スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エスケヱプ・スピヰド 伍

あらすじ

最強の兵器“鬼虫”たちは、どのようにして集まり、
人間から兵器になったのか―。

過去の記憶が交錯する中、黒塚部隊に囚われた竜胆が蘇生する。

その頃、“蜂”の修理が進む登坂研究所で、
巴は中央の高官から呼び出しを受けていた。

これを好機と取った巴は、内通者のあぶり出しにかかる。
そしてついに、巴の前に烏帽子が姿を現すのだった。

そんな帝都の異常に、九曜は研究所から出動、街で朧に襲われる叶葉たちを見つける。
再び朧と戦闘に入る九曜だが、
その最中、叶葉と鴇子が黒塚部隊の手に落ちてしまい―?

最強の兵器“鬼虫”たちの神速アクション、緊迫のシリーズ第5弾!

感想

エスケヱプ・スピヰドの5巻

表紙は九曜竜胆、そして虎杖
って事で

竜胆 復活・・・キタ――(゚∀゚)―― !!

そしてついでに・・・

”伍長”もきちゃぁぁぁぁぁあ!!!Σ(゚д゚;)

って事で・・・なんかとんでもない事になってますね・・・
前回の話で味方側の戦力がアップ・・・だけど敵側にかつての『鬼虫』の仲間が
何故か加わっていてさらにいまだに姿を現さない相手や
まだ未完成の相手など・・・一概にどっちが優勢とは言えなかったんだけど・・・
はっきり言いましょう・・・今回の一件でわかった事・・・それは・・・

超劣勢!!

って事ですね・・・ええ・・・っていうか状況だけ羅列したら絶望的なんだが
これマジでどうするんだろうか・・・まぁ希望は残ってるんですが・・・
ぶっちゃけその希望がでか過ぎてそれだけでも戦えそうな気がするけど・・・

今回は前回のあらすじであったように壱巻登場人物に・・・って話題があって
竜胆復活でソレ関係が・・・って感じだと思っていて実際に序盤は彼の視点で
過去を・・・彼が人間・・・『阿達 静馬』だった頃の事から
『鬼虫』の開発者でのちのである『片霧 巴月』との出会い
そして同じく『鬼虫』候補として待機していた剣菱・・・『朽木 才蔵』との出会い

この3人は気が合う仲間・・・って感じで良い雰囲気でしたね・・・
巴月以外は過去も記憶も消す・・・だけどそれに後悔はない・・・
そんな共通点もいい感じに気が合う理由になってた気がする。

そして『鬼虫』となり・・・そして数年の時間を置いて後輩達が生まれ
井筒万字が加入・・・

井筒は自分が一番になろうと竜胆に何度も挑み何度もぶっ飛ばされ
その都度、に修理してもらい・・・結果、竜胆を兄貴とを姉御と呼ぶようになり
剣菱は・・・なれなれしいんじゃコラ!って結果に・・・

なんでやねん!?

万字は好奇心旺盛で元々学者・・・ただ人間だった頃の習慣を今も残していて
は元囚人らしいけど・・・詳しくは不明・・・寡黙だけど色々と考えてはいたみたい。

このあたりからいろいろな意味で『濃い』感じのキャラが増えてきて
そして次が第三世代である九曜

は2人目の女性って事で注目されたみたいだけど
とは真逆の清楚な性格・・・ただ竜胆からしたら女は侮れない・・・って感じで
彼女は彼女で心も強い人だったみたい。

今回明かされた特攻術は『知覚擬験(シムステイム)』
媒体を通さずに知覚と思念の伝達ができて感覚や情報の共有もできるみたい。
彼女はこれを300時間連続稼動して限界を超えた結果なくなったみたいで・・・
そりゃスゲー・・・って感じ・・・どんだけ頑張ったんだよ・・・

は3人目の・・・しかも女の子ってことで井筒がかなり反対したっぽいけど
彼女自身の意志が尊重され加入
彼女はムードメーカーというか明るく元気な女の子って感じだったみたい

そしてラストの九曜は・・・まぁ1巻のことさら自分は兵器だと定義する
硬い性格で・・・だからこそ竜胆は20年前の終戦の時点で
彼がこのまま暴走して危険な兵器になることを防ぐために彼を撃墜
そして眠っていた人々を彼に対する人質とすることで彼の中のスイッチを押して
真の力を覚醒させようとしていたみたい・・・しかも自分は九曜が目覚めて
自分を倒すその時まで信号を発して近場の暴走兵器を自身を襲わせる事で
尽天に暴走兵器がむかうのを防いでいた・・・というから・・・

竜胆の兄貴、マジ格好良い!!

