スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクセル・ワールド 15 -終わりと始まり-

あらすじ

神獣級エネミー“大天使メタトロン”を撃破したハルユキ。

この世界を汚染する“ISSキット”本体の破壊まであと少し・・・と思った矢先、
加速研究会メンバー、ブラック・バイスとアルゴン・アレイが現れ、
赤の王スカーレット・レインを拉致してしまう。

ニコを守ると約束したハルユキは、戒めを解かれた大天使メタトロンの加護を受け、
ブラック・バイスを追跡する。

いっぽう黒雪姫は、現実世界からニコの回線を切断するため、
楓子、謡、あきらとともに、ミッドタウン・タワーのポータルへと向かうが・・・。

“最強のカタルシス”で贈る、次世代青春エンタテイメント!

感想

アクセル・ワールドの15巻

表紙は我らが主人公、シルバー・クロウと・・・

メタトロン様

あれ・・・なんか凄い事になったぞ・・・
いや、前回のラスト・・・メタトロン様を撃破して支配から解放した結果
彼女の力の一部を強化外装として借り受けてさらなる翼を得たクロウ
スカーレット・レインを連れ去ろうとするブラック・バイスを追って・・・っていう
凄く燃える展開だったんですが・・・それよりもなによりも・・・
15巻を読んで一番自分でも驚いたのが・・・

メタトロン様 >>> 今までのキャラ

という認識になってしまった事・・・ってわけで凄く気に入ってしまいました・・・
このお方・・・翼だけ渡して帰ったのかと思ったら実は自分の一部だから
双方向で通信可能だ・・・とか言ってしばらく力を貸すと言ったんだからと
クロウについてきて『加速研究会』のアジトまでご一緒してくれ・・・
さらにそこで巨獣級エネミーと対決する事になれば自らの必殺技を
『メタトロン・ウイング』を利用して放ち圧倒・・・
テイムされていた巨獣級エネミーは本来の無差別攻撃モードになるも
そこは神獣級エネミーであり『四聖』と名乗る特殊な存在であるらしいお方だったので
命令して黙らせて・・・ピンチが近づけば警告して・・・と大活躍でした・・・

基本スタンスは助けられた借りを返しているだけで馴れ合うつもりはない・・・
って感じなんですけどね・・・礼を言われても全て片付いてからにしろ・・・とか
凄いえらそう・・・ってか実際えらいっぽいんだけど・・・
なんかそれがジャストミートだったみたい。

喋り方とか『SAO』アリスに似ているけど・・・それでも
アリスはこれほどまでは気に入らなかったわけだが・・・なんでだろ・・・?

なんかもう

メタトロン様、マジ天使!

で感想終わりにしてもいい気がしてきた・・・いや、天使なんだけどね・・・
前回もそうだったけど自分の技に勝手に名前付けられると怒ったりするし
すげー自信満々だし・・・えらそうなんですがね・・・何故だろか・・・

さて・・・まぁこれだけじゃしょーないし本編の感想・・・まず1つ・・・

ま・た・か!!また続くなのか!?

って事で今回もまた良い所で終わってて続きが気になってしょうがない感じになってます

まずクロウバイスを追い『加速研究会』の本拠地へ・・・

レパードアレイを追い

残りのメンバーはレイン・・・ニコのケーブルを抜くためにポータルへ

って感じに3つに分かれたわけですが

まずは明らかに組み合わせ的には最強なロータス
パイルベルレパードの援護に向かわせたんですが残ったのは

『黒の王』 ブラック・ロータス
『四元素』 スカイ・レイカー
『四元素』 アーダー・メイデン
『四元素』 アクア・カレント


という・・・旧『ネガネビュラス』上位陣という構成・・・
1人足りないけどね・・・

4人はレインをログアウトさせるためにポータルを目指し
『加速研究会』の本拠地と思われていたビルに突入

そこで『ISSキット』本体とその中に取り込まれているポータルを発見し
これを破壊してポータルを・・・って展開になるんですが・・・凄い事が・・・

レッド・ライダー登場!

