スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソードアート・オンライン 13 アリシゼーション・ディバイディング

あらすじ

「咲け、青薔薇」 

《公理教会》の象徴である白亜の塔《セントラル・カセドラル》、
最高司祭《アドミニストレータ》の待つ最上階を目指すキリトとユージオ。

ついに二人は、《金木犀》の整合騎士アリスと再び対面する。

しかし、キリトとアリスの《武装完全支配術》が暴走して塔の外壁を破壊、
二人はカセドラルの外へと投げ出されてしまう。

キリトと離ればなれになったユージオは、相棒の存命を信じ、単身塔を上り続ける。
そんな彼の前に現れたのは、最古にして最強の整合騎士、ベルクーリ・シンセシス・ワン。

子供の頃から憧れていた伝説の武人を前に、ユージオは青薔薇の剣を抜く。
その決闘の結末は、一人の剣士の誕生により幕を閉じる。

キリト不在の中、ユージオは整合騎士の鎧に身を包み、瞳に冷たい光を浮かべ――。

感想

ソードアート・オンラインの13巻

表紙はキリトアリス

そういえば・・・キリトって『アシリゼーション編』入ってから最初以外は
毎回女の子と表紙を飾ってんな・・・本妻の知らないところでフラグを着実に
増やしてるんだぜ・・・・アハハハハ・・・

まぁリネルフィゼルに関してはフラグとか立ってない・・・と思うけどね。

さて・・・前回の最後、アリスキリト『武装完全支配術』がぶつかり合い
予想以上の力を発揮して『セントラル・カセドラル』の外壁を破壊
外に放り出された2人と1人残されたユージオ・・・って事になったんですが・・・

ユージオ・・・心、脆いな・・・

アリス・・・心、強いな・・・

この幼馴染二人・・・まるで正反対ですね・・・
まぁアリスの人格は昔とは違う感じなのでそこらへん関係あるのかもしれませんが
それにしても・・・って感じ

まぁユージオに関しても元が恵まれない状況で
ただひとつの希望を信じて頑張ってきて・・・その状況下で・・・ってのはね・・・

さて・・・とりあえずこの2人について・・・が今回の主題だったわけですが・・・
まずはアリスから書いていこうかと・・・

空高く放り出された二人だけどなんとか落下を免れ
いがみ合いながらも協力して外壁を少しずつ工夫して登ることにし
その過程でアリスが可愛いところみせたり、予想外の敵と遭遇して
協力して戦ったりと・・・

あれ?最初のいがみ合いは?

ってくらい順調に仲良くなり・・・最終的にキリトが全てを・・・
『整合騎士』の正体やアドミニストレータのやってきた事
そして何より、アリスの過去と彼女の家族について話したことがきっかけで
信頼を得られるようになった感じ

さすがキリトさん、パネェッス

父親や母親よりも妹であるセルカの名前に・・・記憶はなくても
体が・・・口が記憶していた呼び覚えのある名前だと気づき
そしてどこかで家族を求めていた彼女はそれで歓喜のすえ涙・・・

意外とあっさりとアドミニストレータへの不信を形にし始め
そして現在の人界の危機がアドミニストレータのなして来たこと
彼女が人間を信頼していないからこそ招いた事態だと聞き
それに納得・・・だからこその

アリス(A.L.I.C.E.)

なんでしょうね・・・彼女が連行された経緯や
アドミニストレータへの忠誠を刷り込まれているはずなのに
それに反する考えを道理や筋道がきちんとしているなら信じる
他の騎士のように盲目的に・・・ではない柔軟性
人工的なAIでありながらも人と同じ高度な適応力を持つ自立した存在

たとえ記憶を消され、仮の人格になろうとも本質は変わらないって事でしょうか
ただ・・・キリトっていう男とアリスって女って観点で見ると・・・

ちょろいな、オイ!?

って感じもあるんですけどね・・・ってかフラグ立ち始めてる!?
ただ・・・まだ恋愛・・・って感じではないとはいえ心を通じ合わせ始めた二人

だけどキリトユージオの目的はアドミニストレータを倒し
さらにアリスの奪われた記憶を取り戻して、それを統合することで
前の・・・『ユージオの幼馴染であるアリス』を取り戻すことであり
そうなれば今一緒にいるこのアリスは消滅する・・・

アリスはそれを知ってなお、ならその前に人目でいいからセルカ達の姿を
今の状況のままで見せてくれ・・・とキリトに願い・・・それで納得

セルカや他の家族、そして世界に住まう人々のために騎士として
アドミニストレータと戦う決意をしたわけなんですが
キリトは・・・そんな彼女を見て迷ってしまうことに。

キリトはおそらく前に実験で『アンダーワールド』に来ていて
その時にユージオアリスとは幼馴染だった。
だけど実験終了と共に記憶も彼の存在も『アンダーワールド』から消えて
キリト自身もそれを忘れた・・・だから本質的に『過去のアリス』
知ってはいるんだけど・・・それでも『今目の前にいるアリス』
消すことが正しいのかどうか・・・って迷いですね・・・

