スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンドレッド 3-赤き女王と囚われの荊姫-

あらすじ

「お、お兄様、なぜここに・・・・・・?」

「やれやれ、ご挨拶だね。僕の可愛い妹たちに、逢いに来たんじゃないか」 

突如、ハヤトたち《武芸者》の前に現れた麗容な青年・ジュダル。
生徒会長クレアの兄にして《リトルガーデン》の実質的な支配者。

そこでハヤトは、学園の最高意志決定機関《LiZA》の重大な秘密を知ることに・・・・・・?

時を同じくして、各国の《武芸者》が参加する『サベージ掃討作戦』が展開。

ハヤトたちを待ち受けるのは新たなる脅威《飛龍型サベージ》、
さらに凶悪三人組がハンドレッドで暗躍する!

それぞれの想いが疾走する、《究極》のメカバトルアクション、第三弾!!

「リザ――私の愛する荊姫」

感想

ハンドレッドの3巻

表紙は『リトルガーデン』の艦長であり生徒会長でもあるクレア
表紙を飾っただけに今回は彼女が中心の話

今回は彼女の兄であるジュダルが登場

とりあえず・・・善人ではない

って感じですね・・・何か目的がありそのためならどんな手段も・・・って感じのキャラ
もちろん良識とかはあるみたいだし表向きは立派な大人って感じ

ハヤトは何か苦手なものを感じてましたが・・・

彼はクレアを越える反応値をたたき出したハヤト

『神なる血』

を持つものと呼んだけど・・・これは『ヴァリアント』であるって事なのかな?
彼はさらに『リトルガーデン』の立ち入り禁止区域にハヤトを連れて行き
『リトルガーデン』の動力源にして最高意志決定機関である『LiZA』が人間であり
それは自分のもう1人の妹であるリザである事を明かす事に。

2巻の最後に出てた女の子ですね・・・彼女は人類最初の『ヴァリアント』であり
ハヤトなら目覚めさせられるかも・・・って事で怒るクレアを納得させたみたいだけど
これ明らかに・・・妹を助けようとかしてるんじゃない雰囲気なのが・・・
ジュダルを信用できない感じなんですよね・・・

結局、リザは目覚めなかったけど意識はあるみたいでシャーロットとは
ハヤトについて色々と文字を通じて話してましたね・・・

ってか気に入られてる!?

姉妹揃ってか・・・

そしてそれと平行して・・・各国の『武芸者』共同での『サベージ』の掃討作戦が計画され
ハヤトクレアエミリアなどの『セレクションズ』のメンバーも『リトルガーデン』
代表として作戦に参加する事になり・・・そこでエミリアの幼馴染にして親戚
そしてかなりエミリア大好きなクラウディアと遭遇

彼女は実は王女であり王族唯一の『武芸者』であるエミリアに帰ってきてもらおうとするけど
まぁ当たり前だけどエミリアは拒否・・・出身一族があまりよくないらしく
子供の頃の対応はあまりいいものではなかったって事もあるみたいだし
さらに言えば・・・

ハヤトに惚れているから

というのが一番の理由・・・ってかほぼ告白してるんだがハヤト・・・なぜスルーする・・・
クラウディアハヤトは決闘する事になり・・・

あれ?もしかしてこれでフラグが・・・

とか新しいフラグ立つのか・・・と思っていたんですが
このクラウディア・・・

ガチだ・・・

ってくらいエミリア大好きらしく・・・負けても全然諦めませんでしたね・・・
しかも作戦中に同じ部隊に配属されて今度こそフラグが・・・って思っていたら
なんとクレアハヤトを気にしているっぽいって気づいて二人をくっつけて
エミリアハヤトを諦めさせて・・・と最初から最後まで・・・そっち方面に本気で
フラグが立つ余地が欠片もないキャラでした・・・

まぁ・・・だけどあれだ・・・

よくやった!

そして

ハヤト、爆発しろ!

クラウディアの助言でハヤトクレアは満天の星の中で
2人でに湖に出かけて途中サベージと交戦してクレアが汚れたので
少し洗うと・・・湖で水あび

ラノベの定番で転びそうになった彼女を支えたんですが・・・

クレアは全裸

ハヤト、爆発しろ!

しかもその後もお尻を掴んじゃったり胸を・・・

なにしてんの!?

それでも激怒されずに責任とって貰うですんでしまうあたり・・・
クレアはもう色々とアレな気がする・・・

ってか描写がエロいな!?オイ!?

