スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖剣使いの禁呪詠唱 5

あらすじ

「これが俺の戦争だ」

ロシア支部に運命を弄ばれた少女レーシャを救うため、
諸葉はひとり日本を離れ、広大な帝国へ殴りこむ。
目指すはランクSの禁呪使い“雷帝”ヴァシリーサ。

しかし最悪最凶と謳われる、ロシアの猛者たちが諸葉の前に立ちはだかる!

容赦なき連戦につぐ連戦。
入り乱れる絶技と絶技。
己の持てる全ての力を駆使し、諸葉は前進し続ける!!

そして戦いは決戦の地へ―。

『禁呪』と『禁呪』がせめぎ合う、歴史的大激突!
静かな怒りが天を喰らい、世界の形さえ変えていく。

美しき案内人と危険なロシアを往く、
バトルカタルシス爆発の学園ソード&ソーサリィ第5弾!!

感想

聖剣使いの禁呪詠唱の5巻

表紙は主人公である諸葉白騎士機関イギリス本部長エドワードの右腕AJ(アンジェラ)

前回の話では諸葉と同じランクS『救世主(セイヴァー)』である
ロシアの『雷帝』ヴァシリーサが刺客としてレーシャを送り込んできて・・・
だけど彼女の天然気味の性格と優しさを感じて仲良くなり・・・
最終的に利用されていた彼女を守るために戦った諸葉

あまりに酷いヴァシリーサ側の対応に怒り心頭の諸葉
ラストで・・・ロシアに殴りこみに行く事を決め
エドワードに手続きを頼み・・・水先案内人として派遣されてきたのがAJ

って事で今回の話なわけですが・・・まぁ今回も実は1つの感想で片が付いたりする・・・

諸葉、強ぇぇぇぇぇぇぇ!?

ああ・・・うん・・・いつも通りだったね・・・うん・・・
一応は・・・諸葉の作戦的にはかなり面倒な方法を取っていたわけなんだけど
結果的にはヴァシリーサの権力基盤を根元から破壊する事になったわけで
なんかもう色々と・・・

圧倒的だった・・・

作中で一度、ヴァシリーサが部下の能力を利用して放った遠距離からの
間接的な・・・だけど『闇術』としては最強である第九階梯闇術『稲妻の魔竜』から
AJを庇った事で直撃を受けて瀕死にはなったんですけどね・・・
それすら最終的には・・・目的を達成するための一助になったりと・・・

徹底的に潰す方向だな・・・オイ・・・

まぁ任務失敗したら言い訳無用で即始末ってヴァシリーサのやり方は
確かに最悪だし・・・彼女には落ち度しかないんだけどさ・・・
自分は特別な存在でだからこそ頂点が相応しい・・・って感じで
自由に横暴に振舞っていたのに・・・なんかもう・・・その全てを
根幹から打ち砕いてしまったわけだから・・・ちょっと凄すぎ

終盤の挿絵のヴァシリーサの顔がまさに

ギャァ━━━(艸゚Д゚ll)━━━ァァ!!

って感じでなんかもう・・・ちょっとインパクト凄かったしね・・・
どんだけ絶望させる気だ・・・主人公って感じで・・・

まず最初は各地の分局長たちを順番に撃破・・・しかも殺さずに
1人目でなんか一番強そうな相手がでてきて殺さなかったのでぬるいとか言われたけど
実際はそんなレベルではなく

お前らのほうが温い

とただその圧倒的な態度だけで相手を屈服されるという・・・
そういえば・・・殺せないとか言っても・・・前世では殺しまくってたしね・・・
それなのに先入観とかで挑んでくる相手のほうがおかしいと・・・
何気にこの人・・・最初から最後まで本気だったんですよね・・・
たとえ旅の道中はそれなりに楽しんでいたりふざけたりしていても・・・

ちなみに・・・この相手を倒した術は・・・

第八階梯闇術『稲妻の螺旋』

現状、ヴァシリーサのみが使えるとされた術を使って開戦ののろしがわりとか
この人どんだけ・・・って感じ・・・まぁヴァシリーサは上で書いたとおり
第九階梯闇術を会得していたわけですが。

それでもひでーよ・・・

その後も各地の分局長を倒し・・・8人がかりで襲ってきても殺さず無力化
さらにAJを助けるために瀕死になるもそれまでの不殺の行動が
ヴァシリーサへの反感を持つロシアの『救世主』に好感を与えていて
レーシャとも親しかったらしい分局長の1人であるカティアが接触してきて
その後、ヴァシリーサ諸葉討伐を優先させたせいで一人命令違反を犯して
超巨大『異端者』と戦いにむかった彼女の親友であるユーリを助けに行き・・・
と徐々に形勢が傾いていき・・・流石のヴァシリーサ相手には諸葉が1人で挑んだんだけど
この内容がまた・・・ことごとくヴァシリーサの対比というか・・・
けちょんけちょんにしてましたね・・・

