スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再生のパラダイムシフト Ⅲ ゴースト・エッジ

あらすじ

南鶺鴒第二学園での失踪事件、残留体による襲撃が収束を迎え、
幕引き役となった風峰橙矢が『再生』した日常。

『明日・・・デート、しない?』

つばさとの約束。

「・・・ウチに、来てくれない?」

リノンの新しい一面。

「―うわぁ、海だぁっ」

ほのみの無邪気な笑顔。

騒がしくも、どれもが橙矢にとってかけがえのないもので、
楽しんでいいと思っていた。

「大切なものなんて、あっという間に失いますよ?」

外国からやってきた少年、
レーシュが一振りの剣で『再生』したはずの世界を『還元』するまでは―。

「レーシュ。僕は、お前を殺しにきた」

少年は撃つための銃を再び手にする!

感想

再生のパラダイムシフトの3巻
感想は短めで

内容的には

ライバル登場!

って感じの話・・・ちなみに恋のライバルではありません。
それと同時に今回の話はこれからの展開の転換点とも言える話で
そのライバル・・・レーシュの最後の行動によって
この世界の行く末そのものが変わりそうな感じになってますからね・・・

ただこのレーシュ・・・主人公である橙矢にとっては色々と複雑な
相手になってしまいましたね・・・

冷や水をかけられる

って感じで1巻の最初の時点ではかつて自分のせいで姉が怪我をしてしまい
仕事を引退する事になり、さらに体も弱くなってしまったのを気にして
まるで自分がいつ死でもいい・・・って感じで危険な任務を続けていた橙矢

その要因である『残留体』についても憎しみに近い感情を持っていたけど
ヒロインであるほのみと出会い・・・彼女との交流を経て少しずつ心の傷を癒し
そして彼女が人間と同等の知性を得た『残留体』であると知っても
橙矢の彼女への思いは変わらず・・・彼女を救うために行動した

そして前回の話では自暴自棄だった自分を辛抱強く支えてくれた
幼馴染であるつばさに自分が今までやってきた無茶を知られ・・・
知られたくなかったけど・・・彼女はそれを受け入れて・・・
そしてその上で最終的に橙矢と同じ場所まで来てくれた

こんな感じで日常を失いかけていた彼がそれを『再生』しはじめた矢先に
レーシュは現れ・・・その日常を『還元』した・・・

やっぱり自分は幸せになるべきでは・・・

橙矢にそう思わせ・・・そして激しい殺意と共に元の彼に引き戻すかのような存在
それが彼だったわけで・・・ここらへんはレーシュの責任って言うよりは
まだまだ橙矢の心の傷が癒えきってないって事なんでしょうね・・・

レーシュ『ゴスペル』って存在を探して別の国・・・別の潜水都市から来て
『レギナ・リリウム』という『思考昇華』を光と思考に『還元』する剣を持っていて
潜水都市『鶺鴒』の駆動部に侵入して破壊・・・徐々に沈没させ研究所を焦らせ
さらに前回の一件で新しい政府が発足し、そこが『思考昇華』で作った観光施設も破壊

そして前回登場のリノンから『ゴスペル』『人間と同等の姿と意志を持った残留体』
の通称である事を知ってからは『ゴスペル』にあたるほのみを心配して神経過敏になり
そして都市を浮上させる動力を得るために緊急で『花瞳』と接続して
『涙晶』を取りに行く事になったけど『レギナ・リリウム』によって『残留体』を従えた
レーシュとの戦いになり・・・危機に陥り・・・助けに来たほのみを目の前で切られてしまった

これが一連の流れなんだけど・・・

そりゃ殺意、目覚めるよ・・・

って感じ・・・ただ前と違ったのは1点・・・

一緒に戦ってくれる仲間がいる

って事・・・レーシュを殺すために1人彼の元に向かった橙矢の前にハルが待っていて
彼にそれを伝え・・・そしてその言葉の通りにつばさリノンが駆けつけてくれた
そしてレーシュの居る場所への道しるべは友人であるノボルが付けてくれた

そして仲間のおかげで無事レーシュと対峙し・・・
彼はほのみが自分が探していた『ゴスペル』じゃなかったからと軽く自暴自棄になっていて
もう殺されてもいいか・・・って感じなんだけどそれじゃ駄目だと
橙矢は自分こそが『ゴスペル』だと名乗り戦闘開始

戦闘の中で橙矢リノンから聞いたレーシュ『ゴスペル』の母親から生まれた事
そしてほのみ達と出かけたプールで出会った少女・アイネの事を思い出し
彼が自分がなんなのかを知りたくて剥きになっていると気づき・・・
そしてほのみの事も思い・・・なんとか勝利したけど結局殺さなかった

アイネが悲しむから・・・殴り飛ばす

それだけで済ませましたね・・・彼なりの事情とか
アイネの事とか考えて殺意を抑えた橙矢・・・多少吹っ切れたって事かな?

レーシュ自身も一般人に被害がでないように事件を起こしていたし
最悪の事態が起こらないように・・・行動していた
そして最後・・・気を失った橙矢を殺さず、安全な場所まで連れて行ってから
姿を消した・・・なんだかんだで根っからの悪人ではない

ただ手段が過激なだけで問題すぎる!?

