スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神さまのいない日曜日 Ⅷ

あらすじ

黒面の向こう側に現れた新世界。
世界は救われ、封印都市は新たな街に生まれ変わろうとしていた。

そしてアイも、新たな自分を見つけ始める。

「アイ・アスティンは、始まりを見守るものでありたい・・・それがきっと『私』なんです」

夢が果ててもなお、たくましく変わりゆくアイ。
そんなアイを目の当たりにしたアリスは―。

そんなとき、黒面からもう一人の少女が降り立つ。

「私は世界を救うのよ」

夢に生きる少年と少女の物語は、再び交わるのか―─?

感想

アニメも開始された神さまのいない日曜日の8巻

ようやくか・・・!!!

1年三ヶ月ぶりですね・・・
さて・・・今回の話は短めで・・・内容的にはかなり凝縮されているので
感想は短めで・・・とりあえず思った事は2つ・・・

ナイン、万能すぎて物語壊してる!?

アリス・・・やっぱりうぜー!!?

ですね・・・

前回の話で『黒面』の向こう側から『黒面』を生み出したイソラが帰還

『黒面』の向こう側の世界は歩く死者も墓守もいない
そして妊娠も確認された正常な世界ということが判明し
生者なら生涯に一度だけだけど通過する事ができ・・・世界は救われた

世界を救おうとしていて挫折したアイからしたら夢が他人の手でとはいえ叶い
これからどうするのか・・・と思っていたら・・・

魔女の娘 ナイン

『黒面』の向こう側から登場
彼女はディーもよく知る『大魔女』と呼ばれた存在の娘
正確にはその全てを受け継いで生まれ変わった彼女自身

その能力は『万能』であり・・・オリジナルであるウラードはその力で
人々の願いを叶えて世界を救おうとしていたけど・・・無理だった
そして徐々に変化して人々が望むのとは違うゆがんだ願いの叶え方を
するようになり・・・オルタスキリコ『魔女旅団』も彼女の力で生まれた
歪められた願いの結果

そんなウラードが自分では無理だから・・・と新しく『世界を救うためだけ』
生み出した存在が自分の分身ともいえるナインであり
このナインという名前すら名前のなかった彼女にアイがつけたもので
自我などはあるもののその全てが世界を救うために存在していて
食べ物の名前すら知らないという状況・・・だけど・・・

万能すぎるだろ・・・ってか神か!?

ってくらい・・・『万能』って異能は凄まじいです・・・
ってか何故それで世界を救えなかったんだ?ってくらい・・・凄まじいです
なにせ・・・

なんでも叶えられる

というのが能力であり数や制限は一切ない・・・もちろんずっとやってれば
ナインは疲れますが・・・それだけ・・・休めば問題ないしいざとなったら
力で自分自身を回復させれば良い・・・そして『なんでも』ってのは本当に『なんでも』であり
『黒面』の噂を聞いてやってきたけど『死者』であるために通過できずにいた者に
ナインは願いを聞き、相手がやけくそぎみに生き返らせてくれ・・・といえば

生き返らせる

え・・・?この世界設定の中で・・・?

まさにバランスブレイカーと言うか・・・デウス・エクスマキナと言うべきか
読んでいて・・・凄まじく不快になる能力でした・・・
ナイン自身は自分を生み出したけど・・・だけど彼女では世界を救えないだろうと諦め
それでも生み出した彼女の母親といえるウラードの遺志を継ごうと・・・
そしてかつてのアイのように世界を救って見せるとただただ頑張っているだけの少女で
彼女自身は・・・とくにそうでもないんですが・・・

何度でも、なんでも願いが叶う

というあまりの『万能』っぷりの能力が・・・妙に不快でした・・・
アイアリス・・・ディーなどの主要メンバーもそうだったらしく・・・
そして今までの当事者であっただけに・・・その力では無理だって事もわかっていたみたい。

『死者』達は生き返った上で『黒面』を抜け向こうの世界で
普通に生活して・・・そして普通に死にたい・・・だけどナインには
何度でも生き返らせてあげるのに何故?って感じであり彼女が
普通の人の感覚を理解できていないって部分も原因なんでしょうが
それが結局・・・破滅を招く事になるわけで・・・難しい感じです

ナインは根本的に世界を救うには今のままでは駄目だと思い
ついに過去の改変を・・・この世界の神が残した呪いともいえる

『死者』が歩き回る

子供が生まれない

墓守が存在する

これらの今の世界の常識を書き換えてしまおうと決意
それが世界を救う事になると信じて・・・アイが止めるのも聞かずに実行しようとし
そしてこの瞬間に・・・もう1人の破滅を決意させてしまう結果に・・・