こんなだからみんなに頼りにされちゃうんですよね・・・
何気に『鬼虫』の女性陣は彼が無理して悩んでいるのでは?と気づいていて
色々とフォローしてたみたいだけど・・・男性陣は頼り気味だったからなぁ・・・
当人も壱番式として後輩達の行く末を・・・とか過剰に心配してたし・・・
何気に根底は女性陣のほうがたくましかった感じを受けましたね。

そして目覚め・・・交戦・・・洗脳・・・と怒涛の展開・・・

虎杖が自分のかつての兄だと竜胆は思い出し・・・そして
彼らに利用されている事に気づいて激昂
だけども操られているかのように現れ動きを止められ・・・
の力で洗脳・・・という・・・

なるほど・・・そうきたか・・・

竜胆目覚めたら虎杖とか輪切りにされんじゃね?とか思ったけど
意外と戦えていたし仲間思いすぎての状態が気になって
さらに状況も理解できないって感じじゃ十全の力は使えないしな・・・

ただこの時点で・・・すでにかなり九曜たちは劣勢になってるよね・・・何気に・・・
そして帝都では今後の話し合いが行なわれる事になって
が1人で帝都の重鎮達との会議に挑むんだけど・・・

が戦争相手だった帝國と取引していて『八洲』の現在の戦力調査・・・
正確には戦争を続ける気があるかを調べてないようなら停戦協定を・・・って事で
帰国していたみたいでだからこそ徹底抗戦をうたう『黒塚部隊』は危険って
事だったんだけど・・・

重鎮のほとんどが徹底交戦派

という・・・実はみんな『黒塚部隊』と通じているという洒落にならない自体
流石に可児は違かったけど・・・それでも・・・って感じ
そりゃこんだけ偉い人が融資してりゃ『甲虫』とか作れるよね・・・

ただ普通の爺さん達だけなら・・・の方が上手だったんだけどね・・・
可児と一緒で味方側・・・だと思われた宗吾・・・彼こそが実は

甲虫式/特機二号丸『金亀』 烏帽子

って事で・・・筋肉ムキムキの抜き手でを貫き致命傷を・・・

なにしちゃってんのこの糞ジジイ!!

この後は一気に事態が進展して・・・もうめちゃめちゃに・・・

異変を感じ取った剣菱井筒が突入して井筒烏帽子と交戦に入り
烏帽子の命令で帝都の機械兵士達がいっせいに『鬼虫』に対して戦闘モードに入り
剣菱を抱えて登坂研究所・・・

九曜は緊急事態で街にいる叶葉たちが心配・・・って感じだったところに
烏帽子の援護に・・・再び登場・・・



前とは違いすでに完成しているらしく菊丸を一撃・・・そのまま合流した九曜
戦闘に入り激闘・・・やっぱりというか・・・九曜のライバルは彼になるみたい
なにせ彼の特攻術は

電磁制御・深

前回登場して今は心を許し始めてくれてる久留守
万字の『火焔操作』をパワーアップさせた『火焔操作・改』だったように
九曜と同じ能力の発展系・・・そしてついに現れる最強の『甲虫』

甲虫式/特機五号丸『鍬形』

やばい・・・これカッケー・・・めっちゃカッケー

そしてここからの展開はなんていうかもう・・・

燃える!ってか鼻血でそう・・・

ってくらいスゲー熱いものに・・・これはすごい・・・密度がすごい・・・とにかくすごい

まずはアレですね・・・瀕死のの言葉を聞いたが感じていた才能を開花させ
その腕を惜しげもなく使い・・・そしてまるで機械と会話しているかのように
その手を動かして・・・

そしてとの戦闘中に別の場所で宗吾によって
『金亀』によって連れ去られた叶葉鴇子を追いながらも・・・の狙撃で
海に墜落した九曜の前に光が見え・・・そしてついに・・・

鬼虫九番式『蜂』 復活!!

