スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔弾の王と戦姫 7

あらすじ

海賊団を率いて城砦に攻めよせるエリオット王子。

それを迎え撃つティグルは、オルガやマトヴェイ、タラードの協力を得ながら巧みな攻防を展開し、
ついに囚われのソフィーを救出する。

黒弓の力に驚くタラードたちの追及をなんとか躱し、
ジスタートに戻る船路につくのだったが、そこに生きていたトルバランと海竜が襲いかかる!

船が破壊された衝撃でティグルは海に投げ出されてしまい―!?

一方トルバランは再びレスター将軍となり、残党を従えレグニーツァを襲う。
応戦するのは二人の戦姫、“雷渦の閃姫”エリザヴェータと“煌炎の朧姫”サーシャ。

「もってくれよ、僕の命の炎・・・!」

大人気戦記ファンタジー第7弾。いま、最強の焔が舞い降りる―!

感想

魔弾の王と戦姫の7巻

表紙はすでに登場していたけど表紙を飾らなかった戦姫エリザヴェータ

前回、隣国アスヴァールに特使として派遣されたティグル
将軍タラードの反乱に巻き込まれ・・・ぶっちゃけた話、ジャーメイン王子よりも
全然人気も高い彼のほうがいいし、ジャーメイン王子には殺されかけた事もあり
彼に協力して王国軍と戦い

え?特使なのに?

って感じだったけど・・・非凡な将の才能を見せていい感じでした。
ただ協力の理由はそれだけではなくもう1人の王子であり
今は海賊を率いて暴れている彼に戦姫であるソフィーが捕まっていると知って
それを助けようとして・・・ってのもあるんですが・・・
前提としてタラードも弓を使う事もあって意気投合したってのも大きそう

今回はその状況下で砦を1つ落としたけどタラード達とは離れている状況で
エリオットの軍勢が迫ってきてる・・・という状況に

またか!?またなのか・・・

ティグル達は3千ほど・・・エリオット達は3万とまた大軍相手に勝負・・・
ただ今回、ティグルに課せられた試練はそこじゃなくて・・・

将としての判断と覚悟

って事で・・・相手の侵攻を遅らせるために途中にある村などの
食料や水を補給させないために村を焼き・・・そして井戸に毒を流す
それによって補給を滞らせて相手を弱める・・・という常套手段

ティグルはこれをリムに教わって知っていて・・・今回の状況では
使わざるを得なかったけど・・・それでも最後まで迷ってました

ここらへんを甘さととるか優しさととるか・・・そこらへんは人そろぞれかな?
オルガは行為そのものには不快感を持っていたみたいだけど苦しみながらも
その判断を下し、非難を自ら受けたティグルの事はもっと好意を持ったみたい。

自分が何をすべきかがわからず旅に出た彼女からしたら
今やらなければならない事から逃げずにやるべき事をやる・・・
そんなティグルに対する好意がうなぎのぼりでした・・・

あーもう完全に落ちた・・・ロリっ娘が・・・

なんていうか・・・もうオルガが色々と可愛かったですね・・・
基本的に敵に突っ込もうとするけどティグルが推し留めて
なんで?とか言ったりするんだけどティグルの言う事なら聞く感じ
ティグルが無理してそうだったら1人になっちゃ駄目・・・と
近くにいたりと・・・もうめっちゃ好意全開

ここらへんの流れはちょっと面白かった

作戦会議で自分が突っ込む発言をティグルがスルーとか・・・ちょっと笑えたし

そして前半の山場であるエリオット軍との戦い・・・地の利を生かし
色々と策を練ってどうにか対抗し・・・それでもピンチって感じだったけど
ギリギリでタラードが本隊を引き連れて合流し圧倒

ティグルはその隙に・・・と兵を借りてソフィーを助けに行き・・・
無事救出・・・ソフィーは思わず抱きついて泣き出してました・・・

ついにフラグ立った!

