スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新世の学園戦区(ネクスト・ヘイヴン)

あらすじ

「玖式、私の班に入って―」

幼なじみで学園最強の魔術師と呼ばれる璃理佳ネイから、
唐突に同じ班に誘われた玖式ショウは、試験攻略のため奇抜な仲間集めに協力することに。

ぼっちだが式神使いの霊能者・霧生フミカ。

関係のない一般学科の主城アキラ。

さらに玖式はある日、学園に逃げ込んだ不思議な少女・レディと出会う。

「わたしは、吸血鬼の末裔です」

魔術、霊能力、超能力、科学が集結する新世の学園戦区で、
力を与えられし少年少女たちの運命が始動する―

三つの“異”能力と科学が交錯する次世代ファンタジー登場!!

感想

富士見ファンタジア文庫の9月の新刊

吸血鬼や妖怪などが世間の裏に存在し・・・それに対抗する力もある世界
だけどいまやその存在も力も公になって・・・
才能ある人間は専用の学園に通う世界が舞台の物語

基本的に吸血鬼とかは絶滅危惧状態みたいであり
特殊な力については全て同じ『イーサ』と呼ばれるものの作用であり

魔術霊能力超能力

の3つに分類され才能に応じてそれぞれのクラスに振り分けられた
少年少女達の物語なんですが・・・

これは・・・斬新と言っていいのか?

という感想が・・・能力とかそういうのではなく・・・主人公が抱える事情と
周りの人間達の態度が・・・読んでいて普通とは逆に感じましたね・・・

さて・・・今回は主要メンバーの紹介とそれに関わる簡単な感想・・・


○ 璃理佳 ネイ

主人公であるショウの幼馴染にして学園最強の魔術師
この世界の魔術のモデルはおそらくハリー・ポッターかな?

杖と呪文が必要で・・・発動に時間がかかるけど汎用性があり
いろいろな事ができる。

彼女の場合はそれが全て高精度・高速でありさらに複数の杖を魔術で操って
同時に魔術を操ったり・・・独学で新しい魔術を作ってみたりと・・・天才肌

ただ・・・学園最強の魔術師って何度も記載されているのに
魔術学科の第二位・・・らしく・・・

じゃあ一位は?

ってツッコミを入れたい・・・なんか凄いけど難儀な魔術とかなんだろうか・・・

まぁこんな感じで才能豊かなんだけど幼馴染であるショウには最近冷たく
全然笑わなくなった・・・と気にしていたんだけど・・・

軽くストーカー入ってました・・・

あれー?

というキャラでした・・・実はショウ大好き・・・
名前で呼ぶな・・・っていうのも幼馴染というコネで実習の班に誘われたと
周りに思われないように・・・という彼女なりの思いやりであり
ショウが高校になってから中学の時に比べて頑張らなくなり・・・
さらに笑わなくなった事をずっと気にしていて・・・
さらにさらに彼女が魔術師として力を求めた理由もショウが抱える過去が理由で
色々な部分の行動理念がショウ優先になってる・・・

ショウ専用の料理とかショウが何時何分に行動したとか色々調べてるし
女の影があれば対抗心を燃やすしと・・・実はかなりストーカー気質っぽい・・・

ショウがラノベ主人公らしく他ヒロインとラッキースケベ状態になると
目のハイライトが消えて折檻が始まるあたり・・・ベタ惚れだよね・・・

○ 霧生 フミカ

ネイがスカウトした班メンバーで霊能力
ぼっち飯を見られたくないからと結界を張って中で昼飯を食べたり
霊能力で霊魂を呼んで彼らと会話しながら食事会とか・・・

ああ・・・うん・・・ボッチね・・・

って感じの女の子・・・
自分を誘ってくれえたネイに凄まじく感謝して・・・

恋人繋ぎで握手したり
腕をくんで登校したり
なにかとネイと一緒にいたがったり


と・・・なんかどんどん危ない方向に行動がエスカレートしていって
そっちの人か・・・と思ったら

友達らしい行動だと思った

という・・・凄く痛々しい理由が・・・どうやらこの娘・・・

友達同士がどういう距離感なのか

すらわからない模様・・・

(´;ω;`)ブワッ

が、頑張れ・・・きっとこれからいい事あるよ・・・
ちなみに霊能力に関しては凄まじく常時式神を侍らしているくらい凄い

○ 主城 アキラ

魔術学科霊能学科超能力学科と共にある一般学科の生徒で
彼もまたネイにスカウトされた人材

一般学科は進学コースでエリート育成コースらしく
もちろん能力者ではない・・・正確には将来能力者に命令する立場になる官僚とかを
育成する学科・・・

アキラはその中でも変り種で実家が世界的軍事企業
彼自身はエンジニアとしての才能はないために人の力を借りる・・・
人と人とを繋げる役割をしたい・・・というコレだけ聞くと良いキャラ

正体はセクハラ野郎

女の子にキスを迫り断られるとじゃあ足に・・・とか言ったり
フミカにもすげー自然にセクハラ発言したりと・・・問題ありすぎる。
自分に正直なんだろうけど・・・これじゃただの変態だ・・・

ただもちろん素の部分はいい奴だし異能者ではないけど
実家の関係でAI搭載のステルス戦闘機を所有していて
それに命令する事で搭載された数多の兵器を使うことが出来る科学の申し子

