スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳩子さんとラブコメ 4

あらすじ

僕こと平和島隼人は、平和島財閥の跡継ぎ候補。
いずれ財閥のトップに立つべく、メイドの鳩子さんから帝王学を学ぶ日々なんだけど―

「わたくしの仕事はここまでです。あとはごゆるりとどうぞ」

・・・僕らの祖父にして平和島財閥総帥・源一郎から後継指名された僕は、
鳳杏奈と結婚を前提に同棲を命じられる。

慌てた僕は祖父の目の前で鳩子さんにプロポーズするけど、
彼女は僕らの愛の巣から大人しく出ていってしまい・・・。

最愛の鳩子さんを手に入れるための最大の障壁は、彼女自身。
だけどこの戦いだけは、負けるわけにはいかないんだ!

いざ、愛の力で。一丁やってやりましょう!!

感想

鳩子さんとラブコメの4巻

最終巻です!

感想は短めです。

前回の話で鳩子の上をいき、見事に生徒会長になった隼人
服を脱げ・・・って命令をしたわけですがそれは鳩子を動揺させて
彼女が隠している”何か”を聞き出すための取っ掛かりにしようとしたみたい。

まぁ失敗しましたが

ただ彼女の微かな動揺から『隠し事をしている』というのははっきりしたみたいで
隼人的にはそれで十分だったみたいだから・・・

あいかわらず策士

って感じでした・・・最後なのに何してんだよ・・・って感じですが。

さて・・・今回はついに平和島財閥総帥であり隼人の祖父・源一郎が登場
しかも学園の理事長に就任して・・・そして学園の廃校を決定という
凄まじい無茶っぷりを発揮

それも全て隼人を後継者と認めたからこそ、それに対してどう行動するかを
見るための試練的なものなんですが・・・

なんてはた迷惑な爺さんだ・・・

基本ノリがよくて明朗快活な人なんだけど・・・その財力・行動力・影響力は
計り知れないものがあり・・・もちろんだけど廃校の件は試練だけど
駄目だった場合は本気でやりかねない感じ

その状況に加えて理事長室に杏奈と共に源一郎から呼び出され
杏奈隼人の妻候補にする・・・と宣言され
隼人が自分は鳩子が好きだから・・・と反論すると自分やその子供世代で
近しい血での結婚が多かったから従兄妹とはいえ子孫の事を考えると
それは賛成できないと反対され・・・色々と厳しい状況

ってか凄い展開だな・・・

杏奈隼人の上記のセリフを聞いても全然態度変えず
源一郎に好機だ・・・とそそのかされて話を受け入れてしまい
二人は同棲する事になったんだけど・・・

まぁ・・・何もないよね・・・

杏奈は凄く意識してたけど隼人は彼女の好意を理解したうえで
からかったりしたけどその気はまったくない感じ
そして思春期の男女が同棲・・・しかも親公認って状況でもブレずに
まず学校の廃校をどうにかしよう・・・と話し合いになった時点で
この二人は・・・大概色々とずれている感じ。

この話し合いの後、杏奈は恥ずかしくなった・・・と学校を休むんですが
まぁ・・・明らかに何か隠れてしているって感じであり
隼人は学校で反理事長派として生徒達や教師を炊きつけ署名活動とかして
その合間に色々と準備・・・って感じだったけど・・・

いや、もう・・・すげぇな・・・

友人である太一は反対派を盛り立てるのに力を貸してくれ
風紀委員である千鶴隼人の為にと相手の不審な点を捜査
教師であるちひろは報酬をチラつかせると快く協力

って感じで3巻と似たような感じ

オイ!?教師!?

ってのは・・・とりあえず置いておこう・・・うん・・・

ただ最大の問題点は源一郎から妨害するように言われている鳩子
彼女は何もしない事で生徒たちの不安を煽っていたんですが
体育館の1つがなんの前触れもなく解体される・・・という段階に至り
反対派が熱を帯びたあたりで隼人に牽制の電話
ここらへんの流れは・・・ちょっと怪しかったですね・・・
隼人の行動や鳩子の行動&言葉とか・・・

ラストは源一郎を呼び出して生徒の総意を伝えて反抗・・・って流れで
どうやって決着が・・・って思っていたんですが
なんていうか・・・ここからは凄い展開でした・・・

まず第一に源一郎があっさり謝罪して廃校を撤回という・・・反対派からしたら
出鼻をくじかれてしまう感じ

そりゃそうだ・・・どっちにしても彼に損はないわけだし・・・

ただそれで済ませる隼人ではなく・・・源一郎の思いつき云々で
廃校か存続が決まるなんて間違っている・・・って事で

杏奈、颯爽登場!