って事で『ISSキット』に刻まれていた彼の紋章の意味がようやく判明
どうやら『加速研究会』の会長の『反魂』と呼ばれる能力があり
全損したバーストリンカーの記憶は消えるのではなく
奪われてサーバーに保存されるらしくそれをコピーするという能力で
2年前に彼がロータスにやられた時にコピーしていて・・・
そのコピーの力を使って『ISSキット』を作っていたみたい

ただロータス達が攻撃でキットの力を奪ったおかげで彼自身に意識が浮上
かつての友であるロータスに真実を伝え・・・さらに本体を破壊したさいには
自分のプライドにかけて自分の力で作られたキット全てを停止させると宣言

おおぅ・・・めっさいい人だ・・・

理由もわからず友達に殺され・・・コピーされて力を利用され・・・
その状況下で2年前に何が起きたのかを冷静に推測
ロータスが誰かに誘導され自分を殺し・・・そして最初から自分のコピーを狙っていた奴がいる
そしてロータスにそんな誘導ができるのは・・・とそこまで考えを纏めていたみたい。

話した感じでは凄く軽くて気さくな人って感じだったんだけど・・・
マジでいい奴って感じ・・・

なにしてんだロータス・・・

2年前の彼女に文句を言いたい気分ですね・・・
2年前は今ほど仲間を純粋に信じきれなかったらしいけど・・・
どう考えてもライダーが圧倒的な力で加速世界を停滞させようとするような奴じゃ
ないじゃんか・・・殺す前に確認とかしとけよな・・・って感じ・・・

まぁ・・・それを言ったのが自分のバーストリンカーとしての『親』であり
リアルでは実姉である『白の王』だったから盲目的に・・・ってのがあったんでしょうけどね・・・

ライダーが再びキットに飲み込まれる前に残した伝言とか・・・
こいつ・・・惜しすぎるキャラだ・・・
というかおそらく彼がいたからこそ『純色の七王』は1つのグループとして
成り立っていたんじゃなかろうか・・・そんな気がします・・・

本体との戦いでは全員が心意を全開

正の心意を誰よりも信じるレイカーが敵の圧倒的な負の心意
中和してのける・・・というロータスクロウが戦闘で使う『柔法』
心意に応用して見せたり・・・『四元素』心意のオンパレードだったりとかなり凄く
ラストを決めたのは2分という長いタメが必要ではあったけど
彼女には相応しいとはいえない圧倒的な破壊の心意技を披露してのけたメイデン

対玄武を想定した技で敵の周辺をマグマ化してまさに焼滅させるって感じの
トンでも技でした・・・いつかグラファイト・エッジを助けるために用意していた感じかな?

もちろん残り3人も凄まじかったですが・・・

ロータスの光環連旋撃(ジ・イクリプス)
レイカーの旋回風路(スワール・スウェイ)
カレントの相転移(フェイズ・トランス)


とかね・・・スゲー・・・これが高ランカーか・・・って感じでした
っていうかロータスの師匠であるエッジさん・・・何教えてるんですか・・・
っていうかあんたまじで”あの人”と関係あるんじゃ・・・って感じが・・・

何はともあれ・・・強かったですね・・・ただ絶体絶命の本体は
最後に溜め込んだ悪意の集合体をどこかへ送って・・・という最後の抵抗を・・・
こっちはどうなるのかな?

そしてもう一方クロウレパードは最終的に合流。さらにロータスに派遣された
パイルベルも合流してこっちは4人で『加速研究会』に対処する事になった
わけですが・・・

こっちは・・・

熱くて・・・ウザくて・・・キタ━━(゚∀゚)━━ !!

って事に・・・

途中、レインを助けるためにクロウパイルベルの3人が協力する場面があり
そこでベルが2人を助けるために突如心意を発動させたり・・・

1巻でパイルクロウ相手に使った必殺技・・・

スパイラル・グラビティ・ドライバー

が2回も放たれ・・・それぞれの場面で大活躍という・・・

パイルの時代来たんじゃね!?