となりテンションがもう鰻登り・・・ついに完全体として復活・・・
そして『鍬形』と交戦・・・

九曜『電磁制御』が進化した新たな力・・・

『光子制御(エーテル)』

を使いこなして光学兵器・・・つまりレーザー撃ちまくるわ・・・
羽に光子を集中させなぎ払う事であらゆるものを斬断する光の剣にするわ・・・

片や同じ能力でありながら別の力・・・磁力から派生した力・・・

『重力制御(グラビトン)』

を扱うは荷電粒子砲とか重力制御による砲弾・・・
空間をねじ切って生みすら切り裂く攻撃を見せたりと・・・

空想科学大戦!!!

って感じで・・・なんかもう興奮しっぱなしだった気がします・・・
その一方で剣菱&井筒がそれぞれ『蟷螂』『蜈蚣』で援護に現れたら
彼らの前には・・・なんかもう絶望だぜ・・・って感じで

鬼虫壱番式『蜻蛉』・四天の竜胆

が目にも止まらぬ速さで現れ無双をはじめ・・・両機とも防戦一方
ってか・・・

攻撃あたらねー・・・

海上っていう両機には不利な立地だったとはいえ・・・それでもここまで・・・
ってくらいレベルが違う感じ・・・剣菱が相変わらずの化け物だ・・・って言ったくらい・・・
剣菱の圧倒的な近接戦闘力も井筒の圧倒的な遠距離制圧砲撃も・・・

当たらなければどうという事もない!

という・・・なんか凄い事してましたね・・・いや・・・よく勝ったな九曜・・・

こんな感じで今回は盛りだくさんで・・・テンション上がりまくりましたね・・・

は敵の超巨大戦艦のシステムに直接組み込まれて完全に兵器として
利用され・・・竜胆はその能力を支配している虎杖に洗脳されているって感じみたい

ただは常にが組み込まれている場所の側で待機していて見張っており
竜胆も今回の撤退際に井筒に暗号化された座標データを送ったりと
完全に制御されているわけではなさそうなので・・・希望は持てそう
っていうか竜胆が仲間に戻った時点で敵が詰みそうなのは気のせいだろうか・・・
あの人、バランスブレイカーってくらい強いし・・・

たた敵は敵で・・・色々と強力すぎる感じ・・・

『金亀』の特攻術である『物体透過(フレア)』はどんな物体でも通り抜けられる
ただし自分で意識しながらじゃないと駄目みたいで思考外からの攻撃とかは
ダメージを受けるみたいなので無敵ではないけど・・・明らかに空想科学レベル

『鍬形』はなんかもう強すぎておかしいってくらいだし
なによりも最大の問題点は叶葉はその本体であるを見てしまったことが一番の問題

空閑 透・・・伍長

叶葉がかつて1年間女中として仕えた家の主・・・
ずっと冷凍睡眠していた彼女からすらばちょっと前に別れた兄のような主
それがよりにもよっての正体であり・・・ある意味で最悪の形で
九曜に対して思っていた元は人間だったのでは?という疑問を解消されてしまい
大きなショックを受けてしまった・・・ってのが問題

九曜たちはそれをまだ知らないけど・・・叶葉が大切な2人が戦う事態に
どうなってしまうのかとか・・・色々不安点がありますね・・・

しかもこの人・・・叶葉の事を覚えてないし・・・
おそらく元々『黒塚部隊』の隊員だったんだろうけど・・・どういう事情だったんだろう?
烏帽子虎杖は名前を聞かされていたっぽいんだけど・・・うーん・・・謎だ・・・

能力は似ていながらたどり着いた能力が光と闇って感じの印象で
完全に対比になってる2人だから・・・激戦は必死だと思われるんだが・・・さて・・・

あと色々と考えるのは久留守日足喜久乃についてかな?

