スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライジン×ライジン 6 RISING×RYDEEN

あらすじ

「バカ隆良をっ―返せぇぇぇぇぇぇっ!」

下野根隆良が、仲間であるアリアを庇って政府に連行されてから、早5カ月。

研究施設に閉じ込められている彼の身に、
命の危機が迫っているという情報を得た『最強異能』雷轟魅神たちは、隆良救出作戦に乗り出す。

一方そのころ隆良は―

「鳥篭に囚われしヒーローの悲嘆!」

囚われの身の上を楽しんでみたり―

「スンスン。タカラ、いいニオイ・・・」

謎の銀髪美少女に匂いを嗅がれていたりして!?

空飛ぶ極秘要塞で、磨きのかかった『残念異能』と、
それぞれにパワーアップした少女たちの異能が炸裂する!!

感想

ライジン×ライジン RISING×RYDEENのの6巻

前回の話が

第一部完!

って感じで一般人と『ストレンジャー』の確執について踏み込み
主人公である隆良たちの仲間・・・指揮官であったアリアが起こした事件を
無事解決し、アリアが処分されるのを防ぐために政府側の人間に隆良が付いていって・・・
ってところで終わったわけですが新しい展開となる今回の話はそれから

5ヵ月後

とちょこっとだけ時間が経過してます・・・

パネェ・・・パワーアップがパネェ・・・

って事で今回の話では登場キャラそれぞれが成長してパワーアップしており
5ヶ月でそれって結構凄くね?って感じになってます
さらにその中でも別の意味でも成長したキャラがいて・・・

夜侘

何気に身長が5cm、スタイルもよくなって成長期って感じ・・・
まぁそれでもメンバー内では下の方ですが・・・
それでも髪を伸ばしたこともあってか美少女っぷりに磨きがかかった感じ

今回は隆良が捕らえられている上層部が許可している研究施設
しかも『政府最高位ストレンジャー』である『Ⅰ』が実質的な支配者の場所

そこでいい結果がでないからと隆良の命を無視した研究にシフトする・・・って事で
魅神達は救出作戦を考え・・・隆良もそれを聞かされ脱出を試みる・・・って展開

前回登場の一般人で隆良たちのクラスメイトであり、前回人々を説得してくれた
ヱリコアリアの弟子としてオペレーターになっていい感じに役に立っていたし

魅神が移動技である『雷迅』を使い飛行まで可能になっていたり

夜侘アリアの指導を受けて踊りながら敵の攻撃を回避しつつ戦う方法を会得してたり

して妨害のために来た『Ⅰ』の手下の『ストレンジャー』を一蹴し
さらに残りの敵も隆良に負けて、さらに一般人だから弱いはず・・・という
先入観による思い込みでチームの弱点をアリアだと思って攻撃したんですが

人類最高の運動能力

という天然のチートキャラであるアリアにフルボッコ・・・って事で
なんかもはや普通の敵では相手にならない状況になってましたね・・・

沙凪隆良と合流してからですが戦い・・・今までは『虫を一匹だけ操れる』と
いう微妙な効果で活躍の機会も限られていたんですが
アリアが開発した『生態異能蝶』を使う事で一気に戦力UPしていて



の4つの特殊な力を発する蝶を操る事でそれぞれが
氷莉夜侘魅神には及ばないながらも多才な戦術を展開することが可能に・・・
という・・・これまたパワーアップを果たしてました・・・