これに関してオルガが色々と嫉妬していてその後の展開で
ティグルとの仲を疑ったり、彼女を避けたりと・・・少女らしい反応を見せてた。
ソフィーはそれがわかってオルガをからかっていたけど・・・
本人にもティグルへの想いがどうなってるかソフィーはまだ完全に把握していない感じ
少なくとも好意は抱いているし・・・今回の事で明確に恋愛方面に動き出してるんですけどね

この後はタラードが最後の王族であるギネヴィア王女を取り立てて
ティグル達に友好を望み、ティグル達はその情報を持ってジスタードに帰ることに。

タラードティグルを部下に・・・って望んでいたけど彼の部下は反対
それはタラードが目的のためなら村を焼く事も普通に選択する覚悟があり
それに対して悩み苦しむティグルでは・・・って事みたいだし
逃げようとしたエリオットが用意していた船を一撃のもとに粉砕した
ティグルの弓の力に対する恐れもあったみたい・・・

タラード当人はそれでも欲しがっていて・・・あいかわらず男性からの人気も上々・・・
ただこの二人・・・気が合うんだけど根本的なところで相容れなそうで
いずれ・・・戦う事になりそうな気がするんですけどね。

そして後半は・・・ジスタードへの帰還

オルガティグルを見て自分も領地に戻ってちゃんとしようと決意したらしく
一緒に帰国・・・リスペクトっぷりが凄いです・・・めっちゃ懐いてる・・・

だけど前回、オルガティグルが撃退した魔物・・・トルバラン
海竜を引き連れて船を襲撃

夜の・・・しかも船の上という状況で海を自在に動く海竜相手に大苦戦
ティグルは覚悟を決め・・・船から飛び降りながら弓の力を使って海竜を撃ち
倒す事には成功したけど、『竜具』の補助なしなので衰弱し
さらに破壊された船が倒れてきて・・・そのまま行方不明に

ソフィーオルガは心配したけど・・・怪我人もいるからと捜索を諦め帰国
その知らせを受けたエレンは憔悴するし・・・リムも動揺
ティッタには秘密にしてたけど・・・

え?主人公・・・どうなった!?

って感じです・・・状況的には生き残れる可能性がかなり低い
もちろん死んでるわけないんですが・・・これどうやって助かるんだろうか・・・

弓に宿っている謎の存在の助力か・・・あとは戦姫であるヴァレンティナ
瞬間移動能力くらいだろうか・・・あの状況でどこかに流れ着く・・・って展開は
なさそうだしなぁ・・・どうなんだろうか・・・

そしてラストは・・・スゲー続きが気になる引きで終了

トルバランが敗北してちりじりになった海賊約2万を率いをジスタードの港を襲おうとして
領地であるがゆえに病床のみを押して・・・領民たちを守るために戦姫としてサーシャが戦場へ・・・

どうやらサーシャの病気は遺伝病みたいで彼女の家系の女子はみんな早逝するらしく
30歳いかない事が多いみたい

それを母親から知らされても腐らず、母親が死んだ後
そんな自分とでも子供を作ってくれるような旦那さんを探す旅に出て
その途上で戦姫に選ばれたみたい

子作りしたいのか・・・

なんかこれフラグな気がする・・・
ただそれ以上に・・・

死亡フラグ

が立ってるんだよね・・・彼女・・・
病床の身で出撃・・・彼女の強さはエレンが認めるほどで
実際にラストではトルバランと遭遇した戦闘・・・

オルガですら大してダメージを与えられなかったトルバラン
腕を切り落としてみせたわけで・・・凄い強いんだけど・・・ちょっと不安

強すぎるバランスブレイカーだからこそ排除されないかと・・・

これでソフィーと似た感じでピンチにティグルが復活して助けに来て・・・
彼となら子作りを・・・とかなったら安心なんだが・・・どうだろうか・・・

性格的にも問題がないすごーーーーくまともな貴重な戦姫だし・・・
律儀で真面目でもあり、硬いわけでもないという・・・いい人だし

うーん・・・どうなるんだろうか・・・
そもそもティグルがどうなったかがわからないと・・・考えようがないなこれ・・・

あと援護要請をエリザヴェータにだして彼女も出陣するみたいだけど・・・
彼女はなにか怪しい力を得ているみたいだし・・・そっち方面も不安

それと何気に今回もティグルの弓の異常さが明らかに・・・
ティグルが長距離から矢を当てられると気づいた敵の将軍が
長弓を使いティグルの攻撃が届かない距離から矢を放って倒そうとしたんだけど

向かってきた矢に矢を当てる

という荒業で攻撃を防ぎその間に近づいて狙撃・・・

チートだ!?やっぱりこの人おかしい!?

