スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

問題児たちが異世界から来るそうですよ? 暴虐の三頭龍

あらすじ

地獄の窯より現れた魔王アジ=ダカーハ。

殿下との戦いで瀕死の上、右腕がまったく使えない十六夜は、
ノーネームの仲間を逃がすために、魔王と対峙したはずだったが、
飛鳥たちの前にもアジ=ダカーハが現れて――!?

感想

問題児たちが異世界から来るそうですよ?の8巻

表紙があざとい・・・

さて・・・前回の最後が凄まじく気になる感じだったので一体どうなるのか・・・
と思っていたんですが・・・

Nooooooooooooooo!!

まさかの・・・本編は半分で残り半分はWeb掲載されていた短編
内容的には『真性の魔王』関係って事で無関係ではなかったんですが・・・
それでも・・・不完全燃焼感が否めない感じです・・・

ってか9巻はよ!?

さて・・・とりあえず本編部分の感想から・・・

アジ=ダカーハ・・・マジパネェ!?

って事で『魔王アジ=ダカーハ』が復活し十六夜はボロボロな状態で
仲間を逃がすため彼の前に立ちはだかり・・・って状況な訳ですが・・・

人類最終試練(ラストエンブリオ)

そう呼ばれる本当の意味での『魔王』
この物語の『魔王』は基本的に人類の存亡に関わる
天災の具現化・・・のような存在みたいだけど
特に彼は・・・その中でも最古の存在の1つであり他の『魔王』
『主催者権限』を悪用する事で天災の化身だ・・・と後付けで『魔王』と呼ばれるのに対して
彼の場合は存在そのものが最初から『魔王』として定義されるような存在で



ただそれを体現する存在。
悪を体現する・・・ってよくわからないけど彼の存在理由は・・・正直な話・・・

やばい・・・カッコいい・・・

そういうレベルです・・・
なぜなら存在そのものが『悪』という事を体現することで
自らを打ち破る何者かが現れればそれこそが『善』であり
自らが滅ぼされる事によって『勧善懲悪』を・・・『善』の存在を証明する
という・・・滅ぼされる前提の存在であり当人もそれをきちんと理解したうえで・・・
いずれ何者かに滅ぼされるとわかっていてなお自らに課せられた『悪』の旗をかざして
暴虐を振るう・・・

やべーだろコイツ・・・生き様が・・・

彼の場合は『天災』っていうよりは本当の意味での『試練』
人類に・・・人々に『善』があるかどうかをその身を賭して問う存在
『悪』である事で『善』を証明する純粋な『悪神』

十六夜はボロボロになりながらも時間稼ぎの為にアジ=ダカーハと戦い
さらにボロボロ・・・そんな中、相手は十六夜の心を折るために
自らの分身体を追っ手として放たれ・・・どんなに攻撃してもほぼ無傷
自分はボロボロ・・・

格が違う

まさに圧倒的な差を見せ付けられますね・・・ぶっちゃけた話
いつも十六夜が他者にしているような

勝利を疑わず、敗北を考えない傲慢さ

を持っていて十六夜は普段の自分が他者に与えている憤りを自分で感じる事になり
ある意味で生まれてはじめての状況だろうけど・・・よく頑張ったって感じですね。

だけど最後にはアジ=ダカーハになぜこんな事をするのかを訪ね
↑で書いた存在理由を示され・・・舌戦でも負けて・・・認める事に

彼こそが自分がずっと求めてきた相手だと・・・

って大丈夫か!?

これ・・・なんかどうしようもない気がするんだが・・・
十六夜の光の柱の力ですら正面から防ぎきる相手なわけで・・・欠片も勝ちが見えない・・・
十六夜が与えた怪我からの出血すら・・・新しい分身体を生み出す原因になってるし・・・
いや、これどうすんの・・・

一方・・・分身体に追われることになった仲間達なんですが・・・

成長・・・すげぇな・・・

そしてアルマティア・・・ちょっと情弱

飛鳥『アルマティア』を使いこなし
さらにまえにラッテンが使っていた笛を改造することで
『風を切る音で使い手の意思を伝える』ようにして
彼女のギフトを広範囲に伝えられるようになり

広範囲の土地そのものの神格化
敵の行動拘束
恩恵と仲間の強化


を一度に使用できるようになりさらに無防備な彼女を
防御特化の『アルマティア』が守るという・・・鉄壁の布陣

これを利用して分身体を危なげなく撃破・・・という
今までよりも安全に危なげなく強敵撃破・・・って事でかなりの成長がみられました

まぁそれでも十六夜の援護に・・・という彼女の言葉は『アルマティア』
無謀だと止められたので・・・まだ差はあるみたいですが
ディーンメルンもいるし・・・今後のさらなる成長に期待

『アルマティア』飛鳥の肉体がただの人間である事に違和感を感じていて
もしかしたらそれは仮初で本来あるべきものは別に・・・って考えていたけど
そこらへんは・・・今後明らかになるのかな?
彼女の場合は出自そのものがまだまだ謎がありますし・・・