氷莉は・・・氷莉はいつも通りだらだら第一でしたね・・・
まぁ彼女は能力だけ見たら最初から強力でしたけどね・・・

そして我らが主人公・・・

なんか粘っこいゲルをだす

という・・・それでいいのか?って感じの異能を持っている彼ですが
毎回のごとくそれをうまく利用していた彼もついにパワーアップ

いままでも

全身どこからでもだせる
耐電性あり
ゲルは体から離れても多少操作可能


と色々わかってきていた能力なんですがこの5ヶ月で彼なりに新しい可能性に気づき
ゲルを操作できる・・・の応用でゲルの粘土の調整もできるようになっていて

粘土をあげる事でより粘つき・・・相手を拘束するのに使ったり
粘土を下げてほぼ水のようにする事で相手にゲルであると気づかせなくする


などが出来るようになった模様・・・

うん、微妙・・・

ただリーダーとしてのサポート能力・・・仲間の力を生かして戦うって点で
意外と役に立っていて・・・なんだかんだで彼もパワーアップしたって感じでした

実際、相手を拘束する・・・ってのは彼らの『アウトロー』を捕まえる任務にうってつけだし
後者は・・・魅神の雷で蒸発・・・水蒸気になったものを夜侘が発火して水蒸気爆発
と言った形で今回の戦いで役に立ってましたしね・・・

隆良は自分の力の微妙さを理解したうえで誰よりも考え、誰よりも先に動く
というそっち方面での自分の戦い方をずっと模索していたみたい

最終的には↑で書いた魅神夜侘の力を借りた水蒸気爆発
氷莉による敵の攻撃の防御、沙凪の蝶による移動・回避のサポート
この全てを組み合わせて『Ⅰ』に肉薄し最後は拳による一撃でKOという
『チーム』としての勝利に結びついたわけで・・・

なんだかんだで・・・リーダー

なんですよね・・・こいつ・・・結果だけ見れば格好いいし・・・

これで『Ⅰ』は撃破・・・アリアとも再会し彼女にめっちゃ愛情表現され
さらに前回の事件の後、迷惑をかけた人々に謝罪しまくり
その結果なぜか

おっぱい様

と崇拝されるようになっていて・・・一般人からはかなり受け入れられている模様

どうしてこうなった!?

この世界の一般人が本当に”一般”なのかちょっと心配に・・・
ただ前回の一件で『ストレンジャー』『アウトロー』をちゃんと分けて考えてくれる人が
増えたみたいだしいい感じに受け入れられ始めていて
今回の一件も協力してもらっていて、最終的には政府上層部
『眺める者』と呼ばれる老人達の計画とか今までやってきた横領などの悪事を暴き
彼らを失脚させる事に成功したみたいで・・・アリアが今後は責任者になるみたいで
内側の敵・・・はとりあえず片付いたみたいで安泰って感じ

まぁ・・・『美少女ストレンジャー・アイドル計画』とか考えていたじーさん達だし
意図せず・・・アリア以外もファンとかついてアイドルっぽくなってきた
他のメンバーもいるわけで・・・自業自得だし・・・本望だろう・・・
なんか割りとあっさり敗北決定した時点でやっぱ悪い事はできんな・・・と
そのままフェードアウトしていったし・・・

しょっぺぇ!?

って感じの終わり方でした・・・

『Ⅰ』隆良の油断を突いて『光を操る』能力によるレーザーで彼を貫き
殺しかけたんだけどそれによって暴走した魅神夜侘氷莉の力の大きさに
びびったり、最後まで油断して負けたりと・・・かなりアレでしたしね・・・

ただ・・・

新しい問題は・・・その比ではない!

って事も今回の話で描かれていて・・・そっちは結構マズイ感じ

今回、隆良が脱出する際に出会った少女・ルーネ
隆良と同い年の少女で『周りに不幸を振りまく』という能力者で
だから誰にも近づかないようにしていてそんなのを認めたくない隆良が無理やり近づき
その事で気を許してくれ・・・彼女の方から近づきたいと思ってくれたことで
不幸を押し付ける代わりに自分が幸運になる能力と振りまかれた不幸が相殺して
隆良とひっついている間は効果が無効になり・・・懐かれて・・・

くんかくんか

される事に・・・

だから何故だ!?