ユージオならおそらく・・・迷わず『過去のアリス』を選ぶんでしょうけど・・・
さて・・・これはどうなるのか・・・

これから先の展開に期待って感じです・・・

ただweb版は読んでいないんですが作者さんが自ら手がけた同人誌である
『マテリアル・エディション』『外伝X2』と呼ばれる話は読んでしまっているので
あれが正史だとすると・・・『今のアリス』はそのままって感じだけど・・・
分離するのか・・・それとも統合できなにのか・・・そこらへんが気になりますね。
まぁ完全に別のIFって可能性もあるんですけどね・・・

そして一方でユージオ・・・

友人がとんでもないカミングアウトをしてくれたせいで
余計なことを知ってしまった感もあるんですが・・・彼の場合はいい所と
悪いところが同時に・・・って感じですね・・・

まずはいいところ・・・

整合騎士長 ベルクーリ・シンセシス・ワン

彼との戦い・・・最初の『整合騎士』にしてユージオの故郷の村を開拓した
伝説の英雄その人

ただし決闘の場所は大浴場・・・なして!?

まぁ・・・うん・・・遠くから帰ってきて1フロア丸々浴場の90階で
汗を流してたらユージオが来たんだけどね・・・うん・・・

おっさんの入浴シーンとか誰得だよ!?

ちなみにこの思いは・・・今回の本の裏表紙で少し垣間見れますね・・・
『RISOU』『GENJITSU』の違いってやつで・・・笑った

彼は最初の『整合騎士』だけにアドミニストレータの行動や
シンセシスの儀式・・・そして自分達が天界から来たことにすら疑問を抱いていて
だけど世界を守るためには今のシステムは必要だと考え従っていた傑物

その強さはアリスですら勝った事がないくらい強く
彼の武器である『時穿剣』『武装完全支配術』はシンプル イズ ベストを地でいく技で
時を越えて未来を斬る・・・それによって彼の斬撃はその場で留まり続け
そこを通過しようとした相手を切り裂く

連続でコンボのように斬撃を繋げるキリトユージオとは違い
彼の場合は一撃必殺の斬撃が残り続け・・・そして彼が斬れば斬るほど・・・
近づくことも・・・はては動くことすら難しくなるというとんでもないもの

派手さ・・・は他の騎士達と比べようもないけど・・・その効果だけは破格というもので
ユージオは突進してそれをまともに喰らいあやうく死ぬことに・・・

おっさん・・・強ぇええええ

さすがアリスが小父様と慕い、ファナティオが惚れてる相手・・・スゲー

ただ戦いの中でユージオ『整合騎士』のあり方や歪みを糾弾し
そしてついに『武装完全支配術』の先・・・『記憶解放術』を使用して
自分もろともベルクーリを凍結・・・若い自分のほうが天命が・・・
命の総量が多いはずだ・・・というスリップダメージによる勝利を狙い
さらにその際にユージオが語った彼の過去や『整合騎士』の秘密の事もあって
ベルクーリユージオこそが正しいと語った感じで負けを受け入れていた感じでしたね

ただそこに元老長チュデルキンが現れベルクーリが本気じゃなかったと糾弾
そんな彼を術式で石のように凍結して・・・ユージオを連れ去ることに。

ネトラレた・・・だと・・・!?

ここから事態は急変・・・目を覚ましたユージオの前にはベッドで寝むるアドミニストレータ
彼女に近づいたところで彼女は目を覚まし・・・そして一言

可哀想な子

そこからは完全にアドミニストレータの手のひらって感じで・・・
ユージオがずっと心の底に溜め込んできていた家族への不満
そして敵であろうと助けようとするキリトへの憧れと・・・嫉妬

さらには封じられた本当の過去・・・キリトも含めたアリスとの三人の幼馴染であり
もしかしたら・・・その頃からアリスは自分ではなくキリトを・・・
という葛藤を刺激され・・・自分が愛されない存在だと語られ
だけど自分なら愛してくれた分だけ愛を返してあげると・・・囁かれ

どこかから聞こえる『過去のアリス』からの警告や
愛が与えたから貰えるものなんきゃじゃないというティーゼの声
それらも結局かき消され・・・ユージオアドミニストレータに言われるまま
シンセシスの儀式のために必要な神聖語を口にしてしまい・・・