飛鳥の凄さがわかった一方で『アルマティア』が1000年眠っていたために
今の『箱庭』の事情がわかってなくて月のウサギが要請すれば天軍が来て
『魔王』を止めてくれる・・・って発言
飛鳥に200年前に月のウサギは滅んだって言われて焦りまくってました・・・
ディーンが喋れないぶん・・・この二人の掛け合いはかなり面白い
『アルマティア』・・・何気に飛鳥を駄目な子扱いしてたみたいなのに・・・

もう1人の耀にいたっては・・・

チート

ってくらい圧倒的・・・分身体1分かからず撃破
なにせ顕現させたのが今までの幻獣クラスではなく最強種クラスである

大鵬金翅鳥(ヴィナマ・ガルダ)

その衣を纏って圧倒・・・前に登場した鵬魔王と同格の悪神殺しの神鳥
何気に彼女・・・かなり怒っていたみたいですね・・・自分に

十六夜1人に命を張らせて逃げるしかなかった・・・
だけど本来なら一緒に戦えた・・・リスクを恐れなければ・・・
そんな自分に怒っていたから彼女は今回・・・本気を出したわけなんですが・・・

リスク・・・予想以上に厳しいな・・・

前の話で怪物になるかも・・・って言われていてそっち関係を
私も予想していたんですが実際はまったく別

今まで得た恩恵と絆を失うというもので動物の声も聞こえず
さらにそれによって強化された肉体も失い・・・
元の・・・足が動かない病弱な状態に逆戻りという・・・最悪なもの

これが一時的なものなのか・・・永続だったらやばすぎだよね・・・

ただ飛鳥耀も自分のギフトを完全に理解しているとは言いがたく
それを理解していけば・・・って成長の予測ができるからいい・・・

十六夜に関しては今回の冒頭で金糸雀の話があり
彼女が『詩人』と呼ばれる第四の最強種と呼ばれるような種族で
詩う事で歴史の転換点を作る事すらできる存在であり
彼女の『箱庭』を追放された後、数百年も『ウロボロス』に対抗するため
外の世界で色々やり・・・その上で詩を歌って転換点を生み出した
ただそれによって得るはずの神格は彼女に宿らせず・・・そのせいで彼女の魂は磨耗
その結果、彼女は徐々に弱って結果死亡したって事な模様

彼女が生み出した神格がどこへ行ったのか・・・とか
彼女は十六夜を両親から誘拐した上で施設に預け
その後、彼の前に現れた・・・って事らしい事。
そして十六夜『原典所持者』と呼ばれる存在で切り札である事

などがわかりさらに彼の事を

Last future of Embryo

と希望を込めて呼んでいた事も・・・かなり気になるところ

真面目な話をしつつ十六夜を心配する金糸雀に対してクロア
金糸雀を探し現れたラプラスの悪魔の端末が嫉妬してたのが笑えた・・・
ってかノリがいいなこいつら・・・

黒ウサギは元メンバー達をかなり尊敬していたみたいだけど
ぶっちゃけ・・・今までの断片的な話を聞く限り・・・みんな問題児だった気がして
今とあんまり変わらなかったんじゃないだろうか・・・

ただこんな感じで・・・十六夜の場合は先が予想すらできない状況なわけで
強くなれる・・・とは思うんだけどそれがいい事なのか不安になる感じもある。

なにせ『人類最終試練(ラストエンブリオ)』と似てるからね・・・
十六夜の場合はなんて訳せばいいんだろうか・・・
未来って言葉を気にすべきなんだろうか・・・それともエンブリオを胎児って訳して
まったく別なものとして扱うべきか・・・先が気になるな・・・

こんな感じで3者ともにどうにもできない状況で今回は終了・・・

いや、不完全燃焼だよ!?続きはよ・・・

ここからは短編の感想

・異邦人のお茶会

問題児三人がそれぞれの時代の流行を話す短編

飛鳥は箱入りだったのであまり話す事がなかったんだけど
十六夜は彼女の家が戦後でも五指に数えられるものだった・・・ってことを気にしてた
やっぱり彼が知っている歴史とは違うから・・・なのかな?
コレは何かの伏線っぽいけど・・・まだわからん

十六夜金糸雀との思い出でイタイプ発電所

現実世界では自分以上の超常の存在がおらず腐りぎみだった十六夜
金糸雀が人類が代を重ねる事で得た技術の結晶とも言える
超巨大施設を見せる事で感動を呼び起こした・・・ってものだけど・・・
調べてみたらこの施設・・・

マジ、デカイな・・・

そしてこれで何気に世界2位・・・
こういう規模の施設って島国である日本に住む感覚だとわかりにくいな・・・
いつか行ってみたいかも知れない・・・

耀『イタイプ遺跡』って呼んでもう動いていないような事を言っていたけど
やっぱりそのへんは未来人・・・

彼女はウサミミヘッドホンが流行っていると発言し
飛鳥十六夜を爆笑させてオチ

そりゃ平和だわ・・・未来・・・

・リリの大冒険

真性の『魔王』降臨!