どうやら隆良・・・普通の女の子には好かれない様子・・・
最終的に彼女は隆良を研究所に連れてきたリーザの妹で
最後は彼女が連れていってしまったんだけど・・・彼女が行った先が問題

↑で書いたけど隆良は一度レーザーに貫かれて死に掛けたんだけど
それを研究所に侵入してきた者に・・・瑠璃花の能力で治癒してもらった
そして彼女がいるって事は・・・燈矢がいるって事
そして彼は・・・もう1人一緒に連れて・・・いや、彼がその人物に付いてきていて
彼こそが

『絶対正義(ジャガーノート)』

かつて隆良があこがれた『ストレンジャー』『ヒーロー』であり
隆良燈矢『ヒーロー』を目指す原点となった憧れの相手

彼は5ヶ月前の一件で隆良を知り・・・そして自分を探していた燈矢と共に
隆良の手助けのために研究所に現れた・・・
だけど直接力は貸さず・・・隆良『Ⅰ』を倒して『ヒーロー』になるように励ました

ここまでなら・・・よかった
だけどその後が・・・ちょっと不穏な感じでした。

彼は大気を圧縮してその歪みから剣を作り出して研究所を両断したり
大気の弾丸を放ったりできるんだけど戦いの後に襲ってきた研究所の警備員達を
まったくの容赦なく・・・能力を使って殲滅

隆良もやりすぎでは?と思ったけど反撃されると危険だからと
憧れの『ヒーロー』の言葉にとりあえず納得してしまっていたけど
かなり危険な感じでした・・・微妙に言動も隆良燈矢にだけ反応していて
それ以外が眼中にないって感じも違和感がありました

沙凪はその行動に違和感を感じたし、それを聞かれた瑠璃花
燈矢が一緒だから一緒にいるだけで・・・って感じで違和感を感じているみたい

さらに魅神が最初に研究所に襲撃をかけたときに彼女の行動を阻害した
空間の歪みが彼の能力っぽくて・・・魅神の邪魔をしておいて
後で隆良を助けに・・・って事で彼女も思うところがあったみたい

そして何よりラスト・・・捕まって連行される『Ⅰ』の前に現れ
彼と問答・・・彼が自分の信奉者でない事を知るとあっさり殺し・・・姿を消した

彼は10年位前に『ヒーロー』ともて囃されたけど
今はみんな忘れてしまっている・・・憧れていた隆良燈矢以外は
だからこそ・・・もう忘れさせない・・・って考えているみたいで
彼がつけている仮面は最後には真っ黒に・・・って描写があって・・・

これ闇落ちしてね?

って感じでした・・・これはあれだ・・・自分が憧れた『ヒーロー』と
対峙しなくてはならなくなり・・・って展開だよねきっと・・・

燈矢は元々悪人に容赦しないってスタンスだから違和感を感じてないみたいだけど
隆良はいざとなれば彼の行動を糾弾してくれると・・・信じたいところ
まだまだ憧れに目を曇らされている感じはあるけどね・・・どうなるんだろ・・・

燈矢もパワーアップしてたけど・・・やっぱり戦うんだろうか・・・

それと何気に隆良アリアから与えられた新しい特別なランク

Exceptional rising organism

通称・特別なEランクって事でDランクより下がっているようだけど
特別って事で隆良は気に入ってたけど魅神たちは気づいてましたね・・・
これ略すと

Eroランク

って事に・・・アリアが前回の事を根に持っているのか・・・
天然なのか・・・それは不明のままだったけど・・・いいのかそれで・・・

最後に一文。

隆良のセリフ

いや、うん格好いいよ・・・あいかわらず格好いいよ・・・
これで能力ももうちょっとマシなら文句なしだったんだけど・・・
ゲルだからね・・・ゲル・・・うーん・・・締まらないな・・・

でも格好いい事に変わりないんでこれで

「『最低』でも──仲間がいりゃあなぁ・・・!
 『最高』だろうと、何だろうと──
 超えていけるんだっ・・・よっ・・・おおぉらあぁぁぁっ!」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
ライジン×ライジン6    RISING×RYDEEN (富士見ファンタジア文庫)ライジン×ライジン6
RISING×RYDEEN
(富士見ファンタジア文庫)

(2013/08/20)
初美 陽一

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。