ブザービーター
アリス・カラー 『最後の一撃』

ナインが現れたあたりから様子がおかしく・・・ディーナインを警戒して
暗殺・・・とか考えてユリーに叱られていた時も無意識に・・・
ナインをどのように・・・確実に殺すかを語りだしたりとおかしかったんですが
ナインが上記の決意をした時点でアリスは・・・彼女がもう駄目だと・・・
存在してはいけない者だと判断して殺す事を決意・・・

彼の能力と同じで彼が一度決めた事は決して覆らず・・・アイの静止を無視して
ひたすらナインを殺すために動き出す事に・・・

うわぁ・・・凄惨だ・・・そしてなんだそりゃ・・・

ナイン『万能』でありアリスの銃に心臓を貫かれても死にはしない
だけどアリスの能力は『必ず当てる』という結果を導き出す能力で
その能力の前では確率や・・・時に概念すら捻じ曲げて結果を導き出す

ナインがその力で防ごうと思ってもその防ぐための力を砕いて確実にあたる
どこかに隠れても偶然その隠れるための場所が崩れて当たる・・・と言った感じで
前回判明した力を超えて・・・さらに一線を越えたその先に行ってしまった感じで
もはやアイは部外者扱い・・・完全に隔絶した戦いを始めてしまう事に

アリスが独白していたんだけどアリスは自分を『変われない者』と思っていて
結局最初に決めた事を最後まで変えられない存在だと思っている
かつてはアイも自分と同じ『変われない者』であり夢に向かってたとえ無理でも
最後まで貫いちゃう存在だと思っていたけど・・・アイ『変わって』しまって
それについて色々ショックを受けていたみたい。

だけど今回の話でナインとであい・・・そして戦いの中で・・・そしてアイナインの会話
ナイン自身がたどり着いた結論を聞きナインが自分と同じ存在だと理解

最初はただただ殺す・・・って感じだったアリスが途中からナインう救うために
彼女を殺そうとしているって状況に変化してますからね・・・

いや、お前らめんどくせーよ・・・

ナインは途中から世界中の人を巡ってその人の願いを全て叶え続ければ
いずれ世界を救える・・・と思うようになり彼女にはそれが可能
だけどそれをしてしまうと願いが全て叶った人間は何もしない石ころのようになってしまい
アイは・・・すでに挫折してしまって失敗を理解しているからこそナイン
その誘惑に抗えたんですが・・・

何でもできるからこそ・・・世界を救えない

って状況にナインは追い込まれていて、自分は世界中の人の願いを叶えられる
だけどそれは結果的に世界を滅ぼす事と一緒に自分には

世界を救う事はできない

ナインもここに到って理解したんですが・・・それでも『万能』であるがゆえに
そして『世界を救うため』に生まれたから彼女はそう行動してしまう
アイのように失敗できればまだいいんだけど彼女は

失敗する事ができない

という・・・『万能』ゆえの欠点ゆえにそれができず・・・
ナインは自分に恐怖してしまう事に。

だからこそアリスは彼女を殺そうと追い詰め・・・『万能』である彼女を殺すために
彼女ですら路傍の石ころとする事で・・・

悪を滅ぼす

という概念を持って自身の異能を使い、自分自身を銃弾として発射
銀色の光の速さで敵を貫く弾丸となり・・・これには流石のナインも再生が追いつかないほどで
もしこれによってナインが殺されれば彼女は世界を救う事に失敗した
ただの人間として死ぬ事ができ・・・よしんば死なずに抵抗したとしても
『悪』という概念を滅ぼすために放たれたゆえに『悪』となりうる全てを・・・
ナインを殺しても次の『悪』アリスが考える誰かに向かい・・・そしてそんなの
誰でも内包するがゆえにいずれこの弾丸は世界を滅ぼす

だからこそこの弾丸を消滅させるために戦い続けるのであれば
それは現在進行形で『世界を救う』事であり、弾丸を消滅させる事ができれば
世界の終わりを止めたって事で『世界を救った』って事になる・・・
たとえその結果が相打ちだったとしても・・・

つまりアリスは途中からナインの助けるために・・・自分を世界を救うための
目標物にして・・・だけど同時に世界を滅ぼす要因であるナインを滅ぼすための
存在になった・・・お互いが『変われない者』であるがゆえの共感からの
行動でお互い真意を理解して最後はノリノリだったけど・・・

駄目だこいつら・・・早く何とかしないと

って感じですよね・・・何・・・このバカ達・・・
まぁ・・・こんなバカな行動を・・・

アイが許すわけがない!

