スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京レイヴンズ 10 BEGINS/TEMPLE

あらすじ

「ごめんな、夏目。でも、いつか・・・きっと、また会おう」

夏目を蘇らせるため『泰山府君祭』を執り行った春虎。
夏目が目を覚ましたとき、その姿はもう何処にもなかった。

そして夜は幾度も廻り―舞台は、冬の気配深まる山寺へ。

幼い頃に寺に預けられ、下っ端として雑用をこなす少女・秋乃は、
新入りの面倒を見るよう命じられる。

蛟の生成りだという新入りに、不吉な予感を覚える秋乃
時を同じくして、三人の『十二神将』が来訪し、山寺は俄かに騒がしくなるが・・・!?

大人気陰×陽ファンタジー、それぞれの想いと星の宿命が交錯する、
待望の第二部―いよいよ開幕!!

感想

東京レイヴンズの10巻

アニメも始まったこのシリーズ・・・原作の方は

第二部突入!

って事で・・・新展開です・・・
表紙は前々回亡くなった我らが残念ヒロインである夏目さん・・・
前回の一件で無事復活し・・・なんと今回は表紙を飾りさらに・・・

主人公です!ってあれ?無事じゃない!?

って事で今回はシリーズの主人公である春虎ではなく
彼女が中心となって話が進みます

まぁ・・・視点という意味では今回からの新キャラである秋乃
序盤からずっと登場していて多いんですけどね

春虎夜光として前回の話で覚醒
今は陰陽庁に対して色々と行動を邪魔したり色々しているみたいで
政府から指名手配されたテロリスト扱いらしく・・・
さらに仲間達にも連絡はないって事みたい。

夏目は復活したらすでに春虎はおらず・・・養父だった父親と
春虎の両親の元に預けられていた・・・って状態であり
夏目春虎を探している・・・って状況みたい・・・

アレ・・・なんか・・・

ようやくメインヒロインっぽいぞ!?

今までもメインヒロインだったんだけど微妙に残念な感じがあったんですが
今回はただ春虎と再会するために無茶をして行動する・・・って姿が
主人公っぽくありつつ・・・めっちゃヒロインしてました・・・
その姿のせいか逆に

春虎、ちょっと来いゴラァ!!

って感じもあるんですけどね・・・一途に春虎を追う夏目に対して連絡すらせずに
そして決して会おうとしない・・・最低です・・・

まぁ・・・作中で『会うわけにはいかない』という感じのことを言っていたので
夏目の今の状況に何か関係している・・・って事なのかもしれませんけどね・・・
会えなくても連絡はできるじゃん・・・って感じもあって・・・うーん・・・謎だ・・・

夏目関連での言動から推測するに・・・夜光として覚醒してはいても
春虎自身が消えた・・・ってわけではなさそうなんですけどね・・・

ただ今回の春虎『土御門 春虎』を名乗りながらも完全に夜光の記憶を持ち
ソレに対して懐かしい・・・と感じたり夜光であった頃の知り合いや約束を守ったりと
今までの春虎ではなかった部分が確かに存在して・・・そして陰陽術の練度も
今までとは比べ物にならないくらいであり・・・まだはっきりとは
彼自身が今”誰”であるのか・・・とかははっきりしない感じでしたね

夜光であるという自覚もあるし・・・それでいて春虎を名乗り
夏目を気にしている・・・焦らすなぁ・・・これ一体どういう状況なんだろうか・・・

コン・・・飛車丸はすでに本来の姿で側にいて角行鬼ももちろん一緒で・・・
完全にかつての夜光陣営を再現してはいて・・・今回の戦いの際には
かつて夜光が開発し・・・1巻で鈴鹿が使っていた『装甲鬼兵』を持ち出し
機械仕掛けで鋼鉄の装甲を持ち・・・重火器装備でありながら呪術で動く
ある意味で呪術的戦車を使って・・・敵を蹂躙してましたからね・・・
もちろん殺しはないですけど・・・普通の陰陽師に・・・それはアカン・・・それは・・・

無双ってかいじめだよ!?

何気にアニメ2・3話で鈴鹿が『装甲鬼兵』『装甲鬼兵』で大暴れしていたので
タイムリーではあるんだが・・・映像でみてみると・・・なるほど・・・
あんなの3体使役して暴れれば・・・そりゃ陰陽師とかそういうレベルの問題じゃなくて
すでに軍事力だよな・・・ってのがよくわかった・・・

かつて夜光が世話になり・・・何かあったら手助けするくらいの縁があった
今回の話の舞台である『星宿寺』はそれで壊滅・・・なるほど・・・

確かにテロリストだ・・・

まぁ先に春虎を拘束しようとしてのは相手だったわけだけど・・・

ぶっちゃけ春虎夜光としての行動っていうよりは何か別の目的があって
かつて夜光が隠したり預けたりしたものを集めているらしく
それはどうやら夏目を復活させる際に『泰山府君祭』を失敗したのが原因っぽく
実際に夏目は式神である『北斗』をその身に憑かせて・・・竜の生成りとして成立させる事で
とりあえずは・・・って感じで生きている状態みたいで・・・

って失敗したの!?駄目じゃん

と・・・なんか前回の流れが色々と台無しな感じが・・・
夜光として覚醒したんだから夏目の命は安心だ・・・とか思ってたんですが
思いっきり爆弾を内包した状態みたいで・・・どうなるか不安ですね。