学校潰されるなら・・・新しく作っちゃえばいいじゃない

って事で彼女が人脈を駆使してスポンサーを募り
しかもそれは全部、平和島財閥と関係が薄い企業ばかり
これで完全に源一郎の干渉から離れられる新しい学園を作れる・・・
って事で完全勝利

しかも杏奈源一郎の思惑で隼人と結婚するのは嫌だし
隼人鳩子を好きなのも知っているからその上で・・・

自分の力で心変わりさせてみせる!

隼人は自分のものだ!

と宣言・・・おもわず隼人が拍手してましたね・・・
いやいや杏奈・・・すげぇよ・・・

隼人鳩子に好かれるために決意をして平和島財閥の後継者の座を辞退
源一郎を越えるような組織を作ると宣言して勝負は終了

源一郎からしたら一本取られたわけですが・・・何気に嬉しそうでしたね・・・
引退を考え始めていたけど隼人のために巨大な壁であり続けようと思うようになったみたいだし
隼人が組織を作るって事は杏奈が集めた企業の力を借りるって事で
結果的には源一郎にも隼人を通じて今まであまり仲の良くなかった相手と
パイプができた・・・って利点もあり双方納得した・・・って感じみたい。

源一郎からしたら隼人の母親に・・・そして自分にそっくりだ・・・って感じみたい
祖父としては・・・まぁ嬉しいでしょうね。

ヒロイン勢は杏奈もまったく諦める気はないし
千鶴も・・・今回協力してくれた時に、これからもこんな風にずっと・・・
って感じで自分を売り込んでいたので諦める気はない模様

そしてなにより・・・この作品のメインヒロインである鳩子なんですが・・・

やっぱりデレてた!?

って事で・・・最初から隼人が好きだった模様・・・
そもそも杏奈隼人が婚約者・・・って話からして嘘だったみたいで
そういえば・・・源一郎はそんな事は言ってなかったなぁ・・・って事に

彼女もやっぱり子供の頃から隼人が好きだったみたいだど
源一郎が従兄妹同士は・・・って考えなのに気づき
さらに能力的には杏奈の方が上である事もあって彼女をパートナーに・・・と思った様子
でもそれは身を引くとかではなく隼人が成功を収め、自身も色々と根回しをして
時期が来て・・・これだ!という時に杏奈から奪い返す気だったみたいで
今回の一件も隼人の動き・・・たとえば反対派を鼓舞するために源一郎の仕業と見せかけて

体育館を解体した

事なんかも突き止めていたけどスルー・・・源一郎には報告せず
杏奈の動きもまったく報告していなかったみたいだし・・・
最初から最後まで徹頭徹尾・・・実は隼人のために動いていたという女の子

隼人はどんなコネで解体したの!?

って部分もあるんだけどね・・・

前回の話で彼女の素がでたけどやっぱりあっちが本来で・・・
エピローグでほんのちょっとだけそっちを露にして隼人にキス
本心を告げて・・・再びいつもの鳩子に戻るという・・・

凄い微デレ

を見せただけでしたが・・・これ本心はデレデレだよね・・・
今後もサポートしていくみたいだし・・・

そういえばそうだよね・・・わかりきっていたよね・・・だって

『鳩子さんとラブコメ』

だしね!
ちなみに隼人・・・気持ち通じてたけどお預けって状態だけど・・・

こいつ爆発すればいいのに!

だってエピローグでは両親や源一郎が望んだし・・・って理由をつけて
杏奈が同棲を続行・・・鳩子も戻ってきて3人で共同生活

bakuhatu.png

なんていうか隼人って・・・このまま鳩子と結ばれようが
何かあって杏奈に心変わりしようが・・・大穴である千鶴に傾こうが

幸せな未来

ってのが揺るがない気がしてならない・・・しかも当人達の能力が大きいから
社会的にも経済的にも成功しそうだし・・・なんだろ・・・

このリア充が!!!

いや、それに見合う苦労はするんだろうけどさ・・・この野郎め・・・

これにてこの作品は終了
ハッピーエンド?だしよかったよかった・・・

最後に一文。

隼人鳩子のセリフ

エピローグで鳩子がまるで最初から隼人の為に動いていたようなセリフを言い始め
そこで初めて隼人鳩子の真意がもしかして・・・と思い
今までは自分の気持ちを伝えるだけだった彼が彼女の気持ちを確かめた時のセリフ

オイオイ・・・そんなあっさり・・・

ってそういえば・・・今回の話の中でさらっと隼人が好きって冗談みたいに言ってた!?
最初から嘘付いてねー!?

「あのさ。鳩子さんって、僕のこと好き?」

「うん」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
鳩子さんとラブコメ4 (富士見ファンタジア文庫)鳩子さんとラブコメ4
(富士見ファンタジア文庫)

(2013/07/20)
鈴木 大輔

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。