出生が出生だけに自分の存在をうまく認識できず
母親である『ゴスペル』『還元』してその時の思考を読み取る事で
それを知ろうとしているみたいだけど・・・うーん・・・母親はどこ行ったんだろうね・・・

ラストは今まで何をしているか話していなかったアイネにきちんと話をしたうえで
独立国家の建国を宣言・・・さらに『残留体』『花瞳』を全て消し去ると
全世界に宣戦布告・・・

おい!?

とりあえず世界を周って母親を探すみたい・・・だけどこれ・・・
明らかに妨害とか増えるし、さらに都市同士の関係も変化するだろうし・・・
マジで世界情勢そのものを変える爆弾発言・・・さて・・・ここからどうなるのかな?

そして今回の爆発タイム・・・

デート×3

ですね・・・

bakuhatu.png

① 幼馴染と訓練デート

つばさとは『思考昇華』の特訓を兼ねたデート
途中レーシュの行動で停電・・・つばさ橙矢に抱きつき

「・・・私、絶対、追いつくからね」

「いっぱい訓練して、上手くなって、
 橙矢と同じところまでいって・・・」


「こういうことも─いつでもできるように、なるから」


それほぼ告白じゃないですか・・・

② 幼馴染の友人とデート

リノンがオープンしたばかりの観光施設へのチケットをかけた
じゃんけんにはからずしも勝ってしまい橙矢と出かけることに

ほのみつばさの事を気にするリノン橙矢リノンと楽しみたいと宣言
それに対して

「・・・私は別に、
 風峰君とここに来たくなかったわけじゃないから」


さらに後日、熱をだした彼女の部屋に行き看病
色々と秘密を抱えている彼女に何も聞かず・・・だけど信じているという橙矢
全部ではないけど色々話してくれたリノン・・・

めっちゃ心許してるじゃねーか・・・

③ ほのみと・・・と思いきやつばさ&リノンも含めてプールでデート

なんかもうこの時点で

bakuhatu.png

なんだけど・・・アイネと出会い、仲良くしてたらほのみが嫉妬
それを抑えるために他の人にはしてない・・・って事で彼女をぎゅっと抱きしめる
その結果・・・

「も、もっとぎゅーっとしてっ」

「こういうこと・・・あたしだけ、なんだよね?」


一応、名目上は妹になるんだけど・・・彼女もちゃんと女性として成長し
橙矢も彼女の事はきちんと異性として認識しているみたい

ところで橙矢・・・抱きしめるのはしてないかもしれないけど
①でつばさに抱きしめられてはいたんだが・・・それはいいのか・・・?

ちなみに①-③の全てのいいところでレーシュが事件を起こして
なし崩しになり・・・さらに今回は色々と橙矢を痛めつけたレーシュ

よくやってくれた!

って褒めてやりたい気分だな・・・うん・・・

ちなみに前回の話で『残留体』から助けた女子生徒・御厨 葉子(はこ)
彼女は目の前で橙矢の力を見て救われて・・・何気に後をつけて写真まで撮って
2ヶ月かけて校内新聞を作った新聞部部員

何気に彼女の好感度も高い感じだけど・・・流石にヒロイン追加は・・・ないよね?

そして今回示されたちょっとした伏線

リノン『涙晶管理局』って組織の人間なんだけど彼らはだからこそ
『ゴスペル』を知っていた・・・だけど一般には知られていないその名称を
何故か橙矢の姉であるハルは知っていた・・・もしかして彼女も?

ってのと

『残留体』『ゴスペル』の肉体は『思考昇華』によって形成されていて
彼らはそれゆえに人間と違って『駆動銃』を使わなくても
その身一つで『思考昇華』を使える

そして今回・・・『再生』によって何度も肉体を復元しているために
かなりの部分がすでに『思考昇華』によって形成されていて
レーシュとの戦いのラストでは『駆動銃』を使わずに『思考昇華』
成し遂げた橙矢
それに関して橙矢はなら自分と『ゴスペル』の違いは何だ?

って疑問と不安に襲われていたわけで・・・こっちも気になる所

4巻ではレーシュ達に対抗するためにって事で別の潜水都市と
合流したりするみたいだし・・・さらに人が増えて色々起きそうな予感

楽しみです。

最後に一文。

橙矢のセリフ

元ネタは軍隊の訓練で・・・色々な作品に使われているコレ
最近ってほど最近じゃないけど一番印象に残ってるのは某天元突破ですかね・・・

なんか人間の腕力じゃねーだろってくらいぶっ飛んでましたよね・・・人間が・・・

ついそのシーンを橙矢レーシュに置き換えて想像してしまって
むせるほど笑ってしまったのでこれで

「歯ぁ、食いしばれ」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
再生のパラダイムシフトIII    ゴースト・エッジ (富士見ファンタジア文庫)再生のパラダイムシフトIII
ゴースト・エッジ
(富士見ファンタジア文庫)

(2013/08/20)
武葉 コウ

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。