろうか・・・

今回登場した『人類の始祖の血筋の末裔』や新しい殺し屋である乙姫
さらには浅香の秘密兵器っぽいなにかとか・・・色々と不安要素はテンコ盛りで
ぶっちゃけた話、石竜子麻衣にとってのいい要素が全然思いつかない・・・

乙姫の能力もまた微妙っぽくてケースに手を入れて取り出すと
何かをだせる・・・という四次元ポケットっぽいもの
たぶん近くにあるものを取り寄せていて、作中で麻衣のナイフを
ケースから取り出して人に渡し、麻衣は持っていると思ったナイフがなくて
ピンチ・・・って感じのシーンがあったから・・・かなり微妙っぽい
なにせ本人の意思で何を取り寄せるか決められないっぽいし・・・
どうなんだろうね・・・あれ・・・

最後に一文。

石竜子のセリフ

色々必死だしその方法でいいのか・・・って思うけど男として凄かったのでこれで
いや・・・男じゃなくても巣鴨を知っていて巣鴨にこの頼みごとができるのがすげぇ・・・
交換条件で今度お願い聞いてとか言われたし・・・巣鴨だぞ?

なんだかんだいって石竜子巣鴨から離れられないよね・・・

「あのですね、巣鴨さん」

「胸を、触らせて頂けないでしょうか」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。


トカゲの王 (5) ―だれか正しいと言ってくれ― (電撃文庫)トカゲの王 (5)
-だれか正しいと言ってくれ-
(電撃文庫)

(2013/07/10)
入間人間

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。