スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくのゆうしゃ 2

あらすじ

日本から異世界へ勇者として召喚されたぼく、ミカミトオル。

この世界でのぼくの保護者を(勝手に)名乗るファルディオに連れられ、
闘技都市ルザルにやって来ました!

ここの闘技大会で、彼はお金儲けをしたいみたい。
まあ、彼には世話になってないこともないし、手伝ってあげてもいいかなー。

そんなぼくの前に現れたのはすっごく強くて、しかも美人なセシリアおねーさん。
彼女の話では、この闘技大会に“魔人”という悪い奴が混じってるらしくて・・・。

だったらもっと強くならなくちゃ!
おねーさん、ぼくに色々教えてください!

「・・・っ!」

「セシリア、お前、さてはショタ―」

「黙れ」

感想

ぼくのゆうしゃの2巻

感想は短めで・・・

((((_ _|||))))ドヨーン

いや・・・面白かったんですよ・・・?
前回の最後に登場したセシリアも合流したし
内容も結構楽しい感じだったので・・・

でもさ・・・最後の最後の・・・

アレはねーよ・・・

一気に気分が沈みましたね・・・いやはや・・・
この作者さんはマジでもう・・・登場キャラの過去や家族関係を重くする事に関しては
まったく容赦しないですね・・・いや・・・もう・・・それはキッツイだろ・・・

今回起きた通常部分を見ると前回話題になっていた闘技大会にトオルが出場する事になり
セシリア『魔人』と呼ばれる知能と人の姿を持つ『魔物』『勇者』を狙っていると聞き
トオルを探していて・・・彼が闘技大会の予選でみせた力で確信して
彼の護衛となりトオルセシリアの剣の腕にあこがれて弟子入り・・・って感じで進み
最終的に『魔人』の脅威を退けた・・・って感じだったんだけど

予選でトオルが受けたのは目標物を2分間にどれだけダメージを入れられるかで
予選通過ラインが2000

だけど『勇者』として召喚された事で上がった身体能力や舞台の狭さもあって
なかなかうまくいかずにマイナスポイントを重ねて-2600ポイントに
だけど彼の実力を見抜いたセシリアの助言でどうにか一撃だけダメージ

セシリアはこれで一般人を越える力なら勇者と確認できる
ファルディオは5000ほどたたき出せば合格できると期待していたんですが結果は・・・

23400

というもの。
セシリア曰く成人男性の一撃が150
勇者ならその10倍は・・・って考えていたのに結果は26000

化け物です

ただこんな結果をだしたせいで『魔人』にも気づかれるし目立つしで
駄目駄目・・・だったんですけどね

その後は明らかに怪しすぎる出場者がいっぱいいたり
明らかにお前魔人だろ・・・ってやつがでてきて・・・少しは隠れろよって感じだったり
セシリアが出場しなければ優勝候補筆頭・・・って相手とトオルが一回戦であたり
剣術が付け焼刃なトオルだったけど『スポーツチャンバラ』の戦い方に切り替えると
セシリアが脱帽するほどの力で圧倒して・・・オイオイだったり

実は言葉で人を操る『魔人』が実況アナウンサーにもぐりこんでいて
決勝戦でセシリアを支配してトオルを殺そうと画策するも
前回登場のサクヤが頼んでおいた武器を届けてくれ前回使った
ミョルニルハンマーのマイナーチェンジ版で見た目ただの棒こそ
トオルがもっとも欲しかった形でありセシリアを圧倒・・・無事無力化して終了

ファルディオの新しい禁忌魔法である『ハイクオリア』
感覚を強化(現状は味覚or痛覚)する魔法であり・・・前回に続いてそのしょぼさの割りに
意外と切り札になってくれたり・・・

さらに最後の悪あがきでトオルを能力で自害させようとした『魔人』だったけど
トオルがその言葉を・・・

『トオル・ミカミ君。その武器で、まさか自決を試す気かい?』



『トオル・ミカミ君。その武器で、まさか痔・ケツを試す気かい?』

と聞き間違えてファルディオが痛覚強化をかけておいた『魔人』の・・・
試合実況時にことさら痔が悪化したといい続けていた彼のケツを
思いっきりぶっ叩くという・・・言葉の取り違いで無事解決

それを見ていた周りのみんなが

『言葉の取り違いって。恐ろしいな・・・』

って感じで今回の事件は終了。
ラストでは他にも『魔人』は残っているみたいだしって事で
セシリアも旅に同行する事になり・・・
軽く

ショタ

が入っているみたいなセシリアとそれを警戒したサクヤが険悪になり
トオルがさらっとまたあえる・・・とサクヤに行った事で
サクヤが旅行代理店に走ったりと・・・フラグの方もまた立てていて
そういうもの以外でも真面目でかわいらしいトオルの態度は
街の人々とかからもかなり好意的に受け入れられていたし概ね
彼のたびは順調・・・って感じでした。