って短編でなにやってんの!?

って感じがあるこの短編・・・

時期的にはアンダーウッドでのいざこざの後なんですが
リリ黒ウサギへのプレゼントを探していて迷い込んだ店で
欲しいものを見つけ・・・それを手に入れるためにギフトゲームに挑むんですが

第三永久機関の完成

ってぶっちゃけ無理な条件であり・・・しかもその過程で
アジ=ダカーハと同格の『退廃の風』が召喚され
触れたものを滅ぼすという・・・なんとも凄まじい相手でした・・・

ただ人間の力では無理な『第三永久機関』
神や魔・・・そしてそれによる特殊な鉱物や技術を使えば可能であると
十六夜が気づいて完成させるべきもの・・・店の店主をしていた
コッペリアという人形を神造永久機関として完成させる事でゲームクリア
ゲームの過程で呼び出される『退廃の風』を追い返す事に成功

って流れだったんですが・・・凄いな『箱庭』・・・作れちまうんだ・・・永久機関・・・
ただ『退廃の風』は追い返しただけだし、十六夜の光の柱を見て
『いい手土産』と言っていたのがかなり気になる・・・

何気にこの『永久機関』って命題も下手をしたら『人類最終試練』
なって『魔王』に堕ちていた可能性があったらしいし
白夜叉も元々は『天動説』『人類最終試練』であった『魔王』みたいだし
結構色々と・・・『人類最終試練』はある模様

その中でも

閉鎖世界(ディストピア)
絶対悪(アジ=ダカーハ)
退廃の風(エンド・エンプティオス)


『魔王』の代名詞で最古参らしいので・・・今の状況は
かなりまずいんじゃないだろうか・・・

ただこの短編の後にこの報告を聞いた白夜叉黒ウサギ

今まで歩んだ軌跡を信じてみなの力を結集して旗を集って立ち向かえ

と伝えたわけですが・・・これが最終的に・・・勝利に繋がるといいなぁ・・・
十六夜が誰かに頼るっていう・・・本当の意味での信頼を手に入れて欲しいし・・・

なにはともあれ次は初冬くらい・・・

いや、まじではよ・・・

最後に一文。

アジ=ダカーハのセリフ

十六夜にその破壊の目的を存在理由を・・・彼の正義はなんなのかと問われ
それに対する彼の返答

なにこいつ・・・マジで格好いいんですけど・・・

「踏み越えよ――我が屍の上こそ正義である・・・・・・!!!」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
問題児たちが異世界から来るそうですよ? 暴虐の三頭龍 オリジナルアニメ ブルーレイ同梱版 (角川スニーカー文庫) 問題児たちが
異世界から来るそうですよ?
暴虐の三頭龍
オリジナルアニメ ブルーレイ同梱版
(角川スニーカー文庫)

(2013/07/21)
竜ノ湖 太郎

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

確かにアジ=ダカーハは格好いいですよね。最近登場した敵役で、陛下やリンあと何人かいたと思いますが、彼らには全く魅力がなかったのでアジ=ダカーハはとても良かったです。
マクスウェルさんは、ネタキャラとしてとても良いのでもっとやれって感じです(笑)。


閉鎖世界(ディストピア)
退廃の風(エンド・エンプティオス)

と人類最終試練が登場しましたが、どんなものなんでしょうね?閉鎖世界(ディストピア)は名前からして、ジョージ・オーウェルの『1984』みたいな社会になることかなとは思いましたが、閉鎖世界(ディストピア)と退廃の風(エンド・エンプティオス)はどのようなものだと思いましたか?

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます

>閉鎖世界(ディストピア)と退廃の風(エンド・エンプティオス)はどのようなものだと思いましたか?

閉鎖世界はちょっとわかりませんね・・・どういう解釈で
どう魔王なのか・・・

退廃の風は短編ででてきたそのまんまでは?

No title

ディストピアの魔王って、前巻の黒ウサギの過去の回想で、クロアが「ディストピアの魔王倒した時以来」って言ってたけど…。
分身であってほしいw

コッペリアについて

こんにちは〜。
カナリア周りと陛下周りのノリが良すぎてシリアスが瀕死ですが、大丈夫何ですかね(苦笑

ちょっと疑問に思ったことがあったので書かせて頂きます。
短編にあったコッペリアのお話と、1つ前の巻でマクスウェルが出したコッペリアって、同一の物なんでしょうか?
マクスウェルのコッペリア召喚時に耀が「コッペリア」に対して驚いていたので気になっているんです…
時系列的には、コッペリア完成→戦闘のはずですから、何かあったのかなーと。
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。