ヴァシリーサ禁呪である

                     セレスティアル・クルセイダー
固有秘法 天界十字軍

を発動・・・これはかつて諸葉エドワードに使った氷の禁呪と同等のもので
地域一体に雷を降らし・・・その雷がヴァシリーサの意志を受けて獣の姿をとって
襲い掛かってくる・・・という恐ろしいものであり超巨大『異端者』もものの数分で
殲滅した・・・という彼女自慢の闇術・・・

それを諸葉は高速移動の連続と各個撃破の連続で対応・・・
相手がまだ訓練生レベルの子供達を戦場にだし諸葉に敗北したら
そのまま雷の獣に襲われる・・・という状況で送り出して諸葉を動揺させたら
流石に苦戦・・・となったけど・・・ここで決定的な違いが戦況を分けることに・・・
まぁ簡単に言うなら・・・

人徳

ですかね・・・置いてきたはずのAJが参戦・・・巻き込まないように眠らせたはずの
カティアユーリも志を同じくする仲間達を連れて参戦
そして極めつけはAJとずっと連絡を取り合っていた静乃の要請で仲間達が転送

サツキ静乃は言うに及ばず・・・『実戦部隊』のみんなも参戦
もちろんレーシャも来て・・・子供達に呼びかけ寝返らせ・・・

これで後ろを心配する必要がなくなり・・・
ヴァシリーサが奥の手で雷の巨人を呼び出し暴れだしたら
目には目を歯に歯を・・・ということで諸葉禁呪で抵抗・・・

                          ウ   ロ   ボ   ロ   ス
魔海創造の、『世界喰らいの蛇』

あれ・・・?名前違くね・・・って・・・

2つ目かよ!?

なにしてんのコイツ・・・しかも真正面から魔力をぶつかり合って
ヴァシリーサの雷をことごとく消滅・・・最後の足掻きとして『稲妻の魔竜』を撃つも
あっさりと蹴散らされ・・・そして接近を許した時点で『黒魔』ヴァシリーサ
勝ちめがあるわけもなく・・・そして部下達も・・・力と恐怖で縛り付けていたから

ヴァシリーサ < 諸葉

が目に見えてはっきりした時点で部下達は逃亡

そしてここからはかなり見苦しくヴァシリーサは懐柔しようとしたりしたけど無視
最終的には自分が築いた地位や帝国を・・・大切なものを失いたくない・・・
奪わないでくれ・・・とまで・・・

そりゃ・・・逆鱗に触れるよ・・・

諸葉がいつも言っている『俺から奪おうとするものを許さない
それとほとんど同じものだけど・・・他者から奪い続けてきて
それを正しいとして統治してきたヴァシリーサにそんな資格はないと激怒

しかも怒って暴力や怒鳴りつけるというものではなく・・・
ただ坦々と・・・意見を述べ・・・最終的にはヴァシリーサに興味なし・・・
許すわけじゃない・・・だけどもう手をださないならなにもしない
そして本当に失いたくないならそうならないように努力しろ・・・と・・・

ヴァシリーサはこれで完敗
自分の今までのやり方が間違っていたのか?だからこんな事態になったのか?
と完全に今までのアイデンティティを失ってしまったらしくおとなしく・・・

まぁ・・・うん・・・自分は特別であるって自信の源である術は完膚なきまでに破られ
部下も自分を見捨てて逃走・・・逆に諸葉の元には仲間達が集まる・・・自分の元部下まで・・・

そもそもの話・・・超巨大『異端者』を数分で倒したという禁呪なんだけどさ・・・
作中でユーリを助けに行った諸葉は空から一直線に落ちつつ攻撃を放ち

”一撃”で消滅させていた

わけで・・・なんかもうその時点で力の差がね・・・もうね・・・あれ?って感じだったしね。
それにしても・・・

圧倒的だったな・・・

部下をぽんぽん始末させてたヴァシリーサは最悪だったし
嫌いなキャラなんだけどさ・・・なんかこう・・・哀れというか・・・
そんな感じになるくらい格が違った・・・
とりあえずヴァシリーサは間違いも模索するようになり
カティアユーリ達にロシア支部の運営はまかせる形になるもよう
『異端者』対策として彼女が支部長ってのは動かないらしいけど
諸葉が自分の代わりになるなら副支部長でもいい・・・とまでなってるもよう・・・
完全に敗北認めちゃってますねコレ・・・

エドワード以来の苦戦・・・と思いきや苦戦したのは敵の悪辣な策略にであって
実力って意味では相手になってなかった感じでしたね・・・
それでいいのか・・・同じランクSなのに・・・

次回もまた『黒魔』であるランクS
フランス支部のシャルルが日本を訪れ組織戦って事らしいけど・・・
こっちは・・・もうちょっとまともな戦いになるんだろうか・・・
次回もわりとあっさりとかだったらもう新しい諸葉用のランク作らないと
駄目な気がしてきた・・・