っていう場面があったり・・・ってかこの技・・・真下にしか打てないという
地上型アバターに喧嘩売ってるような技で微妙だったんですが
下側にだとその威力はまさに折紙つきってくらい凄い・・・
考えてみたら空を飛べるクロウとタッグを組む事でようやく真価を発揮できる気がします
今回の2回目はクロウが空を飛んで上空まで運んでの使用だったし・・・燃えました

そして何より一番燃えたのは

クロウ VS サーベラス 再び

って事で『加速研究会』のメンバーだとほぼ確定していた彼が現れ
クロウとタイマン・・・だけどやっぱりこいついい奴で・・・今回の戦いの中で
この2人のタイマンだけは・・・純粋な『対戦』だった感じですね・・・

ただここからはちょっと厳しい展開に・・・

サーベラスにはすでに『加速研究会』に従う気はなく
彼らが間違っていると確信していたわけで今回の戦闘前に
あと1回、クロウに敗北すれば全損するようにポイントを密かに調整していて
自分が退場する事で『加速研究会』の計画を潰そうと思っていたんだけど
そんな事は許されず・・・アレイに強制的にサーベラスを・・・
いまだに謎だった3人目の人格を表面化させられる事になったわけですが
第二・第三の人格は全て『加速研究会』の会長の『反魂』
植えつけられたみたいで・・・サーベラスに入っていたのはよく知った相手

ダスク・テイカー

もちろんコピーなので・・・今はかなり穏やかな後輩になった綺麗な能美くんとは別
3・4巻の・・・あの屑っぷり全開の彼でした・・・

かなりうざったいですね・・・
『加速研究会』の目的が新しい『災禍の鎧』の製作でそのために
レイン『強化外装』を狙っている・・・だけどどうやって他者のを・・・って考えてたんですか
そういえばコイツがいたな・・・と全然思いつきませんでしたが・・・
彼の『魔王徴発令』で奪って・・・って計画だったみたい。

ただここからさらに絶望的な事があったんですが・・・
何故だろう・・・状況的にはテイカーの復活よりも最悪なんだけど
ぶっちゃけた話・・・テイカーが速攻で退場させられた事のほうが良かったという・・・
変な感想に・・・

テイカーレインから強化外装群『インビンシブル』の5つのうち4つを奪い
調子に乗っていたんだけど・・・別働隊のロータス達に『ISSキット』本体の破壊に成功
最後にそこに貯められていた悪意や絶望が飛び出しテイカーと『インビンシブル』に憑依
そして・・・誕生したのが・・・

災禍の鎧 マークⅡ

テイカー、いいザマ・・・ただし状況はかなりマズイですけどね・・・
この状況は流石にアレイバイスは撤退したわけですが・・・ここで終了

どうしてまたこういう引きで・・・

となんか毎回思ってますね・・・このシリーズ・・・
ちくしょう・・・次は春か・・・長いな・・・

アレイが抱える心の傷が根深そう・・・とか
『加速研究会』の本拠地の場所が学校であり
ベルがその配置からどこの学校なのか気づいたようだったり
色々と伏線も新しくでていて気になるところだった今回

とりあえずレインが意識を取り戻し

50倍返しだ!

と怒り心頭となっていて・・・でも無事だったのでよかった・・・って感じです。
今回の一件でずっとまとわり付いていた彼女が全損するんじゃないか・・・って不安は
かなり和らいだ感じなんですよね・・・なにせもうレインを狙う理由が
『加速研究会』にはなく・・・彼らの理念は無駄な事はしないらしいので
たぶんですが・・・もう大丈夫っぽい・・・

もちろん『インビンシブル』を取り戻せるのか・・・戻せなかった場合は
『赤の王』としての立場はどうなるのか・・・とか色々と気になる部分はありますけどね

アレイとの戦いでみせたレパードの封印していた必殺技が
なるほど・・・レイカーのライバルだな・・・って感じの『ブラッドシェッド・カノン』っていう
自分を砲弾にする技とかかなり凄かったし・・・彼女の補佐があれば大丈夫かな?
今後もクロウ達が色々とサポートしたりするだろうし・・・