セシリアの強さも尋常じゃないってレベルで
闘技大会でもちょっと本気をだしたら戦闘開始の合図の次の瞬間には
すでに敵の後ろにいてすでに斬り終っている・・・という
トンでもない実力なので戦闘面では・・・トオル頼りって事にならなそうですしね。

時たま・・・前回した彼の決意・・・女神に自分の命を兄に・・・という
悲壮な決意の片鱗が・・・

こんな場所で死ぬわけにはいかない

という言葉と共に一瞬とはいえセシリアが一歩後ろに下がってしまうほど
ゾッとした決意をみせたりしていたんだけど・・・それでも概は穏やかだった・・・

だけど・・・本当に最後・・・エピローグが・・・全てを覆い隠してしまった感じ

プロローグでおそらくトオルの今の母親であろう人が
昏睡状態になったトオルの兄・ヒロキと同じ病院に車で轢かれて運び込まれた
魂だけが召喚されたトオルを前にどうして神様は自分にこんな試練を・・・

兄弟揃ってなんて・・・どうして・・・

といい続け・・・世界にはムダに元気一杯の子供もいるのにどうして自分の息子達は・・・
ってかなり鬱々と考えていて・・・不幸な人だなぁ・・・って感じでかなり精神的に一杯一杯で
作中でもトオルは早くしないと母がまいっちゃう・・・って心配していたんだけど・・・

この女は最悪だ!

エピローグでそれが判明して全ておじゃん
放任主義とはいえ義理の息子であるトオルの事も心配してるんだなぁ・・・と
プロローグ時点ではまだ思えていた・・・だけどそれは全て

言葉の取り違い

って事・・・彼女にはヒロキの他にもう1人実の息子が・・・ヒロキの弟がいて
だけどヒロキと同じ病気で再婚前に死んでしまっている。

つまり彼女が言っている『兄弟揃って・・・』って言葉はこのままでは
ヒロキが弟と同じように死んでしまう・・・どうしてこんな目に・・・って事であり
病院勤務が長い看護婦は彼女が事故で運ばれてきたトオルに一切目をくれず
ヒロキだけを心配していた姿を見ていて嫌悪していた

そしてなにより・・・この母親が『無駄に元気な子供がいるのに・・・』って
考えていた時だけ彼女はトオルヒロキを見比べていたわけで・・・
つまりそういう事・・・だよな・・・

最悪です・・・

父親の方がどうなのかわからないわけですが・・・これは酷い
そんな母親を心配して自分の命で兄を・・・とか考えているトオル

いや・・・あの・・・トオル?君が幸せになってもいいんだよ?

って言ってやりたいくらい・・・ってか異世界にいた方が幸せなんじゃ・・・
こんな感じで最後の最後に・・・まさに読者の気持ちを一気にどん底に落とした2巻

ぶっちゃけ・・・これ以上、トオルの家庭環境になにかあるようなら
可哀想過ぎて読むのが辛くなりそうだよ・・・
1作目とか考えるとなぁ・・・いやマジで・・・いや、読むけどね!?

最後に一文。

グランさんのセリフ

トオルが1回戦で戦った相手でセシリアが参戦するまでは三年連続優勝の
闘技大会の常連

トオルに敗北した事で『三年連続で女・子供に負けた』という凄まじく
微妙なレッテルを貼られることになりそうな戦士

初見では女の子であったセシリアやまだ子供のトオルに対して
どうやって戦ったものか・・・という困惑をしていたけど
実際に戦えば相手の実力を認めて・・・って感じで
人間としての優しさと、戦士としての心意気を持つ格好いい人

セシリア『魔人』に操られた時もまっさきにトオルを助けるために駆けつけてくれ
ぶっちゃけ・・・ファルディオよりこの人を仲間にしたほうがよくね?
って思えたくらい・・・セシリア自身も彼こそ優勝すべき人であり
自分に負けるのは相性が悪いだけだ・・・と言っていてかなりいい人

ぶっちゃけどうして助けてくれたの?ってトオルのセリフに
このセリフを返した時はトオルと同じように『かっけー!』って
思ってしまったのでこれで・・・

なんだろ・・・こういう大人がいるのにトオルの義理の親は・・・

「事情?おいおい、
 自分の目の前で子供の命が危険にさらされている。
 ・・・人を助けるのに、これ以上まだ何か理由がいるのか?」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
ぼくのゆうしゃ 2 (富士見ファンタジア文庫)ぼくのゆうしゃ 2
(富士見ファンタジア文庫)

(2013/08/20)
葵 せきな

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

いつも購入の参考にさせてもらってます。ぼくのゆうしゃはストーリー展開とかダークだっりします?
楽しく明るい冒険ものを読みたいんで購入しようかと思ってたのですがそうでもないんですかね
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。