作中で弓の力は2度使ったけど、それはそういうものだ・・・って納得できるけど
ティグルの弓の腕に関しては

おかしくね!?

っていう・・・超常の力以上におかしいですからね・・・
そりゃ敵も・・・呆然としちゃうよ・・・

ただこの時に敵はティグルの姿を黒い竜の姿のように幻視したわけで・・・
これは・・・やっぱりティグルの王になるフラグなんだろうか・・・

ジスタードの最初の王は黒い竜の化身とかって設定だったし・・・
それを他国に人間が幻視したわけで・・・なんか関係あるのかな?

そして・・・この記事を書き始めたのが27日の夜
途中で中断して28日に再び書き始めたんですが・・・この1日で大きな展開が・・・

アニメ化、決定! ΣΣ(゚Д゚;)ナヌッ

仕事終わって帰ってきたら・・・そんな事態に・・・ビックリです。
しかも・・・他にも4作品

星刻の竜騎士

精霊使いの剣舞

ノーゲーム•ノーライフ

魔法戦争


もアニメ化・・・『精霊使いの剣舞』以外は全部持ってるやん・・・
これを機会に買おうかな・・・でも全部はお金が・・・どうしたもんか・・・

なにはともあれ・・・楽しみだ!

最後に一文。

ソフィーのセリフ

戦いの後、ティグルが水浴びをしたいと願ったら大浴場を勧められ
そこに行ったら・・・ソフィーが・・・といういつものような展開

だけどソフィーも話があるからとティグルを誘い・・・彼女から感謝を告げられたんだけど
風呂入ってる状況で背中から抱きつきながら・・・とか・・・

ティグルさんの忍耐パネェ!?

って感じです・・・もはや誘ってるレベルです・・・なにせソフィーのプロポーションは
凄いですしね・・・

まぁソフィーも感謝の言葉や自分の考えを語った後に状況に気づいて
パニックになってたから無意識だったのか・・・

そしてこの後・・・二人は体制を崩しティグルソフィーの胸を・・・
ソフィーティグルの下腹部を触ってしまい・・・

その状況下での”ソフィー”のセリフ

いや・・・いいんだけどね・・・っていうかこの一件からソフィー
”ティグルヴルムド卿”って呼び方から”ティグル”に変わったわけだけど・・・
思わずオイ!?って突っ込んじまった・・・なのでこのセリフ

何が・・・とか聞かないでね。

「おっき・・・・・・」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉7 (MF文庫J)魔弾の王と戦姫
〈ヴァナディース〉7
(MF文庫J)

(2013/07/24)
川口士

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

魔弾の王と戦姫 7巻

魔弾の王と戦姫 7巻です。 アスヴァール内乱も終盤戦。 へなちょこ王子を有能なティグルさんが倒してソフィーを救出です。 感極まってティグルに抱き付くソフィー。 今までずっとティグルを独占してきたオルガは面白くありません。 玩具を取られまいとする子供のようにティグルを離しませんが、ソフィーも解っててオルガをからかいます。 誰かの勘違いで大浴場でばったりという古典的なシチュエ...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

MFからアニメ化めっちゃきましたね!
しかも自分が好きな作品ばっかり(☆∀☆)<まぁ魔法戦争とノーゲームノーライフは買っていませんが

とりあえず「魔弾の王と戦姫」と「精霊使いの剣舞」に期待大
ティグルの弓の技量がアニメでどう表現されるか楽しみo(^o^)o

No title

いつも楽しく拝見させていただいています。
魔弾のアニメ化きましたね。1クールかな?
個人的にこの作品が外に大きく広がっていくことは、
非常に楽しみなのですが、アニメ化=川口先生の仕事量増大
という図式が見事に完成しちゃいました。
今回の7巻にしても2か月発売が伸びたので余計に
新刊の発行ペースに影響が出ないかどうか非常に心配です。

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。