一番良いのは次回で無事『インビンシブル』を取り戻せるって事だけど・・・
さてどうなるのかな?
希望としては・・・中に残っているであろうサーベラスの意識とかかな・・・
サーベラスの方も悪いやつって感じじゃないし・・・彼らの意識に期待したいところ

Ⅲ?別に消滅でいいよね・・・

それとクロウ・・・メタトロン様の端末を雑に扱った性で1000年間下僕になって
命令に従う事をさらっと誓ってたけど・・・いいのか・・・
将来誰かが挑戦した時に召喚されたりしたらどうすんだろうか・・・

っていうか代わってくれても良いんだよ!?

って事で・・・次回も活躍あるといいなぁ・・・メタトロン様
現実時間だと1年だけどね・・・

なお感想ではそう呼べとお達しがあったので全て敬称付きでお送りしました

最後に一文。

レッド・ライダーのセリフ

もうこのセリフだけで彼がどんだけいい奴なのかわかる感じ・・・
これを・・・自分を全損させたロータスに言い残すとか・・・どんだけいい奴・・・

「・・・こっから先は、お前が自分で答えを見つけるんだ。
 あばよ、ロータス。《四元素》の三人もな。
 《矛盾存在》にもよろしく言っといてくれ。
 それと・・・プロミを継いでくれた二代目に、
 あんがとよ、あとは任せた、ってな」


にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
アクセル・ワールド (15) ―終わりと始まり― (電撃文庫)アクセル・ワールド (15)
―終わりと始まり―
(電撃文庫)

(2013/10/10)
川原礫

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは。

今回はカ○ピス原液くらい話の内容密度が濃かったですね。


まず、能美マジ魔王。

ゾンビとして復活する所や(バラ○スゾンビ?)、「心は力を持たない唯一ボクへの忠誠心を除いてね!!」という小物臭いセリフや、大魔王に利用されるだけ利用されて使い捨てにされる所など本当にすがすがしいほど魔王でした。
これで、後半に色替上位互換のザコが出てくれば完璧です。

能美マジ魔王(笑)


次に、サーベラスについて少し予想してみます。

サーベラスがなぜ加速研究会に所属したのかを考えてみました。
その秘密は、ISSキット本体になったバーストリンカーにあるのではないでしょうか?
まず、加速研究会は、現実世界の環境面で、長期間加速し続けても家族がケアできる人材を探します。
次にその人物と親しい人物でバーストリンカーの条件を満たす人物も見つけておきます。
そして、現実世界の環境が整ったバーストリンカーを改造して、ISSキットの本体に改造します。
もし意識があるようなら、この時の負の心意の注入で意識を奪います(意識不明の病人なら好都合)。
そして、言動巧みに人造メタルカラーになる少年を誘導し、サーベラス完成です。
自分で書いていて胸くそが悪くなってきました。
もし、私の予想が正しければ、加速研究会の行いは、2人の人間の人生を完全に破壊していますし、現実でも傷害事件として扱われても全く問題ない凶悪行為です。
サーベラスは加速研修会の純粋な被害者になりますし、彼が従う理由も親しい人間を救うためになりますので、本当に救われるべき存在となります。


どちらにせよ、サーベラスⅠが救われることを春まで祈り続けて待ちたいと思います。

復活きたーー

こんにちは  アクセルワールドは今回もすげえと思ったw まず、僕自身前々からあるかもと考えてた、 レッドライダーとダスクテイカーの復活!!まさかこんな形で実現されるとは思ってませんでした。んで、レッドライダーがいい人すぎる。まじで今回は自分の中で神回だと思ったわw正直ここはアニメ化してほしいくらいだwさらにダスクテイカーもあの憎いキャラの再登場!、、うーん久々に見てみたいと思うわw次の巻で一体サーベラスがどうなるのか気になりますね。あと、能美もどうなるか少し期待してます。(まああいつはどうせ消えるんだろうけど)
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。