喜久乃日足から父親が黒塚部隊にいると聞かされて揺れはしたけど
父親は間違っている・・・と強い意志で言い切ったのでとりあえず裏切るとかはなさそう
ただ日足は頑なに虎杖を信じて『鬼虫』を憎んでいて・・・そして結局は
その能力だけを使えるようにと今回の話で『蟻』の触覚を埋め込まれて
転移装置として活用する・・・って感じにされてしまい・・・可哀想な事に

一方で久留守九曜叶葉に心を開いて・・・今までの自分に疑問を抱き
悩みはじめ・・・今回は日足の一件もあって烏帽子たちに敵対
ただ今の彼女に『蛍』はなく・・・今後も戦場にとはいかなそう・・・

ただ久留守については・・・今後の可能性として『蛾』があるんですよね・・・
彼女がおじさんと慕った万字『虫』が・・・
それを元に『蛍』を新生・・・とかそれこそ『蛾』に乗る・・・とかって展開だったら
燃える展開になりそう・・・能力が燃えるだけに・・・ガクブル
ただ適正云々があるからなぁ・・・

そして今回のラスト・・・竜胆井筒に伝えた座標
九曜が黒塚部隊の転移に無理やり突っ込んで飛ばされた場所
黒塚部隊の次の目的地・・・

それは北の未踏査地区・・・極寒の雪が延々と降り注ぐ地帯
かつて巨大な破壊を防ぐためにある少女が全てを静止させた世界・・・

鬼虫八番式『蜉蝣』・無明の柊

が今も眠り場所・・・そこが次回の舞台となりそう・・・
は絶対安静で動けず・・・万字もいない・・・だけどそれ以外の全ての『鬼虫』
そこに集まるって事になりそうで・・・色々と楽しみ

現状は

・味方

鬼虫弐番式『蜘蛛』・羅刹の巴月(瀕死)
鬼虫参番式『蟷螂』・夜叉の剣菱
鬼虫四番式『蜈蚣』・弩将の井筒
鬼虫九番式『蜂』・金翅の九曜
菊丸
機械兵多数


・敵

甲虫式/特機一号丸『兜』・虎杖
甲虫式/特機二号丸『金亀』・烏帽子
甲虫式/特機五号丸『鍬形』・朧
壱番式『蜻蛉』・四天の竜胆(洗脳?)
鬼虫六番式『蟋蟀』・鉤行の庵(洗脳?)
鬼虫七番式『蟻』・霖鬼の楓(死亡状態)
甲虫式量産型多数


って感じで・・・やっぱり・・・

超劣勢

なんだけど・・・虎杖烏帽子以外は味方になりえる・・・ってのが希望ですね
あとはがどちらの手に・・・ってのでも状況が変わりますし・・・
っていうか敵はをどうにかされてシステム解除された時点で詰むよね・・・コレ・・・

叶葉九曜の関係は良い感じに推移していて
九曜の膝に座ってご満悦な久留守を見てムッとする叶葉とか
お互いにお互いのそばにいる・・・離れないと伝えたり・・・
九曜にいたっては1巻の頃の戦闘兵器がうんぬんが完全に消えて
ただ叶葉を助けたいから・・・って理由だけで勝率も命すらも賭けて
ただただ敵に立ち向かっていったりと・・・

お前らもう付き合っちゃえよ

って感じなんですけどね・・・さて・・・こっち方面もどうなるのかな・・・

あと『黒塚部隊』は徹底抗戦を掲げる過激なテロリストっぽく思っていたけど
その実・・・一緒に行動するメンバーに鴇子の・・・
正確にはクローンである彼女のオリジナル・・・八洲国第三皇女である彼女の姉
八洲国第一皇女である鵠子がいるみたいなので・・・大義名分は
ある意味でこっちにこそあるって感じも怖いよね・・・

それにしても・・・今回の話はまさに

復活!復活!!復活!!!

って感じの内容で戦闘もかなり熱くて・・・色々と盛り沢山でした・・・
次巻が楽しみすぎて逆に辛い・・・

最後に一文。

九曜『蜂』のセリフ
正確には思考

海に沈みつつも諦めず叶葉を助けるためにもがき続けた九曜に近づき光
それだけで九曜はその正体を悟り・・・そして必要な思考を行なった
ただそれだけだけど・・・ついに!!って感じで燃えたのでコレで・・・

『─装着ッ!!』

『▼了解!!』

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
エスケヱプ・スピヰド 伍 (電撃文庫)エスケヱプ・スピヰド 伍
(電撃文庫)

(2013/11/09)
九岡望

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。