って事でナインアリスの弾丸はおそらくアイを最後に貫くと・・・
アリスが考える『悪』と一番遠いのがアイだという発言をしていて
それを聞いたアイは自分が最初に立ちはだかれば結果的にアリスの弾丸は
そこで止まる・・・と考えナインを貫こうとしたそれの前に立ちはだかり・・・
それを受け止め・・・止める事に成功

無茶しやがって・・・

アリスはその時点で無事もとの人間の姿に戻り・・・
ナインもとりあえず・・・いずれまた動き出すだろうけど願いを叶えるのを止める事に。

この場面のアイは・・・色々と格好よかったですね・・・
ナイン『世界を救うために』・・・アリスと戦う事を決意して・・・
だけどアイの事を姉のように慕っていると吐露して・・・
そんな彼女を助けたいと・・・そして無茶を・・・馬鹿なことをしたアリスを助けたいと

世界なんてどうでもいい

と・・・ただアリスを助けるためにアイは行動した・・・
彼女自身はすでに救われていて・・・そして世界も『黒面』の存在で救われたから
あとは世界中を周って旅でもしようと考えていた・・・普通の女の子になっていたんだけど
蚊帳の外においておかれるのは嫌だったみたいで無理やり世界を巡る戦いに
介入したって感じだったけど・・・なんだかんだいってアイ『世界を救っている』気が
しますね・・・当人は気づいていなくても・・・それが小さなものであったとしても

エピローグではアリスはバツが悪そうにし・・・ナインは自分がまた動き出してしまう事に
恐怖して・・・それでも今はそんなのを忘れて家に帰ろう・・・って感じで
迎えに来たユリー達に手を振っていたんですが・・・

最悪な事態はすでに起こっていた

ってわけで凄まじい引きで終了・・・なんじゃそりゃ・・・ふざけんな・・・って感じです。

今回の作品の最初ではユリー傷持ち(スカー)がついに結婚
さらにアイアリスに・・・おそらくキスかなんかをしたりと
いい雰囲気の部分もあって・・・ナインですら最終的にアイを『おねえちゃん』と
呼ぶくらい慕うようになって・・・最悪の事態は免れた・・・って思えたのに・・・
まさかの事態が発生・・・って感じです・・・いや、これマジどうすんの・・・?

次回でこの物語も最後・・・おそらくアイは自分が置かれている状況に
すぐに・・・傷持ち(スカー)と再会すれば彼女から伝えられるでしょうし・・・気づくだろうし
彼女がその後でどういう選択を選ぶのか・・・楽しみのような怖いような・・・そんな感じです

選べる道は正直な話、いくらでもあるわけですからね・・・
なにせナインという裏技的存在すらいるわけですから・・・
ただ彼女の力を使う事を良しとするか・・・それをアイが望むのか・・・
周りの願いと彼女の願いのすりあわせとか・・・色々ありそうだからなぁ・・・

なにはともあれ・・・最終巻・・・楽しみです。

最後に一文。

今回はこの本の最後の一節
ぶっちゃけ・・・エピローグでの状況であれ?って感じはあったんですが
文章ではっきりと書かれると意外なほど・・・ショックが大きかった一節

これを踏まえてから読み返すとアイアリス自身の心臓が変化した弾丸を
自らの心臓で受け止めた時に互いの鼓動が聞こえ・・・それが最終的に1つになり
そして弾丸は止まった・・・

これを最初に読んだ時はよくある話・・・

互いの鼓動が1つに

っていう・・・同じタイミングで鼓動して重なり合っている・・・心が重なり合った
って感じだと解釈していたんですが、この一節を読んでからだと
あまりにも残酷な真実だったという事がわかるわけで・・・いや・・・まじどうすんだこれ・・・

この世界ではたとえこの状況でも動きて考えていく事はできるけどさ・・・
アイに関しては・・・複雑すぎる事になるだろ・・・これは・・・

”だが、そのときにはもうとっくに、アイの心臓は止まっていた。”

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
神さまのいない日曜日VIII (富士見ファンタジア文庫)神さまのいない日曜日VIII
(富士見ファンタジア文庫)

(2013/07/20)
入江 君人

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。