ショウはそれを『王の力』と称していたけど・・・
確かに・・・臣下に命令する王・・・って感じかもしれん・・・

純粋な意味での火力・・・では当然彼が一番だし・・・

○ レディ・エリフェリス

学園に迷い込んだ白髪の少女
ショウが保護して・・・学園に通うことに

正体は吸血鬼との混血で一族の村から出た事がなかったが
音信不通になった弟を探すためにでてきた。

立場的には人間達から疎まれる『人外』に該当する
ただ彼女自身は人間に対して特に何かあるわけではない。

ただし彼女の弟は・・・そうではない模様

ショウの過去が吸血鬼と密接に関わっている上に
その吸血鬼が白髪だった事もあって・・・まだ定かではないけどもっと深い関わりがあるかも。

ただショウとはラッキースケベイベント続出であり・・・
立場的に・・・ネイから敵視というか・・・ライバル視される立場

吸血鬼を憎んでいながら・・・それでも自分を助けてくれたショウとは
明らかにフラグ立ってる。

ただ・・・大人達の考えやこの世界の情勢を考えると・・・今後も色々大変そう

○ 玖式 ショウ

ラストに持ってきたけど主人公

子供の頃、姉の制止を聞かず好奇心で踏み込んだ場所で迷子になり
それを探しに来た母が目の前で吸血鬼に殺された少年

その結果、自分に才能がある事もあって学園に入って復讐のために
ひたすら努力をしてきたんだけど父親と姉から母はそんなの望まないし
ショウにも幸せになる権利はある・・・という言葉で自分を見つめなおし
復讐をやめて今を精一杯楽しもうとしている・・・んだけど
そのせいか成績の方は微妙に・・・

復讐を目指す主人公・・・ってのは結構あるけど
1巻開始時点で説得を受け入れて復讐をやめて納得している・・・ってのは珍しく感じました

ただ・・・周りはショウだけのある才能を知っていて・・・
どちらかというと復讐を頑張ってくれ・・・って感じみたい

え?それ・・・どうなの・・・

最後の一文で書く理事長の言葉とか・・・明らかに普通とは逆
普通の作品なら諭すところなのに・・・って感じのセリフですし
↑で書いたネイが力を求める理由はショウが復讐を諦めて受け入れた振りをして
無理をしているから・・・全然笑わなくなってしまったから自分の手で仇を・・・
ってものだったりと・・・

我慢せずに正直になれ

って雰囲気なんですよね・・・なんか・・・
どうにか自分を納得させて復讐をやめた・・・と思ってたら
家族以外の周りの大人や幼馴染が無理すんな正直になれ・・・って・・・

どんな状況なの!?

ただこの過去のせいで大切な存在が奪われるのを恐れているためか
ネイを人質に取られ返して欲しければレディを引き渡せ・・・という要求に
結局抗えず引き渡そうとしたりと・・・確かに無理してる感じ

レディは仇の吸血鬼とは違う・・・と頭では理解できていても
彼女の正体を知ってからはギクシャクが残ってましたしね・・・
まぁ最終的に彼女を守って戦った事もあってなくなりましたが・・・

彼が持っている才能というのは本当に特殊なものであり
魔術霊能力超能力・・・全部使えるという

トリプルトリガー

と呼ばれる存在であるらしく・・・一応全部使用可能
さらに超能力に関しては『特異超能力』という一般的なものではなく
彼だけの唯一無二の・・・五感への介入という能力で五感の1つに介入して

視力なら厳格を見せたり姿を見えなくさせたり・・・
聴覚なら全然違うところから声を聞かせたり

ととても攻撃的な能力を持っているだけではなく
魔術霊能力超能力をそれぞれ融合させて欠点を無くす事すら可能

魔術の詠唱時間の問題は魔術超能力のように直接発生させ
霊能力で呼び出した式神が魔術を放ち
さらに魔術霊能力の2つの力を持った巨大な剣を扱ったりと
一流の魔術師やネイアキラフミカの攻撃をまったく受け付けなかった終盤に
レディを連れ戻しにきた吸血鬼を彼だけは圧倒してましたからね・・・

チートじゃねーか・・・

って感じですが個々の力はそれほどではないみたいで
魔術は今習っているけど力自体があまりない・・・今回はネイから借りた魔力があった

霊能力超能力は習っていないからそれ以上に不安定という
欠点もあるみたいだし・・・これからって感じかな?

今回戦った吸血鬼から

『似ているな・・・。汝は人間と』

というセリフを言われていた事もあって彼の存在そのものに対する謎もあるし
ここらへんの謎は続きで・・・って感じかな?


フミカアキラはまだまだキャラを掘り下げられそうだし
ラストではアキラの名前を叫びつつショウに抱きつく謎のメイドが登場したりと
思わせぶりなシーンでしたしね・・・続きが楽しみ。

最後に一文。

学園の理事長である在世羅のセリフ

ショウに期待するような態度に他の教師から質問されて
答えたのがこのセリフ・・・

教育者としてどうなの?

って感じで・・・印象深かったのでこれで・・・

「ええ。彼には青春を謳歌するより、
 復讐をがんばって欲しいと思います」


「人外どもをこの地上から駆逐するために」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
新世の学園戦区 (富士見ファンタジア文庫)新世の学園戦区
(富士見ファンタジア文庫)

(2013/09/20)
来生 直紀

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。