常に香を炊いていたりと・・・動く死人・・・つまりゾンビ状態ではあるみたい

メインヒロインに追加属性・・・

雷・竜の力・・・・ゾンビ

最後の・・・いいのか・・・いや、なんかそんなヒロインも別の作品ではいるよな・・・
そういえば・・・別にいいのか・・・

ただ夏目は今行動をともにしている春虎の母親(正確には養母だが)であり
元祓魔官でもある千鶴に師事していて陰陽術を磨いているみたいで
前よりも腕は上がっているみたいで強力な雷法や式神を手に入れて凄いし
代償が・・・自信の命を繋ぎとめている『北斗』の力を使い命がけにはなるけど
一時的に超強力な力を発揮できるようになっていたりと・・・ちょっと凄い・・・

ただ今回は命がけの『北斗』の力の解放までして春虎を追ったけど結局
彼は夏目を置いて去っていってしまい・・・

夏目、号泣

春虎・・・タヒればいいのに・・・

この場面は・・・なんていうか・・・色々と切なかったですね・・・
二人が無事に・・・再会できる日が来るといいけど・・・

ここからはもう1人の主人公って感じの秋乃関連と
仲間達・・・そして敵って事になる陰陽庁の動きについての感想・・・

まず秋乃・・・

彼女は今回の舞台となった『闇寺』とも呼ばれる『星宿寺』
事情を抱えた人間や非公式の陰陽師などが所属するそういう人間の受け皿
必要悪ってやつですね。

秋乃は赤ん坊の頃からそこで暮らしている

兎の生成り
 
いや・・・兎って・・・しかもその証拠にウサ耳が・・・
なんて・・・なんてファンシーな・・・1人だけ世界観違う感じが・・・
性格のほうも控えめでおどおどしている感じで寺でも立場は底辺
ただ夏目が寺に来て彼女と友達になった事から・・・めっちゃ懐く事に・・・

友達・・・いなかったんだな・・・

まぁ夏目のほうもアレだったから・・・結構貴重なキャラだよね・・・
今は数少ない友人たちとも接触絶ってるし・・・

ただこの娘は今後凄い重要なキャラになりそうな感じですね・・・
基本ドジだったりするんですが兎の生成りの特性なのか
移動速度が凄まじく時に残像が見えるくらいの高速移動をして
夏目や・・・今回の敵を驚かせたりしてましたから・・・

ラストでは『星宿寺』が滅びた事と彼女によくしてくれていた
『千じいちゃん』という・・・どうやら夜光と将棋仲間だったらしい人からの勧めで
夏目達についていく事になり・・・そして彼女はどうやら東京に親戚がいるらしく
フルネームは

相馬 秋乃

との事で・・・どうやら相馬家に連なる娘・・・って事らしい
これで京子が合流したら夏目の元に土御門を支える双翼がそろい・・・
源司が涙目な気がするな・・・

他の仲間達の行方はちょっと不確かな感じ

冬児大善と行動をともにしているらしいけど行方知れず

鈴鹿は現在、父親の元で多軌子と接触していて

京子は祖母である美代の所かな?美代は陰陽塾の塾長をやめさせられたっぽいけど

天馬は話題にすらならず・・・

まさか・・・まだ天馬をなめてるんだろうか陰陽庁

前にそれで痛い目をみたのに・・・

それと飛車丸の事ですが性格がコンのままで安心したかも・・・
記憶とか封印してても性格はあのまんまだったんだな・・・
ちょっと行き過ぎた忠誠心と主である春虎への献身はそのまま

超美女になったのに

そりゃ春虎も色々と対応に困るよね・・・しかも夜光としての記憶もあるわけで
って事になると・・・そりゃ困るだろうな・・・

他に気になるのはの動きと・・・彼と仲のよかった禅次朗の様子が
前回の話での交渉決裂のせいなのか・・・ちょっと変だった事かな?

『十二神将』は今回初登場の十悟隼人などがいて・・・こっちも色々ありそう
源司がやってきた事を知った時に・・・果たして全員が彼に味方するのか・・・
って感じもあるし・・・ここらへんはどうなんだろう・・・

そして実は今回・・・結局夜光の性格がほとんど春虎と変わらなかったって事と
一応、記憶のせいで多少大人っぽい対応とか雰囲気がでているって事
だけど夜光も持っていた子供っぽさも内在していて・・・って感じくらいで
夜光自身が何を目的に転生しようとしたのか・・・とか今現在の春虎の詳しい目的
最終的に夏目の復活を願ってはいるんだろうけど他の事は・・・とか
全然わからなかったなぁ・・・って事で・・・

次はいつだ!?

続きが気になる・・・冬児鈴鹿京子天馬のその後が気になる・・・
そして夏目は復活できるのかとか・・・めっちゃ気になる!

最後に一文。

夏目の叫び

なんていうか・・・この一言にすべてがこもってる感じで切なかった・・・
まったく・・・本当に馬鹿・・・

「バカ虎ぁぁぁ!」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
東京レイヴンズ10  BEGINS/TEMPLE (富士見ファンタジア文庫)東京レイヴンズ10
BEGINS/TEMPLE
(富士見ファンタジア文庫)

(2013/10/19)
あざの 耕平

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

買ってこなくちゃ(使命感

イザナギにしてもオルフェスにしても生き返らす途中に「振り返るな」のタブーがあるからなぁ

No title

秋乃の『うさぎ』がカタカナなのは意味があるのかな。気になる……。

スワローウイップに縛られてる夏目の挿絵好きw

No title

春虎貶しすぎだろ、、、。
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。