本筋はここらへんまでにして恋愛関係

今回はいつものヒロインが日本に残っていたので新しいフラグが多かったですね・・・

日本ではレーシャ諸葉が家族になると言ってくれたし、甘えたいから
妹になりたい・・・と発言してサツキが過剰反応
そこに静乃が家族なら夫婦でもいいのでは?と爆弾をぶっこんで
レーシャがそれはそれで・・・とか・・・

仲いいなお前ら・・・

って感じだったんですが旦那であるところの諸葉さんはAJと2人旅
客室狭かったり寝室ほぼ横に寝てたりと・・・

こいつ爆発しねーかな・・・

って感じ・・・そこだけは実際ぶっ飛ばしたヴァシリーサを賞賛したいかもしれん・・・
ただそれでしとめられなかったせいでAJ諸葉の回復を促すために

全裸で抱きつきキス

という・・・少しでも多く肌を触れ合って力を送るという応急措置をする羽目になったわけで
やっぱりヴァシリーサ・・・駄目だな、うん・・・

他にもそのあまりの無双っぷり&優しさにカティアユーリともフラグを立て
ロシアにスカウトする気まんまんにしたりと・・・海外でも女の子を吸い寄せてましたね・・・

そこまで無双かこの野郎!?

AJとは最初は嫌われていた感じだったのに諸葉が敬愛するエドワード
本質的に似ている事や庇ってくれた事、治療の一件などから名前で呼ぶようになり
一応、彼女はエドワード一筋・・・と思われるけど・・・姉のように世話を焼くように・・・
何気にこれフラグ立ってる気がしないでもない・・・

AJ・・・可愛かったし・・・

なんていうか微妙に残念なところがあったり短期だったりするけど
案内人としての仕事は事前準備も含めてきちんとしてきて
諸葉が無茶しそうなら罵倒しつつも諌めたりと・・・根は優しい女性みたいですし
諸葉も彼女のその性質を理解したためかかなり好印象でしたね
そういう点でも・・・姉属性のキャラって感じなのかも
今後も登場してほしいけど・・・さすがにイギリス支部の人がそう
ぽんぽんと登場はできないだろうし・・・ちょっと残念かも

そして気になる点・・・

諸葉の過去であるフラガの過去のことが少しだけ・・・本当に少しだけ描かれたけど

守りたいものを異形と呼ばれるようになってまで守ろうとしたけど守れなかった

これが何を意味してるのかとか・・・ちょっと気になるところ
聖剣の守護者だったらしいけど世界を敵に回して戦っていたらしいし
そう考えると・・・諸葉の強大な力の由来となる過去のことって
詳しくは全然わからないんだよな・・・ここら辺のことも気になる感じ

そもそも前回目覚めた『固有秘宝 聖剣サラティガ』はまだまだ
真価を発揮してない感じだし・・・今回2つめが登場した禁呪も・・・
その地域一体を海に帰るという水の禁呪だったわけですが
3つ目・・・4つ目がないとは言い切れない・・・

こいつの底はどこにあんの!?

ここらへんも・・・気になるところ・・・
何気に彼には『螢惑』と呼ばれる己の通力を己の根源たる象へと近付け、変化させる
技を使えないらしいんだけど・・・もしかしたらいずれ・・・ってのはありえる。
そもそもがまだ2つの力の同時使用はほとんど使われてない・・・
いや・・・まじで・・・こいつはどこまで行くんだろうか・・・

次回はドラマCD付き特装版が2月発売予定・・・とりあえず予約しました・・・
あと3ヶ月か・・・待ち遠しいですね・・・

最後に一文。

諸葉のセリフ

ここまでの事をしながら自分は大切なものを失いたくない・・・
奪わないでくれと懇願するヴァシリーサ諸葉が言った言葉

このときの諸葉の怒りの表情はそれだけでヴァシリーサを怯えさせ
萎縮させるという・・・それほどの激怒状態だったみたい・・・
って事でこれで・・・現実世界では・・・まぁ理想論でしょうが

「奪われたくないなら──奪うな」

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへクリックして下さると嬉しいです。
聖剣使いの禁呪詠唱<ワールドブレイク> 5 (GA文庫)聖剣使いの禁呪詠唱
<ワールドブレイク> 5
(GA文庫)

(2013/11/15)
あわむら 赤光

商品詳細を見る

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
最近の記事+コメント
最新トラックバック
その他
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
応援バナー
アオイハルノスベテ応援バナー02

BaseSon最新作『真・恋姫†英雄譚』応援中!

プロフィール

kenkenMk2

Author:kenkenMk2
FC2ブログへようこそ!

生活費を削ってでもライトノベルを買いあさる読書中毒者です。 リンクフリーです!
うりゅー
リンク
グリムス
その他
あわせ読みたい
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。