整合騎士 ユージオ 誕生

通例どおりなら『ユージオ・シンセシス・サーティーツー』って所でしょうか

ラストは・・・ほとんど感情を見せず・・・アリスの事には多少反応していたけど・・・
キリトアリスの前に立ちふさがり・・・キリトと彼が戦い始めた・・・ってところで今回は終了

今回の話でアリスは前にユージオが苦しんだ右目のシステム的制約を
同じように打ち破り右目を失ってしまったけど完全にシステムかた解き放たれ
石化されながらも現れたキリトアリスに意志の力でそれを一時的に打ち破って
ユージオの事をキリトに伝えたベルクーリアリスがそれを成した事には
感心していたくらい

だけど同じように制約を突破し・・・システム側に反旗を翻す行動を
ずっと続けてきたユージオがここにきて・・・ってのはなんとも皮肉ですね

それも・・・その根源となったのはキリトへの嫉妬と劣等感
そしてアリスの想いが自分には向いていないかも・・・という
彼のもっとも大切といえる二人が原因という・・・なんともやりきれないもの

キリトはいつかこうなるのでは・・・と予測はしていたけど
こんな展開で・・・って感じですね・・・これどうなるんだろうか・・・

ちなみに読んだ後にこの感想を友人(web版既読・文庫版・未読)に言ったら、一言

「あれ?web版はユージオその誘惑拒絶したぞ?」

なんだってーーーー!?

って事は二人の決闘もなかったって事で・・・もしかしたらここから大きく
web版とは展開が異なる可能性がでてきたわけで・・・やばいな・・・
web版読みたくなってきた・・・

ちなみに友人は上の会話の結果・・・『アシリゼーション編』の分だけ
貸してくれと・・・文庫版を借りて帰っていった・・・なんか不公平だなオイ・・・

web版読むにしてもこちとら・・・『アシリゼーション編』終わってからじゃないと
楽しみが減ってしまいそうだしな・・・

それと現実世界のほうでもオーシャン・タートルを守る護衛艦が予定を外れ
海域を去ってしまい・・・なにか事件が起きそうな感じがあったし・・・
次の巻では色々と動きそうな予感・・・

それにしても全裸のアドミニストレータに抱きしめられ、
胸に顔をうずめてたユージオ・・・お前なにしてんだよ・・・って感じでした
ただちょっと・・・絵の感じがアスナに似ていたんだが・・・
そういえばアドミニストレータの絵ってまだでてなかったっけか?
横顔だったからそう思えただけかもしれないけど・・・果たして・・・

そういえば彼女に心酔する変態(笑)な元老長チュデルキンとか
元老と呼ばれる存在が定期的に流動食を口に流し込まれ
それ以外は感情も記憶すらなく・・・ただただ人界を監視するシステムにしてたりと
アドミニストレータとかチュデルキンのもつ悪意に関しても
ある意味でアリスユージオとは逆のベクトルで人間らしいものに見えるけど
ここらへんは・・・どうなんだろうな・・・

まぁ人工フラクトライトを無人機に搭載することを考えていた菊岡とかからしたら
危険すぎて協力を頼もうとも思えんけどね・・・
いつこちらを攻撃するかわからんし・・・

さて・・・続きがかなり気になるところなんですが10月にアクセル・ワールドの15巻
冬にプログレッシブの2巻って事でSAOの14巻は現状では未定・・・
今年・・・はもう無理かな・・・これは・・・ちょっと長いな・・・

最後に一文。

アリスのセリフ

右目の封印を解除したけど気絶してしまったアリスを鎖で固定して
おぶった状態でどうにか塔の外壁を登りきったキリト

アリスはそこでようやく目を覚まし、キリトが自分を背負って
上ってきてくれた事を自分の状態と汗だくのキリトの姿を見て悟り一言

アリス・・・何気に酷い娘!?

「いやだ、お前、汗びっしょりじゃないですか!
 私の服に染みが!早く離れなさい!」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
ソードアート・オンライン (13) アリシゼーション・ディバイディング (電撃文庫)ソードアート・オンライン (13)
アリシゼーション・ディバイディング
(電撃文庫)

(2013/08/10)
川原礫

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ソードアート・オンライン13 アリシゼーション・ディバイディング レビュー

セントラル・カセドラルの壁が壊れ、外に放り出されたキリトとアリスは、当然の流れではありますが、落下を免れます。 そして、セントラル・カセドラルの内部に戻るまでの間は休 ...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

質問

Web版ってどうやって読めるんですか?

SAOWeb版

前はたしか作者さんHP上?(記憶が曖昧なので)にありましたが、文庫化されたと同時に削除されてるはずです。
前見たときは、文庫にされてないやつがちょっと乗ってるぐらいでした。

じゃあ今では読む方法ないんですか?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。