何気に兄であるジュダルハヤトが一族に加わってくれれば・・・とか言ってたから
家族の反対は・・・とりあえずクレアの家側からはないだろうし・・・
ある意味でヒロインよりヒロインらしい時がある妹・カレンの方がね・・・

この2人きりのときにリザの事やクレアの目的が
兄や父が妹であるリザをこれ以上道具として利用するのを防ぎ監視するためで
実はハヤトと同じように・・・あくまで妹を守るってのが第一だ・・・って話をしたので
ハヤト的には・・・いろいろな意味で共感できたみたいでグッと距離が縮まった感じ

前回登場で明らかにハヤトに気があるサクラはちょくちょく『リトルガーデン』を訪れ
最大の障害ともいえるカレンの方と仲良くなってたし
今回の最後、『ヴァリアント』の力を使いすぎて昏倒していたハヤトエミリア
活性化の為にキスをしたのを目撃して・・・かなりエミリア・・・男装時はエミールだけど
彼の事を怪しんでいたんだけど・・・警戒する相手が・・・間違ってる・・・

エミリアも幼馴染同士って事でサクラに対抗意識持ってたけど・・・

いや、クレアのヒロイン力がね・・・

って感じで完全に置き去りにされていた感じ・・・

作戦のほうは途中で前回登場した『人工ヴァリアント』の3人が強襲
ハヤトクレアエミリアクラウディアで無力化したけど
いままで確認されていない『飛行型サベージ』が現れ共闘する事になり
強力なバリアを張る相手に対してそれを打ち破るためにクレアの砲撃を強化するために
ハヤトが彼女にキスする事で一時的に『人工ヴァリアント』化させる・・・って作戦になり
キスする事になったからね・・・しかも

最低10秒、舌を絡ませて唾液を交換

が条件・・・
bakuhatu.png
なんだこの・・・ハヤトに役得がありすぎるパワーアップ方法・・・
ってかこれに味をしててこれからも・・・って可能性が・・・

元々『ヴァリアント』であるエミリアには使えないしサクラも無理だし・・・
ここにきて『ヴァリアント』でない事がヒロインとして有利に・・・なんてこった・・・

エミリアは結構頻繁にハヤト『ヴァリアント』としての力を安定させるために
キスしたりしていてハヤトも一番意識しているのはエミリアだと思うけど・・・
うーん・・・これどうなるんだろうか・・・

ハヤトは今回の話の中で『人工ヴァリアント』の3人の過酷な過去を共鳴で知り
それでも守るべきものを守るためについに『完全武装』を成功させて
パワーアップを果たしたし・・・それはそれでよかったんですけどね・・・

これまだヒロインは増えるんだろうか・・・
何気に1巻でハヤトが助けた女生徒二人の片方・・・雪梅が今回の作戦の
ベースキャンプとなる街が出身って事で案内役で同行して
お?それっぽい展開あるか・・・って思ったらあまりなくて残念だったからなぁ・・・
もう1人の娘も雪梅も明らかにハヤトに気があるんだが・・・どうだろうか・・・

『人工ヴァリアント』の3人・・・クロヴァン・ネサット・ナクリー
『リトルガーデン』で保護される事になり、彼らとサクラ『人工ヴァリアント』にした
ヴィタリーの情報を聞き出す・・・って事らしいけど主導したのがジュダルってのが怪しい

しかも元々ヴィタリークレア達の死んだ母親の助手だったらしく
彼女こそが『ハンドレッド』の生みの親で受精卵を取り出し遺伝子操作
さらに『サベージ』の体液を注入した生んだのがリザだったらしく
彼女はある意味で生まれながらの『人工ヴァリアント』だったらしい・・・

つまりチートか・・・

なんか大人の世界のほうは色々ときな臭いし・・・エピローグで少しでてきた
クレア達の父親もなにか目的があって動いていて、ジュダルはそれに従うフリをしつつ
自身の計画を・・・って感じで動いていて・・・クレアの家は色々大変っぽい。

『リトルガーデン』の艦長にして生徒会長って肩書きでありながら
実はクレアが一番、ハーヴェイ家において何も知らされていない娘って事なのかも・・・
これはいい事なのか・・・それとも残酷な事なのか・・・どうなんだろうね・・・

エミリアはメインヒロインであり戦闘でもその多様な力で大活躍って感じだけど
イマイチ・・・印象に残らない・・・ソツがなさ過ぎてなんかこう・・・爆発力がない
そのせいか妙に影が薄く感じるわけで・・・そろそろメインヒロインっぽい話が欲しいかも。

祖国では仲の悪い民族同士を繋げるためにその民族の母を持つエミリア
その民族の王族と結婚させて・・・って話がでてるらしいのでそっち関係の話になれば
いい感じだと思うんだが・・・さてどうなんだろうか・・・

なにはともあれ・・・次が楽しみ。
次回で第一部完結って感じになる模様

最後に一文。

ハヤトのセリフ

クレアに自分や『リトルガーデン』の為に今後も力と理想の
一部でいいから貸してくれと頼まれてのハヤトの返答

これを見て・・・仕事の休憩時間で事務所に1人でいたんですが
ツボに入って爆笑・・・声が漏れないようにするのが大変でした・・・

なぜ笑えるかって、これ明らかに校正ミスで・・・
ぶっちゃけた話・・・本当にハヤトが言ったかすら定かではない
でもその場にはハヤトクレアしかおらず、問いかけたのはクレアである以上は
ハヤトでしかありえないんだけど・・・これをハヤトが言ったとすると・・・

駄目だ・・・思い出したらまた・・・

「もちろんですわ」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
ハンドレッド3 -赤き女王と囚われの荊姫- (GA文庫)ハンドレッド3
-赤き女王と囚われの荊姫-
(GA文庫)

(2013/07/16)
箕崎 准

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/03│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。